ホームアルトコイン仮想通貨とトークンの違いとは!?初心者向けに徹底解説!おすすめのトークン3選も大公開!
研修生

仮想通貨とトークンの違いとは!?初心者向けに徹底解説!おすすめのトークン3選も大公開!

仮想通貨,トークン,とは

2017年のビットコイン大暴騰によりますます盛況になりつつある仮想通貨業界。今回はそんな人気の仮想通貨とトークンとはどういった違いがあるのかを徹底的に解説します。また、今話題でおすすめのトークンも厳選して3つご紹介!

目次

トークンとは?仮想通貨となにが違うの?

仮想通貨,トークン,とは

仮想通貨を少し知っている方なら聞いたことがある「トークン」。
しかし、仮想通貨とトークンとはどういった違いがあるのかを明確に理解している方は意外と少ないようです。

では、トークンとは一体どんなものなのでしょうか?

もともとトークンとはIT用語として使用されていたようで、「これ以上分解不可能な最小単位」の事を指します。

仮想通貨業界の中では、「個人、および企業などが誰でも発行できる代替通貨」という意味で使用されています。

トークンとは仮想通貨の一種であり、ブロックチェーン上に企業や仮想通貨取引所などが独自に発行しています。

例えば、国内の取引所であるZaifが発行するZaifトークンやBinanceが発行するBinanceトークンが有名ですね。

【初心者必見】仮想通貨とトークンとはどこが違うのか

仮想通貨,トークン,とは

では次に気になるのが「仮想通貨トークンとはどこが違うのか」という点ですよね。

実を言うと仮想通貨とトークンとは非常にあいまいな意味合いなのです。
どちらも基本的にはブロックチェーン技術によって発行されているからです。

わかりやすくビットコインとイーサリアムで例えてみましょう。
仮想通貨取引において、有名なビットコインは、ビットコイン独自のブロックチェーン技術によって発行された通貨です。

そして、トークンとは既存(ここではビットコイン)のブロックチェーン技術によって発行されるものなのです。

つまり、仮想通貨とトークンとはどこが違うのかという事をまとめると、

  • 仮想通貨とは⇒その仮想通貨独自のブロックチェーン技術により発行される
  • トークンとは⇒既に存在するビットコイン等のブロックチェーン技術により発行される

という違いがあります。

ちなみに、トークンとは誰でも発行ができますが、市場で流通しなければ意味はありません。

その為、トークンを保有した人に特典をつけたりする等して通貨価値を上げようとしているトークンもあるのです。こうしたそれぞれの工夫ができるのもトークンの魅力と言えるでしょう。

仮想通貨の種類(タイプ)は2つ

仮想通貨,トークン,とは

では、トークンとは何かについて知る前に仮想通貨のタイプを知っておきましょう。
大まかに分類すると以下の2種類が存在します。

仮想通貨の種類①アセットタイプ

仮想通貨の一つ目の種類がアセットタイプと呼ばれているものです。

発行する者が存在し発行枚数を決める事ができるので、どちらかというと仮想通貨より株式に近い性質を持っています。また、トークンはアセットタイプに分類されます。

仮想通貨の種類②カレンシータイプ

カレンシータイプの仮想通貨は、マイニングされる事により発行される通貨です。

ビットコイン同様、あらかじめ決められたシステムがあり、そのシステムに基づいて枚数が増加するようにプログラミングされている為にアセットタイプのように変更できないのが特徴です。

ビットコイン等は、発行上限枚数が2,100万枚に設定されており変更できないので、このカレンシータイプの仮想通貨に分類されます。

仮想通貨における主な4つの種類のトークンと?特徴を徹底解説!

仮想通貨,トークン,とは

仮想通貨にタイプがあるように、トークンとは様々な種類が存在します。
ここでは、その中でも4タイプのトークンの特徴をみてみましょう。

トークンの種類とは①CounterParty(カウンターパーティ)トークン

CounterPartyトークンとは、数あるトークンの中でもっとも古いトークンです。

ビットコインのブロックチェーン上に発行できるのが特徴で、送金をする際にBTCと同じように手数料を払って送金できます。送金時の手数料やスピードはBTCに依存します。

また、メモリーチェーンと呼ばれる画像をトークンに結びつける等する事で、電子カードとして使用できます。

しかし現在では、送金手数料が非常に高い点や、機能面でも完全な上位互換であるトークンが出てきているので時代遅れである感は否めません。

トークンの種類とは②MonaParty(モナパーティ)トークン

MonaPartyトークンとは、CounterPartyトークンの上位互換のトークンです。

「MonaParty.me」というウォレットサイトを見ればわかりますが、かなりCounterwallet.ioを意識したデザインになっています。

また、機能面でもMonaPartyと同じくメモリーチェーンを利用できる為、ほとんど変わりはありません。

ただ、CounterPartyと比較して送金手数料が非常に安くスピードも速いのが特徴となっています。

トークンの種類とは③ERC-20トークン

ERC-20トークンとは、仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン上で発行できるトークンです。

ERCとは「Ethereum Request for Comment」の略称で、技術的ドキュメントとして20番目に提起されたものに準じて作られるトークンの事を指します。送金時の手数料やスピードはETHに依存します。

イーサリアムのブロックチェーン上に発行されるので、スマートコントラクト機能を利用できる事が最大の特徴です。

トークンの中でも機能性の面で自由度は高いと言えるでしょう。
実際、もっとも世の中に普及しており、ICOで販売されている通貨のほとんどはERC-20トークンと言われています。

トークンの種類とは④Mosaic(モザイク)トークン

Mosaicトークンとは、仮想通貨NEMのブロックチェーン上で発行されるトークンです。

発行する為には、Mosaicの発行料や手数料等(1年間で120.45XEM)が必要で、他のトークンとは違ってレンタル制度になっているのが特徴です。送金時の手数料やスピードはNEMに依存します。

ただ、一度発行しても半永久的には使用できず1年ごとの更新が必要で申請する必要があります。

決済手段に優れたトークンで、ライブチケット等をトークン化して販売する事で、ネット上で売買できるようになる上に転売をできなくするというメリットもあります。

仮想通貨投資でトークンを発行するメリットとデメリットとは

仮想通貨,トークン,とは

新たに仮想通貨を開発して発行するより、トークンを発行するメリットはどこにあるのでしょうか。
ここでは、トークンを発行するメリットについてご紹介します。

仮想通貨投資でトークンを発行するメリット

トークンを発行するに当たり、様々な項目からメリットをみていきましょう。

トークン発行する際のメリット①開発時の手間とコスト

トークンとは既存の仮想通貨のブロックチェーンを利用する為、0から仮想通貨のブロックチェーンを開発する手間やコストを省けるのがメリットです。

つまり資金を調達して新規に仮想通貨のブロックチェーンを作らなくても、既にあるビットコイン等のプラットフォームを利用してトークンを発行すればよいので非常に便利です。

誰もが気軽に発行手数料だけで独自のトークンを作る事ができるのは魅力的ですね。

トークン発行する際のメリット②マイニング

新規に仮想通貨を開発し発行したとしても、マイナーが居なければ送金する事はできませんよね。
現実的にマイナーがほとんどおらずに、送金時に自分でマイニングするしかない通貨もあるのです。

しかし、トークンとは既存の仮想通貨のマイナーによって送金されるので、自分でマイナーを確保する必要性がないので、全くマイナーが居なくなるリスクがないのです。

トークン発行する際のメリット③ウォレット

新規に仮想通貨を開発する時、一般的には独自にウォレットも開発する必要があります。

しかし、トークンではビットコイン等の母体となる仮想通貨のウォレットを使用すれば良いので、開発する手間やコスト削減にもつながります。

トークン発行する際のメリット④DEX(Decentralized Exchange)

一般的にトークンを発行するプラットフォームでは、その上で稼働している分散型取引所と呼ばれるDEXが存在しています。

このDEXが分散型であるという特性上、誰もがトークンを発行・上場する事ができます。

仮想通貨投資でトークンを発行するデメリットや注意点

当然ですが、トークンとはメリットだけでなくデメリットも存在します。

トークン発行する際のデメリット①送金手数料と送金詰まり

トークン発行する際のデメリットと言えば、やはり仮想通貨取引時に投資家が巻き込まれやすい「ビットコインのブロックチェーン上で取引処理が遅延して起こる送金詰まり」の問題(スケーラビリティ問題)でしょう。

前述したように、トークンとは既存の仮想通貨のブロックチェーン上で発行されるので、送金手数料も送金スピードも元となる仮想通貨の機能に依存してしまいます。

こうした母体になるプラットフォームにより発生し得る問題や送金コストの問題は、同時にブロックチェーン上で発行されるトークンの問題にもなるのが最大のデメリットと言えるでしょう。

トークン発行する際のデメリット②中央集権システムになりやすくなる

基本的に、トークンとは最初から全量が存在しています。
発行者が全てを保有して始まり、新規にトークンを発行する事もできる上に、そのタイミングまである程度コントロールできてしまうのです。

また、トークンとは、ほとんどが何らかのサービスで使用、または配布されるようにしたり、個人ユーザーが遊び半分で発行したものまであります。

その為、基本的に中央集権的である場合が多いのもデメリットとなります。

トークン発行する際のデメリット③自由度に限界がある

トークンを発行する際には、母体となるプラットフォームの影響を受けるのが基本です。

例えばビットコインのブロックチェーン上で発行したCounterPartyトークンは、ビットコインでできない事はCounterPartyトークンでもできないのです。

こうした自由度に限界があるのもデメリットの一つと言えるでしょう。
しかし逆に、最初は利用者を集める為にトークンとして発行し、その後独自のブロックチェーンを開発して置き換えるといった事も可能です。

仮想通貨である「QASH」は、はじめはトークンとして発行されましたが、開発が進んで独自のブロックチェーンを持つ仮想通貨へと生まれ変わったという例もあります。

仮想通貨業界で有名なおすすめ3つのトークンとは

仮想通貨,トークン,とは

ここまでトークンの特徴やメリット、デメリット等をご紹介しましたが、現在世間で有名なトークンとはどんなものかいくつかご紹介したいと思います。

おすすめトークン①Zaifトークン

Zaifトークンとは、国内でも有名な仮想通貨取引所Zaifが運営する独自トークンで非常に人気があります。仮想通貨取引所Zaifでしか取り扱っていません。

Zaifトークンは、一時期0.1円~4円まで高騰した事で話題になりました。
まだ現段階では、具体的な使用用途はないZaifトークンですが、今後使用用途が拡大されると価値はさらに上昇するでしょう。

おすすめトークン②BNB(バイナンスコイン)

バイナンスコインは、仮想通貨ではなくトークンであるにも関わらず、なんと時価総額ランキング25位に位置する中国の取引所Binanceが発行したトークンです。

仮想通貨取引所として、世界的にも最大手の取引所の為に安心感があります。

バイナンスへの登録は以下の記事をどうぞ。

 

取引所であるBinanceでバイナンスコインを利用して仮想通貨を購入すると「取引手数料が最大50%割引される」事ができる点が最大の魅力です。

 

おすすめトークン③COMSAトークン(コムサトークン)

COMSAトークンとは、仮想通貨取引所でも有名なZaifのテックビューロ社が開発しており、なんとそのICOは「たった2ヶ月で約109億円もの資金調達に成功した」事がきっかけで話題になりました。

COMSAトークンの時価総額でのランキングは1000位以下ですが、Zaifが成長する事によっても将来的に価値が上がる可能性を秘めたトークンと言われています。

ICOとは?

ICOとは、企業等が独自で発行したトークンを個人に購入してもらう事によって資金を調達する仕組みの事です。

ちなみにCOMSAトークンのICOで調達した資金109億円は、当時世界第7位だったと言われています。

仮想通貨とよく比較されるトークンとは~まとめ~

仮想通貨,トークン,とは

もともと仮想通貨の名が世間に知られ始めたのは、2017年6月頃にビットコインが騒がれ出した頃です。

その時はまだ「1BTC=20~30万円」でしたが、一時期は100万円を超えて、2018年6月29日現時点では60万円前後になっています。

「もうはまだなり」とはよく言ったもので、2017年はこれがきっかけで仮想通貨元年とまで呼ばれるようになりました。

今回は仮想通貨と似て非なるトークンについてご紹介してきましたが、国内だけでもトークンはかなりの数になっています。

これから仮想通貨取引を始める方は、銘柄を決める際に仮想通貨だけでなくトークンにも目を向けて、自分に最適な銘柄を選ぶと良いでしょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら