ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨取引では、ポジショントークや過去チャートを信じると痛い目に遭う実態がある!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.27 最終更新
研修生

仮想通貨取引では、ポジショントークや過去チャートを信じると痛い目に遭う実態がある!?

仮想通貨,ポジショントーク

仮想通貨の取引年齢は株やFXと違いかなり若い年齢層になっています。

これは日本だけでなく世界中を見ても投資家の年齢層を比較すると断トツで仮想通貨が若い結果になっています。

この記事では、SNSの危険性などを紹介させて頂きます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

今回の記事では、仮想通貨取引へのぞむにあたり、初心者である方程、どうしても手本にしたり、あるいは当てにしたりしてしまう傾向がありがちな『ポジショントーク』と『過去チャート』を信じたりして、痛い目に遭う実態がある事に関しての内容が記述されています。

事実として、これらの両者による内容も実に巧みに、その主張者・発案者などの本人が試行錯誤や研究を重ねて作成をしている仕様になっていて、そういった実態に関しての知識を有したりしていない初心者である仮想通貨取引ユーザーの方などは、鵜呑みに信じたりしてしまうようなものも少なくはありません。

そして信じた取引ユーザーの方は結果として、ポジショントークをしてきた人間にお金を騙し取られたりあるいは高額な購入費をボラれる、過去チャートなどを信じて目も当てられないような大きな損失を被ったりしてしまう、等々、悲惨な結末を迎えてしまった報告のケースも決して、少なくはない現状があります。

今回の記事では如何に、特に初心者の方からある程度の仮想通貨取引でのキャリアのある方までを含めた上で、ポジショントークや過去チャートなどを鵜呑みに信じたりせずに収益を手にしていけるのかに関しての内容を記述していますので、ご一読されていく価値は十分にあります。

お仕事や束の間での休憩その他、様々な場面で目を通すだけで投資の面白さと現実について知る事が可能ですので、お勧めの記事です。

仮想通貨の基本的な実態

仮想通貨,ポジショントーク

元々、予測不可能な仮想通貨の値動きという性質

幾つかのチェーンによるブロックが連結をされて、その上で各ブロックに暗号キーが内蔵されており、ネット上での設置がされた電子仮想空間において、特定の国の政府や事業者、その他の社会的諸勢力などの干渉を受けたりする事が無い、現物以外の形で取引がなされる通貨の事が仮想通貨」であり、通常の特定の国の政府やそこの中央銀行、経済共同体などが発行をしている有形物あるいは電磁的出力仕様である貨幣通貨類とは全く異なります。

このように、一般的に出回っているお札や硬貨などのような、国や中央銀行により発行・鋳造・電磁的出力などをされた貨幣通貨類とは大きな違いがある故に、メジャーな通貨類では無く、それだけに、インターネットをされたりしていない方あるいはされている方ではあっても、中々馴染みが薄い方も少なくはない実態があります。

こうした仮想通貨に関しての実態があるため、初心者の方であればある程、自称専門家を名乗る人間が出している著書、ブログやSNSの投稿記事、掲示板のコメントその他、などからなる「ポジショントーク」、仮想通貨取引所や自称専門家の方がブログに載せたりしている「過去チャート」、それらを藁にもすがるような思いで鵜呑みに信じ込んだりしてしまい、後で惨めな目に遭ってしまうといったケースも少なくありません。

これ自体にはきちんとした理由があって、仮想通貨そのものの構造上の事情に、大きなそれがあります。

今話しましたが、幾つものブロックがチェーン毎により連結をされて、各ブロック毎に暗号キーが内蔵された仕組みになっていると言いましたが、その暗号キーの仕組みが実に複雑である事と、チェーンの連結・連鎖の本数がそれぞれの銘柄毎により異なる上に形が様々な事、といった事情があり、そのため、基本的なチャート表上で表示をされる上下の振り具合が激しい銘柄が少なくありません。

つまり、暗号キーとチェーンの形状が複雑である故に、相場の値動きが激しい銘柄が仮想通貨では多いという傾向がありますが、それだけに仮想通貨の値動きといったものはそれだけに繁雑かつ複雑であり、予測が不可能といった性質がある事でもあります。

確かに、イーサリアム(ETH)のような、値動きの激しさが無くチャート表上での上下の振りがとても穏やかなものがあったりはしますが、本当にそうした銘柄のものは稀です。

その上、ビットコイン(BTC)を基軸にしながらその他のETHなどをはじめとする各種仮想通貨の銘柄(総称して「アルトコイン」といいます)の値動きが変動していくというような形ですので、そうした点でも初心者の方が売買の判断を迷い、自分の立場を利用して自分に有利な状況になるように行うポジショントーク」や過去チャートなどに頼りがちになり、不利益を被るといったパターンになります。

その性質の主な原因やルーツについて

これについても今の小節の内容の繰り返しになるところもありますが、やはり、仮想通貨自体の造りそのものが電子仮想空間において作られているところに、一番の性質の根源があると言えます。

元々、電子工学を根拠にした科学理論を基にして作られている仮想空間上に存在しているブロック仕様通貨ですので、現実世界での実体は無いものの、それ自体とは全く異質な造りから、それらの実体のある通貨類とは異なる値動きをしていくといった点は、間違いありません。

このように、実体が無い、電子仮想空間上のみに存在している仮想通貨であり、現実世界に実体のある通常の公的な発行がなされている貨幣通貨類等とは異なります。

相場の値動きをしたりしていく形は、その性質上、ある程度は仕方の無いところでもあります。

イーサリアムなどのような、ごく一部の非常に緩やかでオーソドックス的な値動きをしたりする銘柄を除いては、大抵の仮想通貨類はそうした実体のある通常の通貨類とは異なる複雑な構造な上に、どうしても安定化をさせていく上では多くの購入者である取引ユーザーの存在が必要になります。

それらの人々の分のブロック毎のエリア内にある暗号キーの情報量の多さが必要になったり、あるいは、ブロック同士を結んでいるチェーンの本数とかが多くなるといった必要性があったり、その他様々な、何らかの形での安定性のために必要となってくる条件があります。

これらの必要条件がまさに、仮想通貨における性質の原因・ルーツである事は間違いありません。

そして、その必要条件の内容自体も、仮想通貨銘柄毎により異なってきたりしますので、この点をやはり、仮想通貨ユーザーの方は、よく理解をしておく必要性が出て来ます。

相場の値動きが激しい銘柄のものが多い分、それだけに長期間放置をしたりしておくと、評価損益額のマイナス値が大きくなったりします。

そのような状態を目にしながら焦りを感じ、短期トレードのやり方を意識をされたりする取引ユーザーである方が、初心者である方程、多くなる傾向です。

ただ言える事は、構造やそのあり方そのものが、通常の実体物としての形である従来型の貨幣通貨類とは異なります。

相場の値動きやチャート表上での上下の振り具合の激しさの様子そのものはまさに、これの現われと言えます。

その構造自体が複雑な分、予測出来ない未来像

今の小節のところでも話したように、各ブロック毎内の暗号キーのあり方や情報量、ブロック同士を繋ぐチェーンの本数、ブロック内のスペース範囲の広さその他、実に様々な実体が無い故の、仮想通貨ならではの複雑さからくる相場の値動きに関しての、予測の不可能さといったものがあります。

それだけに、完全に人工的な電子仮想空間で作られた分だけ構造自体も複雑ですので、当然の事ながら、将来的な確実性のある値動きの予想などを確立をしていく事自体、無理な現状がある事になります。

つまり、仮想通貨そのものの未来像といったもの自体、予測できないものであるという事をこの事は表しています。

そうした実態を考えてみると、如何に、それだけでも自称専門家である方が書いているSNSやブログの仮想通貨の値動き予想に関しての記事や配信サービスの映像、著書、その他をはじめとするポジショントークや過去チャートなどが、如何に参考に足り得るものでは無いのかが、よく分かる感じがします。

そもそも、今話した内容を踏まえてみると、仮想通貨そのものの、それなりの複雑さがある以上、常人には予測が物理学的にも無理だという事になります。

そして中でも特に、少額からなる決済記録の情報をブロック内以外の場所に保管をするライトニングネットワークや、取引当事者同士の取引情報や通貨銘柄自体の値動きのデータなどがブロック毎内部へ書き込まれていくトランザクションシステムなどを有している、ライトコインなどのような、ブロック本体の構造や全体仕様の複雑さに富む銘柄のものなどの場合には、その予想不可能さの度合いは間違いなく顕著です。

こうしたライトコインのような、複雑さが顕著な通貨銘柄などの場合のケースを見ても、如何に、自称専門家によるポジショントーク・ストーリーや過去チャート上の表示記録などが当てにならないかが分かります。

事実としていわゆるあの『億りびと』などと呼ばれたりしている取引ユーザーである方も、自身がこれまで経験をしてきた投資などの記憶や感覚、個人的な『勘』などを駆使しながら取引作業に成功をして見事、膨大な財産の構築を実現出来たりしたような形ですので、やはり本人自身による主体性のあるやり方で取引に成功をされた方がほとんどです。

過去チャートが当てにならない事を理解する大切さ

仮想通貨,ポジショントーク

単なるただの、過去の値動きに関する記録に過ぎない事を、理解しておく事

これは非常に特に、初心者である取引ユーザーの方の中に、チャート表上の動きをそのままその通り動くと信じ込んでしまうような方が、多いような傾向が見られます。

予測不可能な投資商品であり、そうした仮想通貨の銘柄であるものがほとんどですので、はっきり言うと、基本的な相場の流れの経緯を振り返ったりするための、あるいは、チャート表を通して値動きの観察や学習をしたりするための、いわゆる確認用のツールとしてしか役に立たないという、チャート表としてのあり方があります。

ただ、そうしたチャート表ではあっても、現時点での画面表示を印刷して紙面にした上で、それを見ながら上がりと下がりの部分に沿いながら、ある一定期間の範囲で上値支持線・下値支持線などを引いて、前者を相場が超えた場合には利食い(上がり売却)、後者を相場が超えて下がった場合には利食い(下がり売却)、をしていくというような、基本的な売買面での活用の仕方をしていけます。

そうした点から、初心者の方などにとっては、自分だけのフォームを身に着けていくためのトレーニングツールとしての活用には最適です。

しかしそれでも、それはあくまでも基本的な、取引のためのフォーム確立やそのための学習のみで役に立つ意味しかありませんので、チャート表自体を売買の具体的な目安にしていく事などには、決して役に立つ保証がありません。

今まで話してきた内容にもあるように、実に各ブロック毎の内容や構造、ブロック同士のチェーン仕様からなる連結その他、仮想通貨を巡る複雑さにやはり、値動きそのものの性質の根源があります。

そうした事情からしても何度も言うように、仮想通貨の大半の銘柄は、相場の値動きなどを予測する事が無理です。

そうした事情からしても、チャート表そのものはあくまで、過去の年度から近場までの値動きの記録に過ぎないという事実を理解しておく事が、とても大切です。

ブロック内の暗号キーやチェーンの仕様次第で、値動きも複雑な実体

この事自体もまた、今まで話してきた内容の繰り返しになるところが少なくありませんが、仮想通貨のブロック内に含まれる暗号キーなどの情報やブロック仕様、チェーン連鎖、その他様々な複雑さが電子仮想空間上であり、そのせいで値動きやチャート表上での上下変化が激しいという実態が、仮想通貨のあり方です。

そうした分だけに、その上下変化なども複雑な振り具合という形のものが大半ですので、物理的にもやはり、実際に取引ユーザーの方本人が、チャート表上で見ながら将来的な広い範囲である1年単位規模もの、その銘柄の値動きの予測を正確にやっていく事自体、大変困難がある作業になります。

というのも、一々、チャート表上での上下の振り具合の変化が激しい様子を観ながら、将来のその銘柄の予測を考えていかなくてはならない作業になります。

かなりの動体視力や体力、反射神経、その他の視覚的感覚なども必要になり、1日だけでも大抵の成人健常者である方の場合でも、疲労困憊になる事は目に見えています。

そして、1日という時間だけでもかなりな時間的コスト面での消費になりますので、それとの経済的なバランスとの釣り合いが、必ずしも取れるとは限りませんのでリスクがあります。

このような面を考えても、チャート表にある過去のデータをそのままパターン化して確実性について調べもせずに、根拠なく信じたりしていく事は、やはりデメリット以外の何物でもありません。

そもそも、仮想通貨本体そのものが複雑な構造や仕様などから作られたりしている以上、その分、現実世界で発行された現物形態であります。

従来型の有形仕様の貨幣通貨などとは異なる、複雑かつ激しい値動きをする特性がある以上、これを一々事細かく分析をしながら売買についての判断をしたりしていく事自体、ある意味、無謀さがあります。

そして、これは困った事に、今まで話してきたいわゆる、自称専門家の人間が具体的な根拠も無く、過去のチャート表の記録を見ながら取引をしていけば、70%以上は取引が成立をして高収益を得る事が出来るなどといった、確実性の無い見解や学説などのポジショントークを公然と主張したりして、それらを信じてしまう初心者の方とかが、少なくないといった現状もあります。

こうした現状そのものも大変深刻な事態であり、その初心者である方本人が本来持つ、せっかくの取引面での正確な、自分なりのオリジナルのフォーム形成が出来なくなってしまう、といった点で問題があります。

このように、過去のチャート表そのものを鵜呑みに疑いなく信じたりしていく事自体、正しい自分なりの判断が出来なくなっていくといった問題を抱えているところが、確かにあります。

自分なりのオリジナルさがある、売買戦略を立てていく大切さ

これも今まで話してきた事ですが、チャート表そのものは過去の値動きの記録に過ぎず、仮想通貨の相場の見方を学んだりしていく一部分の教材としてしか役に立ちません。

この事を仮想通貨の取引ユーザーとしては、よく覚えておく事がとても大切です。

こうしたチャート表というものの実態を把握した上で、なるだけ自分自身による判断で効率よく、正確な売買をしていけるための仮想通貨取引でのフォームを確立していく事が必要になりますが、それ自体が中々難しい現実があります。

そして、いきなり最初から大金を投入して右も左も訳が分からないまま取引所での操作を行うと、当然の事ながら痛い目に遭う事は目に見えています。

このため、最初は約1千円から3千円くらいの金額を投入して、初心者の方などは仮想通貨の目ぼしい銘柄で相場の値動きが激しく無いもの(イーサリアムなど)を購入をして、試しの売買をしながら、そこの取引所のシステムの操作に慣れながら、売買の技術を磨いていくという形がのぞましい感じがします。

一方、ある程度の年数での取引の経験があるユーザーの方で、資金的にも余裕がある方の場合には、まずは約1、2万円程度のお金を投入した上で、その通貨銘柄の特性・特徴を体感しながら、ご自身のフォームを確立していく形がお勧めといったところです。

とにかく何れでの場合にしろ、如何に大きな失敗やコスト面でのデメリットを回避しつつ、短い期間でなるだけ効率よく、取引ユーザー本人自身の正確さのある取引フォームを確立していけるかが、自分なりのオリジナルさのある売買戦略を立てていく上での、大きな課題と言えます。

今話した内容はあくまで、参考にして頂きたい、初心者とベテランの取引ユーザーの方、それぞれへお勧めな方法の事例ですので、この通りにされる必要はありませんが、幾らかの失敗はあっても、それによる損失が大きくならない方法内容であるものが、最良である事は間違いありません。

ここの小節のところで話した内容の方法を実践していけば、大きな損失などを被らずに更に応用をしたりしていきながら、取引ユーザーご自身のオリジナルの取引方法の確立をしていけるようになります。

その上で、自分なりの正確性のある売買戦略のを立てる事が可能ですので、大きな収益を得ていける可能性が高くなります。

ただし、ユーザーご自身が絶えず、実際の取引の際に、日々の努力をしていく事が条件になりますので、その点をよく理解をした上で行っていく心構えが大切です。

ポジショントークはあくまで、それを主張している方本人のみが、仮想通貨取引きユーザーからお金を取って、利益を得ていくための手段

仮想通貨,ポジショントーク

ポジショントークをしてくる人間は、相手方である取引ユーザー本人の事などは微塵も無い

さて、ここからはもう既に幾らか触れたポジショントークに関しての、具体的な実態に関しての内容になります。

ここの段落・各小節では、とても非情かつ酷な内容について述べていきますが、事実として、自称専門家を名乗るポジショントークを行う人間(個人あるいは事業者その他)には、取引ユーザーの事などは、微塵にも念頭にはありません。

そうしたポジショントークを行う自称専門家の方自身、実名・匿名を問わず、実際には仮想通貨の取引で、収益を得たり出来ていない実態があります。

そのような実態による現実がありますので、仮想通貨取引による収益を得る事が実際には出来ていない故に、その代わり、記事作成や映像配信などでのポジショントークを展開をします。

それらの分の収益の上に、後でも触れますが、高額な受講料の講座を開いたり、あるいは、格安な仮想通貨銘柄(得体の知れない「草コイン」その他)を原価よりも高値で売り付けたり、等々をして、不当な利益を得たりしています。

そして実際にも、それらによるトラブルの報告が被害を受けた多くの取引ユーザーの方からされていますので、そうした現状を考えてみても、実に深刻な社会問題としての一面もあり、中々無視出来ないところがあります。

ポジショントークを行っている自称専門家の人間の中には、今話したような悪どい行為をして、善良な仮想通貨取引ユーザーの方を騙し、法外かつ不当なお金を狡猾に巻き上げたりしている方や組織なども少なくありませんので、要注意な面があります。

本当にこのように、実に卑劣かつ自己中心的で、実際にも仮想通貨の取引ユーザーの方へ、多大な財産的被害を与えたりしていますので、とても深刻な事態を招いています。

詐欺・横領・過剰な催促や強要行為その他、何でもありというタチの悪さ

先の小節でも話した、高額な仮想通貨関連の講座料金支払いの催促や、得体の知れない仮想通貨銘柄の高額売り付け行為などは、ケースによっては刑法上の詐欺・横領・強要などの犯罪種類では告発出来ないような場合もありますので、中々解決に至らせていく事が難しいものも少なくはありません。

そして、そのような事態になる事を最初から予め分かっていて、意図的に様々な通信媒体を利用した手段で、ポジショントークをしてくる自称専門家も多い現状があります。

そうした事情から、仮想通貨の取引ユーザーの方の中でも、SNSやご自身のブログとかをされたりしている方の場合には特に、気を付けていかねばならないところがあります。

中には言葉巧みなポジショントークを展開しながら、狡猾にコンタクトをしきりに取ろうとしてくるような、困った自称専門家であるトークユーザーもいますので、中々、厄介な事も珍しくはありません。

このため、特にTwitterやアメーバブログなどのような大衆性の高いSNS等の場合には、DMやコメント欄などへポジショントークを書き込んできたりするようなケースも少なくありませんので、一切無視するか、そのアカウントをブロック、あるいは非表示などにしたりしていく事がベストです。

大抵のポジショントークをしてくる自称専門家のユーザーの場合には、最初から高額な料金提示とかをしてくる方なども少なくはありません。

それをしないために、最初は中々、悪質なセールスビジネスをしているユーザーであるという点を見破る事が難しい悪質なユーザーなどもいるケースもあります。

とにかく、Twitterやアメーバブログ、Facebookとかで、怪しいセールストークとかとを兼ねたポジショントークをしてくる自称専門家のユーザーは、とにかく無視あるいはブロックをしたりする事が無難です。

顔がお互いに見えない事をイイ事にして、相手側である善良な取引ユーザーの方本人からお金を巻き上げて、自分(達)の懐へ入れる事しか頭に無い人々ですので、まともに関わり合うとろくな事がありません。

初心者である仮想通貨取引ユーザーである方は特に、以上の内容は心得ておく必要性がありますので、まず、ポジショントークをしてくるユーザーの人間に対してはある程度、疑いの目を持つ事が大切です。

ポジショントークに対しての、疑いの目を持つ事の大切さ

これはどうも、日本人に欠けるような対人面でのあり方のように思えますが、具体的かつ基本的な仮想通貨に関しての専門書などが存在しないような事情もあるせいか、ネット上のポジショントークに対してはどうも、特に日本人である仮想通貨取引ユーザーの方には、対応面で弱いような方が少なくない傾向があります。

基本的に、仮想通貨の取引作業自体は1人で行う形のものですので、幼い幼稚園・保育園や小学校時代から個人が確立をしていく教育を法制度上受けていない日本人の場合には、そうした場合で中々、自分の判断だけで取引そのものをしていけず、途中で諦めたりする方もおられます。

それで結局、自らの取引面での自信の無さから、確実な根拠性に欠けるポジショントークへの疑いや考察の目や、過去の相場変化や値動きなども含めたチャート表への疑問などを持たずに、それらを鵜呑みにして信じてしまいます。

取引の際での大きな損失や、今まで話した心無いトークユーザーによるお金の騙取によるトラブルの被害を受けたりするなど、惨めな目に遭う取引ユーザーの方が日本人の方の場合、少なくありません。

中々、人格的に自立が出来ていないところを指摘をされているところがある日本人という面がありますので、その点をどのように上手くカバーをしながら、取引きをしていけるのか、そうした課題を解決していける答えを、仮想通貨取引は持っている面もあります。

実際に、先程も少しだけ触れた億り人と呼ばれている仮想通貨取引での成功を収めた方なども、取引成功後に人格面・経済面で完全な『自立』を果たし、人間らしい生活を送りながら新たなスタートやチャレンジ、あるいは引き続き仮想通貨取引での今までとは異なる取り組みとかをされたりしておられる方も、少なくはありません。

このように、経済的・人格的な各面ではもちろんの事、社会的にも自立をした真の日本人を目指していける場を与えてくれたりする面も仮想通貨取引にはあります。

そうした点でも大いに、仮想通貨の取引にチャレンジをしていく価値は間違いなくあります。

そして最近では、新たな仮想通貨の銘柄や仮想通貨取引所、マイニング(仮想通貨の発掘等)サービスなども多く出て来たりしていますので、まだまだそれらの需要がある状況でもありますので、未知の将来性がある分、この業界や市場からは目が離せません。

今回の記事での結論

仮想通貨,ポジショントーク
今回の記事は「仮想通貨取引では、ポジショントークや過去チャートを信じると痛い目に遭う実態あり」というタイトルで、その内容の記述がされていますが、よく考えてみると、今回の記事の内容自体は普段からもごく、当たり前の事が書かれてある事に気付かされるところがあります。

それは、やはり他の投資種類などと同じように、仮想通貨取引の場合も取引ユーザーの方本人の側からお金を出して、自らの責任(自己責任)で行う故に、その際に他者などの意見を信じながら行ったりした場合、それでたまたま収益獲得が成功した際にはともかく、失敗した際にはその意見を採用した他者の方本人を責めたりする事が出来ない点です。

これ自体は一見すると、あまりにも本人への責任荷重が大き過ぎるなどとした批判を、世の中の多くの方から受けたりしそうなところもありますが、決してそうではありません。

投資そのものを取引ユーザーの方本人から始める以上、その方の意思表示がなされている上で、仮想通貨取引が行われる形になっています。

そして、それそのものが、何らかの損失や不利益があっても本人が責任を負う前提でなされていますので、ポジショントークやチャート表を巡る損失なども、それの部類に含まれているからです。

だからこそ、ポジショントーク・チャート表を鵜呑みに信じたりする事を、実際の取引を行う前の段階でやめる必要性がどうしてもあります。

それらを当てにして、実際に取引をそのまま進めてしまうと、実質的にも大抵は予測不可能な仮想通貨の銘柄ですので、激しい上下の振り具合で複雑な動きをする事が当たり前ですので、目も当てられないような損失を被る危険性があります。

また、イーサリアムのように、最小単価が低額で値動きが緩やかな銘柄などもありますが、それでもポジショントークやチャート表を鵜呑みに信じる事は冒険などと同じです。

同銘柄自体もやはり、仮想通貨の銘柄の1つであり、緩やかな値動きではあっても予測不可能な性質がある点は変わりがありませんので、間違った売買を行うと、損失を被る恐れが大いにあります。

これは今までのおさらいになりますが、通貨本体の構造や仕様が複雑な分、相場の値動き自体が予測不可能であり、一部の銘柄を除き、チャート表上での上下の振り具合の激しさがあります。

このため、取引方法を間違うと大きな損失を被る恐れがありますので、だからこそ、根拠性に欠けるポジショントークや、以後の確実性の保証が無いチャート表などを、鵜呑みに信じ込んだりする事を事前に止めていく必要性がある理由があります。

最終更新日:2018年08月27日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事