ホーム仮想通貨初心者向け暗号通貨とはなに?仮想通貨との違いや基本的な仕組みを紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.26 最終更新
まどか

暗号通貨とはなに?仮想通貨との違いや基本的な仕組みを紹介!

暗号通貨とは

暗号通貨とはいったいどんなものか、みなさんはご存知ですか?最近良く聞く「仮想通貨」とどう違うのか、なんとなく知っているけど混同してしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は暗号通貨とは何か、どういったことに使うものかを紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

暗号通貨とは「暗号理論を用いて取引の安全性の確保をし、新たな発行の統制をする通貨」と定義されていています。

暗号通貨の初代「ビットコイン」の正式名称が「Cryptocurrency Bitcoin」→「暗号通貨ビットコイン」と表現されていたことから世界的に名称が広まりました。

暗号通貨とは仮想通貨と同じもの、という認識で、仮想通貨は「日本での呼び名」、暗号通貨は「世界での呼び名」になるのです。

一部の暗号通貨はオンライン上での様々な利用方法があり、法廷通貨のように紙幣や硬貨として存在しないものの、通常の決済や物品の購入などに使える仮想の貨幣となります。

まだそういった決済ができない暗号通貨もありますが、今後円やドルのと同じくらい使用されていく通貨となり得るのです。

今回は暗号通貨とはどういったものなのか、ということを深く掘り下げていくとともに、使用するのにリスクはないのかなども紹介していきたいと思います。

暗号通貨とはそもそもどんなもの?

暗号通貨とは

暗号通貨とは「仮想通貨」でもあり、代替通貨、デジタル通貨のひとつで、法定通貨の対義語に該当するものです。現在約1,600種類以上もあると言われていて、世界で使える電子の貨幣になります。

誰が作ったの?

暗号通貨で代表的な「ビットコイン」とは、「サトシ・ナカモト」という正体不明の人物の暗号理論に基づいて具体化され誕生した、仮想通貨と言われています。

仮想通貨と聞くと、ちょっと怪しいイメージを持ってしまう方もいるかと思いますが、日本政府によって法律でも定義されている通貨で、物品の購入や資産の運用などにも使える認められた決済手段の一つなのです。

誰でも出来る?

暗号通貨とは、取引所を利用して投資、資産運用をするのが基本となっています。

株やFXのようにチャートが存在しているので、暴騰、暴落などの価格変動を読んで売買のタイミングを見極めて購入することができます。

もちろん誰でもできることではありますが、初心者の方ははじめは少ない金額から始める、誰かの真似をして試してみる、などが良いと言われています。

暗号通貨「ビットコイン」の仕組みについて

暗号通貨とは、法定通貨とは真逆の通貨で、お金として存在するものではなく銀行のように管理してくれる機関もありません。

文字通り、暗号を使ったプログラムで管理するシステムで、台帳がオープンになっているという特徴があるのです。

ブロックチェーンって?

ブロックチェーンとは分散型台帳、分散型ネットワークと呼ばるもので、言葉の通り「台帳を分散して、みんなに見れるようにする台帳・ネットワーク」を鎖のように繋げている仕組みのことを言います。

誰でも見る事が出来るブロックチェーンに記録された情報は、世界中に存在するノードで保管されるため、不具合が発生したとしても他のノードに記録が残っているのでブロックチェーンの情報が消えてしまうことはありません

改ざんが不可能なものなので、信頼性の高い、保証のある電子台帳として存在しているのです。

マイニングって?

ブロックチェーンと同時にマイニングという言葉も出てきます。発行枚数上限が2,100万枚と決められているビットコインなのですが、2018年時点で1,700万枚以上が発行されていると言われています。

マイニング(採掘)とは、まだ未発行の仮想通貨をスーパーコンピューターで見つけ出す作業、そして取引を承認すると新しい暗号通貨としてブロックチェーンの最後尾に連結させることが出来て、その報酬を得る事までをまとめてマイニングと言います。

この名前のマイニングとは「鉱山から貴金属を採掘する」という意味から付けられたそうです。

暗号通貨でなにができるの?

暗号通貨とは

暗号通貨とは、個人間での送金、決済、そして投資などが出来ます。ビットコインのような暗号通貨を使用できるお店であれば、店側が提示するタブレットにスマホをかざすだけで決済を完了できるのです。

その国の通貨を保有していなくてもショッピングや飲食が可能な場合もあり、今後そういったサービスが増えていくと言われています。

送金は簡単?

暗号通貨とは、送金は中央サーバーを用意せず個々の端末(Peer)がお互いの信頼から成るP2Pネットワークを通じて個人同士でのやり取りが可能です。

世界中で固有のアドレスがあり、重複することのないアドレスなので直接安心して送る事が出来ます。

手数料は高い?

法定通貨の場合は銀行が存在し、送金したい相手先に処理をしてくれるので銀行に対する手数料が発生します。

暗号通貨の場合は銀行のような仲介に入る機関がないため、送金手数料が法定通貨より安くなるというメリットがあります。しかし、利用する取引所によってこの送金手数料が変わってくるので注意しましょう。

法定通貨の場合は送金する金額によって、または送金する銀行間によって手数料が変わってくるのですが、暗号通貨の場合の手数料の違いは送金のスピードに出てきます。

手数料は安いに越したことはないと思いますが、暗号通貨の場合は安ければ良いということにはならず、安過ぎるとなかなか着金しないという事態になってしまうこともあるのです。

逆に手数料を多く支払えば送金速度も上がります。手数料と送金速度、管理のしやすさなどは取引所によって異なるので、取引所選びもとても重要になってくるのです。

暗号通貨のリスクはないの?

投資として暗号通貨を利用するメリットとは、通常の銀行での預金などに比べて利率がかなり違ってくること、株のように価値が上昇するまで保有し、上がったとこで換金すれば、利益を得られるという点があげられます。

しかし、暴騰があれば暴落もあるので大損する場合も決して無いとは言えません。自己管理能力が重要なところと、セキュリティの面でもリスクはついてきます。

どんなリスク?

システム自体のハッキングは無いとしても、利用している取引所がハッキングされてしまうという可能性があるのです。

日本でも有名な事件として「マウントゴックス事件」があります。マウントゴックスとは、2013年にはビットコインの取引量が世界の70%を占めるまで成長した取引所なのですが、2014年に巨額のビットコインと顧客から預かっているお金が消失してしまいました。

この事件はマウントゴックスのサーバーがサイバー攻撃を受けて、ハッキング被害で約75万BTCと現金28億円が消失してしまったのです。

世界で利用出来る貨幣なので、世界情勢を知る事も大切になってきますが、自己管理ではどうにもならない事だけにリスクは付き物だと考えるしかありません

取引所はどこでも同じ?

インターネットを介している以上、ハッキングやウィルスなどの被害は免れないのです。しかし自身でセキュリティを強くすることができます。

・セキュリティの高いコールドウォレットでしっかりと資金管理をする
・利用する取引所は「二段階認証」がある
・「損失補償」もある
・「マルチシグ」の採用がされている

以上の項目には注視しておきましょう。

取引所はどこでもいいわけではありません。今では高セキュリティで有名なビットフライヤーなどもありますが、暗号通貨自体は自分が運用するものなので、自分に合った取引所を利用するようにしましょう。

暗号通貨の基本を理解しておくことは大事

暗号通貨とは

暗号通貨とは、世界で利用可能、そして決済にも投資にも活用できるものということがわかりましたね。メリットや便利な部分を紹介してきましたが、まだまだ不安に思っている人が多いのも事実です。

あまり理解もしていないまま、安易に手を出してしまうのは大損の原因に成りかねないので、暗号通貨のチャートでしっかりと値動きをチェックしておくようにしましょう。金額も最初は少額がおすすめです。

投資家の中でよく「自分ルールを作る」という言葉を聞きます。目先の値動きで惑わされる事のないように、チャートを確認して自分はここで売る、ここで買うと決めたら変えないなどの、しっかりとした裏付けの元に取引をするようにしましょう。

最終更新日:2018年08月26日

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事