ホーム仮想通貨初心者向けビットコイン(bitcoin)と同時に注目したいアルトコインとは モナコイン(monacoin)は信頼できる!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.27 最終更新
研修生

ビットコイン(bitcoin)と同時に注目したいアルトコインとは モナコイン(monacoin)は信頼できる!?

モナコイン,仮想通貨

ビットコインは徐々に有名になり、将来の法定通貨とも言われています。

その中でもモナコインは日本で一番最初に出来た仮想通貨であり、その性能や日本人特有の良い部分がありますのでこの記事で皆さんに紹介したいと思います。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

初心者の方々は、仮想通貨 ・virtual currencyはビットコイン(Bitcoin/BTC)しかないと思っていることはないでしょうか。

確かに、ビットコイン(Bitcoin/BTC)のシェアが、世界で相当大きいと言っていいでしょう。Altcoin(アルトコイン)とは、ビットコイン以外のコインのことを言います。

世界に Altcoin が一杯存在していることを知れば、どの virtual currencyを選択していいか、初心者の方々はきっと混乱してしまうでしょう。

最初は、ビットコインすらスタートでいいのかもしれませんが、そういう人たちって結構最後までビットコインにしがみついてしまっていたりします。

仮想通貨はどうなのか

モナコイン,仮想通貨
1,000円程だった仮想通貨bitcoinが、現在ではなんと40万円~50万円あたりで取引され、初心者も virtual currencyに注目するようになったのではないでしょうか。でしたらやっぱり、初心者は、bitcoin自体に注目しているはずです。

1,000円程だったビットコインが、40万円~50万円になったということは、既に過去形のことであり、今後、他のアルトコインでそのような事態が起こる可能性もあります。

初心者の方々も、これから高騰するAltcoin は何かについて知りたいと思っていることでしょう。

高騰必勝の仮想通貨とは

既に、初心者の方々も、ある程度は、仮想通貨 virtual currencyのことを理解していると思いますが、仮想通貨には、日銀のような中央政府は存在せず、実在しない通貨であることにいささか不安を感じているのかもしれないですよね。

感覚的には、非常につかみにくいですが、それでも今、多くの人たちがビ仮想通貨であるbitcoinに向きあい、初心者もその他大勢が注目しているから安心という気持ちを持っているかもしれません。

初心者の方々なら、「電子マネー」と「仮想通貨と同じようなものという認識を持つことがありますが、仮想通貨はそれとも違い、発行元が存在せず、私設の取引所を通じて売買することができるコインです。

初心者の人たちが忘れてならないのは、 virtual currencyが、通常のマネーのように利用することができる点です。それが、最近では投資目的で保有する人たちが増えて来たのです。

なぜ発行元が存在せず?

いま、発行元が存在せずということを言いましたが、ビットコインなど、発行元が存在しないのに、ビットコイン は誰が 管理を行っているのか などビットコイン の採掘(mining)の疑問ついて解説 します 。

bitcoinという存在は、利用している多くの参加者たちが、mining という作業をし、コインの新規発行をします。 このことから、発行元(発行主体)は、不特定多数の参加者ということになります。

不特定多数の参加者が、発行元(発行主体)ということもなんだか説明されてもピンと来ないでしょう。 マイニング・mining とはなんなのでしょうか。

ビットコイン(bitcoin)の概容

ビットコイン(bitcoin)は、信頼できる発行もとが存在しないから、不安と考える人たちもいます。とにかくまだ仮想通貨の投資をスタートしない人たちは、ほとんどそのような考えを持っているのではないでしょうか。

bitcoinは、ブロックチェーン・Blockchainにおいて、取引データを管理し価値を表現します。 P2Pネットワークの参加者があり、P2Pネットワークの参加者の人たちが全員で、 Blockchainのデータ管理を行っています。

BlockchainとP2Pネットワークについても理解する必要がありますが、ビットコインは、 P2PとBlockchainを活用するから、銀行や政府などの発行元(中央管理者)がなくても、仮想通貨として成立させることができる点です。

銀行や政府などの発行元(中央管理者)は存在しないので、逆にbitcoinを支えるための、いろいろな仕組みがあり、 不特定多数の参加者たちがそれを実行していると考えてください。

マイニングとは、ビットコインの新規発行の意味合いであり、それを、不特定多数の参加者が行っています。

マイニングmining とは

初心者の方々は、最低限で、マイニング・mining の意味も理解しておく必要があります。マイニングは、ビットコイン(bitcoin)の取引データを、ブロックチェーンにいちいち追加をしていく作業のことを言います。

マイニング(mining)する人たちは、「マイナー」といいます。

bitcoin の取引されたデータの管理は必要不可欠と考えるべきなのですが、、取引したら、自動システムによって、ブロックチェーンで管理されているということではありません。

取引データをまとめたBlockをいちいち作って、Blockchainに追加する作業を行っていかなければなりません。

マイナーたちは、 コインベース・トランザクション(Coinbase tranzaction)のブロックを作成してチェーン化して繋げる作業をしていくことになります。

ブロックチェーンにコインベース・トランザクション(Coinbase tranzaction)が格納されて、ビットコイン(bitcoin)の新規発行が行われることになります。

マイナーたちは、コインベース・トランザクション(Coinbase tranzaction)を追加させ、報酬として、ビットコイン(bitcoin)の支払いを受けているのです。

ビットコインは、miningに成功した者に報酬として支払われるものであるというちょっと微妙なニュアンスの言い方を、正しく理解するようにしてください。

そのような意味でも、仮想通貨は、普通の通貨とは違うということです。(※マイニングには、取引データの検証という役目もあります)

P2Pネットワークとは

P2Pネットワークがなにかということも、ここでお話ししておきましょう。bitcoinは、取引データをBlockchainで、取引台帳に記載し、P2Pネットワークでみなさんそれぞれが分散して管理を行っています。

分散して、取引データを管理しているということで、誰がどの程度ビットコインを持っているかということも、判断することができます。 管理されているビットコインは、データを改ざんすることができません。

管理され続けるチェーンより、新しく1BTCを安心して持つことができ、初心者が1BTCを持ったことも、確認することができます。

取引データは、みなさん全員で管理するモチベーションより、実体の存在しない仮想通貨bitcoinが、実体があるかのようにみえ、価値が誕生して行くことになります。

そもそも、ビットコインとは、「virtual currency」という言い方よりも、取引データに過ぎないものなのです。 マイニングを成功させた人たちのことは、他の参加者たちが、ビットコインを間違いなく持っていることを確認することができます。

ブロックチェーンは改ざん困難

Blockchainで管理されたものは改ざん困難という意味合いも、なんとなく漠然としているかもしれないですよね。なんで、Blockchainは改ざん出来ないのでしょうか。

この実世界も、ブロックチェーンというシステムを取り入れれば、改ざんリスクをゼロにして健全な社会構築が出来るかもしれないですよね。

ブロックチェーンが改ざん困難な理由は、 データ構造と「コンセンサスアルゴリズム」に由来しています。

ブロックチェーンの役割

仮想通貨をまともに理解するために、いろいろ用語を噛み砕き理解をしていかなければなりません。初心者の方々も、この段階で、仮想通貨を取引しようというモチベーションはまだ甘いかもしれません。

ブロックチェーンがなにか、もう少し根本的に理解をしていかなければなりません。ブロックチェーンの技術こそが、インターネットの誕生以来の革命とも言われいます。

ビットコインは、ブロックチェーンを正しく理解しなければ先へと進んで行くことができません。いままさに、blockchainのシステムを、 三菱UFJ銀行が取り入れようとするニュースが流れ、晴天の霹靂と言いましょうか、驚きの一言です。

仮想通貨を、確固たる存在にしたてあげているものも、「blockchain」だと言ってしまっていいでしょう。blockchainは、障害やその他のトラブルが起こって、システムが停止してしまうようなリスクを回避することができます。

それを実現しているのは、P2Pネットワークです。ブロックチェーンは、改ざんが極めて困難な状況を作り出すことに成功しています。

みなさんが、「blockchain」について正しく理解するためには、 P2Pネットワークとは何かについて理解する必要があり、 さらに、「ブロックのデータ構造」と、「ハッシュチェーンの役割」、「コンセンサスアルゴリズム」について理解する必要があります。

クライアント・サーバー型とは

P2Pネットワークと対比して、クライアント・サーバー型というものがあります。blockchain は、クライアント・サーバー型ではいけなかったのでしょうか。

クライアント・サーバー型は、中央集権型のネットワークのことであり、 クライアント・サーバー型であるためには、 中央集権化が必要ということになります。

中央集権化ネットワークの構築のためには、 データを一括管理するサーバーが必要になり、 アクセスするクライアントが存在し、データをサーバーが一括管理していることでサーバーがハッキングされてしまうリスクをより高めてしまうことになります。

不具合がサーバーに起きてしまえば、ネットワーク全部を使用することができなくなります。なんで、P2Pネットワークがblockchain 使われているのかといえば、 それぞれの参加者がネットワークで共有されているデータを保有し、1つのサーバーで故障やハッキングが起こり、システムダウンしてしまうリスクがない利点があるからです。

P2Pは、 Peer to Peerという言葉を短くしてものであり、 ネットワークに参加しているそれぞれの人たちが、ネットワークで共有しているデータを保有しています。

ハッシュ値とは

blockchain には、それぞれブロックがあり、それぞれブロックに、複数の取引データが含まれ、 前の取引データのハッシュ値と、ナンスが含まれています。

ハッシュ値が何かということも解説しましょう。ハッシュ値は、データ(文字)を暗号化した値のことです。

ハッシュ値というものも blockchain に大きな役割を持っていることがわかります。それは、ちょっとだけでもデータが変われば、ハッシュ値は変化するからです。

例えば「ブロックチェーン」の「ッ」が「っ」になっただけでも、 ハッシュ値は全く違うものになります。

このようなハッシュ値によって、ブロックチェーン・blockchain は、容易に改ざんされればすぐにわかり、改ざん出来ない性質を持たせることができます。 もう一つ「ナンス」について見てみましょう。

ナンスとは

ナンス(Number used once)がどのような意味なのかといえば、blockchain を生成するための必要数値を言います。

blockchain の上で、マイナーが新しいブロックを追加するとき、生成する32ビットの数値のことです。

マイナーは、blockchain を生成していく上で、直前のブロックまでに記録されている過去全部の「トランザクションデータ」がまとめられてある「ハッシュ」に、 新しくブロックに含める「トランザクションデータ」と、「ナンス」をプラスαし、新しい「ハッシュ値」を生成していかなければなりません。

ナンス(Number used once)を変えるたびハッシュ値は変化するものであり、 マイナーは、ナンスを幾度も変えて、最終的にハッシュの値の頭に「0」が任意に設定される個数以上が並ぶまでシンプルな計算を繰り返し、一番スピーディーに条件が満たされたハッシュ値を出すことができたマイナーに、「ブロックを追加する権利」と「ビットコイン」が報酬として支払いされることになります。

正確に言えば、ナンスを発見して、ブロックチェーン・blockchain に追加出来るという訳ではなく、スピーディーに適切なナンスを発見して、それが正当性を持っていることを、他の参加者に了解された時です。

改ざんされない信頼性

モナコイン,仮想通貨
仮想通貨は、仮想の通貨だとしても、改ざんすることができないから、信頼性がますます生まれることになります。ここを抑えておくことは、初心者の方々にとってもとても大事なことです。

blockchain は、前後のブロックはハッシュ値により、結びつきが起こっているので、「ハッシュチェーン」という言い方をしてもいいでしょう。

何番目かの取引データの改ざんが起これば、 ブロックのハッシュ値が変わり、プラスして1番目以降の各ブロックのハッシュ値も変わってしまうことになります。

ただし、それぞれブロックで計算して求めたナンスは変わりません。その条件を満たすナンスを探し出すことを即しなければ、改ざんはすぐに他の参加者にバレてしまうことでしょう。

もしも、改ざんが上手く成立するとすれば、取引データを改ざんしたからOKということではなく、変化するハッシュの値全部のナンスを再発見としたときです。

ただ一言で、私達は、「blockchain」 と言いますが、blockchain には、「P2Pネットワーク」と「ブロックのデータ構造」、「コンセンサスアルゴリズム」という改ざん困難な技術が濃縮しているため、改ざんが極めて困難な台帳を、分散させて管理する素晴らしい能力があります。

仮想通貨は、「blockchain 」と切っても切れない関係を作りだしています。

改ざんされない神話に翳りが……

実際に、仮想通貨、モナコイン(monacoin)において、大規模攻撃が起こりブロックチェーンが書き換えされた事件が起きています。直近のトランザクションが消失してしまったということです。

monacoinとは、巨大掲示板サイトの「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」で誕生した仮想通貨です。 日本発の仮想通貨であるモナコインは、最近とても注目度が高いです。

ライトコインをベースに開発されたものであり、世界初SegWit(送金が早くなるアップデート)を実装したコインです。

bitcoinだけでなく、現在、いろいろなアルトコインが登場して来ていますが、ほとんど、発展途上で使用出来ないものばかりと言ってもいいでしょう。そのなかでもmonacoinは、非常に使えるコインとして評価されています。

実際には、バー、パソコンショップ、美容クリニックやメイド喫茶と言った場所で、モナ払いが可能なお店がどんどん増えて来ている事実があります。

このようにbitcoin以外にも使える確実なアルトコインが今後も誕生することは予測することができます。

モナコイン(monacoin)は15倍ほど急騰する出来事があり、一気に注目度がアップすることになります。国内大手取引所であるbitFlyerへの上場によるものであり、国内で最も資金力が豊富な取引所に上場するというのは、かなり大きなインパクトを与えたようです。

海外取引所BITTREXのトップに掲載され、海外でもそれから注目度がアップすることになります。

とはいうものの、国内で認知度は相当高いものの、海外ではまだまだという感じはあります。今後を期待したいものです。

現状まだまだ、日本円での取引が多いので、仮想通貨ビットコインの値動きには、連動しにくい特徴を持っていると言えます。

初心者の方々も、リスク分散については考える必要があり、そのためには、仮想通貨モナコインに注目するのも方法のひとつかもしれません。

改ざんのリスク

virtual currencyは、銀行などの中央管理者が存在しません。しかし、既にお話ししていますが、仮想通貨には、改ざん出来ない万全なシステムが成立しているはずです。

モナコイン(monacoin)では、PoW(Proof of Work)というシステムによって、複数のマイナーによって、もっとも早く完了したノードに、チェーン接続する新しいブロックを生成する権利を与えています。そして計算リソースを提供した報酬として通貨の支払いがあります。

しかし、通常では、マイナーは採掘したブロックをネットワークにブロードキャストしていくのですが、今回の場合、一部のマイナーが、採掘したブロックを隠し持ち、次々にブロックを掘り進めチェーンを生成し、他のチェーンよりも長く生成したタイミングでネットワークにブロードキャストしていました。

PoWのシステムでは、マイナーによるチェーンの分岐を無効とするために、 一番長いチェーンがメインのチェーンになるルール設定があります。

ただし、分岐したチェーンがさらに長くなれば、置き換えが起こり、直近のトランザクションは消えてしまうことになります。

攻撃者が何をしたのかといえば、直近のトランザクションが消えてしまう性質を上手く利用して、 書き換え前に送金とすぐに出金をし、ブロックチェーンを書き換え、送金履歴を消し、送金されたはずのモナコインが取引所には存在しないことに改ざんしたのです。

取引所は、出金処理した分だけ、出金額分の被害を被ってしまうことになります。実際には、取引所であるLivecoinが、このような手口によって、1000万円程度の損害を被ってしまったということです。

ブロックチェーン・blockchain の信頼性に関わる問題

モナコイン,仮想通貨
この事件で、もちろん反省しなければならないことはあります。

ただ、事件のタイプとして、 コインチェックによるNEMの流出事件など、取引所へのハッキングとも意味合いが違い、改ざんできないと言われていたblockchain の信頼性に関わる問題として考えることができます。

モナコインという仮想通貨が悪いということではなく、このようなタイプの事件なら、他の仮想通貨でも起こる問題です。 これは、blockchain の信頼性に関わる大きな問題なのです。

Livecoinでは当面の問題としてブロックの承認数を引き上げる対策に出たということです。よりチェーンの確度をアップさせ、ある程度ひとまとまりのブロックが進んだ段階で、ユーザーからの入出金などを承認させれば、承認の数が多いほどトラブルが起きたときにはトランザクションの処理を防止することができます。

ただしこのような対策では、待ち時間がより発生してしまうため、ユーザーの入出金の時間がかかってしまうことになるでしょう。 現在の段階では、提供側が入金の承認数をアップさせる他には、効果的手段はないということです。

monacoinに問題はないのか

実際に狙われたのは、monacoinだというのも事実なのです。 virtual currencyとしては、monacoinに問題はなかったのでしょうか。

virtual currencyは、現在、初心者の方々がすぐにはじめたいと思うほど大きな盛り上がりを見せています。モナコイン(monacoin)の場合、ハッシュレートに対し、時価総額が膨れあがってしまう事態が起こり、攻撃インセンティブが働いたことも理由にあげることができ、マイニングプールでは、一部にハッシュパワーが集中してしまったことも理由として考えることができます。

ハッシュレートが低いから、マイナーが相対的には少ないことをあらわし、ハッシュパワーが一部分に集中しやすい環境を作りだしてしまうことになります。

virtual currency市場における投機マインドの高さが、このような事態を招いたと推測することができます。

ここで考えていかなければならないのは、PoWコインである以上避けられない問題もあるということなので、100%の安全性・信頼性がここに確立しているということではありません。

PoS(Proof of Stake)システムは、ブロックチェーンに最新のブロックを生成する権限を、ハッシュパワーから資産量に変更したアルゴリズム)などへの移行も視野に入れていく必要があるのではないでしょうか。

Proof of Stakeのシステムによって、マイニングにかかる消費電力を抑えることができ、改ざんを実行するためには、virtual currencyの数を相当所持しなければならないことが必要になります。

100%改ざんリスクがなくなるという訳ではありませんが、攻撃をして来たときには、自らが保有する資産が減少して行ってしまうために、改ざん耐性は、かなり高いと考えていいでしょう。

やはりビットコイン(bitcoin)がいいのか

モナコイン,仮想通貨
多くの初心者たちが、仮想通貨といえば、まずは「bitcoin」に注目してしまうでしょう。既にお話ししたように、「monacoin」というものも仮想通貨の一つです。

ちょっとだけ比較しますが、モナコインの、通貨単位はMONAです。ビットコインの場合は、BTCです。

モナコインの最小単位は、1watanabe(=0.00000001MONA)であり、ビットコイン(bitcoin)は、1satoshi(=0.00000001BTC)です。

ビットコイン(bitcoin)の発行枚数は、2100万枚ということですが、モナコインは、圧倒的に量が多く、1億512万枚です。

モナコインの強みは、取引スピードが速い点であり、ビットコイン(bitcoin)の6倍以上を実現しています。

モナコインは「segwit」が導入された世界ではじめての仮想通貨と言われています。segwitは、取引サイズを圧縮する方法のことをいいますが、ビットコイン(bitcoin)では、2017年8月にsegwitがアクティベートされたということです。

モナコインにはファンが多い

virtual currencybitcoinに注目している人たちも相当多い数ですが、モナコインにもかなり注目している人たちがいます。モナコインの神社もあって、秋葉原の公衆モニターにモナコインの広告を流すモナコイナーも存在しているほどなのです。

モナコインは、virtual currencybitcoinと同じく、「ホワイトリスト」に登録されているので、国内取引所でも取引することができます。

ホワイトリストに登録されているから、その仮想通貨が多くの人たちに信頼されて、その仮想通貨での取引が活発化して、価格が高騰する傾向があると言っていいでしょう。

ホワイトリストに登録されていない仮想通貨は、どうしても価格が下落してしまう傾向はあります。そのような意味では、virtual currencybitcoinと比較して、モナコインも充分信頼されている仮想通貨ということができます。

ビットコイン(bitcoin)の価格に左右される?

モナコインが、取引されているのは、ほとんど日本と言っていいでしょう。日本が発祥なので、モナコインに親しみを持っている人たちもかなり多くの数です。

このことから、モナコインは、virtual currencybitcoinの価格に左右されにくいと言う傾向を読みとることができます。1000種類以上仮想通貨がありますが、モナコインも選ばれていい仮想通貨と言っていいでしょう。

ただし、時価総額一位の仮想通貨が何かといえば、やはりそれはvirtual currencybitcoinであり、「bitcoin」が万人に信頼されるのは、初心者の方々も既に知っていることです。

ビットコイン(bitcoin)とモナコインは何がどう違うのか

ビットコインと、モナコインは現状、何がどう違うというのでしょうか。ビットコインとモナコインの違いを知れば、よりビットコインに魅力を感じる人たちもいるかもしれません。それぞれ仮想通貨について知るこことはとても大事なことです。

仕組みについて考えるならモvirtual currencymonacoinも、virtual currencybitcoinもほとんど同じと考えていいでしょう。

モナコインの発行枚数はビットコインの約5倍程度なので、ここには大きな違いがありますが、みなさんはこの事態をどう評価するのでしょうか。

モナコインは、約90秒ごとに新たなモナコインが発行される現状があります。さらに、ビットコインをtwitterで送金することは出来ないですが、モナコインは、twitter上でモナコインを送ったり、もらったりすることができ、とても身近と感じるのではないでしょうか。

しかし、身近という言葉が信頼性を作ってくれるのかは真剣に考えていかなければならない問題です。

いま市場は、ビットコイン(bitcoin)しかないかのような、ビットコイン(bitcoin)一辺倒のところもありますが、やはり、アルトコインとして、モナコインなどいろいろな仮想通貨に注目してみるべきではないでしょうか。

そこで、私達が考えていかなければならないのは、アルトコインの持つ将来性です。

アルトコインに安易な気持ちで向きあえば、裏切られることもあるでしょう。アルトコインにリスクは存在していると考えてください。

アルトコインは、「virtual currency bitcoin」を参考にして作られている傾向は高いために、virtual currency bitcoinと似ているといってもいいでしょう。

しかし、アルトコインは、後付けであり、virtual currency bitcoinの持っている様々なデメリットを克服しているともいうことができます。

中には、virtual currency bitcoinよりも確実に高性能という機能を持っているものもあり、とにかく、アルトコインの今後に期待したいものです。

アルトコインはビットコインに比べハイリスク・ハイリターンであることは、私達が理解しておかなければならないことです。

最終更新日:2018年08月27日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事