ホーム仮想通貨初心者向けビットコイン用語集!仮想通貨投資を始める前に知っておくべき用語とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.26 最終更新
まどか

ビットコイン用語集!仮想通貨投資を始める前に知っておくべき用語とは

ビットコイン 用語

ビットコインなどの仮想通貨投資に挑戦してみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。そんな方にアドバイスをするならば、ビットコインの用語は知っておくことです。今回は覚えておくべきビットコインの用語を複数まとめていきたいと思います。

記事上「コメントボタン」

ビットコイン投資でお金儲けした人の話はよく耳にします。そんな話を聞いて「自分もやってみたい」と思う方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨のこと、ビットコインのことを学ぶ中で、聞き慣れない用語を目にします。理解できない様な言葉が多く並んでいると、やっぱり自分には無理なのかもしれない……と思ってしまいますよね。

今回はそんな方のためにビットコインを学ぶ上で、よく使用される用語を一覧にしてまとめてみました。これからビットコインを学ぶ上で役に立てていただければ嬉しいです!

あ行の専門用語

それではビットコインに関連する用語で良く耳にするものを五十音順でご紹介します

アカウント

アカウントとは、仮想通貨取引所やその他のサイトにログインし、利用する際には個人認証が必要となってきます。

取引所などのサイト利用時に、個々の権利を守るために個人情報などを入力し、サイト内での身分証明書の様な役割を果たすものになります。

アルトコイン

ビットコイン 用語

アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨の総称となっています。その他の通貨も元々ビットコインから発祥したものが多くその仕組みはほぼ同じになります。

ビットコイン以外には、イーサリアム、ライトコイン、モナコインなどの暗号通貨がありますが、そのすべてをアルトコインと称します。

暗号通貨

暗号通貨とは、セキュリティー対策のための暗号技術を用いた通貨を指した言葉です。

暗号技術には公開鍵暗号、ハッシュやその双方を用いた電子署名といったものがあります。また日本円や米ドルなど国家で価値を保証された通貨を指す「法定通貨」が対義語として使用されることが多くなっています。

アンチマネーロンダリング

マネーロンダリングとは犯罪組織などが不正に取得した金銭の出所を隠蔽することを指します。

マネーロンダリング防止のための本人確認や取引の内容や目的を明確するといった働きかけを「アンチマネーロンダリング」と呼んでいます。

ウォレット

ウォレットとはビットコインなどの仮想通貨を管理するお財布のことを言います。このウォレットを利用することで、大事な資金を守ることができ、種類毎にセキュリティの強度が違ってきます。

ウォレットの種類には、パソコン上のデスクトップウォレット、Web上のウェブウォレット、スマートフォン上のモバイルウォレット、紙面に印刷するペーパーウォレット、専用の端末を使用するハードウェアウォレットなどがあります。

か行の専門用語

仮想通貨

銀行などの管理母体が存在せず、インターネット上でのみ存在する現物のない貨幣を指します。金銭と同様に買い物にも使用することができ、専門の取引所で円やドル、ユーロなどと交換することも可能です。

ビットコインをはじめ、仮想通貨の種類は諸説ありますが、1,600種類以上と言われています。

公開鍵暗号

公開鍵暗号とは、第三者に公開する「公開鍵」と自分しか知らない「秘密鍵」を利用してデータの暗号化と復号を行う方式を指します。

ビットコインの使用時に、保持者は秘密鍵を使用して署名します。他者は公開鍵を用いて署名したのが秘密鍵を持っている本人であることと署名後に文章の改竄等を確認できるという仕組みになっています。

コールドストレージ

コールドストレージとは、ビットコインの保管方法で最も高いセキュリティーレベルを持つと言われていて、別名「コールドウォレット」とも呼ばれています。

コールドストレージはウォレットをインターネットなどに繋がらない安全な場所に保管する役割を果たします。そのためハッキング等には強みを見せていてバックアップと暗号化を組み合わせた使用されるケースが多いです。

さ行の専門用語

採掘(マイニング)

ビットコイン 用語

ブロックと呼ばれる取引情報を新たに生成した時にその報酬としてビットコインが贈与されます。この新たにブロックを生成してビットコインを獲得する行為を「採掘(マイニング)」と呼びます。

採掘を行う人を採掘者(マイナー)、新たなブロック生成の難易度を採掘難易度(ディフィカルティー)、採掘したことで獲得したビットコインを採掘報酬(コインベース)とそれぞれ呼びます。

署名

ビットコインの所有者であることを証明するためのものです。

ビットコインのシステム上では、コイン所有者の署名が記載されており、その署名が一致する時のみ所有者が書き換えられる仕組みになっています。署名は秘密鍵を持っている場合のみ施行できます。

スケーラビリティ問題

ビットコインのシステムにおいて、ブロックという取引情報の記録が10分毎に生成する仕組みになっています。

そのブロックが上限に達した場合、それ以上の取引はブロックに記載されないために送金に時間が掛かり、手数料が上がるといった問題が生じます。

この傾向のことをスケーラビリティ問題と呼びます。

た行の専門用語

デイトレード

損得関係なく一日で売買契約を完結させて、翌日以降に持ち込まないという形の取引方法で投資手法の一つです。

デフレーション

一般的に経済全体の財政やサービスの価格が下がり、貨幣価値が上昇することを指します。発行数に上限のあるビットコインにおいては年々減っていくことによりその価値が上昇すると考えられます。

ビットコインはデフレ期待によりネットワークの安全性を向上できると考えられています。

トランザクション

複数の支払元と支払先により構成され、支払元は秘密鍵によって署名され、その合計数と支払先の合計数の差が手数料となるなどのビットコインの取引をトランザクションと呼んでいます。

な行の専門用語

ナンス

Number used once(一度だけ使用される使い捨ての数値)を略して呼ばれています。ブロックが生成される時に採掘者によって生成される32ビットの数値を指します。

二重払い

すでに使用したビットコインを再び使用するという誤りを指します。

ビットコインの取引において秘密鍵で署名することで不正使用を防止していますが、取引が承認されるまでに秘密鍵の保持者が同じコインを2度使用するということが防げないために起こるものです。

ビットコインではブロックチェーンなどのシステムで二重払い防止に努めています

日本ブロックチェーン協会(JBA)

ブロックチェーン技術が安全安心なものとして日本経済への貢献を目的とした活動で、一般社団法人として2014年9月12日に設立され、2016年4月15日に現在の名称に変更されました。

ノード

ビットコインのネットワークに携わるひとつひとつのプログラムを指します。採掘主体、ウォレット機能主体主体のものがあります。

は行の専門用語

ハッシュ値

データを換算して得られる固定データを指します。あるデータを一方的にしか演算できないという特徴がありハッシュ化されたデータを元に戻すのは不可能とされています。

ハッシュを得るための関数を「ハッシュ関数」と呼びます。

半減期

ビットコインの採掘時に取得できる報酬が半減される時期を指します。採掘報酬は210,000ブロック毎に半減されます。

ブロードキャスト

自身で作成した取引データをビットコインネットワークに送信することを指します。

P2P機構という個々の端末での信頼で成立するネットワークによって全世界のビットコイン参加者に取引が送信られます。ブロードキャストにより全世界の参加者の全ての取引情報を共有しています。

ブロック

ビットコイン 用語

取引情報をまとめたもので採掘の単位としても使用されます。全ての取引はブロックに含まれた段階で承認されたことになり、ブロックに含まれていない取引に関しては未承認として扱われます。

約10分毎に採掘者によって複数の取引情報がブロックとして鎖状に追加されます。このブロックの連なったシステムをブロックチェーンと呼びます

ボラティリティ

価値の変動性のことを指し、価格の変動が著しい商品は「ボラティリティが高い」といったように表現します。

一般的にはボラティリティが高いとリスクも高く、逆に低いものはリスクも低いとされています。

ま行の専門用語

マイニングプール

複数の採掘者が協力して採掘を行う仕組みのことを指します。大勢で協力してナンスを採掘し、その採掘報酬は各採掘者の貢献度で変わってきます。

マルチシグ

公開鍵暗号方式において、秘密鍵が2つ以上ある状態を指します。ウォレットのセキュリティーを高くするため等に採用されます。

ら行の専門用語

リプレイアタック

ブロックチェーンが複数に枝分かれした状態で台帳も別れてしまった場合で、ひとつの枝で有効なトランザクションが他の枝でも有効となることを指します。

つまりブロックチェーンが枝分かれした場合の片方の枝に送金すると、もう一方の枝にも同様の取引記録が残るといった仕組みになります。

ビットコイン投資で成功する為にも基礎用語は覚えましょう!

ここまでご紹介したにビットコイン用語はほんの一部にしかすぎません。ビットコインを知ろうとすればもっともっと新しい言葉を耳にすることと思われます。

仮想通貨の専門用語はまだまだ存在します。その全てを覚えることはさすがに困難なことと思いますが、基本的な用語さえおさえておけば、あとの言葉の意味もきっと理解しやすくなると思いますよ。

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事