ホーム仮想通貨初心者向けライトコインとはどんな仮想通貨?基本情報や特徴、将来性について紹介!
まどか

ライトコインとはどんな仮想通貨?基本情報や特徴、将来性について紹介!

ライトコインとは

仮想通貨のライトコインとはどんなものなのか、最近の人気から気になっている人もいるのではないでしょうか。ビットコインと似ていると言われているライトコイン。今回はライトコインとはどんな仮想通貨か、その特徴や将来性について紹介していきます。

仮想通貨のライトコインとはいったいどんな仮想通貨なんだろう……。そう思っている人もきっと多いのではないでしょうか。

仮想通貨と言えば「ビットコイン」が有名ですが、ビットコイン以外の仮想通貨の一つに「ライトコイン」があります。日本で人気がある、とは言えないライトコインですが、アメリカでは人気の仮想通貨の一つなのです。

ではいったいライトコインとはどんな仮想通貨で、どういったところが魅力なのでしょうか。そしてなぜここまで注目されるようになったのでしょうか。

まだまだ知られていないライトコインの基礎知識や特徴、将来を期待されている理由とは、といった点を紹介していきたいと思います。

ライトコインとは?

ライトコインとは

ライトコインとは、基本的にビットコインと同じような機能を持った仮想通貨です。

2011年にチャーリー・リー氏により「ビットコインが金ならライトコインは銀」という目的で作成されました。つまり、ビットコインの補助的な役割を果たすために開発されたのです。

そのため、ビットコインより流通量が多く、取引も労力が掛からないようにして、流通や取引に利用しやすいようにと考えられています。取引の承認回数が多いので、より多くの取引を処理できるうえに手数料も安くできるメリットがあります。

2017年12月21日まで、アメリカで最大の仮想通貨取引所である「コインベース」と「GDAX」で取引が出来る通貨の種類が3種類(ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン)のみでした。

ライトコインとは、日本ではあまり話題になることが少なかったけど、アメリカでは認知度の高い仮想通貨だったのです。

ライトコインの特徴とは

ライトコインの大きな特徴として3つがあげられます。

①決済スピードがはやい
②発行枚数が多い
③マイニング(採掘)難易度が易しい

前述した通りライトコインとは、基本的にビットコインと同じような機能を持った仮想通貨です。ビットコインと何が違うのか、比較しながらライトコインのことを知っていきましょう。

決済スピードがはやい

1つ目の特徴としてあげられるのが、決済スピードです。ビットコインの欠点は取引の際にかかる承認時間が遅く、平均で10分程度掛かると言われています。

しかし、ライトコインは2分程度で可能と言われているので、ビットコインの1/5の速度で処理が可能になっているのです。

発行枚数が多い

2つ目の特徴は発行枚数です。仮想通貨の中でも発行枚数が多いという特徴を持っているのがライトコインです。ビットコインが2,100万枚に対し、ライトコインはその4倍の8,400万枚です。

総発行枚数が多いため、コイン1枚あたりの価格が安くなり、ビットコインよりも安く購入することができるのです。

マイニングの難易度が易しい

そして最後に3つ目の特徴が、マイニング(発掘)難易度が易しいという点です。

ライトコインはビットコインと同様ブロックチェーンという基本的な仕組みを利用しています。ブロックチェーンとは、鎖のように連鎖した無数の取引記録を複数に分けて監視するシステムのことです。

このブロックチェーンに記載されていく取引情報が正しいものか検証し、承認する作業のことをマイニングと言います。ライトコインはビットコインよりもマイニングのコストパフォーマンスが高いという点が人気の理由でもあるのです。

ライトコインの将来性について

ライトコインとは

最近になってライトコインの人気が上昇しています。そんなライトコインは今後も好調をキープできるのでしょうか。

ライトコインの将来性に関して、重要視している人が増えているのは事実ですが、メリットである送金の速度が早いという点は、セキュリティの問題が出てきます。

このライトコインの持つセキュリティ問題に関して完全解決できれば、ライトコインの今後の将来性は明るくなると言えるのではないでしょうか。

また、ライトコインは運営をチャーリー・リー氏に依存している状態と言えます。開発者も少しずつ増えているとはいえ、ビットコインには届きません。ライトコインがより強いネットワークになるには、コミッターの数を増やす必要があると言えるでしょう。

ライトコインの可能性

ビットコインの価格は今後も上がり続けると予想されています。そうなった場合、日常の買い物に使えなくなる可能性があります。ビットコインが値上がりを続ける中で、ライトコインの保有率も高くなっていきます。

使いやすく実用性に優れているライトコインは、仮想通貨がより普及して一般的に使われるとなるとビットコインよりも日常的に利用されるかもしれません。そして、いつかはビットコインを抜いてライトコインが日常決済に使われる日がくるかもしれません。

ライトコインは、将来的にも価格が上がっていく可能性を秘めた仮想通貨と言えるのではないでしょうか。

ライトコインを購入するにはどうしたら?

ライトコインを購入したいけど、どうしたらいいかわからない……という人もいると思います。

ライトコインも他の仮想通貨もそうですが、取引所で購入することが出来ます。まずは口座開設をし、本人確認を済ませましょう。取り扱っている日本の取引所とは主に「bitFlyer」「Coincheck」「bitbank」などがあげられます。

大手の取引所ではほとんどライトコインが上場しています。インターネットで買い物をするのと同じで、簡単に購入することができるのです。

おすすめは、セキュリティ対策に力を入れているbitFlyer(ビットフライヤー)です。ビットフライヤーとは国内最大の仮想通貨取引所で、売買手数料が無料の期間もあり、とてもお得に取引することができます。

ウォレット管理の重要性

仮想通貨のウォレットとは、その名の通り財布の役割を果たします。購入したライトコインは取引所ではなく、ウォレットに保管しておくことをおすすめします。なぜなら取引所に保管をしておくとハッキングや破錠のリスクがあるからです。

ウォレットとは大きく分けて2つ、「ホットウォレット」と「コールドウォレット」があります。前者はオンライン上で、後者はオフラインで管理することになります。

選ぶポイントとしては、自分の保有額、取引頻度で考えてみましょう。

取引所にそのまま保管しておいたり、ホットウォレットで管理する場合、取引は円滑に進めることができるかもしれませんが、ハッキングのリスクはあると思っていてください。

コールドウォレットはオフラインになるので、即時対応とまではいきませんが、強固なセキュリティで大事な資金を管理することが可能になるのです。

ライトコインの今後の高騰には注目しましょう!

ライトコインとは

ここまで、ライトコインとはどんな仮想通貨なのかを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した「ライトコイン」をはじめとするビットコイン以外の仮想通貨も現在成長を遂げています。ライトコインとはこれからも人気が上がっていく仮想通貨と言われているのでみなさんも注目しておいてください。

仮想通貨の世界では現在もビットコインを中心に動いています。ライトコインとはあくまでもビットコインを手助けするもので、基本的にビットコインを使いたい人たちが、補助の役割として利用しています。

しかし、ビットコインが普及する限り、ライトコインの価値も維持され続けることが考えられます。仮想通貨投資をはじめたいと思っている人はまずは基礎から学び、信用性の高い仮想通貨を選んでみてはいかがでしょうか。

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら