ホーム仮想通貨初心者向け高齢者の方へオススメの、仮想通貨「ETH」(イーサリアム)(イーサリアム)(イーサリアム) (い(イーサリアム)での現物取引とは!?誰でもわかるように細かい所まで徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.27 最終更新
研修生

高齢者の方へオススメの、仮想通貨「ETH」(イーサリアム)(イーサリアム)(イーサリアム) (い(イーサリアム)での現物取引とは!?誰でもわかるように細かい所まで徹底解説

仮想通貨,高齢者

仮想通貨と聞けば若者が多くしているイメージがありますが、実は高齢者の方も投資家の10%を占めています。
若者とは違う資金力の強さで現物取引をするなど、細かいところまで分析して紹介させていただきました。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

今回の記事では、既存の仮想通貨銘柄の1つでもあるETH(イーサリアム)での現物取引が、高齢者の方へオススメな事に関しての記述がしてあります。

我が国日本国内の場合、高齢者と言えば一般的に、大体50代後半からそれ以上の年齢である、いわゆる『壮年期層』などと呼ばれるような年代の方全般を指すような概念があります。

保健学的あるいは行政法学的には、60代前半から70代中頃にかけての方を前期高齢者、70代中頃から90代前半あたりの方を後期高齢者、90代前半以上の方を超高齢者、などという呼び方がなされたりしていますが、今回の記事は、これらのうちでも主に、前期・後期あたりの高齢者の方を対象にした流れの設定になっています。

これは後でもある程度、詳しく触れますが、相場の上下や値動きの流れがとても緩やかな上に、最小単位あたりの価値がとても低額な設定をしてある仮想通貨銘柄ですので、健常な一般成人の方よりも各身体機能面での劣りのある、今回の記事で対象にしている年代層にあたる高齢者の方でも、安心して安全に取引操作が可能な点が、ETHならではの特徴です。

現在、前期・後期の高齢者の年代層にあたる方、あるいは、ご家族の中にそれらの年代層の高齢者の方がいて仮想通貨取引をしたいと考えておられたりしているような方には、大いに一読のお勧めをしていきたい記事内容です。

私たちもいずれは、高齢者の一員になる事は不可避的な将来の確実性のあるリアルなテーマでもあり、現在住んでいる        故郷でも、高齢者の方が近くには少なくないといった現状もあります。

そうした事情もあって、今回の記事を執筆させて頂いたような形になります。

何故、ETH(イーサリアム:Ethereum)が高齢者の方へオススメなのか

仮想通貨,高齢者

相場の値動きが緩やかな、ETH(イーサリアム)の特徴

最初に作られた仮想通貨銘柄であるBTC(ビットコイン)や、その改良型でBTCのブロック本体の拡張施工がなされた構造になっているBCH(ビットコインキャッシュ)などのような、チャート表上での相場の上下や値動きの激しさも無く、また、それらよりも穏やかな値動きをするLTC(ライトコイン)などよりも緩やですので、仮想通貨取引での初心者の方には、大変お勧めな通貨銘柄です。

確かにある程度、値動き、相場の上下の振り具合の周期などが、仮想通貨取引所毎によっても違いがあったりします。

しかし、それでも動き自体に、他の通貨類のような小刻みな上下の激しさや、急な値動きでの価格変化などが一切ありませんので、まさに、後でも詳しく触れる長期的で高額なトレードには最適な銘柄です。

こうした緩やかな仮想通貨の銘柄としての特徴があるETH(イーサリアム)ですので、今回の記事のテーマでもある前期・後期の高齢者の方にもぜひともお勧めをしたい存在です。

登録をした取引所の取引画面上で、多少の操作面におけるしにくさや、基本的な取引や売買を行う対象である通貨銘柄に関しての知識の如何とかも、高齢者である本人自身にはあったりしますが、それでも他の通貨銘柄に比べてみてもかなり、ETH(イーサリアム)は扱い易いところがあります。

年齢的には今話したような、前期・後期の高齢者にあたりますが、そうした方ではあっても中には、何らかの形での、ある程度のコンピューター端末の扱いに慣れさえすれば、かなりのレベルでの操作が可能になる方もおられたりしますので、そうした面を考えてもやはり、ETHを高齢者にあたる年代層の方へ勧めていく意義は大いにあります。

確かにコンピューターの扱いに初心者である方であればある程、中々高齢者の方の場合には大変なところもありますが、慣れていく上では、その本人自身によるのみ込み方や意欲などの面も、大きな影響をもたらします。

そうしたところを如何に、その高齢者の方が活かしながらETH(イーサリアム)の取引をしていけるかがまさに、最大の課題であると言えます。

最小単位(0.0001ETH)が低価格の設定なので、損失も少な目

現在のところ、最小単位である0.0001ETH(イーサ)あたりの日本円金額が、約4、5円程度の価格になっています。

このように大変お得な最低価格の設定がしてあり、低所得・低収入の方などでも難なく購入が出来ますので、そうした点を考えると経済的にもとてもお得な、仮想通貨銘柄の1つでもあります。

その上で、他のどの通貨銘柄よりも緩やかな、値動きやチャート表上での上下の振り具合の特徴がある仕様になっていますので、低所得の年金暮らしを実際にされていて、過去に投資経験のある高齢者の方などには、大変お勧めなところがあります。

ただ、そうした方ではあっても、過去にパソコンやモバイル端末などの各種コンピューター類を媒体にしながらでの取引をした事が無い、あるいはブランクなどがあって不慣れだ、などといった方も、中にはおられたりします。

そうした方の場合、やはり先の小節のところでも述べたように、自分のスタイルに合ったコンピューター端末を探して購入した上で、ひたすら慣れるまで扱うしかありません。

特にやはり、そうした方はご自身が高齢者にあたりますので、様々な面で中高年以前の年代のお若い方には、そうしても能力面・思考面などで負けるところがあります。

それでも決して、人前でも見栄を張ろうなどという考えは捨てて、如何に入手したコンピューター端末の操作に慣れて、その上でETH(イーサリアム)を扱えるようにしていけるかが、とても大切なところです。

ある程度の規模での、コンピューター端末の操作が出来るようになりさえすれば、かなり、仮想通貨取引所上のシステムの扱いに慣れたりしていけるようになりますので、その上で、ETHの扱いに関しての判断や学習をしていく事も、高齢者の方には決して、不可能ではありません。

また、実際に幾らかETHの取引をしたりした際に、うっかり取引所のメイン画面上での操作方法や選択フォームの入力作業を間違えたりしても、元々最小単位価格の設定が低額ですので、それ程大きな損失になったりするような事がありません。

そうした点はやはり、同通貨銘柄ならではの、とてもありがたいところです。

相場の変化の激しさが無く、最小単位が低価格の設定がしてある点を考慮しても、高齢者の方が実際に取引作業をやっていく点では、そのための操作面での心身両面における過重な負担などが少ないところも、中々なお勧めのポイントの1つです。

以上に述べた内容からしても、このETH(イーサリアム)ならではの、思いやりのあり方が現れたりしていますので、今回の記事のテーマでもある高齢者の方をはじめ、初心者や障害者、年少者、女性その他の、社会的にも弱い立場の人々に対して優しい通貨銘柄としても、ETH(イーサリアム)の評価が世の中では高いところが確かにあります。

長期トレードに最適なところが、高齢者の方向き

先にも触れましたが、高齢者である故に、確かに心身両面においての、中高年者以前の健常成人である方に対して、様々な劣るところがある面は否定が出来ません。

しかし、それでもそうした方よりも、高齢者である方は長く生きてきたこれまでの人生で培ってきた時代的な経験があり、それをコンピューター端末上での操作面において活かしていく事も不可能ではありません。

そして特に、このETH(イーサリアム)での取引作業の場合では、長期的に物事を見ていく感覚をそのまま活かしながら、長期トレードといった形でやっていくには、最適なところがあります。

確かに、成人健常者及び、その他の若い方よりも、長い人生を高齢者の方は送ってきたという高齢者としての、これまでの時代的な経緯があります。

それだけに、目の前の物事を長い目で見ていくといった事が可能であり、長期トレードの形で取引をしていくという形では、高齢者である取引ユーザーの方が向いているところがあります。

運動神経・体力・判断力・日常的動作などの面においては若い方に劣るところが、高齢者の方にはある面があります。

ただ、若い方よりも長い人生を送ってきている分だけに、それだけ目の前の出来事を今までの人生の長さの分、観察していけるといった経験に基付いた目がありますので、その分、ETH(イーサリアム)での長期トレードを効率よくしていける面がある事になります。

媒体として取引のための操作をしていく各種コンピューター端末との相性や、取引所のメイン画面上においての操作面での慣れの度合いなども、幾らかある感じもします。

それでもやはり、高齢者の方本人も人間ですので、それなりの学習や努力などをしたりして、ETH(イーサリアム)の取引に関しての、自分なりのスタイルを採っていく事なども、決して不可能ではありません。

その上で、長期トレードをやっていくというような形ですが、高齢者個々人によっては、そのトレードのやり方次第で高収益を出したりしていく事も、十分可能です。

特に中でも、コンピューター関連のお仕事を定年退職をされた方の場合であれば、現役時代に培われた経験や技術ノウハウ、新ツール・機械類などへの対応が可能な面もありますので、ETHの長期トレードのご自身なりのフォーム作りをオリジナルでやっていく事も出来ます。

これまでの長い人生を送られてきた高齢者の方の経験を、コンピューター媒体上での形で、ETH(イーサリアム)での長期トレードで反映をさせていくといった事も可能ですので、そうした面でも大いに、ETHを扱っていく価値は十分にあります。

間違いや勘違いなどが多いからこそ、高齢者の方へオススメしたいETH(イーサリアム)

仮想通貨,高齢者

成人健常者よりも身体機能上での劣りがある、高齢者という現実

これもやはり、高齢者ならではの成人健常者その他の若い方などとは異なる、特性のあり方の一部でもあります。

物事や目の前の事象などの判断について、間違いや勘違いをしたりしてしまう事も、身体機能上は仕方が無い事であり、自他共に当たり前である事を、よく理解しておく事が大切です。

そうした面を考えても、多少の取引所のメイン画面上での判断や操作ミスなどの間違いをしたりしても、それらによる大した損害が出たりするような事は、ETHではめったにありません。

もう既に、ある程度触れたように、元々、ETH(イーサリアム)自体が最小単位価格が低額な相場であり、インターネット環境を整えている方でありさえすれば、誰もが扱える通貨銘柄ですので、そうした取引の失敗や成功の如何に関わらず、これを扱っていく価値は大いにあります。

これは事実としても、ETH(イーサリアム)以外には高齢者の方向きの通貨銘柄自体が仮想通貨には中々無いような現状があり、そのため、私としてはやはり、高齢者の方にはETH(イーサリアム)をお勧めしたい理由があります。

正直、LTCでもやはり、最小単位が0.01LTCで約80円程度といった設定になっていて、取引に失敗したりした際には扱っていた額により、厳しい面があります。

そうした現実性を考えたりしても、同じく緩やかな値動きや相場の上下の振り具合があるLTCではあっても、今私が話したように、最小価値が約100円近くもの違いがありますので、そのような事情を考えても断然、ETHを扱う事の方が安全だといったあり方が理解出来ます。

そして年齢が高くなるにつれて、中々コンピューター端末の扱いに慣れない、あるいは慣れていく事が困難な方が増えていきますので、そうした状況を踏まえながら、私はここの小節内において、自分なりの見解を述べているような形です。

また、後期高齢者以上の年齢層の方になると、やはり、前期の方や成人健常者以前の若い年代の方よりも、老衰や突発的な疾病罹患・持病悪化などによって、亡くなるリスクが高くなる傾向が我が国内でもあります。

そのような、高齢期にある方の国内での傾向に関しての課題を踏まえてみても、私としてはやはり、その方が自らの限られた命や時間を無駄にしていかないためにも、今まで話してきたETH(イーサリアム)の通貨銘柄での取引を通じて、お金を投資で稼いでいく面白さを知り、その喜びを感じてもらいたいと、切に願っています。

認知症防止の上に、お金を稼いでいけるお得さが魅力

この点もやはり、私自身が社会福祉学上で考えてみた、あくまで自分なりの見解の内容になります。

ETH(イーサリアム)の取引ももちろんですが、仮想通貨の取引を実際に行う事自体、それを行う対象物にあたる、通貨銘柄の基本単位と日本円(あるいはアメリカドルや中国元その他)の両方で計算をしながら、やっていく形が基本です。

そのようなあり方は、どの仮想通貨の銘柄の場合でも同じですが、ただ、ETH(イーサリアム)の場合にはそのやり易さの面で、明かに他の銘柄とは異なるところがあります。

もう既に幾度か話してきたように、ETH(イーサリアム)の相場の値動きは緩やかさがあり、それでチャート表上の上下の振り具合がとても穏やかですので、そのため初心者の方でも自分なりにトレード面での予測がし易いといった、取引面での特徴があります。

こうした緩やかかつ穏やかな動きがまさに、ETH(イーサリアム)の相場の特徴ですので、初心者や計算が苦手な取引ユーザー、高齢者の方でも計算がし易く、その際の間違いなどをしたりする事も少ないので、それらのような面でも社会的評価が高い通貨銘柄です。

その分、高齢者の方にもとても扱い易い上に、取引作業での際の換算計算をしていく際も、ややこしさや速さの面での心理的負担が少ないので、そうした面からもETH(イーサリアム)は、高齢者の方向けの投資銘柄としての評価もあります。

このため、相場の穏やかさや緩やかさがある銘柄であり、チャート表状の動きなども読み易く、分かりやすいオーソドックスな動きの実態もありますので、高齢者の方にとっては比較的、頭を使い易い銘柄なのは間違いありません。

そうした事情から、あの我が国の高齢者層には特に多い「認知症」の防止策としても、ETH(イーサリアム)を扱う事は、医療や福祉の面においても、大いにメリットがある感じがします。

実際に医学的にも、認知症防止として計算などをしたりする事は、医学的根拠に基付きながら推奨をされているところがあり、足し算・引き算・掛け算・割り算その他の形態の簡単な計算作業などをしていく事によって、記憶力やその時のとっさの判断力(ひらめき)などを強化していく事が可能になります。

そうした面ではETH(イーサリアム)は、認知症防止としても最適な仮想通貨の一銘柄でもありますので、高齢者の方にはとてもお勧めである、無くてはならないものといっても決して過言ではありません。

仮想空間を通じてお金儲けが出来る上に、認知症防止をしていく事が可能になりますので、そうした面でもETH(イーサリアム)は大変貴重な存在です。

携帯電話やモバイル端末の操作が苦手である高齢者の方へオススメな、取引媒体端末について

これは私自身の経験からは、必ずしも確実性があるとは言えないところがあって、確定的な言い方などが出来ないようなところも正直ありますが、それでもこれを扱えば確実に、携帯電話やスマホでの操作面での煩わしさで悩む事が少なくなると確信をしています。

やはり、高齢者の方がコンピューター端末類を扱う際の、一番の課題としてはやはり、携帯電話やスマホなどのような、いわゆる小型仕様のモバイル端末を扱う際の操作方法が挙げられます。

これらのモバイル端末からなる機種や型式の場合、本体そのものが小型なため、画面などもあまり大きくは無く、それ故に、高齢者の方によってはスクリーン上の文字や写真、絵柄などが観えにくい、あるいは画素そのものの性質上、画面そのものを調整をしてもそれでも観る事が出来ない端末とかがあったりします。

それらの各事情によって、今話した端末本体の操作がしにくいという実態が、確かにあります。

ただ、基本的には大抵の高齢者の方がご指摘をされたりしているのは、やはり、携帯電話やスマホの画面の大きさについてですので、これのサイズ自体の問題を解決していけば課題そのものを克服していける可能性が、十分あります。

それでは、具体的にどのようなやり方で、こうした多くの高齢者の方における携帯電話やスマホにおいての課題を解決していけるのか、本題に触れてみます。

最大の問題は、小型の端末である携帯電話やスマホで画面が観えないといった課題ですので、それらよりも大きいスクリーンやディスプレイの画面である、タブレットやPC、タブレットPC端末などを、高齢者の方が使用していくという方法が挙げられます。

ただ、それらのうちでもPC端末やタブレットPCなどの場合には、やはりキーボード操作が機能や仕様面での事情により必要になってきたりする事もあって、それがために、機種によっては操作が煩わしくなったりしてしまうようなものも存在しています。

そこで、タブレット端末を利用していくという方法も考えられますが、やはり基本的にモバイル端末ですので、仮想通貨取引所によっては、タブレット端末などに対応がなされていない、あるいは、モバイル専用アプリが存在していないといったところも少なくは無く、そうした面で課題があります。

その点ではやはり、タブレットPC端末の場合も同じです。

このため、最良のブラウザを通じたネット環境上でETH(イーサリアム)の取引が出来る、PC端末での操作がやはり、キーボード操作上での煩わしささえ克服出来れば難なく、高齢者の方でも取引所メイン画面上での作業をこなしていける感じがします。

大抵の場合、ディスプレイに映るメイン画面上の大きさ自体は15インチあるいは14インチ程度の大きさですので、問題はありません。

そして、その画面を観ながら自由にズームの倍率を変えながら、取引所画面上での操作作業をこなしていけば良いので、そうした点でもやはり、通常のWi-Fi対応仕様である、その仮想通貨取引所に対応をしているOSからなるPC端末を利用していく形が、やはり高齢者の方としてはベストです。

定期預金代わりに使える、ETHの魅力

仮想通貨,高齢者

老後の貧困対策にうってつけな、ETH(イーサリアム)ならではの仮想通貨の銘柄という強み

これもこれまで触れてきた内容の繰り返しになるところもありますが、相場の値動きが緩く、チャート表上での上下の振り具合が穏やかな特徴があるETHな故に、長く扱えば扱う程、そこでの需要の収益が見込まれる展望や可能性を多く含んだ通貨銘柄です。

つまり、もう少し具体的に表現をすると、それだけに、老後の貧困対策としてもETH(イーサリアム)は最適な、仮想通貨の銘柄の1つと言える事になります。

高齢者の年齢層である方でも扱い易く、その上で、媒体であるメインに使用しているコンピューター端末の扱いに慣れさえすれば、かなりな資産作りの工夫をしていけるまでになりますので、そうした面でもやはり、高齢者の方向きである通貨銘柄でもあります。

特に現在の2010年代では、歴史的事実としての面でも、老後になり破産などをしたりしてしまい、生活保護その他の公的扶助・補助サービスを頼らざるを得ない「老後の貧困化」が深刻になっているところがあります。

そうした時代でもありますが、多くの方の中には「それは現在の2010年代の事であって、次の年代はそうなるとは限らない…」といった意見を言われたりする方なども少なくはありません。

しかしそれでも、こうした老後の貧困化の問題は、目に見えるあるいはそうではないような、その他様々な形で進行をしている事が、全国自治体や社会福祉協議会、厚生労働省、調査会社その他、様々な諸機関による社会調査で判明しています。

この事はやはり、潜在的に老後貧困化が深刻化している事実の証拠でもありますので、公的扶助・補助サービスのみでは、同貧困化の問題が中々解決をしていけない実態の現われです。

そうした現在の2010年代、あるいはそれ以降の未来の年代だからこそ、年金や行政サービスだけでは生きていけない世の中になりつつあるからこそ、今回の記事でETH(イーサリアム)を特に、高齢者の方であるみなさんへお勧めしているといった、最大の理由があります。

繰り返しになりますが、操作がネット環境下の仮想通貨取引所上にあるメイン画面で簡単に行えるうえに、相場や値動きの変動なども緩やかかつ穏やかですので、これを貯金代わりに利用していく事も可能です。

高齢者である方でも安全に扱い易い安心感のある、銘柄でもあるETH(イーサリアム)である事は間違いありませんので、老後における貧困対策のアイテムとしてもこれから注目をされていく可能性は大いにあります。

何時でも下ろして、通常通貨へ換金可能な便利さ

とにかくインターネット環境があり、それ自体が現在ETH(イーサリアム)の取引に利用している仮想通貨取引所との対応をしていさえすれば、世界中どこででもかつ、いつでも、そこの国の通常通貨への換金が可能です。

こうした点は他の仮想通貨銘柄でも同じですが、BTCなどよりかは同銘柄を扱う取引所は少ない傾向があり、課題がそれなりにあるところもあります。

それでも最小単位が低価格であり、緩やかかつ穏やかな相場やその値動きですので、定期預金代わりとしても大変うってつけの銘柄である事は間違いありません。

そして、定期預金と大きな違いとしては、それの場合にはある一定期間からなる満期日が設定をされて、その上でその日が到来をしないと下ろせませんが、仮想通貨の場合にはそういった満期日みたいなものが存在しないため、ネット銀行の口座などがあれば、何時でも通常通貨への換金をして、その上で指定をした銀行口座で随時下ろせるといった利点があります。

特にETH(イーサリアム)の場合、相場が中々安定をしていて、BTCやBCHのような激しい変化や値動きとかはありませんので、相場が高い時期を選んで安全に換金をして、通常通貨といった形で何時でも何処ででも、指定をした保有しているネット銀行の口座を通じて、コンビニや銀行などのATMから下ろす事が出来ます。

このような定期預金代わり、あるいは積立預金代わりとしても、ETH(イーサリアム)は使える上に、満期日などの期日が無く、安定をしている変化が少ない相場や値動きという特徴がありますので、そうした面でも高齢者の方には、イザという経済的ピンチの際には大変役に立つアイテムでもあります。

高齢者向きであるオススメの、仮想通貨取引所について

それでは、高齢者の方でも実際に、安全に利用が可能である仮想通貨取引所について、今から触れていきます。

特に今回の記事では、高齢者の方でも難なく扱えるETHいの現物取引についての内容がメインですので、同銘柄の取引を安全に行える取引所について触れていくようにします。

現在のところとしては、国内仮想通貨取引所であるビットバンク社が運営をしている「bit bank」がやはり、日本国内におられる高齢者向きの取引所として、注目が出来るところがあります。

ここの場合、同取引所のサイト上にあるメイン画面の表記にもある通り、BTCをはじめとして全通貨銘柄の板取引での手数料が0円であり、その上登録年齢制限がありませんので、まさに、高齢者の方が最も扱い易い国内の取引所としての特性があるところです。

そして、モバイル端末機器にも対応していますので、アプリをインストールしてその上で、同端末とPC端末との連携を図りながら効率よい取引作業が可能になりますので、とても利便性に育む仕様になっています。

BTC・BCH・MONA・XRP・LTC・ETHという合計6種類からなる通貨銘柄を扱っている取引所になりますが、現物取引での手数料か掛からないところはもちろん、実はBTCレバレッジ(FX)サービスなどの取引でも掛からないようになっています。

このためある程度、現物取引に慣れたりした高齢者の方などの中で、もう少し上の収益を目指してみたいなどといった方は、BTCレバレッジなどへ挑戦をしたりしてみることも一興かもしれません。

それはともかく、今回の記事ではETH(イーサリアム)での現物取引がテーマですので、このbitbankの取引所を利用しながらどれだけ、ETH(イーサリアム)での現物取引での収益を得ていけるかがまさに、最大の課題です。

ただ、ここの取引所には販売所は設置されておらず、取引所のみが設置されていて、初心者の方などには中々、最初は慣れないようなところが少なくありません。

しかし、取引所では指値を前提にした売買での取引になりますので、手数料が掛からない点では大いに、ETH(イーサリアム)での効率よい取引が高齢者の方でも難なく、ここでのbitbankでは実現が可能になりますので、そうした点では大変利用価値が高い取引所である事は確かと言えます。

これは余談になりますが、最近ではETH(イーサリアム)などをはじめとするアルトコインをベースにしたレバレッジサービスなどを始めている取引所なども出て来たりしていますので、こうした仮想通貨取引所業界の動きも中々見逃せないところもあります。

高齢者は若者よりも熟練の勘や資金力がある

仮想通貨,高齢者
以上が、今回の記事である高齢者の方へオススメの、仮想通貨「ETH」(イーサリアム)での現物取引」に関しての内容になります。

最近では、ネット環境の整備がなされて、そのおかげで様々なネット媒体のサービスが普及をしている世の中になってはいますが、それでも特に、今回の記事のテーマの1つでもある『高齢者』の方にとっては、正直、コンピューター端末類の扱いなどを含めて、不慣れなところが決して少なくない実態があります。

こうした実態があるため、中々貧困から抜け出せない、経済的問題を解決したりしていくのが困難である、といった方も少なくは無く、これ自体も我が国内における格差社会の一原因になっているようなところも否めません。

そうした中で、私は今から高齢者の年齢に必ず将来的にも自分がなっていくといった、これから到来すべき自らの現実を踏まえた上で、ETH(イーサリアム)こそがやはり、老後の貧困化に対しての大きなそれからの救済をしていく役割を果たしていくものと感じて、今回の記事を書かせて頂いたところもあります。

そうした逃れようの無い、人間としての『老い』の人生をこれから如何に、少しでも貧しさからの回避をしながら過ごしていけるのか、今回の記事内容がなるだけ多くの方の目に付きつつ、役立てて頂けたならとても幸いです。

最終更新日:2018年08月27日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」