ホームアルトコイン仮想通貨のトロン(TRON/TRX)ってなに?初心者でも理解できる特徴や将来性を紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.21 最終更新
ちか

仮想通貨のトロン(TRON/TRX)ってなに?初心者でも理解できる特徴や将来性を紹介!

仮想通貨 トロン

じわじわと存在感を出してきている仮想通貨「トロン」。わたしの推しコインでもあるトロンですが、みなさんはどれだけの特徴があるかご存知ですか?今回は仮想通貨トロン(TRON/TRX)の魅力について改めてご紹介していきたいと思います!

記事上「コメントボタン」

たくさんの種類がある仮想通貨の中でも、今とても注目されているコイン「トロン(TRON/TRX)」。そう、みなさんもご存知わたしの推しコインでもあります∠( ゚д゚)/

時価総額ランキングでも直近11位となっていて、取引数も多い銘柄です!みなさんもかなーり気になっているのではないですか?

2017年8月に中国で生まれた仮想通貨で、取引が低迷している時期もありましたが、2018年4月頃から急騰するなど、再び注目を集めているのです。

今回は、わたしも以前から推している仮想通貨トロン」の魅力についての復習として、改めてお伝えしていきたいと思います!

トロンってどんな仮想通貨?特徴などを知りたい!

仮想通貨 トロン

トロンはという仮想通貨はそもそも、クリエイターが写真や動画などのデジタルコンテンツを表現する分散型プラットフォームを目指していました!

デジタルコンテンツを発表する場として代表的なもので「YouTube」がありますね。YouTubeはGoogleが管理者としてプラットフォームを運営・管理しています!

一方でトロンは、ブロックチェーンの技術を応用し、特定の誰かによる管理をせず、クリエイターと視聴者を直接繋ぐような仕組みを取ることで、よりたくさんの人がデジタルコンテンツを楽しむことができるよう提供されているサービスなのです!

トロンの凄いところは、

・クリエイターを応援する仕組み!
・ゲームで直接やりとりできるようになるかもしれないコイン!

と言った特徴があるのです!もっと詳しく見ていくとしましょう!(*´ω`*)

クリエイターを応援する仕組み!

トロンは、デジタルコンテンツをブロックチェーン上にアップし、それを世界中の利用者個人のコンピューターで管理するシステムを取っています。

そして、TRXを買ってトロンのネットワークに加入すると作品を自由に閲覧したり、アップしたりすることができるようになり、しかも無料でファイルの保存やアップロードが出来ます

従来のプラットフォームでは、作品をアップして見てもらうという過程で、第三者により管理料などの名目で中間搾取があるものがほとんどでした。

そこでトロンでは、クリエイターがきちんと評価され、利益を得られる環境作りを目指しているのです(*ノωノ)とっても凄いと思いませんか?!

ゲームで直接やりとりできるようになるかもしれないコイン!

現在は、ゲームの中でお金のやりとりをすることは禁止されている場合がほとんどで、日本でもゲーム通貨の現金化はグレーゾーンです。

トロンは2027年を目途に、クリエイターがトロンを使ってゲームを自由に設計し、ゲーム開発のための資金を確保し、さらに投資家がゲームに投資することを可能とすることを目指しています

そのため現在では、中国発のゲームを中心としたオンラインプラットフォームである「Game.com」と提携を進めるなど、様々な活動を初めています。

仮想通貨トロンの魅力ってなにがあるの?

トロンの基本的なことがわかったところで、具体的な魅力について詳しく見ていきましょう!

トロンの魅力はたくさんありますが、大きな魅力としては、

①創業者が期待の実業家、ジャスティン・サン
②ICOが30秒で完売
③時価総額ランキング11位

の3つだとわたしは思っています!初めて知ったという人のためにもわかりやすく紹介していきますね。

トロンの魅力①:創業者が期待の実業家「ジャスティン・サン」

トロンの創業者ジャスティン・サンは、2017年にシンガポールでこの事業を開始しました。

中国の東大とも言われる北京大学を卒業し、その卓越したプロモーション能力を武器に、Forbesが選ぶ30歳以下の創業者に3年連続選ばれるなど、今注目の若手実業家です(/・ω・)/

そんなジャスティンは、かの有名な中国のアリババのCEO、ジャック・マーにも認められ、かなりの親交があるようです。トロンもまだ事業として日が浅いにも関わらず、次々と大きな提携案件を作っていっています。

トロンの魅力②:ICOが30秒で完売?!

ICOとは、資金調達のために新しく仮想通貨を発行することです。トロンのICOはバイナンスで行われ、わずか30秒足らずで完売しました!

ICOで人気があったからといってその後の値動きに直結するわけではありませんが、このコインの注目度がいかに高いかがわかりますね!(●´ω`●)

トロンの魅力③:なんとトロンは「時価総額ランキング11位」!!

TRXは取引のボリュームも急激に増えてきており、一時トップ10入りしていたこともあります。今後も期待値上がりの期待できるイベントがたくさん予想されているので、さらなる同コインの盛り上がりに期待ですね!

仮想通貨トロンの将来性についてを考えてみた!

仮想通貨 トロン

仮想通貨トロンには、今後も期待されているイベントが盛りだくさんです。

・日本の取引所への上場
・PeiwoやoBikeとの提携
・アリババとの提携
・テストネットとメインネットについて

などが今のところ大きな話題になっています!

日本の取引所への上場?!

2018年の1月に、同社は日本の金融庁への認可申請のための手続きを行ったと報告しています。まだ審査段階だと思われますが、審査が無事通過すれば日本国内の複数の取引所での上場を検討しているようです。

取引できる取引所が増え、知名度がアップすれば、さらなる取引量の増加や値上がりにも期待できるのではないでしょうか!

PeiwoやoBikeとの提携

Peiwoは、ジャスティン氏がCEOを務める、音楽ストリーミングサービスで、会員数は1,000万人以上いると言われています。

トロンは音楽や動画を発信するサービスですし、ネット決済にも仮想通貨は使いやすいので、提携先として非常に相性が良さそうですね。

また、自転車シェアリングサービスであるoBikeとも提携予定です。トロンを使ったネット決済を導入予定とのことですが、こちらも利用者が1,000万人以上いるサービスですので、トロンの利用拡大に一躍買ってくれそうです!

アリババとの提携!決済にトロンが使用される日も近い?!

先述の通り、トロン創業者のジャスティン氏は中国版Amazonと言われるアリババのCEOであるジャック・マー氏と親交が深いとされています。

2017年12月のジャスティン氏のツイッターで、アリババと決済サービスで提携を結んだとの記述がありました。

もし、将来的にアリババの決済にトロンが使えるようになれば、さらなる需要増から価格上昇が期待できるのではないでしょうか!

トロンのテストネット・メインネットってなに?

テストネットとは文字通りではありますが、仮想通貨のネットワークや取引などが正常に作動するか確認するためのテストスペースになります。

トロンのテストネットは2018年3月31日からスタートし、前日の30日にはジャスティン氏のTwitterでカウントダウンの発表があったんですよ٩(๑´3`๑)۶

その後、イーサリアムのネットワークを元々使用していたトロンでしたが、メインネット開設により独自のブロックチェーンネットワークへと移行しました!

メインネット開設による高騰!!……とはいかなかったのですが、ジャスティン氏は「ブロックチェーン業界のマイクロソフトになりたい」と今後の意気込みを述べています。

さらにジャスティン氏から「極秘プロジェクト」という言葉も出ていて、その内容には様々な憶測が飛び交ってはいますが、今後の情報やトロン自体の発展にはたくさんの人が期待しているのです!

トロンを購入するにはどの仮想通貨取引所を利用したらいいの?

残念ながら現在、日本国内の取引所では同コインを取り扱っていません(´・ω・`)

なので、海外の取引所に口座を開設し、国内の取引所から送金をしてコインを購入することになります!

海外には取り扱いのある取引所がたくさんありますが、有名なところでは、

・フオビ(シンガポール)
・バイナンス(マルタ)
・ヒットビーティーシー(イギリス)
・オーケーイーエックス(香港)

などがあります。

フオビ

まずは、取引量が世界最大級の「フオビ」。

SBIホールディングスと提携したこともあり、セキュリティー面での安全性はもちろんのこと、日本語対応もしているので初めて海外取引所を使うという人にも使いやすい取引所です。

取引手数料:0.20%

バイナンス

こちらも同じく世界最大級の取引量を誇る「バイナンス」。バイナンスはトロンの取引をしている人が多く、実際にわたしも利用している取引所です!

Google翻訳機能を使えば日本語変換も可能ですし、取引通貨数も120種類と非常に豊富なのが特徴です。

取引手数料:0.05-0.1%

ヒットビーティーシー

2013年からあり、仮想通貨の取引所としては老舗です。そのため、ICOをする仮想通貨はまずこちらでの上場を目指すことが多く、取引通貨数はなんと約230種類!

日本語は非対応ですが、上場直後の新しいコインに興味がある人は、この取引所を使ってみるとおもしろいかもしれませんね!

取引手数料:-0.01%~0.1%

オーケーイーエックス

香港の取引所で、仮想通貨の取引量は世界第2位となっています。取引量が多ければ多いほど手数料が安くなるシステムがあるため、たくさん取引したい人におすすめの取引所です。

取引手数料:-0.01%~0.2%

希望に満ち溢れた仮想通貨トロンはおすすめ!

仮想通貨 トロン

今回は仮想通貨トロン」の魅力を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか(*´∀`*)

まだまだ生まれたばかりの仮想通貨であるトロンですが、事業の将来性創業者自身のカリスマ性なども相まって、多くの大手企業や著名実業家、投資家などからも大きな期待を寄せられています。

今はまだ日本国内の取引所には上場していませんが、将来的に国内で取引できるようになれば、さらに身近な存在になるかもしれません。

今後の動向には要チェックですね!(/・ω・)/みなさんも是非トロンの取引に挑戦してみてはいかがでしょうか?

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちか
仮想通貨をきっかけに投資のテクニカルにハマってます。元々は料理が趣味だったけど、今は完全に仮想通貨投資。好きこそもののなんとやらで、投資専業で生活できたらなんて考えてます。
ちかの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」