ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨ゲームって何?ゲームでお金を稼ぐことは可能なのか?
研修生

仮想通貨ゲームって何?ゲームでお金を稼ぐことは可能なのか?

仮想通貨,ゲーム

今流行の仮想通貨でお金を稼ぐと取引をしてお金を稼ぐのかな?と思う人が多いと思います。この記事では仮想通貨に関係しているゲームを遊んで稼ぐ方法を教えていきます。
遊びながら稼げて一石二鳥なので一度ためしてみて下さい。

目次

「ゲームで稼いで生きていけたらなあ・・・」

誰もが一度はこのように考えた事があるのではないでしょうか?
そんなことは当然夢物語、、と思いきや実はそうでもなくなってきているのをご存知でしょうか?
今、「仮想通貨ゲーム」「ブロックチェーンゲーム」などと呼ばれるゲームが世界のベンチャー企業によって次々と開発、リリースされています。
仮想通貨の登場とテクノロジーの発達により、ゲームでお金を稼ぐこともあながち夢ではなくなってきています。

ゲームをすることが仕事になる、そんな日も決して遠くないのかもしれません。

実際にブロックチェーンゲーマーとして知られている根元氏へのインタビュー記事も、これからのブロックチェーンゲームの未来についてよくわかりとても面白いです!!

本記事では
・どのようにしてゲームでお金を稼ぐのか?
・今までのゲームとはどのような違いがあるのか?
・仮想通貨を使用したゲームが普及することによって世界はどのように変わるのか?
についてご紹介していきます。

仮想通貨を使ったゲーム「ブロックチェーンゲーム」とは?

ブロックチェーンゲームとは?

ブロックチェーンゲームを端的に説明すると
「ブロックチェーンの上に構築されており、ゲーム内で仮想通貨のやり取りができるゲーム」
と言えます。
昨今皆さんがプレイされているゲームにも「ゲーム内通貨」と呼ばれるものがあるかと思います。
ゲーム内で武器を買ったり、バトルに勝つと手に入ったり、とゲームの中でのみ通用するお金ですね。
ブロックチェーンゲームではそのお金が仮想通貨に置き換わっています。
その為、ゲーム内で仮想通貨を稼ぎ、現金へ交換することも可能です。

ブロックチェーンゲームは「dApps(ダップス)」とよばれるアプリケーションのうちの一つです。
ブロックチェーンゲームを語る上でdAppsの知識は必要不可欠となってくるので、ここでdAppsとは何なのか?について押さえておきましょう。

dApps(ダップス)とは?

dApps(ダップス)とは[Decentralized Applications]の略で、直訳すると「分散型アプリケーション」という意味です。
従来のような、サーバー上に構築されているアプリケーションとは異なりブロックチェーン上に構築されているのが最大の特徴です。
要はアプリケーションなので、一口にdAppsと言っても種類は色々です。
ゲーム、予測市場、取引所、、、などアプリの種類は多種多様、これからどんどん分野も増えてくると考えられます。
dAppsの中でもゲーム分野、いわゆるブロックチェーンゲームが現在最も多くアプリケーションをリリースしており、盛り上がりを見せています。
ではブロックチェーン上に構築されているdAppsは普通のアプリケーションと比較してどのような特徴があるのでしょうか?

Dappsに関しては、以下の記事がよくまとまっているので、こちらも参考にしてみてください。

dApps・ブロックチェーンゲームの特徴

dAppsには大きく4つの特徴があります。
ブロックチェーンゲームはdAppsの一種なので、これらの特徴を全て備えています。
以下の説明ではdApps=ブロックチェーンゲームと捉えて頂いて問題ありません。
参考: The General Theory of Decentralized Applications, Dapps

1.アプリケーション内にはトークン(仮想通貨)が流通している

dApps内では、仮想通貨が流通しており、アプリケーション内の価値のやり取りはこの仮想通貨を用いて行われます。
今までのアプリケーションでは「情報のやり取り」はできたものの、「価値のやり取り」はできませんでした。
しかしブロックチェーンに乗っていることにより、dAppsでは仮想通貨を用いた「価値のやり取り」が可能となります。

また、dApps内では何らかの行動をすることによって、報酬として仮想通貨が支払われる仕組みが必ず存在します。
例えばdAppsゲームであれば「バトルに勝つ」と「ゲーム内仮想通貨がもらえる」といったイメージですね。

2.運営主体が存在せず、非中央集権的である

dAppsはブロックチェーン上に存在するため、管理者が存在しません。
今までのアプリケーションでは運営が存在し、特定のサーバーが存在していました。
その為、サーバー障害によるサービスダウンのリスクや、運営による多額の利用料の搾取などが問題となっていました。

しかし、dAppsは運営が存在せず、「スマートコントラクト」という機能によって完全自動化されています。
スマートコントラクトは「契約の自動履行」という意味で、「ブロックチェーン上にあらかじめ契約をプログラミングしておく」事が可能な機能です。

例えばバトルで勝った際に、ユーザーへ自動的にお金が支払われる。
こういったアプリケーションの全ての動きがあらかじめブロックチェーン上にプログラミングされており、条件を満たすと自動で処理が実行されます。

つまり、「誰も何もしなくても、一度作ってしまえば自動的に動き続けるサービス」という事になります。

dAppsではスマートコントラクトによる非中央集権的な仕組みにより、従来のアプリケーションに存在したサービスダウンや運営による利用料の搾取などの問題を解決しています。

3.オープンソースである

dAppsではアプリケーションのソースコードが全てブロックチェーン上に公開されており、誰でも参照することができます。

従来のアプリケーションではサーバーの中はブラックボックスで、実際どのように動いているかはユーザー側にわかりませんでした。

しかしdAppsでは見ようと思えば誰でも見る事ができる為、アプリケーションの透明性が保たれています。

4.ユーザーからの要求によりdAppsの改善がされる

アプリケーションはユーザーからの要求があれば、改善していくことが求められます。
この改善は、ユーザーの合意があって初めて実現します。

これにより従来のアプリケーションのように運営がユーザー側の満足度が下がる形で勝手にアプリケーションの仕様を変える、という事が起こり得なくなります。

仮想通貨(ブロックチェーン)ゲームの今までのゲームとの違いとは?

先の章ではブロックチェーンゲームの持つ4つの特徴について説明させて頂きました。

ではこれらの特徴は、今までのゲームとの間に具体的にどのような違いをもたらすのでしょうか?

ゲーム内で価値のやり取りができる

ブロックチェーンゲーム内ではゲーム内のすべての資産がトークン(仮想通貨)化されています。

ゲーム内通貨はもちろん、ゲーム内で手に入れた自分のモンスターやアイテム、これも一種の仮想通貨となっています。

「モンスター」や「ゲーム内通貨」というそれぞれの形をとっているだけで、その実態はどちらも異なる種類の「仮想通貨」なのです。

実態が仮想通貨となるとモンスターやアイテムにも価値をつける事ができます。
仮想通貨同士であればトレードが可能なので、ゲーム内でモンスターを買ったり、売ったりといった取引も可能になっています。

今までのゲームでは自分の持っているモンスターも「ただのデータ」でしかありませんでしたが、ブロックチェーンゲームでは「価値を持った資産」となります。
当然資産なので仮想通貨→現金といった形での交換も可能となります。

ゲーム内に持っている資産は全て自分に所有権がある

ゲーム内では誰もが、自分のモンスター、自分のアイテム、自分の通貨といった形で資産を所有しています。
しかし従来のオンラインゲームは本当に自分に所有権があったでしょうか?

確かに表示上は自分が所有しているように見えるかもしれません。
しかし実際のデータは運営の所有するサーバー上にあり、運営が管理しています。

運営がデータを消してしまえば自分の持っていたものは消えてしまいますし、運営によって改ざんしてしまう事はいくらでも可能です。

つまり本質的には所有権は運営側にあると言えるでしょう。
しかしブロックチェーンゲームではゲーム内の資産は全て仮想通貨として、ブロックチェーン上に存在しています。

秘密鍵を持つユーザーにしかアクセスする権利はなく、消えることも、改ざんされることも絶対にありません。

その為、本当の意味でユーザーに所有権があります。
所有権がある為、立派な自分自身の資産となるわけですね。
あなたの目の前にあるパソコンやスマホ同様に、ゲーム内のアイテムも一つの資産となります。

サービスダウンが絶対に起きない

従来のゲームでは、運営側のサーバー障害などが原因でサービスがダウンする事ががありました。

しかしブロックチェーンゲームは特定のサーバーに依存して動いているわけではないため、サービスが止まることはまずあり得ません。

今までは少しでもシステムがダウンすると運営側には多額の経済的損失が発生するため、企業はお金をかけてでもサーバーを冗長化することによって対策をしていました。
その冗長コストが不要になるのも企業側にとっては大きなメリットです。

ゲーム内のシステムに透明性がある

現代のソーシャルゲームにおいては「ガチャ」などと呼ばれるシステムが主流となっています。

課金してガチャを回し、一定の確率でレアアイテム/レアキャラクターが手に入るといったシステムです。

しかし、当たりが出る確率は依然として不透明で、本当に適切な確率となっているのかはユーザー側に知る手段がありませんでした。

ブロックチェーンは全てがオープンソースで、誰でも参照する事が可能です。当たりがでる確率も例外ではありません。

その為、運営側が確率操作をする余地がありません。
全てがオープンで運営を信用する必要すらないという意味で、ブロックチェーンゲームは非常にフェアなゲームと言えるでしょう。

仮想通貨ゲームの普及によって世の中はどのように変わるのか?

ゲームで稼いで生きていくことが可能になる

ブロックチェーンゲームではバトルで勝つことによって仮想通貨を得ることができます。

ゲームが上手い人であればゲームで直接お金を稼いで生きていくことも可能になります。

現代において「ゲームで生きている」という言葉のニュアンスからは「価値を生み出しておらずただ遊んでいるだけ」と思われがちです。

しかし、ブロックチェーンゲームにおいてはゲーム内のものに価値があり、ゲームをする事自体がマイニングになるものもあります。

そのゲームで使われる仮想通貨に価値がある限り、ブロックチェーンゲームをする事は「小さな経済圏を回す」ということと同義です。

つまりブロックチェーンゲームをする=価値を生み出しており、立派に仕事をしていると言えます。

ゲームは遊びである、という当たり前のような世の中の価値観すら変わる可能性があります。

昨今は海外でのe-Sportsの盛り上がりからも、ゲームの形自体が変化しつつあります。

プロスポーツ選手と同列でプロゲーマーが語られる日もそう遠くありません。
プロゲーマーとして稼いでいくこともまた、夢の話ではなくなってきているのです。

実際にプロゲーマーとして収益を出している根元氏のインタビュー記事は、とても興味をそそられます!実際にブロックチェーンゲームで稼いでいる人の話というのは、非常に信憑性があっていいでしょう。

大企業でなくても、気軽にゲームを作ることが可能になる

ブロックチェーンゲームには特定のサーバーが必要ありません。

これにより集中アクセスに耐えられるようなサーバーを用意したりといった大規模な投資をしなくても、小規模のチームで十分ゲームを開発する事が可能です。
また、開発資金の調達も容易です。

ゲーム内トークンを事前に発行しておき、それらをプレセールという形で割安で販売する、ICOに近い形で開発資金を確保している企業も既に数多く存在しています。

2018年7月現在、ブロックチェーンゲームの中で1.2の人気を誇るゲーム「イーサエモン」ですら、実際に手を動かして開発しているエンジニアは10人以下であると言われています。

今でこそブロックチェーンエンジニアが少ないため開発は大変ですが、初期投資という面では従来よりもはるかに低コストでゲームを作ることができると言えるでしょう。
またオープンソース化されているという側面を持つため、ブロックチェーンゲーム開発技術は火が付けば二次関数的に発展していくと考えられます。

今後はますますスタートアップ企業による新規ブロックチェーンゲームが次々と発表される事が予想されます。

投資の形が変わる

単純にゲームとしてブロックチェーンゲームを遊ぶ人の他に、仮想通貨投資としてゲームで遊ぶ人も出てきます。

ブロックチェーンゲームはゲームと言うものの、その本質は仮想通貨です。
その為、ゲームの流行り廃りによって仮想通貨の価値も変化します。

投資家から見れば仮想通貨という形の立派な資産なわけですから、株式となんら変わりありません。

スタートアップの段階で将来有望そうなゲームを見つけ、その仮想通貨を買っておく、あるいはゲームで遊んでアイテムなどの資産を持っておく。

そしてゲームが流行りだしてアイテムが高値で取引されるようになったら売却することにより利益を得る事も可能なのです。

実際にゲームで遊んで将来性を判断する、という事ができるのも一つのポイントです。
将来的には投資家が実際にゲームで遊び、ゲーム内の仮想通貨を増やしながら投資対象を判断することが当たり前になるかもしれません。

有名な仮想通貨(ブロックチェーン)ゲーム


2018年7月現在、150を超える数のブロックチェーンゲームがリリースされています。
今実際にリリースされているブロックチェーンゲームにはどのようなものがあるのでしょうか?

有名なブロックチェーンゲームを以下3つ紹介します。

イーサエモン

イーサエモンに関しては、実際にコインガールズのメンバープレイ日記を書いている、まいちゅんさんの記事がとても面白いです。

連載で長く書いている記事ですので、ぜひ一度目を通してみてくださいね!

イーサエモン公式サイト
イーサエモンは「dApps版のポケモン」といったイメージでしょうか。
モンスターを集め、育てて、他のプレイヤーのモンスターと戦わせるゲームです。

計6体のモンスターでパーティを組み、敵のモンスターと戦わせ、勝利することによって仮想通貨を手に入れる事ができます。
また、イーサエモンはモンスターに卵を産ませることによって「繁殖させる」事も可能です。

強いモンスターを繁殖させ、それをマーケットプレイスで他のプレイヤーに対して販売することによって利益を得る事もできるという事ですね。
現在はDecentraland(ディセントラランド)というVRをテーマとした仮想通貨とパートナーシップを結んでいます。

2019年上半期にはイーサエモンをVRで遊べるようにすると発表しており、非常に期待できます。

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)

Axie Infinity公式サイト
「アクシー」と呼ばれる妖精のような、何とも言えない可愛さを持つ生き物を集め、育て、他のプレイヤーと戦わせるゲームです。

現状、単調なゲームが多いブロックチェーンゲームの中で珍しく、高い戦略性が一番の特徴です。

全てのアクシーは世界に1体しかおらず、それぞれユニークな特徴を持っています。
アクシーの持つ属性、技、配置などでバトルには様々な戦略が生まれ、必ずしも強いアクシーが勝つとは限らないように設計されています。

現状では2018年第3四半期中には本格的にバトルモードが実装されるとの事で、今後の動向に目が離せません。

くりぷ豚(クリプトン)

くりぷ豚公式サイト
それぞれ世界に1体しかいない豚を収集し、交配し、トレードするゲームです。
豚には様々な特徴があり、なんと全部で3京6000兆ものパターンの豚が存在します。

なにより、このゲームは豚がとにかく可愛いです。
またくりぷ豚は日本発のブロックチェーンゲームで、既にスマホアプリとしてリリースされています。

アンドロイド版もしくはブラウザ版で遊ぶことができるため、興味ある方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

クリプトンに関しては、こちらの記事もおすすめです!

ブロックチェーンゲームの現状と課題


まだまだブロックチェーンゲームは黎明期で、課題も数多く存在しています。
革命的な技術であるのは間違いありませんが、現状解決していくべき課題もあるのが事実です。

利用手数料(ガス)がかさむ

ブロックチェーンゲームはトランザクションが発生するたびにガスと呼ばれるトランザクション手数料を支払う必要があります。

ガスはブロックチェーン上にトランザクションを流す為の燃料のような役割を果たし、どのゲームでも共通して必要となってきます。

ゲーム内でトレード等を実施し、仮想通貨を支払うタイミングのみならず、進化や設定変更など何をするにも必ず手数料がかかってきてしまいます。

また、手数料が高騰する事もあり、2018年7月には1000円のトレードをするのに2000円の手数料を支払う必要があったりと実質的にゲームができない状況になりました。

高額な利用手数料では多少ゲームで稼いだ所で赤字となる可能性が高く、普及への大きな壁となりますね。
現在、この問題を解決しようと各社取り組んでいる状況です。

具体的には全てのトランザクションを1本のブロックチェーン上に乗せるのではなく、オフチェーンと併用し、ブロックチェーン上に記載する取引を本当に必要なものだけに減らす事によって取引手数料を抑える仕組みが模索されています。

ある程度の知識がないと始められず、参入へのハードルが高い

ブロックチェーンゲームを始めるには、最低でも以下の準備が必要となります。
・仮想通貨取引所の口座を開設する
・仮想通貨「イーサリアム」を入手する
ブラウザウォレットをインストールし、そこに「イーサリアム」を送金する

単純にアプリをインストールすれば始められるスマホゲームと異なり、仮想通貨へのある程度の知識と準備がなければ始める事すらできません。
ブロックチェーンゲームで遊ぶためにはウォレットの中に仮想通貨が入っている事が絶対条件です。

その為、まずは一般的に仮想通貨自体が普及しないとこのハードルは下がらないと考えられます。

単調なゲームが多い

まだまだ一般的なオンラインゲームにはクオリティの面で遠く及ばず、単調なゲームばかりです。

最近でこそやっとバトルにおいて戦略性のある、楽しいゲームも出てきましたが、収集してトレードするだけのゲームが大半を占めています。

とはいえこの問題はブロックチェーンを用いたゲーム開発の発展に伴い解決されていく事が予想されます。
今後本当におもしろいゲームが開発されていく事に期待です。

仮想通貨ゲームで生活が変わる?!

本記事では仮想通貨を使用したブロックチェーンゲームの特徴、実際にどんなゲームがあるのかと現状の課題についてまとめました。
仮想通貨ゲームはまだまだ認知度は低いですが、そのゲームの持つ特徴は革命的です。

ゲームで稼ぐことも不可能ではなくなり、人々の生活を一変させる、それほどまでの可能性を秘めています。

まだまだ課題が多いのは間違いありませんが、遅かれ早かれ普及していくと考えられます。

世の中に認知されていない今始めることにより、先行者利益を得られるかもしれませんよ!

個人的には変な草コインに投資するくらいなら楽しいと思ったブロックチェーンゲームに投資する方が有意義であると思います。

興味を持たれた方は、実際にイーサエモンで遊んでみたプレイ日記を更新しているので、こちらの記事もぜひ読んでみてください!

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

大人気スマホアプリ!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら