ホームウォレットビットコインキャッシュのペーパーウォレットの使い方をわかりやすく解説!
ゆかり

ビットコインキャッシュのペーパーウォレットの使い方をわかりやすく解説!

ビットコインキャッシュ、ウォレット

ビットコインキャッシュの保管方法はいろいろありますが、セキュリティを重視するならペーパーウォレットがおすすめです。ペーパーウォレットの魅力は、無料で作成できることと、その手軽さです。今回は、ビットコインキャッシュを入れる方法や、その取り出し方などを解説しています。

ゆかりゆかり

こんにちは!
のんびりゴロゴロが大好きなゆかりです(*´з`)

かなりインドア派で、学校が休みの日はずっと家でゴロゴロしながら漫画読んでいます(*‘∀‘)

 

さて今日は、ビットコインキャッシュのペーパーウォレットについてのお話です。

ビットコインキャッシュは持っているけど、ペーパーウォレットは使ったことがないという人や、これからペーパーウォレットを持ってみたいという人のために、その方法をわかりやすく解説したいと思います!

なぜビットコインではなくビットコインキャッシュなのかというと、ちょっと調べてみると、きちんと書いてくれているサイトがあんまりなかったからなんです。ビットコインはたくさんあるんですけどねー。

また、私ももう一度しっかり調べなおして、備忘録としてまとめておこうと考えています。

というのは建前で、単純にビットコインよりもビットコインキャッシュのほうが好きだからっていうのが本音です(*´з`)

ペーパーウォレットはセキュリティが高い分、取扱が難しく、一歩間違うとすべて消えてなくなってしまうリスクのあるウォレットです。

いろんなサイトでコールドウォレットがおすすめ!なんて言っているにもかかわらず、その代表的なペーパーウォレットの解説が少ないので、私が代わりに注意点なんかを解説しようと思った次第です。

高価なハードウェアウォレットを、みんなが買えるわけじゃないですからね(;´・ω・)

それでは、ビットコインキャッシュ専用のペーパーウォレットはどうやって作るのか、作ったあとどう保管しておけば良いのか、そして使うときはどうすれば良いのか、それぞれ一緒に確認していきましょう♪

ビットコインキャッシュについて詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

 

ビットコインキャッシュが保管できるペーパーウォレットの基本

ビットコインキャッシュ、ウォレット

まずは簡単に、ペーパーウォレットの基本をおさらいしておきましょう!

どのような仕組みで成り立っているのか、きちんと知っておくことが、セキュリティの向上にもつながりますからね♪

ウォレットは秘密鍵を保管するもの

そもそもビットコインキャッシュは、ブロックチェーンと呼ばれるシステムですべて管理されています。ブロックチェーンは分散型の台帳で、ビットコインキャッシュの取引を管理している帳簿のようなものです。

分散型とは、世界中のコンピュータで分散して管理されているということです。中央集権的な組織がなく、それぞれのコンピュータがデータを共有・管理し合うシステムになっています。

そして、ビットコインキャッシュの取引は、秘密鍵(シークレットキー)という暗号を使って行います

仮想通貨において秘密鍵は、非常に重要な役割を持っています。通貨を送金するのも秘密鍵が必要ですし、通貨を受け取るためのアドレスも秘密鍵から生成されます。

ゆかりゆかり

秘密鍵を持っていれば、そこに紐づいた通貨をすべて持っていることと同じことになるんです。

極端な意味ではなく、
「仮想通貨=秘密鍵」
と言っても過言ではありません。

この秘密鍵を保管することが、ウォレットの最も重要な役割です。

それ以外の、ポートフォリオ(総資産割合)の管理や通貨の送金機能などは、ウォレット副次的な機能だということです。

そして、ウォレットの種類によって、秘密鍵の保管方法が異なります。というより、秘密鍵の保管方法の違いによって、ウォレットの種類や分類が異なると言ったほうが良いかもしれませんね。

次からは、実際にどのような種類のウォレットがあるのか見ていきたいと思います。

ウォレットは主に5種類に分類できる

ウォレットにはいろいろな分類方法がありますが、もっとも大切なのが、ホットウォレットとコールドウォレットの分類です。

インターネットに接続されている保管方法を「ホットウォレット」、接続されていない保管方法を「コールドウォレット」と呼びます。

ホットウォレットは送受金が簡単、コールドウォレットはセキュリティが高い、ということがそれぞれのメリットです。

ビットコインキャッシュが保管できる「ホットウォレット」の主な種類は以下のとおりです。

  • ソフトウェアウォレット
  • ウェブウォレット
  • モバイルウォレット

また、ビットコインキャッシュが保管できる「コールドウォレット」の主な種類は以下のとおりです。

  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

ウォレットの種類についてもっと詳しく知りたい!という人は、以下の記事が参考になるかと思います♪

ビットコインキャッシュを保管できるペーパーウォレットとは?

ビットコインキャッシュ、ウォレット

ウォレットの役目は、ビットコインキャッシュの秘密鍵を保管することです。

秘密鍵は英数字の羅列で構成されているので、紙に印刷して保管することもでき、これをペーパーウォレットと言います。

ペーパーウォレットには、送金するために必要な秘密鍵と、受金するために必要なビットコインキャッシュアドレスが記載されています。

ビットコインキャッシュアドレスは、秘密鍵から暗号化によって生成されます。
反対にビットコインキャッシュアドレスから秘密鍵を見つけ出すことはできないので、他人に教えても大丈夫です。というより、他人に教えるためのアドレスだと考えて問題ありません。

ゆかりゆかり

秘密鍵は、絶対に教えちゃダメですよ!

そして、ペーパーウォレットはコールドウォレットの一種で、セキュリティに非常に優れているのが特徴です。

正しく作ることができれば、完全にオフラインとなり、ハッキングのリスクが軽減します。

ペーパーウォレットは、長期的にビットコインキャッシュを保管したい場合に使うようにしましょう。

メリットは無料でコールドウォレットを利用できること

いろんなサイトで、仮想通貨の保管はコールドウォレットが安心安全だと言われています。

それは、コールドウォレットが非常にセキュリティの高いウォレットだからです。

2018年1月には、国内大手取引所のコインチェックがハッキング被害に遭い、約580億円相当のネムが流出しました。

これは、コインチェックが利用者の通貨を、ホットウォレットで保管していたことが大きな原因だと判明しました。

ゆかりゆかり

もし、インターネットから分離されたコールドウォレットで顧客の資産を管理していたら、このようなことは起こらなかったはずです。

そこで多くの人は、コールドウォレットであるハードウェアウォレットかペーパーウォレットを利用しているのです。

ソフトウェアウォレットやモバイルウォレットでも、インターネット接続のないコールドウォレットにすることは可能ですが、ほとんどの人はオンラインで使うのではないでしょうか。

また、ハードウェアウォレットは6,000円~15,000円程度するので、ペーパーウォレットがもっとも気軽に持てるコールドウォレットということですね♪

ただし、コールドウォレットはインターネットに接続されていない分、使い勝手は良くありません。

普段から取引や決済に使うような金額であれば、ホットウォレットで保管しておくほうが便利です。

ビットコインキャッシュのペーパーウォレットの作成手順

ビットコインキャッシュ、ウォレット

ここからは実際に、ビットコインキャッシュのペーパーウォレットの使い方について解説をしていきます。

まずは、ビットコインキャッシュを保管するためのペーパーウォレットの作成方法についての解説です(*’ω’*)

ペーパーウォレット作成前の準備

ビットコインキャッシュのペーパーウォレットを作る場合、以下の2点が必要です。

  • ビットコインキャッシュの秘密鍵を生成するプログラム
  • 作成した秘密鍵を印刷できるプリンター

プログラムと言っても、ブラウザで簡単に作成できるので、専門的な知識は何も必要ありません。

以下のリンクを開き、右側緑色の「Clone or download」をクリックしてZIPファイルをダウンロード。
ZIPファイルを解凍して準備完了です。

GitHub – theantnest/bccaddress: Bitcoin Cash Address Generator

ゆかりゆかり

問題は、プリンターが絶対に必要だということですね。

今は便利な世の中で、漫画喫茶やコンビニなどで印刷することはできます。しかし、ペーパーウォレットを作成するのに、それらは使えません。

自分の大切な資産を保管するので、知らない人が共同で使うプリンターで印刷するのは超危険だからです。

また、ペーパーウォレットを画像としてパソコンやスマホに保管しておくこともできますが、それではペーパーウォレットのメリット(オフラインで管理できること)が完全になくなってしまうので、やはりプリンターは必須条件です。

ゆかりゆかり

プリンターがない人は、プリンターを購入しましょう!と言いたいところですが、どうせお金を使うなら、ハードウェアウォレットを購入したほうが良いかもしれませんね(*´Д`)

ペーパーウォレット作成はオフラインで

準備ができたら、あとは簡単に作成することができます。
作成よりも、むしろ準備のほうが大変かも・・・?(; ・`д・´)

まずは、ペーパーウォレットを作成するために、パソコンをオフラインにしておきます。

ゆかりゆかり

作成したときに誰かにパソコンを覗かれていれば、まったく意味がないですからね(*´Д`)

それと、もしプリンターがネット接続されている場合も、オフラインにしておきましょう。

そして、先ほどダウンロードして解凍したファイルの中に、「cashaddress.org(.html)」が入っているので、これを開きましょう。

ブラウザが開くはずなので、マウスで画面をぐーるぐるやってください。

ビットコインキャッシュのマークがどんどん増えてきて、数字が100%になったら完成です!

画面上部の「日本語」をクリックすれば、読みやすくなりますよ♪

初期は「シングルウォレット」になっているのでそのまま印刷しても良いですし、「ペーパーウォレット」をクリックすれば、背景が表示されます。

私の場合「ペーパーウォレット」にするとパソコン画面が小さくてアドレスがはみ出しちゃうので、「シングルウォレット」のまま印刷していますが、背景付きのほうがオシャレでかっこいいですよね!

HTMLやCSSに詳しい人は、ソースをいじって上手に印刷できますが、普通に「シングルウォレット」で印刷するだけで何も問題はありません。

作成したペーパーウォレットをラミネートしよう

もしそのペーパーウォレットに、ビットコインキャッシュを大量に入れるということであれば、紙をラミネート加工しておくことをおすすめします。

水に濡れたり、汚れたりして文字が読めなくなった場合、ビットコインキャッシュを取り出せなくなってしまいます。

ゆかりゆかり

特にプリンターがインクジェットの場合、汗などのちょっとした水濡れでも、文字がにじんで読めなくなってしまうことがあるので、取扱には十分注意しましょう。

ビットコインキャッシュを入れてから加工すると、失敗して読めなくなってしまう可能性もあるので、加工してから入金するという順番はしっかり守りましょう。

というわけで、ビットコインキャッシュ専用のペーパーウォレットはこれで完成です(*’▽’)

ビットコインキャッシュをペーパーウォレットで保管する方法

ビットコインキャッシュ、ウォレット

ビットコインキャッシュ専用のペーパーウォレットが完成したら、実際にビットコインキャッシュを送金して保管してみましょう!

ウォレットに入れるBCHを購入しよう

何はともあれ、ペーパーウォレットに入れるビットコインキャッシュを持っていなければ話になりません。

まずは仮想通貨取引所で、ビットコインキャッシュを購入しておきましょう。

どこの取引所でも問題ありませんが、おすすめは以下の2社です。

ゆかりゆかり

手数料が安く、多くの人が利用しているため信用度も高めです!

ペーパーウォレットへの送金はアドレス間違いに注意

ビットコインキャッシュ、ウォレット

作成したペーパーウォレットにビットコインキャッシュを送金するには、ペーパーウォレットに記載されている「ビットコインキャッシュアドレス」を使用します。

先ほどきちんと作成できていれば、ペーパーウォレットの左側に、
・QRコード
・「bitcoincash」から始まる英数字の羅列

が記載されているはずです。

ビットコインキャッシュを預けている取引所にログインし、メニューの「出金」ページから送金することができます。

ビットコインとビットコインキャッシュの間違いに注意し、QRコードを読み取るなどして必要事項を入力していきましょう。

ゆかりゆかり

取引所にもよりますが、ビットコインキャッシュであれば割とすぐに届くはずです(*’ω’*)

ただし、取引所によっては、顧客のビットコインキャッシュをコールドウォレットで保管していることもあります。それはもちろん良いことなのですが、この場合送金が時間指定になっていることが多いようです。

そうなるとすぐにペーパーウォレットに送金することはできないので、その時間などをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

また、これも取引所によって対応が異なりますが、送金後メール確認が必要なこともあります。

送金手続きを行ったあと、登録メールアドレスに届いたメールをクリックすることで完了するということです。

送金手続きが終わって安心していたら、いつまで経っても届かなかったということが多々あるようなので、送金方法については取引所のマニュアルをしっかり確認しておきましょう。

ペーパーウォレットの保管は厳重に

ペーパーウォレットにビットコインキャッシュを送金できたら、あとは厳重に保管しておくだけです。

気をつけなければいけないのは、盗難・紛失・火事の3つです。

ペーパーウォレットはただの紙ですが、自分の資産が入っている大切な紙です。けっして失くさないように、安全な場所で保管しておきましょう。

ゆかりゆかり

盗難のことを考えると、背景付きで印刷するより、背景なしで印刷するほうが良いかもしれませんね!盗人がそれをただの紙だと判断して、放置してくれる可能性が高くなると思いませんか?(*‘∀‘)

あ、でも家族や友人に勝手に捨てられないようにしなくちゃダメですよ(*´з`)

最後にちょっとした豆知識ですが、ビットコインキャッシュのペーパーウォレットを印刷するときは、同じものを2枚印刷しておくと便利です。

盗難のリスクは少々高くなってしまいますが、バラバラに保管しておけば、紛失のリスクは下げることができます

ペーパーウォレットからビットコインキャッシュを取り出してみよう

ビットコインキャッシュ、ウォレット

ペーパーウォレットの役割は秘密鍵の保管のみなので、そのままでは使うこととができません。

ここからは、ペーパーウォレットに入れたビットコインキャッシュを、別のウォレットに取り出す方法を解説します!

秘密鍵を読み込めるウォレットを準備しよう

ペーパーウォレットにビットコインキャッシュの送金機能はないので、別のウォレットで秘密鍵を読み込む必要があります。

おすすめは、スマートフォンで簡単に読み込みができる「Bitpay(ビットペイ)」というアプリです。

デスクトップと同期もできますが、スマホのカメラでQRコードをピピっと簡単に読み込めるので、アプリのほうが便利です♪

上記のリンクからアプリをダウンロードしたら、以下の流れで初期設定を行います。

  • 「はじめよう」をクリックし、画面に従って進めていく
  • ウォレットのバックアップは、「後で行う」を選択

バックアップは現時点で必要ないので、まずは初期設定を完了させちゃいましょう♪

秘密鍵を読み込むウォレットを作成しよう

初期設定ができたら、次はビットコインキャッシュのウォレットを作成します!

現時点では、ビットコインのウォレットになっているはずなので、このままでは利用できません!

もしこのウォレットにビットコインキャッシュを送金しちゃったら、全部なくなってしまうので注意してくださいね(; ・`д・´)

  • アプリのホーム画面の右上に、「ビットコインウォレット」と書いているはずなので、その右側の「+」をクリック
  • 一番上の「Create personal wallet」をタップ
  • 「Wallet name」はなんでも良いですが、自分のわかりやすいように設定
  • 「別通貨切り替え」で、「Bitcoin cash(BCH)」を選択
  • 最後に一番下の「Create wallet」をタップ
ゆかりゆかり

初期設定でパスワードを設定していないと、ここでパスワードの設定を求められるかもしれません(‘ω’)安全性が増すので、きちんと設定しておきましょう。

さらに、この時点でバックアップの作成も必要です。

アプリの設定画面で、作成した「ビットコインキャッシュウォレット」をタップし、「バックアップ」をタップすると、画面が切り替わります。

そこから画面の指示に従い、バックアップを設定してください。

ビットコインキャッシュのウォレットで秘密鍵を読み込み

ビットコインキャッシュ、ウォレット

バックアップが設定できたら、やっと準備は完了です!おつかれさまでした。あとはめっちゃ簡単です。

アプリの下メニューにある「スキャン」をタップして、ペーパーウォレットの右側に印字されている秘密鍵のQRコードを読み込みましょう。

「ペーパーウォレットの全残高インポート」をタップすれば、ペーパーウォレットのビットコインキャッシュがBitpayに読み込まれます。

あとはそのアプリを使って、自由にビットコインキャッシュを移動させることができます。

ゆかりゆかり

いつものことですが、準備するまでが大変で、あとは簡単なんですよねー(‘ω’)

使い終わったペーパーウォレットは、セキュリティが甘くなっているので、再利用しないようにしましょう。

また、今回解説したBitpayはまだ開発が続いているので、アップデートなどでやり方が変わってしまう可能性があります。

基本的な流れは変わらないと思いますが、文言や順番が違っていても焦らずに、ひとつひとつ慎重に行いましょう♪

セキュリティの高いペーパーウォレットを使ってみよう!

というわけで今回は、ビットコインキャッシュのペーパーウォレットの作成方法や、その使い方を解説しました。

「できるだけわかりやすく」を心がけたのでめっちゃ長くなっちゃったんですけど、実際やってみると本当に簡単にできますよ!慣れたら3分です♪

ビットコインキャッシュのウォレットは、法定通貨(日本円など)と違って、1円以下のビットコインキャッシュでも入金できます。よければ一度、本当に少額でも良いので、やってみてくださいね(*’ω’*)

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら