ホーム最新ニュース【実録】ビットコインの両替!六本木のど真ん中でビットコインを日本円に両替してみた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.09.07 最終更新
ゆい

【実録】ビットコインの両替!六本木のど真ん中でビットコインを日本円に両替してみた!

ビットコイン,両替0

ネット経由でしかできないと思いがちなビットコインの両替ですが、実は東京・六本木に、ビットコインから日本円にしてくれる両替所があるのです。当初はビットコインATMを探しに行ったのに、対面交換ができると知ってびっくりでした。これは、実際に試したレポートです。

記事上「コメントボタン」

こんにちは!梅雨の合間の晴天の日に、久しぶりに六本木に行ってきたゆいです。六本木には、ビットコインのA T Mがあるというので行って来たんです。

場所は外苑東通り、六本木交差点から少し麻布台方面に歩いたあたりです。ネットで下調べはしていたんですが、詳しい店名までは分からず、足でビットコインATMを探す事にしました。

このあたりは夜は賑やかなのですが、昼間は人もまばらで夜とは全く違う顔を持っています。

ビットコインATMは、夜しか営業していない店にある?

六本木交差点から外苑東通りの両側をくまなく見て回りましたが、それらしいものはなく、再び道っぱたでスマホ検索することに。検索の結果、六本木の有名な老舗ビル「ロアビル」の地下にある「The Pink Cow」という店に、ビットコインATMがあることが判明しました。

しかし、ダイニング・バーなので夜しか営業していません。まだ午前中だったので、やむなく退散することになってしまいました。これはちょっとリサーチが甘かった感じです。

昼間営業のピザレストランに潜入

「今日はどうしても、六本木でビットコインATMを探す」ことを目標に、500円の「都バス1日乗車券」を使って外出してきた私です。このままでは引き下がれません。

再びスマホで検索開始。ロアビルにほど近い、「Two dogs taproom」というピザ・レストランにも、ビットコインATMがあるそう。

ここならランチ営業もしているようなので、11時半の開店を待って、行ってみることにしました。

待っている間、スムースにATMで操作ができるよう、仮想通貨のウォレットである「GINCO」にビットコインを3000円分程度移動させておくことにしました。

ゆいゆい

街でビットコインを使う時は、ウォレットのビットコインの額を確認しておきましょう!

私の愛用しているGINCOというウォレットについては、はるかちゃんの書いたこの記事がとてもわかりやすいので、ぜひ見てみてください^^

GINCOについてもっと詳しく書いた記事もあります!

数あるウォレットで、どれを使っていいのかわからないという人は、ウォレット一覧表も参考にしてみてくださいね!

いざビットコインATMのある店内に

午前11時半。開店時間になったので、ビットコインのATMがあるという、「Two dogs taproom」の店内に入りました。

開店直後のせいか、お客さんの姿がありません。ついでに店員さんの姿もありませんでした。
しばらく店内を見渡していましたが、テーブルと椅子が並んでいるだけで、目を皿のようにして見ても、ビットコインのATMらしきものはありませんでした。それに店員さんもまだ出てこないので、どうしたものか、としばし立ち尽くす私。

ビットコインATMの話で、顔が曇る店員さん

しばらくして、「すみません、いらっしゃいませ」と店員さんが登場。

いきなり身分を名乗らず、唐突にビットコインのATMの事を聞いたせいでしょうか、笑顔で迎えてくれた店員さんの顔が曇ってしまいました。

何か過去に不具合、もしくは語りたくないような出来事があったに違いない、と直感しましたが、それ以上聞ける雰囲気ではありませんでした。

ビットコインATMのことを尋ねると、店員さんはみるみる素っ気ない様子で「ないですね」と一言。

「以前はあったのか、あったとしたら、何故なくなったのか」

聞きたいことは山積していましたが、店員さんの出す「拒否オーラ」の前に、それらは負けていました。

店員さんの口からちらっと「イリーガル(非合法)」と言う言葉も出たので、「ビットコインATM」は、どうやらあまり金融庁的には推奨されるものでもなさそう。

それに、お兄さんが言うには、仮想通貨のATMは、過去には2014年頃をピークに六本木に数店あったが、いまはどこも設置してないんじゃないかとの事でした。

やっと重い口を開いてくれて、店員さんから有力情報がつかめたような雰囲気。

なんだか自分が聞き込み調査の刑事に思えてきました。刑事ドラマの見過ぎかも(笑)

ゆいゆい

「ビットコインATM」って法律的には結構キワドいところなのね!

一枚のチラシを渡されて

お礼を言って帰ろうとすると店員さんが、一枚のチラシを渡してくれました。

「実は、対面で仮想通貨から現金に両替してくれるところがあるんです。」

見ると、外貨両替のチラシでした。誠志堂ビルという、まさに六本木のど真ん中のビルの一階に、その両替所はありました。

これはすごい情報!素っ気ないなんて言ってすみませんでした。ありがとうございます。

ゆいゆい

ビットコインの対面両替、ってちょっとレアですよね!

噂の仮想通貨両替所に潜入

 

私たち平成生まれは「六本木」と発音しますが、私の40代後半の上司などは時々、六本木のことを「ギロッポン」といいます。バブル時代の名残りでしょうか?

街にもDMMの顔を金色に塗られたローラの看板が立ってるし、おそらく六本木は、日本で一番仮想通貨が似合う都市(まち)なのかも知れません。

そんなギロッポンなので、外国人でごった返しているかと思いきや、まだ午前中のせいか私以外のお客はいませんでした。

かわいいピンク色の両替所

外貨両替所には似つかわしくないようなピンク色の小さなブースの中には、きれいな女性が1人。

てっきり外貨両替所というと、日本語をちょっとしゃべるイカツイ外国人か、年配の男性がいるのかと思いきや、これには驚きました。

ブースの前には「bitcoin」(ビットコイン)のマークが見えます。ここ「さくらカレンシー六本木プラザ」は、基本的には外貨の両替所なのだけど、仮想通貨から日本円の両替もやっているようです。

しかし、あくまでも仮想通貨の両替所であって「取引所」ではないため、売買は出来ないそうです。

よく見ると、仮想通貨はビットコインの他にリップルとイーサリアムも両替できるようです。

恐る恐る、ビットコインから日本円への両替を申し出ると、満面の笑みで答えて下さいました。

ウォレットから両替所への送金が意外に大変

両替の手順としては、まず店頭にあるこの両替所の仮想通貨アドレス(QRコード)を読み取り、自分のウォレットからそこに送金する「だけ」なんですが、慣れないせいか、これがひどく大変でした。

1時間ほど前に、仮想通貨ウォレットである「GINCO」にビットコインを送金したので、送金状況をチェックしてみると、運悪くまだ着金していませんでした。

そこで、他のウォレットを出して、ビットコイン以外のスケラビリティのいい仮想通貨を送ろうとするも、今度はそのウォレットがQRコードに対応しておらず、長いアドレスをコピペするしかないため、なかなかうまく行きません。

何度もいろいろな仮想通貨のウォレットを開いたりして悪戦苦闘。

ゆいゆい

ウォレットがQRコードに対応していないということもあるのね!これは盲点かも!

QRコードが使えないので交換所のお姉さんはご親切にも、イーサリアムアドレスを教えて下さったりもしましたが、結局はもうあきらめかけた頃に着金した、GINCOウォレットのビットコインを使うことにしました。とりあえずは0.002BTCを交換所に送金することに!

しかし、なにせ送金したのがビットコインのなので、交換所側に着金するのにまた時間がかかりそうです。

ゆいゆい

最近ですと、CointextというSMSでビットコインキャッシュが送れるサービスもあったりして、送金が簡単にできるがいいみたいですよ!

どんな人が両替に来るのか?

いまも昔も、世界を代表する繁華街として君臨する、六本木。さぞかしいろいろな国から、いろいろな人種がやってくることでしょう。

この店で仮想通貨から日本円に両替をしにくる人は、日本に来ている外国人がやはりいちばん多く、日本人では30代くらいの男性が多いとのこと。女性はほぼ皆無だそうです。

店頭のバーコードをスマートフォンで読み取ってスマートに両替所側に送金する人もいるが、中にはPCを持ち込んでくる人もいるのだとか。

また、六本木のお店で飲んでいる途中でお金が足りなくなって、両替に訪れる人もいるそうで、さすがに日本を代表する繁華街、六本木と言えますね。

仮想通貨から日本円への両替の上限はだいたい100万くらいだそうですが、中にはもっと高額を希望する人もいるのだとか。その場合は、事前に連絡しておけば対応可とのことです。

気になる手数料ですが、独自の約定レートを使用しているため、やはりレートは良くないです。その代わり手数料は「無し」とのことです。

でも緊急にお金が必要な場合はやむを得ない出費なのでしょう。

私のまわりの女性で仮想通貨のことを話せる人がほぼいないせいか、夢中でビットコイン両替所スタッフのお姉さんとしゃべってしまいました。

勤務中にもかかわらず、ほんとうにありがとうございました。

意外に早かったビットコインの着金

時々、お姉さんは業務に使うPCで、私が送ったビットコインの着金を確認しつつお話をしてくれましたが、まだ着金しないようなので、久々に「六本木ミッドタウン」に散歩に行きました。

初夏の日差しに燦然とキラキラ輝く六本木ミッドタウンは、相変わらずスタイリッシュで「都会のオフィスビル」然としていました。

ベンチに座ってしばし木々の緑を鑑賞。私も梅雨の間のつかの間の初夏の日差しを楽しんでしまいました。

ビットコインキャッシュのハードフォークの原因にもなったビットコインのスケーラビリティは、少しは改善したと言われていますが、まだまだ問題があるようです。

世界的に爆発的にユーザーが増え、マイニングが間に合わないからでしょうか?送金をした場合の着金の遅さが目立ちます。

私が仮想通貨を持っている取引所から、仮想通貨ウォレットである「GINCO」に送金をした時は、着金に約1時間半かかりました。

「GINCO」から、両替所への着金も同じくらいかかるのかと思いつつ、両替所に戻って聞いてみると、なんと私が送ったビットコインは無事に両替所に着金していました。所要時間はほんの30分ほどです。

送金時間のほんの数時間の違いで、ビットコインの着金時間にこんなに差があるとは!取引所からウォレット、ウォレットから別のアドレスへなど、送付する場所によっての差もあるのでしょうか?かくして、私は数時間のうちに、ビットコインから手渡しで現金(日本円)を手にすることが出来たのです。

思えばまだ仮想通貨を街で使い慣れていないせいか、両替所で仮想通貨から日本円に両替して貰う前に、ウォレットに送金し忘れたのが失敗だったといえば失敗でした。

ウォレットのビットコインの残が豊富にあれば、すぐに両替所に送ることが出来たというのが、今回の取材の反省点でした。

仮想通貨から法定通貨(日本円)への両替という貴重な体験

 

六本木にある「ビットコインATM」を探していた私も、ひょんなことから「ビットコイン対面両替」を体験してしまいました。六本木でこんなサービスがあるとは、あまり知られていないと思います。

今回対応して下さった「さくらカレンシー六本木プラザ」さんは、六本木交差点のほど近くにある誠志堂ビル1階という、まさにイケイケなロケーションにあり、仮想通貨はもちろん、外貨両替や荷物預かり、六本木のおすすめのお店ガイドまで対応してくれます。

仮想通貨から日本円への両替だけではなく、六本木で困ったことがあったら、まず頼りになるお姉さんのいる、この両替所で相談してみるのもいいかも知れませんね。

ゆいゆい

はるかちゃんの【実録】も面白いので、ぜひ見てみてくださいね!

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事