ホーム最新ニュースソフトバンク×ブロックチェーンが起こす、未知の新しい創造を知る!
研修生

ソフトバンク×ブロックチェーンが起こす、未知の新しい創造を知る!

ソフトバンク ブロックチェーン 

ソフトバンク社がブロックチェーン技術を通してどんなサービスを創造してきたのか、起こそうとしているのか気になりませんか。今回は、ソフトバンク×ブロックチェーンに焦点を置き、今までニュースで明かされてきたことをまとめて紹介します!

ついに、孫正義社長がブロックチェーンに目を向けた

各企業もブロックチェーン技術に目を向ける中で、
ソフトバンクブロックチェーンの事業を展開していることが明らかになりました。

ソフトバンク社は、これまでヤフーなどインターネットサービスやスマートフォンなど顧客向けのサービスを行ってきました。

始めは出版事業やソフトの卸業から始まり、ヤフージャパン買収、ボーダフォン買収と、アップル社と日本初業務提携を組み、iPhoneを日本に持ってきたことで、
一気に世に広まりました。

世間では、モバイルの会社、インターネットの会社としてのイメージが強いと思います。

現在では、人工知能にも目を向け、ペッパー君も有名ですよね。

そして、昨年には、ブロックチェーン技術に関連するサービスを開始しました。

アメリカのブロックチェーン技術の開発企業のTBCAソフト社とスプリント社を
結成し、ブロックチェーン技術を開発を目的とした合意をしました。

他にも多数の海外企業や国内企業と提携を組み、今までにはない新しい目的、サービスをブロックチェーン技術を応用したサービスを作っています。

ソフトバンクは、今まで私たちに色んなサービスを提供してきてくれましたが、
これからはより規模の大きい影響を与えてくれそうですね。

これからは、実際にソフトバンクグループ社がブロックチェーンを通してどんなことを今まで起こしてきたのかを一例をあげて解説していきます。

ソフトバンク×ブロックチェーンによる3つの革命

ここからは、実際に過去にソフトバンクがブロックチェーン技術を通して
どんなことを私たちに起こしてきたのか。
その実例を3つほど挙げていきます。

聞いたことがあるものあるかもしれませんが、
改めて、知ることでより深い理解ができますので、
参考にしてください。

東京に新しい街が生まれる!?三菱地所、富士通、ソフトバンク、東大の提携によるブロックチェーン技術により新革命が起きる!

聞いたことがない人はいないくらい、有名な会社、学校ですよね。

具体的にブロックチェーン技術を使ってどんな街が生まれるのか。

ブロックチェーンは、簡単にいうと、データ管理、取引履歴を確認できるサービスを
指しています。

今回、各大手の4社が持っているデータ、情報ををブロックチェーン技術を応用し
共有することで、新しいサービスを創ることを目的とされています。

私個人的には、取り扱っているサービス、事業に関わりがなさそうに思えますが、
実際に、どんな価値を提供できるのか、今までにない未来を創造するために
実証実験が始まったそうです

この実証実験は、都内の丸の内で2018年の末まで行われるそうです。

実際どんな結果が出るのか、またどんなサービスが生まれるのか、わくわくしますね。

ソフトバンク×募金×ブロックチェーン!? 2016年に起きた斬新なサービス

続いて、ソフトバンクがブロックチェーン技術を通して私たちに起こしたサービスはどんなものがあったのかご紹介します。

このニュースは2016年の年初にあったものです。

ソフトバンクは国際募金のプラットフォームをブロックチェーン技術を使い
今までにはない取り組みを始めました。

実際に、ソフトバンクは2016年の時点で、2年以上ブロックチェーンの分野を研究しつづけていたそうです。

やはり、先見の明がありますね。

ソフトバンクがブロックチェーン技術を応用した第一弾といっていいかもしれない。

というのが、この国際募金型システムだそうです。

システム専門の方によると、透明性や分散性、永続性など募金には向いているという
ことだそうです。

ソフトバンク×ブロックチェーン技術によるCO2削減へ

今までソフトバンクグループ社はインフラビジネスを行ってきました。

太陽光発電から電力ビジネスなど、多岐にわたっておこなってきましたが、
今回新たに行う、ブロックチェーン技術を使いCO2削減とはどういった
ものなのでしょうか。

決して、ソフトバンクが仮想通貨の事業をやったり、独自通貨を発行するといった
ものではありません。

ブロックチェーン技術を使い、CO2削減するのは、
再生可能エネルギーによっ削減できたCO2排出量削減分を個人間で簡単に売買できる仕組みを開発できるようにするというサービスです

世界最大のテクノロジー企業である、ソフトバンクと電力グループ会社が
CO2削減のためにブロックチェーン技術を使い実験プロジェクトを開始しました。

報道によると、CO2削減プロジェクトは、エネルギー事業の新興企業である株式会社電力シェアリングがこの事業全体を統括し、東京電力などの電力関連各社や大手資本のソフトバンクから技術支援を受けるといわれています。

そして、今回のプロジェクトの最大のメリットは、一般消費者間で、取引の仕組みを利用することで、余剰電力を容易に相互売買することが可能になります。

目的は、地方の再生可能エネルギーに転換できることで、日本全体のCO2削減につながり、都心に限らず、地方も活性化し、日本全体がより素晴らしい未来を創造するために生まれたそうです。

ブロックチェーンの誕生により、企業を通さず、すべてに売買、サービスが
個人間でうまれるようになります。

既に実証などされているので、これから5年、10年先がどんな未来があるのか
毎度報道を見るたびにソフトバンク社の動きがわくわくしてきますね。

ソフトバンクに始まり、有名な経営者はブロックチェーン、仮想通貨にどんな見解を持っているのか

これまでは、ソフトバンク社の動きやブロックチェーン技術に関する解説を
してきました。

これからは、私たちに多くの影響を与えてくれている
有名な経営者が仮想通貨やブロックチェーンに対してどんな見解をもっているのかを話していきます。

ソフトバンク創業者の孫正義社長の仮想通貨、ブロックチェーンに対する意見とは

今回は、ソフトバンク者のブロックチェーンに対する話をしてきましたが、
孫社長は仮想通貨に対してどんな意見をお持ちなのか。

2018年6月のに行われた株主総会で孫社長は仮想通貨に対しては、
「ブロックチェーン技術は実態よりも投機的な価値が先行している、技術そのものは
まだ始まったばかりだ」

そう質問に答えています。

確かに、今回の記事でも何度も解説してきましたが、
ソフトバンクは、最新のブロックチェーン技術を通して新しい価値、創造を行う動きを
示していますが、仮想通貨に関しては、全くまだ見えません

仮想通貨は稼げる、今からやらないといけない!

といった、怪しい広告がありますが、
孫社長が見ているのは、それよりもっと未来のようですね。

確かに、まだ仮想通貨は始まったばかりであり、ブロックチェーンと違い
まだ手を出す段階ではないとみているようですね。

ソフトバンクの最高のパートナー企業である、アリババ創業者は仮想通貨、ブロックチェーンをどう思っているのか

アリババ創業者のジャック・マーも孫社長と同様に
ブロックチェーンに対しては肯定的な意見をお持ちだが、仮想通貨に対しては
否定的な意見があるように思えます。

実際に、ジャック・マーはこういっているそうです。

「現在、世界には銀行口座を持たない人が17億人いますが、ほとんどの人は携帯電話を持っています」
「ブロックチェーンが人類の未来に与える影響は、私たちの想像をはるかに超えるものになるかもしれません。」

私もインドや台湾、中国など貧困層の方々とお会いしたことはありますが、
携帯はもっているが、銀行口座をもっていませんでした。

ブロックチェーン技術は革命を起こすのは間違いなく、
多大なる素晴らしい影響を与えてくれます。

それに対して、仮想通貨は、

「私はビットコインについてまったく知らない。非常に困惑している。もしそれが本当にうまくいとしたら、世界の貿易と金融システムのルールは根本的に変わることになるだろう。私たちはその準備ができていないと思う。そのため、私はいまはアリペイに注力している。…私たちはブロックチェーンを研究するチームがあるが、ビットコインは私が追い求めるものではない。ビットコインは気にしていない」

引用元:コインテレグラフ

ジャックマーの場合、ブロックチェーン技術を研究はしてきたが、
ビットコインを研究してこなかったので、否定的な部分もあるかもしれないが、
実際、一時的なバブルという意見もわかります。

最先端のビジネスや世界トップクラスの孫社長も同様なので、
まだまだ仮想通貨は始まってまもないので、何ともいえないところがありますね。

世界ナンバー1のお金持ち、ビルゲイツ氏はどう思っているのか

ビルゲイツ氏も先ほど紹介した二人と同様の意見をお持ちのようです。
彼は、2018年5月のCNBC番組でビットコイン関して否定的な意見をもっていました。

「ビットコインは非常に愚かな投資であり、もしするなら空売りする」

引用元:CNBC



ソフトバンク×ブロックチェーンの解説を振り返ってみて

今回は、ソフトバンクとブロックチェーンに関するニュースや他の有名な経営者がどんな見解をもっているのか、またソフトバンク社がブロックチェーン技術を使ってどんなサービスを提供してきたのか、また今後提供していくのかを解説してきました。

私自身、孫社長の動きや考え方というのは日々参考にさせていただいていますが、全てに共通するのが会社の理念でもあります、「情報革命で人々を幸せにする」という志から全ての決断、選択が生まれているのかと思います。

いくつか紹介させていただきましたが、他の企業がブロックチェーン技術を通して今までにはない新しい価値を創造していくことが本当に今後の未来がどうなっていくのか、期待できますね。

また、これからは、個人そして企業が共存共栄しあう時代が到来するのではないかと思います。

是非、今回の記事をきっかけにブロックチェーン技術の動きやサービスに目を向けてみてはいかがでしょうか。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

大人気スマホアプリ!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら