ホームアルトコインリップル(XRP)高騰の可能性はどのくらい?特徴や将来性についてを考察!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.21 最終更新
まどか

リップル(XRP)高騰の可能性はどのくらい?特徴や将来性についてを考察!

リップル 可能性

アルトコインの中で有名なリップル(XRP)ですが、この通貨はどのくらいの可能性が秘められているのか、みなさんも気になりませんか?今回はリップルの特徴や秘められた可能性、将来性などを初心者のかたでもわかるように紹介していきたいと思います。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ここ数年で数多くの大企業や大手金融機関に採用され、急成長を遂げている仮想通貨であるリップル。Googleからの出資を受けたことでも話題になりました。

そのリップルの価格高騰の可能性に期待する人は多いと思います。しかし、初心者にはその可能性や将来性を予想することは難しいところでもありますよね。

今回は数ある仮想通貨の中でリップルが注目されている理由や、どのような可能性を秘めているのかについて紹介していきます。

まずはリップルの特徴を知っておこう!

リップル 可能性

リップルは、仮想通貨の一つとして数えられることが多いですが、実は通貨そのものではなく、金融商品の決済・送金システムのことをいいます。そのため、人同士が実際に取引を行うビットコインなどとは少し違います。

他にも、他の仮想通貨にはないたくさんの特徴があります。

その中でも可能性に注目されている理由として、

・決済の圧倒的な速さ
・ブリッジ機能
・1,000億枚まで発行できる

の3つが上げられます。

その詳細について、順番に見て行きましょう。

決済の圧倒的な速さ

仮想通貨の多くは送金が完了するまでに10分程度かかってしまいますが、リップルは最速4秒程度で送金が完了します。これは仮想通貨の中でも圧倒的な速さで、リップル特有の決済方法と言って良いでしょう。

従来の仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれ、仮想通貨のユーザー同士が互いに取引を管理し合うシステムによって不正を防ぎ、通貨の価値を保っています。

一方リップルは「XRP Ledger」というシステムを使い、リップル社が決めた特定の機関によって取引の承認作業が行われます。

決められた一部の機関に権限を集約することでネットワークの負担を減らし、他を圧倒する速さでの決済を可能にしています。このことにより、リップルは決済手段として優れているさらに速くなる可能性もあるのではと期待されているのです。

ブリッジ機能

ブリッジ機能は、名前の通り、橋渡しの意味があります。

リップルのシステム内で使用できるコインはXRPと呼ばれ、ブリッジ通貨とも言われています。このコインは、国家が発行する法定通貨はもちろん、他の仮想通貨に換えることができます。

例えば、XRPを使って円貨をドルに換えて他の場所に移動する場合、円貨を一旦XRP上で移動させ、受け取る側がそのXRPをドルに換えるという方法を取ります。

このように、通貨間の交換に仲介する機関が必要ないため、同コインを利用すれば短時間・ローコストで通貨の変換ができるほか、銀行などの金融機関としても通貨導入に必要なコストも抑えることができるのです。。

発行上限が1,000億枚

仮想通貨はプログラム上発行できる枚数が決まっています。リップルの発行枚数の上限は1,000億枚、対するビットコインの上限2,100万枚しかありません。

ビットコインは0の状態から採掘によって徐々に上限に向けて増やしていきます。一方リップルの場合は、1,000億枚を持った状態から始まり、取引の際に送金手数料としてXRPが減少していくという仕組みになっています。

この送金手数料は、攻撃者を破産させるために設計されたもので、過度な負担がネットワークに掛かっていると、リップル内で行われている全ての送金において手数料が増加してしまいます。

このような仕組みを使って、ネットワークの信憑性を保っています。

リップルは将来性に期待ができるって本当?

