ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨投資と株式投資の違いってなに?それぞれの特徴を徹底比較してみた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.21 最終更新
まどか

仮想通貨投資と株式投資の違いってなに?それぞれの特徴を徹底比較してみた!

仮想通貨 株

仮想通貨の投資と株式投資はどう違うのか、これから始めてみようと思っている人は区別がつきませんよね。実際はそれぞれに違いがありメリットも異なります。今回は仮想通貨投資と株式投資の違いやそれぞれの魅力についてを紹介していきたいと思います。

記事上「コメントボタン」

一言に投資をすると言っても色々な投資先があり、代表的な式投資やFX投資を思い浮かべる方も多いと思います。

そんな中、最近は仮想通貨投資にも注目が集まっています。興味はあるけど株式とどういう違いがあるのか、実際にどちらに投資すればいいのかわからない、と疑問に思うこともあると思います。

そこで今回は、仮想通貨投資と株式投資、それぞれの基本的な取引方法や特徴を比較してみたいと思います。この記事を読んで、自分にぴったりの投資方法を考えてみましょう。

そもそも仮想通貨・株式投資って?

仮想通貨 株

仮想通貨式投資の違いを見ていく前に、それぞれの基本的な取引方法や仕組みをおさらいしてみましょう。

仮想通貨投資とは

仮想通貨投資とは、取引所に口座を開設し、そこで取引されている仮想通貨を購入する、他者からもらい受ける、またはマイニング(採掘)と呼ばれる方法で入手して売買することです。

マイニングは仮想通貨ならではの入手方法です。

通常、仮想通貨の取引はブロックチェーンという仕組みの下、10分ごとに取引台帳に記帳されていきます。その記帳処理を手伝うことによってコインをもらうことができます。

仮想通貨は株や為替と同じように日々値動きしているので、その売買によって利益損失が生まれます。

株式投資とは

株式投資とは、企業が株券を発行し、それを投資家に買ってもらうことで、資金調達をするもので、証券会社に口座開設をすることで売買をすることができます。

株式も仮想通貨と同じように、売買による利益損失があります。

それに加えて株の投資家には、その企業のから配当金や株主優待をもらえたり、議決権が与えられているというのが特徴です。

仮想通貨と株式の違いは?

仮想通貨 株

仮想通貨と株式の違いはたくさんあります。主要な違いを順に見ていきましょう。

市場の介入

仮想通貨には、市場の介入はなく、取引所は取引の場を投資家に提供しているだけです。一方、株式には適正な株価を維持することや、投資家を保護する観点から、市場の介入が行われています。

たとえば代表的なものとして、値幅制限があります。決められた値幅(ストップ高・ストップ安)に到達すると、売買を一時停止することで、市場のパニック状態を鎮静化させるための制度です。

これは、仮想通貨にはありません。そのため、仮想通貨は株式に比べ値動きが大きくなりやすい傾向にあります。

また株式には、金融庁により、証券会社に投資家の資産と自社資産を別管理させる分別管理や、日本投資者保護基金などの整備がなされています。

市場規模

仮想通貨の市場規模は2017年12月当時に100兆円まで拡大し、その後は少しずつ縮小傾向にあります。一方株式市場は日本の市場だけでおよそ530兆円と言われており、現在のところは株式のほうが大きな市場になっています。

しかし、仮想通貨の種類によっては、大手金融機関が積極的に導入を検討しているものもあり、さらなる成長が期待されています。

レバレッジ

仮想通貨も株式もレバレッジ取引が可能ですが、適用される倍率は異なります。仮想通貨では5~25倍のレバレッジ取引が可能です。一方で株式では信用取引を利用しても最大3倍となります。

レバレッジは大きいほど一攫千金が狙える可能性が高まりますが、その分損失のリスクも大きくなるので注意しましょう。

配当金の有無

先述の通り、株式は投資家に対して持っている株数に応じて配当金や株主優待がもらえる場合が多いです。

仮想通貨の中にも、配当金を出している種類のものはありますが、今のところそれほど多くなく、ビットコイン等のメジャーな仮想通貨のほとんどは配当金がありません。

取引時間

仮想通貨は取引所にもよりますが、基本的には24時間、土日祝日でも取引が可能なため、平日仕事で忙しい方にも取引しやすくなっています

一方で株式の取引時間は平日の9時から15時となっています。

保管方法

仮想通貨は、取引所での管理、ウォレットでの管理があります。その中でもオフライン上で管理をするハードウェアウォレットがとても人気があります。

ハードウェアウォレットとは、秘密鍵を内蔵した外部デバイスのことです。PCに接続しなければオフラインとなるため、セキュリティ面でとても強力です。

株式の保管は現在ではすべて電子化され、データで管理されています。

最低投資額

仮想通貨の最低投資金額は、コインの種類や取引所によって異なります。

例えばビットコインで見てみると、

・ビットフライヤー:0.001BTC
・ビットバンク、Zaif、BITPOINT:0.0001BTC

となっています。1BTCが72万円ほど(2018年7月現在)なので、最小で72円ほどから投資することができます。

一方株式はミニ株などの投資方法はありますが、通常は100株や1,000株単位での購入となります。銘柄にもよりますが、数万円から数十万円が最低投資金額となることが多いようです。

税金の取り扱い

仮想通貨は、利益が出ると雑所得として扱われます。他の所得との総合課税になるので、所得が多いほど高い税率が課せられます。最高税率では所得税45%+住民税15%の55%となります。

一方株式の場合は、利益に対して20.315%の課税で、NISA口座で買ったものについては年間120万円まで非課税となります。

また、仮想通貨でマイナスが出た場合、他の資産との損益通算や損失の繰り越しができません。

株式でマイナスが出た場合、同じ年に売却した他の資産の利益や、受け取った配当金との損益通算をすることができます。また、損益通算をしても控除しきれなかった場合、翌年以降3年間損失を繰り越すことが可能です。

それぞれどんなメリット・デメリットがあるの?

仮想通貨 株

仮想通貨と株式の違いについて見てきました。それでは、具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのか、まとめていきます。

仮想通貨投資

メリット

・値動きが比較的大きいので、一攫千金を狙えるチャンスがある
・24時間いつでも取引できるので、働いている人も取引しやすい
・株式に比べ、少額から投資できるので、初心者でも気軽に始められる

デメリット

・法整備が未熟なため、取引所の倒産時など、自己責任な部分が多い
・所得によって支払う税金の税率が株式に比べ高くなる可能性がある
・値動きが大きい分、リスクも大きい

株式投資

メリット

・仮想通貨に比べ、投資家保護のための市場介入や税制優遇など、法整備が行き届いていて安心
株主優待や配当金など、値上がり以外の楽しみもある
・上場企業はIR情報を開示する義務があるので、投資先の情報をしっかり調べた上で投資するかどうかの判断をすることができる

デメリット

・仮想通貨に比べ、値動きの大きさが制限されている
・取引時間が平日の9時から15時と限られているので、機動的に売買するのが難しい
・ある程度まとまった金額がないと買えない銘柄が多い

仮想通貨投資と株式投資の違い・特徴を理解しておきましょう!

投資といっても、仮想通貨と株式にはたくさんの違いがありました。それぞれに、取引所の役割や税金の取り扱い、値動きの大きさや取引のしやすさなどの特徴があります。

自分にはどちらが合っているのか、しっかりと比較検討した上で投資先を選んでみましょう。

どちらも興味のある方や、資金に余裕があるという方は、仮想通貨と株式の両方に分散して投資してみるのもいいかもしれませんね。

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」