ホーム市況7/16(月)|世界最大の資産運用会社が仮想通貨市場に参入か/仮想通貨の適正利用に関する議連が設立
たかしま編集長

7/16(月)|世界最大の資産運用会社が仮想通貨市場に参入か/仮想通貨の適正利用に関する議連が設立

仮想通貨 市況

7月16日の仮想通貨市況
・世界最大の資産運用会社Black Rock社が仮想通貨市場調査のためのワーキンググループの立ち上げを発表
・自民党有志議員が「新型通貨の適正利用を考える議員連盟」を設立
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

16日の仮想通貨市場は、先日まで続いていた下落傾向から一転し、BTC価格で700,000円台からもみ合っていたところから大きく価格を上昇させています。

仮想通貨 市況
https://coinmarketcap.com/charts/より

17日19時36分現在の主要通貨の価格と変動は以下の通り

通貨
価格(円)
24時間の変動比
BTC733,160+23,360(+3.29%)
ETH52,280+2,572(+5.20%)
XRP51.315+1.552(+3.12%)
BCH85,801+4,700(+5.83%)

16日、世界最大の資産運用会社であるBlack Rock社が、休息に成長する仮想通貨市場をどのように活用できるかを知るための、仮想通貨市場調査のためのワーキンググループを立ち上げたと発表しました。

機関投資家が大半を占めているとされる600兆円もの運用資産のあるBlack Rock社は、以前より仮想通貨市場に対しては強い興味を見せており、1月や2月といった仮想通貨に対する世間からの視線が厳しかった時期より、「仮想通貨が広く使われるようになる」との見方を明らかにしています。

可能性として、市場から原資産を購入する必要のあるETF(上場投資信託)商品の販売をもって仮想通貨市場に参画することも考えられ、そうなった場合の巨大な資本が市場に流入が期待されています。

またETFといった金融派生商品に関連し、日本における仮想通貨取引規制の法的根拠が、改正資金決済法から金融商品取引法に移行するという議論について、自民党の有志議員が17日に「新型通貨の適正利用を考える議員連盟」を設立することが16日に報道されました。

仮想通貨取引が金商法の対象となれば、仮想通貨が金融商品として扱われることとなり、ETFといった形で日本国内の金融商品の一つとして流通する可能性があります。そうなった場合、個人の投資家の増加が見込まれることだけでなく、機関投資家の参入も考えられることから市場の大きな拡大が期待されることでしょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一わかりやすい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら