ホームウォレット仮想通貨のウォレット一覧表!大事な資産を守るために必要な対策とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.26 最終更新
まどか

仮想通貨のウォレット一覧表!大事な資産を守るために必要な対策とは?

仮想通貨 ウォレット 一覧

仮想通貨のウォレット一覧表を良く見るとは思いますが、説明だけであまり参考にならなかったりはしていませんか?一番大事なことはどういった目的でウォレットを使用するかということ!今回は仮想通貨のウォレットを一覧表と目的別で紹介していきます!

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨を保管、管理するのにとても重要なのが「ウォレット」です。資産は大事に保管しておきたいですよね!

「ウォレット一覧表」のように書かれたサイトはたくさんあるのですが、漠然と仮想通貨のウォレットを一覧表にしているだけで、目的別に整理されて載っていたりするサイトはなかったりしますよね……(`;ω;´)

それを不便だな〜と感じているあなたのために、今回は一覧とは別に、自分の利用目的を考え、どの仮想通貨ウォレットを利用したら良いのかがわかるように紹介していきます!

仮想通貨のウォレットってそもそもなに?

仮想通貨 ウォレット 一覧

仮想通貨は紙幣やコインという形のない通貨なので、もちろん物理的な「お財布」に入れることはできません。そこで「ウォレット」という名前の仮想通貨を保管しておくためのイメージ上の「お財布」を作ったのです!

買った仮想通貨はウォレットに保管し、売るときはウォレットからお金を出して行う、というのが基本です。

現金の場合は、預金から引き出したり、カードにチャージしたり、様々な用途でお財布を使用しますが、仮想通貨も同じようにウォレットを使用することになります!

ホットウォレットとコールドウォレットってなに?

一言で言ってしまうと、ホットウォレットとはインターネットに繋がっているウォレットのこと、コールドウォレットはその逆で繋がっていないものです。

もちろんインターネットに繋がっている方が、仮想通貨の出し入れや、送ったりするときすぐに利用できるので便利ですが、パスワードを盗まれて勝手に引き出されてしまう危険性が伴います。

一方インターネットに繋がっていなければ保管しておくには安全と言えますが、出し入れや送金の俊敏性は欠けると言えるのです。

このようにどちらのタイプのウォレットにも良い面悪い面があり、自分がどういう目的で使うのかによって使い分けすることが必要になってくるのです(*´∀`*)

まずは仮想通貨をどう運用していくかの目的を確認しましょう!

ではさっそく仮想通貨をどういう目的で使いたいのかを確認し、目的別一覧としておすすめする仮想通貨ウォレットを紹介していきます!

保管しておくだけの場合には・・・?

「今のところ買ったり売ったりするつもりはない」「手に入れた仮想通貨をとりあえず貯めていきたい」「長い目で見て将来的には投資をしたいのでそれまでは取っておく」という人は、オフラインのコールドウォレットがおすすめです!

ハードウェアウォレットは数万円の価格で購入できますが、安いからと言って個人サイトなどで買わないようにしましょう。

アクティベーションキーをコピーされていた場合、資産を失うことになってしまうので正規代理店などで購入するようにしましょう!

ペーパーウォレットもおすすめ!

ウォレットのアドレスと秘密鍵を紙に書く、印字して保管するペーパーウォレットというものもおすすめです!

書かれた紙を金庫などに保管しておくことで誰にも知られることがなく安全と言えますが、無くしてしまう危険性と火事などにも注意してください。

取り引きを頻繁にしたい人はなにがいいの?

ハードウェアウォレットは、取り引きをするにはいちいちインターネットにつながなければならないので面倒くさそうだと思いがちですが、実は今は短期トレードを専門に行っている人でも利用しています!

端末から切り離すことができるのでセキュリティも高く、使用しているユーザーが多いのも事実なのです。

仮想通貨取引所に保管しておくのは・・・?

仮想通貨の売買を行う取引所に保管している人が多いのも事実ですね。しかし、その場合はセキュリティの高いシステムを導入している取引所を選ぶようにしましょう!

その取引所がハッキングされてしまう、取引所自体が倒産してしまうというリスクがあることは忘れないようにしてください!

ICOやAirDropに参加したい!

ICOとは仮想通貨を発行して資金調達をするクラウドファンディングのこと、AirDropは資金は集めず参加者だけ集めて仮想通貨を無料で配布する方法で経済圏を確保する方法です。

これからこのようなICOやAirDropにも積極的に参加したいと思っている人は、ハードウェアウォレットのMyEtherWallet(マイイーサウォレット)が必要になってくることがあるので用意しておくことをおすすめします!

スマホだけで管理したい人は・・・?

仮想通貨を持っている人の中には、「PCは使ってないからスマホだけで管理したい」という人も多いです。そんな人にはスマホアプリ型のウォレットであるモバイルウォレットもあります。

移動中や仕事の行き帰りでもチャートを確認できたりしますので、利用しているユーザーが増えてきているのです!

仮想通貨ウォレットの種類を詳細に見ていきましょう!

仮想通貨 ウォレット 一覧

みなさんの目的がわかったところで、改めて仮想通貨ウォレット一覧として見ていきましょう!

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは小さなデバイスを使用するタイプのものになり、下記2つが有名です!

「TREZOR(トレザー)」

特徴は、安全性がとても高いこと、使いやすいこと、10種類の通貨に対応していること、持ち運ぶのに便利なことが挙げられます。ただ、価格は少し高めです。

「Ledger Nano S(レジャーナノエス)」

特徴は、安全性や使いやすさはもちろん、30種類もの通貨に対応していること、見ためがおしゃれなことですが、アカウントを復元するのが少し面倒です。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、1つのウォレットに1つの通貨しか保管することができません。実は、通貨を開発した人が利用者にその通貨のためのプラットフォームとして専用のウォレットを作っているのです。一例を挙げると次の通りです。

Bitcoin Core(ビットコインコア)

ビットコインコアは、ビットコインを開発した人たちが作ったデスクトップウォレットです。ビットコインの公式ウォレットとも言えます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

MyEtherWalletはイーサリアムやイーサリアムクラシック、イーサリアム系トークンを保管できるデスクトップウォレットで日本語にも対応しています。

また前述しましたが、ICOやAirDropに参加するときにMyEtherWalletが必要になります。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとはスマホアプリタイプのウォレットで、秘密鍵は利用するスマホの中で管理します。おすすめは次の2つです!

bread(BRD)

breadは一番ポピュラーなモバイルウォレットです!初心者が扱いやすく作られていて安全性も高いです。

サーバーを通さないで直接「ビットコインネットワーク」に繋がっているので、もしサーバーが攻撃されても利用者のウォレットの財産には影響が及ばないのです。今後は徐々に対応通貨を増やしていく、とも言われています!

Ginco(ギンコ)

Gincoは最近発表されたばかりのモバイルウォレットになります。初心者向けに、操作をミスして通貨を失うことを未然に防ぐ機能も備わっているのです!

Gincoも対応通貨や機能が増えていく予定なので、次世代のウォレットとして私自身も注目しています。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは仮想通貨を他のサーバーの中で保管するタイプのウォレットで、登録も簡単、そしていつでもログインすれば取引ができるというメリットがあります!

しかし前述した通り、ハッキングのリスク等はあるので注意はしておいてください。

なんで仮想通貨をウォレットで管理する必要があるの?

仮想通貨 ウォレット 一覧

仮想通貨のウォレット一覧を見てわかっていただけたと思いますが、これだけの豊富な数が揃っているのです!

これだけあるということは、それだけの需要があるということ。ここではなぜウォレットで管理する必要があるのかを見ていきましょう!

仮想通貨取引所のウォレットってなに?

取引所で仮想通貨を買うと、まずは取引所に登録した自分の口座に入ります。

そこは取引所のウォレットの中の自分の口座ということになるので、万が一ハッキングされて取引所のウォレットから仮想通貨が盗まれてしまうと、自分の財産も失ってしまう危険性があるのです。

もちろんセキュリティ強化は進んでいて安全性は高まってはきましたが、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットには負けてしまいます。

仮想通貨は大事な資産であることを再認識!

ここまでウォレット一覧表などで重要性を説明してきましたが、仮想通貨も私たちが使っているお金(法定通貨)と同じ大事な資産であることを再認識してください!

過去に取引所のハッキング事件に巻き込まれ資産を失ったり、印字された紙を無くしてしまったという過去事例もあるのです!

せっかく仮想通貨に投資をし、そのために時間も費やしたのであれば、ウォレットをしっかり活用し大事に管理するようにしてください!

仮想通貨のウォレット一覧を参考に資金管理を行いましょう!

今回は目的に応じたウォレットを紹介し、おすすめのウォレットや使い分け方を一覧で紹介してきました!私のおすすめということもありますが、仮想通貨は基本ハードウェアウォレットで保管するのが良いと思います!

昔と違い今では、取引所のセキュリティも高くなっています。しかし、予期せぬ事件もあるかもしれないということを考え自分にあったウォレットを活用し、大事な資産を管理してくださいね。

最終更新日:2018年08月26日

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事