ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨の採掘とは?採掘の意味・個人で採掘をする方法やメリットを紹介!
まどか

仮想通貨の採掘とは?採掘の意味・個人で採掘をする方法やメリットを紹介!

仮想通貨 採掘とは

みなさんは仮想通貨の用語で採掘(マイニング)という言葉はご存知ですか?仮想通貨を購入するにはお金が掛かりますが、採掘をすることができればお金がなくても仮想通貨を手に入れられるのです。今回はその方法と採掘の詳細について紹介いていきます。

みなさんは仮想通貨採掘とは(マイニング)何かを知っていますか?言葉を耳にしたことはあるのではないでしょうか。

仮想通貨を購入するとなるとお金が必要なのは当たり前ですよね。そして原資が多ければたくさんの通貨を購入できますし、その後購入した通貨の価格が高騰した場合はその分利益も増えるわけです。

しかし、そんなに原資を用意できない一般人は頑張って投資をしても大した利益が得られないのでしょうか。

実は他にも利益を得る方法があるのです。仮想通貨採掘(マイニング)を利用することで仮想通貨を手に入れることができるのです。

お金を掛けずに仮想通貨が手に入るならやってみたいと思うのは普通のこと。では採掘とは具体的には何をすれば良いのでしょうか。今回はその仕組み、方法、実体について説明していきたいと思います。

仮想通貨の採掘(マイニング)とは?

仮想通貨 採掘

仮想通貨の採掘と言われるとあまり聞き慣れない言葉ではありますが、仮想通貨の投資で利益を出そうとしているなら、ぜひ知っておきたい情報の一つです。

仮想通貨とは

ビットコインに代表される仮想通貨とは、インターネット上で取引される電子マネーの一種ですが、銀行など金融機関の管理が一切ないことが特徴です。

管理がない代わりに、利用者みんなが監視していて、お互いの信用を軸にして運用しています。

初めはゲーム上の通貨と同じような扱いでしたが、その通貨で物が買えたり実際のお金と換金できたりするようになって、今は法律上も「通貨」として認められています。

採掘・マイニングとは

仮想通貨採掘とは、簡単に言うと仮想通貨取引の監視の作業をお手伝いすることです。

ブロックチェーンとは

先程もお伝えしたように、ビットコインは利用者みんなで管理しています。世界中の利用者たちそれぞれが仮想通貨の売り買いをする度、正しい取引であるかどうかを確認し合って維持しています。

取引はすべて記録されて、ちょうど鎖のように順番につながっているので、この仕組みを「ブロックチェーン」と呼んでいます。

チェーンは昔から全て繋がっているので、新しい取引があって新しく繋げたときにつじつまが合うかどうかを確認します。この作業が採掘のです。しかしこの作業を行うには、大量の計算をしなくてはなりません。

そこでビットコインをはじめとする仮想通貨は、その計算を「自分のパソコンを使っていいですよ」という人を世界中から探して集め、各国のパソコンに分散させて行ってもらっているのです。

誰よりも早く計算ができると、どうなるか?

チェーンがきちんと繋がっているかどうかの計算を一番早く成功した人に、ビットコインで報酬が支払われます。最近はこの作業でビットコインを獲得することを、マイニングと呼んでいることもあります。仮想通貨の採掘とは、このマイニングを指しています。

仮想通貨の採掘とは、個人でもできるのか

仮想通貨 採掘

採掘を実際に行うためには、無料で手に入れることができる「発掘プログラム」を自分のコンピューターにインストールして起動します。

実際に必要なものはこれだけになりますが、本当に個人でも採掘は可能なのでしょうか。

ひたすら計算する

採掘には、出題された条件に合う数字を見つけるためひたすら計算する作業になるのですが、例えば「素因数分解」のようなもので、難しくはないけれども根気がないとできない計算になります。

ただしこの作業はいつでも好きなときやればいいというわけではなく、10分に1回出題され、競争で1番速く計算が終わった人に、12.5BTCが進呈されます。

マイニング用のパソコンを用意すると…

12.5BTCは、本日ののレートで言うと807万円になります。1番になれればこの金額を手にすることができます。

けれども採掘のための計算がどんどん複雑になってしまったので、かつては家庭用のノートパソコンでもできたものが、本気で1位になることを目指すのであれば採掘用に特別処理能力の高いパソコンを買わなくてはなりません

さらにマイニング用の高性能パソコンはとても熱を持ってしまうので冷却装置も必要になってきます。パソコンや冷却装置は、もちろん24時間365日ずっと電源を入れておくことになるので、電気代なども多く掛かってきてしまうのです。

個人でマイニングをする人は減っている

結局、大量の資金がないと1番にはなれないので、個人で採掘をする人はかなり減っているのが現状です。

じゃあ誰がやっているの……?と思いますよね。

いわゆる「マイニング業者」、電気代が安い東南アジアの中国やサウジアラビアや、冷却装置のいらない寒い国アイルランドにある企業が行なっていると言われています。

そして、これからもっとマイニングの計算が複雑になっていけば、ほんの何社かのマイニング業者しか残らないだろうとも言われています。

個人で採掘の可能性を上げるには?

仮想通貨 採掘

環境や資金を考えなければ、個人で仮想通貨の採掘を行ない、稼ぐことは不可能なように思えますね。しかし、違う方法も実はあるのです。

アルトコインマイニング

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨を指しますが、ビットコインよりも競争は激しくないのでまだ個人が参加できる余裕があります

「ライトコイン」の採掘例

5台のコンピューターを使ってできる1年間の採掘量は、約660LTC(ライトコイン)で、今日のレートでは560万円になり、電気代を差し引いた場合、450万円前後の利益になります。

マイナーな仮想通貨ならチャンスも

世間ではまだあまり知られていないマイナーな仮想通貨だったら、採掘でもっと利益を上げることができるかも知れません。ただマイナーな仮想通貨は、将来価値がなくなることも有り得るので、その点は把握しておくようにしましょう。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、マイニング業者に投資をしてその配当をもらうことです。

GenesisMining(ジェネシス・マイニング)の場合

最大手のマイニング業者であるジェネシス・マイニング社の場合、1年間の投資利回りは20%以上ということで、300万円をこの会社に投資している人は毎月6万円から7万円程度の利益があるそうです。

クラウドマイニングのメリットは、自分で高額なコンピューターを買ったり電気代を負担したりする必要がなく、投資も少ない金額で始められることです。

一方デメリットは、もちろん将来の配当が約束されたわけではないこと、中には資金を集めて逃げてしまう業者もいるみたいなので、リスクは高いと言わざるを得ないでしょう。

仮想通貨の採掘をするなら

仮想通貨の採掘とは、自分で採掘することができれば確かに利益に繋がります。しかし、個人で行なうにはリスクが高いのでビットコインについてはマイニング業者に任せているというのが現実です。

また、業者任せではブロックチェーンの前提である「仮想通貨は利用者みんなで運用する」という考え方が崩れてしまうと思うかもしれませんが、世界中に分散して監視していることには変わりはないのでこの点も心配はないのです。

ビットコインの個人での採掘は今は難しいですが、そういう作業もあること、かつてその作業をすべて個人がやってくれていて、そのおかげで安心して今も仮想通貨の投資が行えることは覚えておきましょう。

そして注目すべきは、仮想通貨は銘柄によって金額が違ってきます。そこまで高価でないアルトコインに投資をし、今後の高騰を予測するのと同じように、採掘もアルトコインから挑戦してみるのが良いのではないでしょうか。

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら