ホームアルトコインライトコインの特徴や将来性について詳細解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

ライトコインの特徴や将来性について詳細解説

ライトコイン 特徴

ライトコインは、ビットコインの補完的な役割を担うというコンセプトで開発されています。ビットコインのソースコードをベースにしていますが、Segwitを導入したり、取引承認時間などを改善しています。メリットがデメリットにもなる二面性があるようです。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ライトコインは、国内外のいろいろな仮想通貨取引所で扱われており、仮想通貨に投資していない人でも、名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。ライトコインは、第二のビットコインと呼ばれ、ビットコインを金とするなら、銀に例えられるとされています。ビットコインの補助的な役割を担うというコンセプトで開発されています。

時価総額はだいたい10位以内にあり、安定した人気を得ているようです。2011年公開とあって、古参の仮想通貨の一つに数えられます。ライトコインはビットコインやイーサリアムに比べて低めの価格なので、投資している人は結構多いようですが、日本よりもアメリカで特に人気が高いようです。

ライトコインは元GoogleのエンジニアのCharlie Lee氏が発案しました。オープンソースのビットコインをベースにしていますが、送金速度が2分半程でビットコインの4倍の速さになっています。ライトコインの保有者には、ビットコインを信奉している人が多く、創始者のCharlie Lee氏もビットコイン信奉者だといわれています。

今後ライトコインは、ビットコインと共にどの程度伸びるのかが、見どころかもしれません。それでは、このライトコイン(LTC)の特徴や将来性などについて説明していきます。

ライトコインはどこが優れているのか

ライトコイン 特徴

 

ライトコイン(LTC)は、ビットコインのソースコードをベースにして開発され2011年10月に公開されています。ビットコインを補完するための仮想通貨という位置付けなります。ビットコインと比べると、トランザクションと呼ばれる取引処理の承認時間が約2.5分と短く、ブロックチェーンの保存効率などに優れています。

このライトコインは通貨単位がLTCとなり、発行上限が8400万LTCで、ビットコインの発行上限の4倍になっていますが、市場規模はビットコインに比べて、桁違いに少ない状態にあります。

ライトコインは、決済速度が速いなど、次世代の仮想通貨という意味の仮想通貨2.0に属しています。またアメリカで人気のオンラインゲームの支払い用仮想通貨がビットコインからライトコインに変更されています。このことで価格が急騰し、アメリカでは高い人気となっています。それ一方で創始者のCharlie Lee氏が中国人ということもあり、取引量は中国市場が一番多いとされています。

ライトコインは、ビットコインをベースにしているものの、いくつか改善がはかられているということがわかります。次にその主な特徴を挙げてみますね。

・Segwitを導入

ブロックチェーンを用いた仮想通貨は、取引が増えると処理が追い付かなくなるというスケーラビリティ問題が常について回ります。これを解決する仕組みがSegwitになります。ライトコインではビットコインに先駆けてSegwitを導入しています。

Segwitは、Segregated Witenssのことで「署名の分離」という意味になります。ライトコインの取引データには、ライトコインを決済や送金をした人の署名があるのですが、それを取引データから分離することができます。

そうすることで、取引データのデータサイズが縮小されブロックに収納できる取引量を増すことができます。取引の承認時間が短くなり、二重支払いと呼ばれるサイバー攻撃にも強くなっています。

・Scryptを採用

ライトコインは、Scryptという暗号化技術を採用しています。これでビットコインになかったGPU耐性を持ちます。GPUは、Graphics Processing Unitのことで「PCの画像・動画の高速処理回路」というものになります。

ビットコインではGPUによるマイニングが導入されていたため、高額な電気代が必要な上、一般的なPCに搭載される中央集積回路のCPUではマイニングが困難になっていました。そこでライトコインでは、Scryptを用いて、PCでもマイニングができるようにしています。

・ライトニングネットワークを採用

ライトコインでは、Segwitを導入しているため、ライトニングネットワークの導入が可能になっています。ライトニングネットワークは、少額決済の記録をブロックチェーンとは別のところに保管し、一定時間経過後に移動量の記録だけをブロックチェーンに記録するというものです。

これで手数料が省け、少額決済がより手軽になります。本来、ブロックチェーンのネットワーク外で取引を記録するためには、第三者の介在が必要でしたが、ライトニングネットワークでは、第三者なしで、他の特殊なノード(ネットワークにつながっているPCなど)を経由して支払いができます。異なる仮想通貨の安全な送金がネットワークでつながっていない当事者間できるわけです。

ライトコインの値動き

公開当初から2.58ドル(283.8円)前後で推移し、長らく横ばい状態が続き、2013年11月18日辺りから急騰し始め、12月6日には39.17ドルまで上昇します。すぐに下降し、2014年1月3日には25.52ドルまで落ちます。そのままゆっくりとした下降になり、3月28日には14.27ドルになり、9月5日には、5.15ドルになり、以降4.05ドル前後でかなり長い横ばい状態が続きます。

それが2017年4月1日に6.51ドルになった辺りから、上昇傾向になります。この辺の流れは、ビットコインの上場投資信託化が認められなかったことが影響しているようです。7月23日には45.78ドル、9月8日には78.97ドルになります。この一連の流れは、ビットコインのハードフォークへの不安感が考えられます。ヨーロッパ最大級の仮想通貨取引所とされるBitstamp(ビットスタンプ)がライトコインを扱い始めたことも一因しているようです。

11月20日に71.82ドルになった辺りから急騰し始めます。12月18日には313.99ドル(34,538.9円)に達します。この要因には、ゲーム配信サービスの「Steam」でライトコイン支払い可能になったことなどが考えられます。しかし2018年1月2日に244.92ドルに急落し、2月3日には、128.08ドルまで落ち込みます。2月20日に245.17ドルまで持ち直しますが、その後急落し、4月4日には121.47ドルまで落ちます。5月6日に170.09ドルになったものの、下降傾向になり、5月27日に117.96ドルになります。その後も下降が続き6月26日には、81.82ドル(9,000.2円)になっています。

やはりビットコインを金とし、ライトコインを銀にするというコンセプト上、ビットコインの影響が非常に大きいことがわかります。

ライトコインが購入できる仮想通貨取引所

ライトコイン 特徴

 

ライトコインの取扱いは、国内取引所ではbitflyer、bitbank.cc、GMOコインなどとなっています。海外の取引所ではBinance、Bittrex、OKExなどで扱っています。海外の取引所の場合、日本円での入金ができません。予め国内の取引所でビットコインやイーサリアムなどを購入しそれを送金する形で購入することになります。

・bitfFlyer

2014年1月に設立され東京に拠点を置く仮想通貨取引所(販売所)です。国内最大規模の取引量を誇り、ユーザー数、資本金で国内第1位とされています。取り扱っている仮想通貨の種類はライトコインを含めて7種類となっています。
2018年6月22日に業務改善命令が出ているため、一時的に新規顧客の受け入れが停止していますが、改善され次第再開するでしょう。

・bitbank.cc

2014年5月に設立され東京に拠点を置く仮想通貨取引所です。取り扱っている仮想通貨の種類はライトコインを含めて6種類となっています。

・GMOコイン

2016年10月に設立され東京にに拠点を置く仮想通貨取引所(販売所)です。金融関連大手のGMOグループが運営しています。取り扱っている仮想通貨の種類はライトコインを含めて5種類となっています。

・Binance

2017年7月設立され、世界の取引量でトップ10に入る中国の仮想通貨取引所でしたが、現在マルタに拠点を移しています。以前は日本語表記があったのですが、現在はなくなっています。扱う仮想通貨は100種類以上です。

ICOと呼ばれる資金集め直後のコインをすぐに扱うことで知られています。取引所発行の「BNB」という通貨もあり、これで取引すると手数料が最大0.05%まで安くなるとされています。日本人にとって取引ツールの画面やスマホ用アプリが使いやすく、利用者が多い海外取引所の一つです。

・Bittrex

2014年に設立されたアメリカに拠点を置く仮想通貨取引所です。扱っている仮想通貨の銘柄は200種類以上とされています。ICOという資金集めなどで話題となっている仮想通貨が買える取引所として知られています。

イーサリアム建てでもマイナーとされる仮想通貨が購入できます。日本語表示がないので、グーグルなどの検索エンジンの翻訳機能を使うと便利です。

・OKEx

2014年に設立され香港に拠点を置く、世界最大規模の仮想通貨取引所です。扱っている仮想通貨の銘柄は100種類以上とされています。日本語表示がないので、グーグルなどの検索エンジンの翻訳機能を使うと便利です。

ライトコインの問題点

ビットコインよりも優れた点はあるのですが、基本的にビットコインと類似した特徴が多く、画期的な機能が少ないので、存在感に欠けている面があります。新たな機能を開発し続けている他の仮想通貨に負けてしまう可能性があります。

ライトコインの将来性は、ビットコインの影響力が大きいので、ビットコインの普及次第という面があります。ビットコインの補完的な存在なので、ビットコインを使いたい人がいなくなってしまうとライトコインの存続も危ぶまれます。ビットコインよりも知名度が低く、市場規模もビットコインの4~6%程なのは、補助的な立場としても、差があり過ぎるように見えます。

ライトコインのライトニングネットワークは、システム自体は分散的なものですが、これを成立させるために、中継する人がネットワーク上に定期的に多額投入する必要があります。この中継を担う人は莫大な資産が必要となり、個人よりも専業の企業の方が有利です。ここで本人確認や規制などが入り中央集権的なネットワークになる可能性があります。中央集権的になった上に中継役に何か問題が生じた場合、ネットワーク全体が止まることも考えられます。

ライトニングネットワークでは、オフチェーンとの取引データのやりとりがあり、常にネットワークとつながっている必要があります。これにはコールドウォレットと反対のホットウォレット化する可能性があります。常にネットワークにつながっているので、手軽に仮想通貨などを引き出せますが、その分ハッカーに襲われる危険性が髙くなります。セキュリティー面での問題があるようです。

取引の承認速度が早い分、ブロック生成が早いので、マイニングがビットコインに比べ容易になります。これはデータ改ざんがしやすいとも言えます。また承認時間が短いので、より多くのブロックが生成されつながっていきます。これはデータが巨大化させてしまうことにもなります。

こうして挙げて行きますと、ライトコインはメリットとされるものが、デメリットにもつながりかねない二面性を持っているようですね。

ライトコインの将来性

ここまでライトコインの特徴としてメリットやデメリットを中心に述べてきましたが、その将来性には、どのようなものがあるのか挙げて行きます。

ビットコインの発行上限は2100万枚でライトコインは8400万枚となっています。最終的に市場に出回る量は4倍多くなるわけです。ライトコインには半減期がありますが、1回目は2015年の8月26日で、2回目は2019年8月10日に行われる予定です。ビットコインに比べると単価は低いのですが、日常生活での小口決済や送金などには使いやすくなります。

ビットコインは、市場が拡大するに伴ってスケーラビリティ問題が顕著になっています。仮想通貨利用者は、ビットコインに代わる決済通貨や基軸通貨となる仮想通貨を求めて始めています。ここで信用度があるライトコインに人々の目が向く可能性が充分にあります。

ライトコインはコミュニティーが強固なことでも知られています。コミュニティーの歴史も長いので、どこかの大企業が決済に採用する可能性があります。これは日本よりもアメリカでの可能性が髙いかもしれません。

ビットコインでは、スケーラビリティ問題がクローズアップされていますが、ライトニングネットワークなどのオフチェーン取引の導入が、技術面や、マイナーによる反発などで思うように進んでいません。しかしライトコインは先行していますので、ビットコインとの差別化が打ち出せています。

これらの点を考え合わせると、ライトコインは今後信用を失うことは少なく、より需要が高まる可能性が髙くなります。ビットコインの動向に左右される面はありますが、将来性は充分にあるようです。

時価総額上位でもある程度伸びが期待できる

ライトコイン 特徴

ライトコインは、ビットコインのソースコードをベースに作られ、第二のビットコインとも言われビットコインの補完的な役割を担うというコンセプトになっています。取引の承認時間が約2.5分と短く、ビットコインよりも早い段階でSegwitを実装しています。古株の仮想通貨で、時価総額は常に上位にあり、コミュニティーがしっかりとしています。

マイニングに膨大な計算力や速さなどは必要とせず、ビットコインの「SHA-256」と異なる「scrypt」というアルゴリズムを採用し一般のPCでマイニングができます。アメリカで高い人気となっていますが、開発者のCharlie Lee氏が中国人なので中国市場での取引量が最大となっています。

値動きは、どうしてもビットコインの影響が強いのですが、ビットコインにスケーラビリティ問題が顕著なってきています。そこで、ライトコインは、ビットコインの基本機能を持ちつつ、要所要所は改善されているので、注目される可能性は高くなります。ライトコインの優れた機能にはメリットとデメリットの二面性を持っている面もあります。

いずれにしましても有用性が髙いのは確かなところです。また国内外の仮想通貨取引所で扱っているので、入手は容易な仮想通貨と言えます。ライトコイン時価総額上位にあっても、伸びがある程度期待できる仮想通貨かもしれません。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事