リップル 可能性

リップルは先述の通り、利便性や他にない特徴などから、様々な分野でその可能性に注目されています。そのため、同コインの可能性・将来性を見込み、実際にビジネスに活用する企業も増えています

特に注目されている提携案件としては以下のようなものがあります。

Googleによる出資

同社は、2016年よりリップル社に出資しており、Googlepayに活用される可能性もあるのではという見方も強くあります。

ゲイツ財団との提携

ビル・ゲイツが運営する同団体は、技術で提携により発展途上国で銀行口座を持たない層が、決済を無料で行うことのできるソフトウェアをリリースしています。

ebayが決済方法として追加を検討!

まだ予定の段階ではありますが、世界最大のネットオークションサービスであるebayが決済方法として追加する可能性がある
と言われています。

三菱UFJ銀行が海外送金で利用開始?

同行は、バンク・オブ・アメリカなどの米欧豪大手6行と協力して、リップルを使った次世代国際送金システムを組むと2017年3月末に発表され、2018年5月には送金テストが行われたと報道がありました。

他のメガバンク各社も採用に向けて動いていて、今後送金システムとして導入する銀行が増えていく可能性は大いにあります。

内外為替一元化コンソーシアム

リップルに出資しているSBIホールディングスが、リップルと共同で内外為替一元化コンソーシアムを展開しています。

これは、リップルを利用した24時間リアルタイム送金インフラで、日本国内の銀行61行が参加をしています。

2018年3月には、個人のユーザー間送金が24時間365日リアルタイムで行えるアプリ「Money Tap」を発表しており、現在のインフラでは実現できない決済速度と手数料の安さを実現しています。

リップルの今後はどうなっていくの?

これまで書いてきたように、世界中からその可能性に注目を集めているリップルですが、今後このコインはどうなっていくと予想されているのでしょうか。

価格予想や、今後活躍が期待される分野について見ていきます。

リップルの価格予想

同通貨の価格については、多くの機関が予想を出しています。

Ripple COin News

同コインについて、環境面・テクニカル面の双方から総合的にかなり詳しく分析しているサイトです。2018年末の予想は7ドルから10ドルとしており、少なくとも7ドルの壁は超える可能性があると予想しています。

ナスダック

アメリカの株式市場で、主にベンチャー企業が上場しいている市場です。2018年9月頃までに1ドル、数年で5ドルになる可能性があると予想しています。

「Ripple COin News」に比べると少し保守的な予想ですが、2017年末に5ドルに近づく場面がありました。この予想は前倒しで達成される可能性もあるかもしれません。

Investing pr

投資情報サイトで、数多くの投資に関する予想を出しています。ここでは、韓国などの仮想通貨を禁止した大国が再び同コインの採用の規制緩和に動いた場合、2018年内には、価格は5ドル(約550円)になる可能性があると予想しています。

また、2018年半ばに同コインはアメリカで最大手仮想通貨取引所である、Coinbaseに上場すると噂されています。実現すれば同コインの価格に大きな影響をもたらすことでしょう。

今後活躍が期待されている分野とは?

リップルの今後の活躍の場として最も期待されているのは、何といっても国際送金の際のハブ通貨としての役割ではないでしょうか。

先述の通り、同コインは何か特定の中継通貨や、仲介機関を介することなく、直接他の法的通貨や仮想通貨に交換することができます。

ハブ通貨としてリップルを利用することで、送金・決済の時間や手数料を一気に減らすことが可能になります。

実際に、三菱UFJ銀行がバンク・オブ・アメリカなど米欧豪大手6行と共同で個人向けの24時間365日利用可能な高速送金サービスの提供を発表するなど、実用化の可能性が高まっているのです。

可能性を秘めているリップルには今後も期待!

リップル 可能性

今回はリップルの可能性や将来性についてを詳しく紹介してきました。

従来の通貨にはない決済方法や特徴から、今後も様々な分野での活用の可能性に期待されていて、その将来性や利便性の高さから、さらなる価格上昇を予想する人も多くいるのです。

また、投資目的での取引はもちろん、大手金融機関を中心に、海外送金などの実用面での採用も増えてきている同コインは、今後さらに私たちにとって身近な存在になることでしょう。

本記事を読んで少しでも興味が出たという方は、一度リップルについてご自身でも調べてみてくださいね。

最終更新日:2018年08月21日

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」