ホーム仮想通貨初心者向けビットコインキャッシュとは?仮想通貨のビットコインとはどう違うの?
まどか

ビットコインキャッシュとは?仮想通貨のビットコインとはどう違うの?

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュとは、ビットコインの仲間……?言い方が違うだけで同じもの?このような疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。今大注目の仮想通貨と言われているビットコインキャッシュとはどんなものなのかを紹介していきたいと思います。

2017年8月に誕生した「ビットコインキャッシュ」とはどういうものなの?ビットコインと何が違うの?関連性はあるの?そう思っている人は少なくないのではないでしょうか。

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は現在、諸説ありますが1,600種類以上と言われています。これだけたくさんある仮想通貨の中で今後の高騰を予想するのはとても難しいことですよね。

仮想通貨の投資に興味があるなら、この新しい通貨の将来も気になるはず。今回は、ビットコインキャッシュとはどんな仮想通貨なのか投資を行う場合のメリット・デメリットなどを考えていきましょう。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュとは

そもそもビットコインキャッシュとは何なのか……その答えは、頭に「ビットコイン」とつくように、ビットコインから分岐してできた新しい仮想通貨のことを言います。

しかし親元であるビットコインとは互換性がなく、まったく別の通貨と考えて良いです。どうしてビットコインから新しい通貨を作らなくてはいけなくなったのでしょうか。

ビットコインの限界

仮想通貨は通貨の革命と呼ばれ、多くのメリットを持っています。しかし同時に歴史が浅く、解決されるべき問題も抱えています。ビットコインの問題は、あまりに取引量が増えると取引証明が追い付かず、送金詰まりが発生してしまうのです。

仮想通貨ではこの現象を「スケーラビリティ問題」と言いますが、実はこの問題は買い物や市場でも起こります。

欲しいものがあれば販売店に出向きますよね。しかし、そのお店に多くの人がいた場合、レジ待ちで長い時間並ばなければならなくなります。その間もお客さんが来た場合、レジ待ちの列は改善されることがありません。

この状況と「スケーラビリティ問題」は同じようなものなのです。

ビットコインも革命的な通貨ですが、完璧な通貨ではありません。送金詰まりの問題を解決するために、ビットコインの仕組みそのものが見直されてきたのです。

ハードフォークとは

パソコンなどでもアップデートが行われ、より使いやすくなることがありますが、仮想通貨の世界も同じことが起きます。こうしたアップデートを「フォーク」といい、特にデータブロックの途中から行われる強制的なアップデートを「ハードフォーク(分裂)」と言います。

ブロックがチェーンによって数珠のように結びついているところを想像してください。突然途中からフォークされるため、システムは包丁で切ったように2つに分裂してしまいます。それぞれのシステムは、チェーン技術が異なるため、互換性が無くなってしまうのです。

これが、ハードフォークと呼ばれる手続きです。ビットコインキャッシュとは、ビットコインをハードフォークしてできた仮想通貨だったのです。では具体的に、親通貨とは何が違い、どんな仕組みで動いているのでしょうか。

ビットコインキャッシュの仕組みとは

最大8MBのブロックサイズ

ビットコインキャッシュとビットコインの最大の違いとはで考えてみるとブロックサイズが上げられます。

仮想通貨の取引とは、一定時間毎にまとめられて(ブロックされて)処理されます。ところが、ブロックサイズが小さければ、送金の遅延、送金手数料の上昇といった問題が発生します。

実際、ビットコインのブロックサイズは1MB。沢山の荷物を運びたいのに、トラックが小さいようなものです。

時間がかかる上にお金も掛かります。もしそういった場合であれば、大きなトラックに乗り換え、賢く運びたいと思うでしょう。そのトラックが、ビットコインキャッシュなのです。

ビットコインキャッシュのブロックサイズは最大8MB、確かにこれは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

リプレイプロテクションを標準装備

ビットコインキャッシュは「リプレイアタック」と呼ばれる攻撃にも耐えます。リプレイアタックとは、ブロックチェーンが分岐するとき、その仕組みを悪用し、人の通貨を盗もうとする攻撃のことを言い、仮想通貨の世界では問題となっています。

ビットコインキャッシュには「リプレイプロテクション」という防御壁が設けられています。特有の署名がない場合、通貨を送金できないというルールにより、攻撃を心配せず、安全な取引を行うことができるのです。

ビットコインキャッシュは確かに優秀なコインということが言えます。ビットコインのデメリットを無くす仕組みが備わっていたのです。

ビットコインキャッシュの問題点と将来性について

ビットコインキャッシュとは

躍進するビットコインキャッシュ

2018年6月の時点で、ビットコインキャッシュの時価総額は、ビットコイン、イーサリアム、リップルに次ぐ4位となっています。

背景には、2017年にイギリスのCoinEXが、ビットコインキャッシュを基軸通貨にした取引所を開設したこと、アメリカの大手決済管理会社Bitpayが決済方法として同コインを採用したことなどがあげられます。

ビットコインキャッシュの幅は確実に広がっていて将来性にも期待が膨らみます。三大仮想通貨にも劣らないビットコインキャッシュですが、問題点がないわけではありません。

ビットコインキャッシュ問題点

ビットコインキャッシュは、リプレイアタックに強い反面、マイニングのセキュリティーには弱いという特徴があります。マイナー(取引台帳の更新作業をする人)が少ないため、取引データがなかなか承認されません。

ビットコインに変わる存在として誕生し期待されているのも事実ですが、仮想通貨としてはまだまだこれからと言えるでしょう。

ビットコインキャッシュのメリット・デメリット

メリット①:取引がスムーズ!

最大8MBのブロックサイズを活用できるのは、大きなメリットです。ビットコインでは発生したかもしれない送金詰まりが起こりにくくなるので、取引はスムーズに行えます。

メリット②:価格が低い

ビットコインは現在、1BTC=約70万円するのに対し、ビットコインキャッシュは10万円以下で購入することができます。初心者にとっては手軽に始められるので、原資が少ない方にもおすすめの通貨です。

また、可能性を秘めているという意味でも、狙い目の仮想通貨と言えるのではないでしょうか。

デメリット①:決済できる場所が少ない

ビットコインキャッシュの幅が広がっているのは事実ですが、現時点では近くのお店で使えたりはしません。

ビットコイン決済に対応したお店に出向いても、ビットコインキャッシュが使えるわけではなく、利用範囲が限られているのが現状です。

デメリット②:兄弟通貨登場の恐れ

ビットコインのハードフォークにより誕生した通貨は、ビットコインキャッシュだけではありません。ビットコインダイアモンド、ビットコインキャッシュプラスなど、兄弟通貨が存在します。

派生通貨の更なる登場により、ビットコインキャッシュの価格は下落するかも知れないとも言われています。

未知数の部分があるからこそ、多くの人はビットコインキャッシュという仮想通貨に期待を寄せているのです。

ビットコインキャッシュの将来性に期待

ビットコインキャッシュとは

ここまで書いてきた中で一番理解しておいていただきたいことは、ビットコインキャッシュとは、ビットコインのハードフォーク(分裂)によってできた通貨で全く別物だった、という点です。

そして、ビットコインよりもスマートに、ビットコインよりも安全に、これがビットコインキャッシュのビジョンだったのです。

ビットコインキャッシュとは今最も注目すべきアルトコインと言って良いでしょう。今後の成長に期待し、これから投資を始めようと考えている人は、ぜひこの通貨の動向をチェックしておいてくださいね。

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら