ホームアルトコインMUFGコインは値上がりするの?銀行発行の仮想通貨のメリットとデメリットとは?
研修生

MUFGコインは値上がりするの?銀行発行の仮想通貨のメリットとデメリットとは?

MUFG,銀行

仮想通貨といえばビットコインという印象が強いと思いますが、大手企業MUFGが仮想通貨に参入しました。
MUFGはコインの単価を固定し仮想通貨の資金を逃がす時に使う通貨を目指しているとの事です。この記事ではMUFGについて言及します。

今回は、三菱UFJフィナンシャルグループ(Mitsubishi UFJ Financial Group=MUFG)が発行の準備を進めているMUFGコインを取り上げたいと思います。2018年に取引所を開設して実証実験を開始、一般ユーザーにも使えるように整備を進めている最中ということです。

仮想通貨と聞くと、多くの人にとってまず気になるポイントは「それって値上がりするの?」というところだと思います。
結論から言いますと、MUFGコインは値上がりしないと思われます。それというのも、発行元の三菱UFJ銀行はMUFGコインと日本円のレートを1:1に(ほとんど)固定するつもりであるようです。

なーんだ儲からないのか、という声が聞こえてきそうですが、ちょっと待ってください。確かに値上がり益は期待できませんが、MUFGコインには注目するべき特徴があるのです。

MUFGコインについて調べてみると、将来、ビットコンなどの他の仮想通貨を含めた仮想通貨全体がどういった形で発展していくのか、ということを考える上で重要な問題が見えてきたのです。そんな注目の仮想通貨、MUFGコインについて調べてみました。

電子マネーと仮想通貨って何が違うの?

MUFG,銀行
1MUFGコイン=1円。MUFGコインは、このように日本円との交換レートがほとんど固定されます。
「1MUFGコイン=1円なら電子マネーと同じじゃないの? それならiPhoneに入れているSuicaで充分でしょ」
そんな風に思われる方がいらっしゃるかもしれません。

そこで、電子マネーのうちJR東日本が発行・管理するSuicaを例として、仮想通貨MUFGコインとどんなところが同じでどんなところが違うのか、まとめてみました。

  • SuicaもMUFGコインも、日本円との交換比率が1:1で固定
  • SuicaもMUFGコインも、加盟店でのお買い物に使える
  • SuicaもMUFGコインも、巨大な資本を持つ大企業が発行元になっていてその信用が背景にある
  • MUFGコインは個人間での送金ができるけれど、Suicaはできない

ランチ代を立て替えてもらった友達にお金を返そうと思っても、「じゃあSuicaで返すね」というわけにはいきませんよね。でも、MUFGコインは仮想通貨ですから個人間の送金ができます。

この点は、電子マネーよりもMUFGコインの方が普通のお金と同じような使い方ができると言えるのではないでしょうか。このMUFGコインのより「通貨らしい通貨らしさ」についてもっと詳しく見ていきたいと思います。

MUFGコインは通貨?

MUFG,銀行
通貨の機能は次の三つであると言われています。

  • 価値の交換機能モノやサービスを購入する時に対価として支払うことができる機能。1500MUFGと表示してある商品は1500MUFGコインで購入できます。
  • 価値の尺度機能モノやサービスの価値が誰にでも分かるように表示できる共通のモノサシとしての機能。カフェで500MUFGのコーヒーと700MUFGのコーヒーがあれば、700MUFGのコーヒーの方が美味しいのです。
  • 価値の保存機能とりあえず欲しいものが無かったらMUFGコインは貯めておけばいいのです。気がついたら100円のモノを買うのに200MUFGコインが必要になっていたということはないはずですし、いつの間にか腐って使えなくなってしまったりという心配はいりません。

このあたりは、ビットコインなどの他の仮想通貨よりも優れているといえるでしょう。値動きがないので値上がり益は期待できませんが、その反対に、値下がりリスクもないので保有しているうちに価値が減ってしまうという心配もありませんね。

でも、皆さんもこれまでのビットコインを始めとする仮想通貨の値動きの激しさについてはよくご存じのことと思います。仮想通貨は急騰することもあれば急落することもある。それが当たり前のように思えますが、MUFGコインは日本円と(ほぼ)1:1の交換レートを維持するというのです。そんなことが本当に可能なのでしょうか?

1MUFG=1円に固定なんてできるの?

MUFG,銀行
まず最初に細かいお話なのですが。MUFGコインは、厳密には日本円と1:1で固定されるわけではないようです。というのも、

現金の前払い方式の電子マネーなどとして円と同じ価値のコインを発行した場合、銀行を介さずに100万円超の送金を禁じる資金決済法が適用される。
(2018年1月14日 毎日新聞より引用)

ということで、企業間の取り引きにも使ってもらいたいと考えるなら上限が100万円では使い物にならなくなってしまうので、建前の上では、レートが固定されていない仮想通貨という形をとったということです。

MUFGコインの利用は、まず三菱UFJ銀行に口座を持つ人がスマ-トフォンのアプリを使って口座の預金をMUFGコインと交換するところから始まります。ビットコインを始めとする他の仮想通貨の場合では、仮想通貨を購入できる場所は、

  • 取引所(利用者同士で売買する)
  • 販売所(仮想通貨交換業者と売買する)

の二種類があります。MUFGコインは販売所、つまりMUFGとの間だけで売買が行える形にしていくようです。この仕組みなら、確かにMUFGコインの交換レートのコントロールは可能なのではないでしょうか。

MUFGコインは便利なの?

MUFG,銀行
とても重要な疑問です。

すでに見てきたように、MUFGコインは値上がり益が期待できる仮想通貨ではありません。投資対象としてMUFGコインに魅力を感じる人は少ないと思われます。では、MUFGコインが広く使われるようになるためには、MUFGコインが便利でなければならないでしょう。

MUFGコインは実験段階

三菱UFJ銀行ではすでに2017年から実験を行っているようです。例えば、本社ビル内にMUFGコインで実際に買い物ができるコンビニエンスストアを開いていますし、三菱UFJ銀行の社員さんが飲み会やランチの代金をMUFGコインでやりとりしてみたりという実験も行われているようです。

また、幕張メッセで開かれた「CEATEC JAPAN 2017」というイベントでは、スマートフォンに表示させたQRコードを自動販売機に読み取らせることで決済を行ってドリンクを購入するといったデモが行われていました。

その他、アメリカのアマゾンが開いている「アマゾンGO」と同じコンセプトのコンビニエンスストアも実験段階にあるようです。アマゾンGOは一言で言えば「レジのないコンビニエンスストア」で、アマゾンの画像認識技術を使って、お客さんが商品を持ってお店を出ると自動的に課金がされるという新しい形のコンビニエンスストアです。

レジでお会計を待たなくても、棚から商品を取ってそのままお店を出ればいいというのはとてもスマートですよね。これと同様のコンセプトのお店をMUFGコインを使って実現しようという実験が行われているようです。

このように、MUFGコインはどんな場所でどんな風に使われるとより便利に使ってもらえるだろうか、ということを実験しながら検討している段階で、MUFGコインを使うことで、わたしたちの暮らしがどれだけ便利になるかということはまだ可能性を広げている段階のようです。

便利でないと使ってもらえません

仮想通貨は便利でないと使ってもらえません。
ウチのお店でだけ使えるコインです、というのではダメなのです。特にMUFGコインの場合は値上がり益が期待できません。ICOで発行したトークンとはそこが違います。よほど便利に使えるのでなければ広く使ってもらえるようになるのは難しいでしょう。

MUFGコインでどんなことができるようになれば便利でしょうか?
その答えの一つが、「もし、今のクレジットカードが使えるお店と同じくらいの割合でMUFGコインが使えるお店ができれば」というものではないかと思われます。クレジットカードの良いところはどんなところでしょうか?

まず、現金を持ち歩かなくてよくなるという点が一つでしょう。そして、カードで買い物をするとポイントが溜まるという点を挙げる人もいるかもしれません。MUFGコインがクレジットカードと同じような使い方ができるようになるのであれば、上であげた二つともが実現するかもしれません。

なぜかというと、お店から見て、クレジットカードを使えるようにするというのは良いところもあれば悪いところもあるというものです。クレジットカードが使えるようになると、お客さん一人あたりの購入金額(客単価)が上がると言われています。

しかし、端末の設置に費用がかかることと、また売り上げた金額の一部(一般的には1%~5%程度)を手数料としてクレジットカード会社に徴収されること、この二点がお店にとって負担になってしまいます。

でも、もし、今クレジットカードを使っているお客さんが全員MUFGコインを使うようになってくれれば? お店はクレジットカードの端末を置く必要もなければ、クレジットカード会社に手数料を支払う必要もなくなります。負担が減った分だけ、お客さんに還元することを考えるお店も現れるでしょう。

お店にとっても、消費者にとっても、MUFGコインがクレジットカードにとって代わっていくというのはありがたいことなのかもしれません。

MUFGにはなんの得があるの?

MUFG,銀行
先ほどはわたしたち消費者にとってMUFGコインが便利なのかというお話でした。今度はMUFGにとって、MUFGコインの発行がどういう意味をもつのかという疑問です。
MUFGコインの導入は、MUFGにとってもメリットとデメリットがあると言われています。まずはデメリットについて見てみたいと思います。

MUFGコインのMUFGにとってのデメリットとは?

銀行の収益源は様々ですが、その中でも手数料収入は大きな比重を占めています。これは例えばATMの使用手数料であったり、他の銀行に預金を移す際に発生する振込手数料、または両替手数料などが考えられます。

もしも、多くの人が仮想通貨を主に使うようになって、現金を使う人がほとんどいなくなれば、上に挙げたような手数料は、どれも入ってこなくなってしまいます。その代わりに仮想通貨の送金機能を銀行が提供すればいくらかの収入が得られますが、そこから得られる収入は、今銀行がお客さんから貰えている振込手数料と比べると、はるかに安くなってしまうでしょう。

同じ送金という機能を提供するにしても、お客さん一人あたりの客単価は下がってしまうのです!

銀行の本音としては、そんなものは流行らないでほしいというのが正直なところなのではないでしょうか。しかし、それでもあえてMUFG自ら仮想通貨を導入しようと考えたのは、いわゆるフィンテックの進行がもう後戻りのできないところまで進んでしまったと判断したためではないでしょうか。

手数料収入という、銀行にとって大きな収益源を手放してしまうというのは大きなデメリットでしょう。

MUFGコインのMUFGにとってのメリットとは?

仮想通貨が広まり、現金を使う人が少なくなれば、それだけ銀行にとってもメリットがあります。例えば、ATMの保守や維持管理、現金輸送の安全確保や、ネットワークセキュリティの保全などに必要なコストは今よりも安くなるでしょう。

振り込みシステムのような巨大なシステムを銀行の中央コンピューターではなく、ブロックチェーンを利用して行うことができるようになれば、システムの維持に巨額の費用を払う必要がなくなり、それだけ銀行の負担も減ることでしょう。みずほ銀行を始めとして、メガバンクの振り込みシステムは時々トラブルでダウンしてしまっています。

こういったトラブルに悩まされることがなくなるのだとしたら、これも銀行にとっては大きなメリットといえるのではないでしょうか。

結局、MUFGコインはMUFGにとって得なの? 損なの?

収益源の一つを失うけれども、コストの低下という恩恵も受けられるMUFGコインの導入。これがMUFGにとって得なのか損なのかというのはとても悩ましいところなのではないでしょうか。

一部には、MUFGの狙いは顧客の囲みこみなのではないかという声もあります。
上で、もしもMUFGコインがクレジットカードに代わる決済手段になればMUFGコインはとても便利だし、お店にも消費者にもおトクな決済手段になるというお話をしました。

しかし、それには「みんなが使うようになってくれれば」という条件がつきます。
コミュニケーションアプリの「LINE」を思い浮かべてください。LINEは「みんなが使っているから使う人が増えた」という例としてとても身近なものです。「メッセージやりとりするのにLINEを使いたいからインストールしてよ」といった具合にすでにLINEのユーザーである人が、まだLINEのユーザーでない人にインストールを勧めてくれるのです。

これと同じことがMUFGコインにも起きれば、MUFGコインはユーザーがまだユーザーではない人を巻き込んでいくことで、利用人口を大きく増やしていけるのではないでしょうか。
今、MUFGを始めとして、メガバンクでは店舗の統廃合や人員整理などの計画が進んでいます。

「銀行大リストラ時代」などという報道を見たことがある人も多いのではないでしょうか。MUFGコインはMUFGという巨大金融グループの収益構造を大きく変化させる取り組みです。今の振り込みシステムと比べれば、仮想通貨を利用する送金システムから得られる一件あたりの手数料は大きく下がってしまいます。

しかし、その一件あたりの手数料の額にこだわっていては世の中の流れに乗り遅れてしまう、そんな危機感がMUFGにあるのではないかと思います。

他社よりも少しでも早く価値の安定した日本円の代わりに使える仮想通貨を発行してデファクトスタンダード(事実上の標準規格)の地位を手に入れることができれば、例え一件あたりの送金の利益が小さくても件数で利益を稼げるようになるかもしれません。

MUFGのこれからと今後

MUFG,銀行
今回はMUFGコインについて調べてみました。その結果分かったことをまとめてみます。

電子マネーっぽいMUFGコインの特徴

  • MUFGコインは仮想通貨だけれど、値上がりを期待しての投資の対象には不向き
  • 三菱UFJ銀行がMUFGコインの価値を保証してくれる
  • 加盟店で現金のようにMUFGコインを使うことができる

仮想通貨っぽいMUFGコインの特徴

  • 個人間送金が可能
  • 送金手数料は無料か、とても安い

ビットコインなどの他の仮想通貨は、本来、送金手数料が安いということを特徴とする決済手段であったはずでしたが、ボラティリティの高さや手数料の高まりのために、本来の用途にはあまり使われなくなってしましました。

MUFGコインは、仮想通貨が本来の役割を取り戻すきっかけを作ってくれるかもしれません。MUFGコインを使った人たちが仮想通貨の便利さに気づいて、もう現金には戻れないというようになれば、仮想通貨というものがもっと当たり前になって、もっと広く多くの人に使われるようになるかもしれません。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

大人気スマホアプリ!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら