ホームアルトコインブレークしそうな仮想通貨adkの特徴や将来性について徹底解説
研修生

ブレークしそうな仮想通貨adkの特徴や将来性について徹底解説

仮想通貨 adk

仮想通貨adkは匿名性に優れ、オフショア銀行の機能を持つことを目的に開発されています。ブロックチェーン技術に代わる「i Mesh」という技術を採用し、スケーラビリティ問題を解決し、手数料無料を可能にしています。今後に期待できる仮想通貨です。

2018年にブレークしそうな気配があるとささやかれている仮想通貨に仮想通貨adkがあります。adkはAidos Kuneen(エイドスクニーン)の略称となります。

この仮想通貨adkは、2017年12月に2000万円分購入しその後5億円にまで跳ね上がり億り人になった人が、テレビで取り上げられてから注目されています。仮想通貨に興味がある人なら、名前だけは耳にしているかもしれませんが、具体的にどんな特徴の通貨なのかを知っている人は少ないようです。

仮想通貨というと、たいていは、ブロックチェーン技術を活用しているのですが、中にはブロックチェーンとは大きく異なる技術を使っているものがあります。仮想通貨adkは、DAGという仕組みをベースにした「i Mesh」という技術を採用しています。

「i Mesh」はその名の通りメッシュ(網目)状につながっている構造になります。

仮想通貨adkと同様に「i Mesh」を採用している通貨には、仮想通貨IOTAや仮想通貨ByteBallなどがあります。

いずれもスケーラビリティ問題が解決でき、手数料無料が可能となっています。それでは、この仮想通貨adk(ADK)の特徴や将来性などについて説明していきますね。

注目されている仮想通貨adkの優れた点にはどのようなものがあるのか

仮想通貨 adk

仮想通貨adkのプラットフォームは、量子コンピューター耐性があり、ユーザーが増えるにつれて使い勝手が悪くなるというスケーラビリティ問題を解決しています。

量子コンピューター耐性に関しては、多くの仮想通貨が対応できていない技術的に高度なものですが、エイダコインなども既に対応を発表しています。エイダコインの量子コンピューター耐性に関しては、以下の記事が参考になります。

仮想通貨adkの開発陣が狙っている市場は「オフショア銀行」とされています。オフショア銀行は「租税回避地」と呼ばれる無税の国に作られた銀行を指します。

このオフショア銀行の市場は3,300兆円にもなるとされ、世界中のお金が集まって来る市場とも言えます。コンセンサスアルゴリズムには、XMSSの他にCoPoW(Cooperative Proof of Work)を採用しているので、取引で送金する際に同時にPoWを行うことになります。

このプラットフォームで用いられる仮想通貨adkは通貨単位がADKで、匿名性の高い通貨となります。仮想通貨adk(ADK)の発行上限枚数は2500万ADKとなり、あまり多くはないので単価が高くなることが予想されます。

次に仮想通貨adkの主な特徴についてまとめてみます。

「i Mesh」技術を採用

仮想通貨adkのプラットフォームでは、DAGという仕組みをベースにした「i Mesh」技術を採用しています。このDAGを使っている通貨には仮想通貨IOTAなどがあり、仮想通貨adkは3番目にDAGをベースにした通貨としても知られています。

IOTAに関してはメンバーのちあきちゃんが書いている以下の記事がとてもわかりやすくて印象的です!ぜひ見てみてくださいね!

ブロックチェーンは取引データなどが鎖のようにつながっている構造ですが、「i Mesh」はメッシュ(網目)状につながっている構造になります。

この構造ではブロックが存在せず、ブロックの代わりに取引データが各取引データを参照しながら網目状で広がって行くことになります。このことによって取引量がいくら増えても承認が遅延することはなく、送金速度も非常に速くなります。ブロックやブロックチェーンが存在しないので手数料が一切がかかりません。マイニングも不要となります。

また取引手数料が無料なので、マイクロトランザクションと呼ばれる少額取引を何度も行うことに向いています。しかしまだ新しい技術なので若干の不安要素を残している面もあります。

匿名性が髙い

仮想通貨adkのプラットフォームでは、「I2P」という技術を採用しているので、取引内容を匿名化することができます。誰が誰に送金したという内容が見られないので、企業間の秘匿取引にも向いています。

ユーザーの匿名性を確保し、取引データの追跡が不可能になる「AKshuffle」という技術も用いています。

この「AKShuffle」はパスワードを示すだけでその人であることが証明できます。匿名性の高いアルゴリズムの中でXMSSという署名を取り入れ、この他に「ZKboo」というゼロ知識証明を採用しています。これらを用いることで、個人のプライバシーが完全に保護されます。

仮想通貨adkのほぼ1年間の値動き

公開日の2017年6月6日は0.62ドル(69.44円)にあり、8月18日に2.6ドルにちょっと跳ね上がります。その後4.04ドル前後で推移し、10月8日には7.35ドルになります。その後急騰し始め、10月31日には30.01ドルになり急落します。

11月27日には24.70ドルになり、12月10日に32.79ドルになった辺りから急騰し始めます。

2018年1月19日には76.26ドル(8541.1円)に達します。しかし、すぐに急落し、1月28日には56.93ドルまで落ち、2月5日には37.71ドルまで落ち込みます。2月9日に56.2ドルになり、2月20日には65.87ドルまで持ち直します。

しかし、その後急落し、3月4日に53.76ドルになり、3月19日に23.57ドルとなり下落傾向が続きます。この下落は止まらず4月7日には8.48ドルまで落ち込みます。

4月21日あたりは17.77ドル前後で推移し、5月7日には24.49ドルまで持ち直します。その後5月20日に15.92ドルとなり、6月29日辺りから15.35ドル前後で推移します。

7月21日には20.44ドル(2289.28円)になっています。2018年7月21日の時点で時価総額ランキングは1455位となっています。仮想通貨adkも他の仮想通貨同様に2018年の1月にかけて高騰していますが、その後の落ち込み方が大きいと言えます。

仮想通貨adkが購入できる仮想通貨取引所

仮想通貨 adk

仮想通貨adk(ADK)を扱っている仮想通貨取引所は、開発者のRicardo Badoer氏が設立し2018年1月18日にオープンした「Aidos Market」と2018年7月1日から取り扱い始めた「Nessie」になります。「Aidos Market」は仮想通貨adkの取引だけをする取引所です。

「Aidos Market」と「Nessie」は海外の取引所なので、日本円での入金ができません。予め国内の取引所でビットコインを購入し、それを送金する形で購入することになります。

「Aidos Market」や「Nessie」のサイトにアクセスして、メールアドレスやパスワードを登録してから、サイトに指示に従って送金して購入します。「Aidos Market」と「Nessie」のサイトはいずれも英語表示なので、グーグルなどの翻訳機能を利用すると便利です。

仮想通貨adkが抱える問題点

ここまで仮想通貨adkのメリット的なことを中心に述べてきましたが、ここでは問題点などを挙げていきます。

仮想通貨adkは、日本ではもちろんですが世界的に見ても、まだまだ知名度が圧倒的に低い状況にあります。知名度が低いので、投資の対象として考えている人が少なく、なかなか時価総額が伸びないようです。

知名度の低い理由の一つとしては、仮想通貨adkを取り扱っているのが、独自の「Aidos Market」と扱い始めたばかりの「Nessie」だけなので知らない人が多いと言えます。

また一般的な仮想通貨取引所で扱っていないだけでなく、ICOなどのプロモーション活動が積極的ではないといった要因もあるようです。しかし近い将来、海外の取引所の「BITTRUST」「ミスタータンゴ」の取扱いがほぼ確定しているとされています。これによって知名度が上がり新たな投資が増えるはずです。

仮想通貨adkは匿名性がきわめて高く、「租税回避地」の銀行を市場を狙っているので、合法的なものは良いとしても非合法なマネーロンダリングにも利用されることが懸念されます。これは匿名性の高い通貨の宿命とも言えるものですが、何らかの手段は講じていないと、投資家たちの信頼を失いかねないことになります。

仮想通貨adkのプロジェクトが詐欺ではないか疑われたことがありました。その理由の一つとして、仮想通貨adkの独自取引所「Aidos Market」のデザインが「1BTCXE」という取引所のデザインと酷似していると指摘されたデザイン盗用疑惑があります。

これは「Aidos Market」が「1BTCXE」と同じオープンソーステンプレートを利用していたことだったのです。現在はこのデザインは改められています。

もう一つの理由には、仮想通貨adkのソースコードと仮想通貨IOTAのソースコードが酷似していると指摘されたソースコード盗用疑惑があります。これは両通貨共にDAG技術を採用していることが理由となります。これらの一連の詐欺疑惑は全て晴れているのですが、こういった経緯によってイメージが若干悪い方に傾いているかもしれません。

仮想通貨adkが購入できる取引所の所で取り上げたように「Aidos Market」という取引所はメンテナンスが不十分で、取引の板が消えたり、入金が反映されないなどの不備があります。これらによってリスクが高い仮想通貨となり、投資をする際は、余剰金での投資になってしまいます。

仮想通貨adkが秘める将来性

仮想通貨adkは、匿名性が髙く手数料が無料で、スケーラビリティ問題をクリアし、少額取引を大量にしても問題なく、利用者が増えても送金速度の遅延などはありません。きわめて実用性が髙いと仮想通貨となり、今後普及する上で大きなメリットになります。

仮想通貨adkの開発者Ricardo Badoer(リカルド・バドエル)氏は、オフショア銀行や金融機関で16年以上働いていた経歴があり、退職後は仮想通貨投資家として5年間で大きな利益を手にしています。

オフショア銀行と仮想通貨の両方に精通している人物なので、投資家たちをはじめとした多くの人から厚い信頼を得ています。adkのコミュニティーからはドンとも呼ばれています。

仮想通貨adkの開発チームはリトアニアの「MisterTango銀行」との提携を完了させ、タンザニアの銀行を買収する予定とされています。このように銀行との提携を進めることで、投資家たちの資金が着実に流れていくことが考えられます。

仮想通貨adkのプラットフォームは、仮想通貨を用いたオフショア銀行としての機能を持つという目的を明確にしています。このことによって租税の回避を図る投資家や資産家たちからより注目が高まるはずです。

仮想通貨adkは、2018年内に仮想通貨取引所BTC-exchangeが取り扱うことが決まっているので、今後も増えていくことが予想されます。Aidos Marketのみが扱うということはなくなり、購入の窓口が広がることになります。

元々個人がオフショア銀行に口座を持つには、銀行が存在する国に住まなければなりません。しかし仮想通貨adkのプラットフォームを利用すれば、仮想通貨adk(ADK)や独自のデビットカードを使って、匿名送金や決済ができます。これによってその個人が在住している遠隔地からオフショア銀行を利用することができます。

また貧困層でもadkのプラットフォーム上なら、銀行口座を開設したり、少額でも手数料なしで利用できます。仮想通貨adkのプラットフォームで世界中の富裕層と貧困層の悩みを一挙に解決しようとしています。

ここで取り上げたいくつかの点を見ても、投機目的や営利追求に走らない真摯な態度が仮想通貨adkの開発チームには垣間見れます。堅実な発展が期待できるので、将来性は高いと言えます。

実行性の高い将来像を描く

仮想通貨 adk

仮想通貨adkは、2017年12月に2000万円分を投資して5億円にした人が紹介されて話題になった仮想通貨です。それでも時価総額ランキングでは1455位前後にあり、知名度は世界的に見てもかなり低いと言えます。

仮想通貨の基幹技術となるブロックチェーン技術を使わず、それに代わる「i Mesh」技術を採用しています。DAGという仕組みをベースにし、その名の通りメッシュ(網目)状に取引データなどがつながっていく構造になっています。

これによりスケーラビリティ問題をクリアにし、送金速度も非常に速くなり、手数料が一切かからなくなっています。マイクロペイメントと呼ばれる少額取引にも向いています。仮想通貨adkのプラットフォームは非常に匿名性に優れ、仮想通貨を用いたオフショア銀行としての機能を持つこと目的として開発されています。

このプラットフォームは、世界の租税を回避した富裕層や少額利用で無料でしたい貧困層の悩みを解消できます。また開発者のRicardo Badoer(リカルド・バドエル)氏は、コミュニティーからドンと呼ばれる程、信頼されています。

まだ公開されて日が浅い仮想通貨なので、不備な点はあるかもしれませんが、実行性の高い将来像を描いています。ブレイクしていない今が狙い目の仮想通貨の一つと言えるかもしれませんね。

 

今狙い目なリップルをガチホしながら増やす方法?!

ちかちか

リップルは将来性が非常に高くて、今後大きく高騰する可能性もかなりありますよね!そのため9月半ばの大高騰を境にして、リップルをガチホで持っている人も増えてきているようです。

何もせず、リップルをガチホするだけで、今後資産が2倍、3倍、あるいは10倍とどんどん増えていく可能性もあるわけですから、期待で胸が高まりますよね!

ただ、これからどんどん価格を増していくリップルを、ただただ黙ってガチホしているだけというのでは少しもったいないかもしれません!

というのも、リップルをガチホしている最中に、リップルの枚数を少しずつ増やしていく方法が存在するからです!

「リップルをガチホしながらも、少しずつリップルを増やしていき、リップルが大高騰した時に、さらに大きく資産を増やす」そんな方法が実はオススメです。

ちかちか

CryptoGTという取引所を利用すると、リップルを元手としながら、ビットコインFXを実践することができます。しかもレバレッジは最大200倍です!

私もCryptoGTで仮想通貨FXを始めてから気づきました!投資日記も書いていますよ^^

これは、私が仮想通貨FXを教わっている凄腕トレーダーの方に教わったことですが、ビットコインの価格は非常に予想しやすいみたいです。

そのため、ビットコインFXで「スイングトレード」という手法を実践することで、ビットコインが高騰しても下落しても、元手のリップルを大きく増やすことができるのです。

スイングトレードに関しては、今後投資日記でも紹介していく予定ですが、簡単に説明すると、価格が今週中に大きく高騰すると思ったら、買って上がるまで待つというだけです。ビットコインは価格変動が大きいので、このスイングトレードを利用して大きく稼いでいる人は多いみたいです。

ちかちか

リップル大高騰に向けて、ガチホのリップルを利用してCryptoGTで少しずつ増やすことができれば、近い将来大きく稼ぐことができるかもしれません!

CryptoGTの登録方法をまとめた記事を書いてみたので、興味のある人は見てみて下さいね!また、下のボタンを押せば、無料でCryptoGTに登録もできますよ!

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

大人気スマホアプリ!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら