ホームウォレット仮想通貨の保管はウォレットで安心!おすすめウォレット10選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.27 最終更新
研修生

仮想通貨の保管はウォレットで安心!おすすめウォレット10選

仮想通貨,ウォレット

自分で仮想通貨をスタートしてコインを購入したけど取引所に放置するのは危険と思った事はないですか?
この記事では仮想通貨を取引所に放置せず自分で管理する方法を教えます。
自分で管理しておけばハッキングなどの可能性は限りなくゼロに近くなります。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

目次

仮想通貨を取引する上で、頻度で取引をするわけでもないのに取引所に仮想通貨をそのまま放置しておくのはおすすめできません。仮に取引所が倒産してしまった場合には、資産が0になってしまうことも…。

それを避けるためには仮想通貨をウォレットで管理すると安全性がぐっと上がります。それ以外にも手持ちの端末からでも仮想通貨を管理できるメリットがあります。そこで今回はおすすめのウォレットをご紹介します。

ビットコインやイーサリアムだけでなく、新しい通貨がどんどんと出てきている仮想通貨。さらに、仮想通貨で送金だけでなく商品の購入時の支払いなどもできるようになり利便性が増したことから利用している人も多いはずです。

そして、仮想通貨を利用・管理する際に重要となるのが安全に管理するための方法ですが、少しでも安全に管理したいなら「ウォレット」の利用がおすすめです。

仮想通貨を管理する「ウォレット」とは?

仮想通貨,ウォレット
ウォレットという言葉は聞き慣れている人も多いはずですが、実は仮想通貨に関してもウォレットはあります。そしてウォレットとは「仮想通貨を安全に管理するための場所」です。

とはいえ、勘違いしてはいけないのは、ウォレットに保管しておけば必ず安全というわけではないということです。それはただウォレットに保管しておけば良いというわけでもないということに直結します。ものによってセキュリティ面や使いやすさなどに違いがあります。

ウォレットの種類は大きく分けると5つ

冒頭でも説明したとおり、ウォレットには種類がありセキュリティ面や使いやすさなどに違いがあります。そして、そのウォレットは種類別に分けると大きく5つに分類することができます。

  • ウェブウォレット
  • ローカルウォレット
  • モバイルウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • コールドウォレット

上記の5つに分類することができ、それぞれに特徴があります。そのため、自分の仮想通貨の管理の仕方で選ぶものが変わります。それではそれぞれの違いも確認してみましょう。

仮想通貨を管理するウォレットの違い

仮想通貨,ウォレット
仮想通貨はウォレットで管理すると良いですが、例えば頻度で仮想通貨の取引を行う人がコールドウォレットを利用するのは良い使い方とはいいにくいです。

ですが、なぜコールドウォレットは頻度で利用する人にはあまりおすすめできないのか、それはこれからご紹介する5つのウォレットの特徴を見れば明らかですのでご紹介します。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとはわかりやすくいえば、サイトのサーバー内に存在するウォレットのことです。取引所にあるウォレットはこのウェブウォレットに含まれ利用している人も多いでしょう。

信頼のできる取引所であればそのウォレットを利用すれば取引通貨は保管することができるはずです。
ではそれを踏まえてウェブウォレットのメリットとデメリットも確認してみましょう。

メリット

  • アカウント管理が楽
  • ユーザビリティが高い
  • 好きな媒体から利用できる

デメリット

  • サイトの不具合で使えないことも
  • 資産が盗難にあう可能性がある

上記の様なメリットとデメリットがあるものの、サイト内のサーバーを利用しているので管理が楽で取引を頻度で行うという人にはおすすめのウォレットです。

ですが、サーバー内などで不具合を起こしてしまうと資産が0になってしまう可能性があることや、セキュリティ面も他のものと比べると少し劣ってしまうのが現状です。

ローカルウォレット

ローカルウォレットは、自分のPCやスマホなどにブロックチェーンをインストールした上で管理するウォレットです。
中でもローカルウォレットは、簡易型と完全型に分けることができ、媒体の容量に合わせて使い分けることも可能です。

  • 簡易型:一部のブロックチェーンをダウンロード
  • 完全型:全てのブロックチェーンをダウンロード

ダウンロード量の違いから媒体の容量が要となるローカルウォレットのメリットとデメリットも確認してみましょう。

メリット

  • セキュリティ面は比較的安全
  • 手元で管理する分消失はない
  • 常時入出金可能

デメリット

  • 完全型は同期に時間がかかる
  • データ容量が大きく媒体とあわない
  • ハッキングなどのリスクあり

媒体にダウンロードして資産を管理するため、取引所の倒産などにより資産が0となり泣き寝入りすることはありませんが、自分で管理する分パスワードなどを無くすと大変な事になります。

さらに、紹介した通り完全型は全てのブロックチェーンをダウンロードして管理する必要があるため、データ容量が大きく媒体の機能が追いついていない場合には処理できず強制終了してしまうこともあるようです。

モバイルウォレット

モバイルウォレットは、iPhoneやAndroidなどの持ち歩ける媒体でアプリなどを利用して管理することのできるウォレットです。

仮想通貨を使用するのに必要な秘密鍵やアドレスなどの情報をアプリで管理することができるので、ウォレットの中で決済や送金などを行う事も可能です。
では、そんなウェブウォレットのメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリット

  • 持ち運びが楽
  • 実店舗での支払いもしやすい
  • 無料で作成できるものが多い

デメリット

  • ハッキングのリスクがある
  • バックアップの必要もある
  • 媒体をなくすと消失に繋がる

普段使いしやすい分、ハッキングなどのリスクが高いのがモバイルウォレットですが、頻度で仮想通貨の取引を行う人にはおすすめです。

さらに、持ち運びしやすくドコでも利用できるのですが、持ち運んでいる間にどこかに置いたままにしてしまうと資産の消失にも繋がりかねませんので注意しましょう。

ハードウェアウォレット

仮想通貨をいれるウォレットの内に、秘密鍵を内蔵することでセキュリティ面をより強力にしているのがハードウェアウォレットです。

信頼性が高く、ウォレット内の仮想通貨を利用するためには媒体に接続する必要があります。
そんなハードウェアウォレットのメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリット

  • 安全性が高い
  • 持ち運びが楽
  • ユーザビリティが高い

デメリット

  • 製品が高い
  • 品切れしている可能性がある
  • 不正送金される可能性がある

安全性が高いだけでなく、ユーザビリティも高いハードウェアウォレットですが、製品自体の価格が1万円以上することがほとんどなので、少額資産の管理ではなく、多額の資産を運用し堅牢性を求める人におすすめです。

そしてその信頼性から良いウォレットは品切れしている可能性もあります。ですが品切れを理由に、適当なハードウェアウォレットを購入すると不正送金をされてしまう危険性もあります。

コールドウォレット

コールドウォレットは、秘密鍵をオフラインで管理するものです。ネットワークを遮断した上で保存することでどのウォレットよりも堅牢性が高いのが特徴です。

ネットワークから隔離できることから、長期間仮想通貨を保管する時に便利なウォレットです。中でもおすすめされているのはペーパーウォレットです。そんなコールドウォレットのメリットとデメリットも確認してみましょう。

メリット

  • プリントすることもできる
  • 他人に渡すこともできる
  • 安全性が高い

デメリット

  • 用紙を無くしたら危険

コールドウォレットはいざ取引となると多少時間がかかってしまうため、頻度で仮想通貨取引を行う人にはおすすめできません。

ですがハッキングにより情報が漏洩してしまうことが少ないことから、長期的に資産を安全に管理したい人にはおすすめです。

さらに、紙に印刷して秘密鍵を保管することもできるため、簡単に他人に渡すことができたり、安全性が高いのも特徴です。とはいえ、プリントした紙を無くすと秘密鍵がなくなってしまう可能性もあります。

仮想通貨を管理するおすすめのウォレット10選

仮想通貨,ウォレット
それでは、上記の5つに分けておすすめのウォレットを10選ほどご紹介します。自分に合ったものを選択するための参考にしていただけたら幸いです。

仮想通貨のおすすめウォレット一覧

ウェブウォレット

  • Blocchain.info
  • Coinbase

ローカルウォレット

  • Copay
  • Ginco

モバイルウォレット

  • Coinomi
  • Jaxx

ハードウェアウォレット

  • Trezor
  • Ledger

コールドウォレット

  • Bitaddress.orz
  • MyEtherWallet

上記が仮想通貨を管理する上でおすすめのウォレットの一覧です。どれも信頼でき利用しやすいウォレットですので、まだウォレットの利用を検討しているという人は参考にしてみて下さい。

各ウォレットの特徴を確認!

仮想通貨,ウォレット
おすすめのウォレットとして10個ほどご紹介しましたが、おすすめといわれても何がおすすめなのか気になる人も多いはずです。そこで、それぞれのウォレットの特徴をご紹介します。

ウェブウォレット

まず、ウェブウォレットからご紹介したいと思います。ウェブウォレットは頻度で仮想通貨を利用する人におすすめです。取引回数が多く普段使いのウェブウォレットを探している場合に検討をおすすめします。

Blocchain.info

オンラインで仮想通貨を管理するウォレットで、日本語にも対応しています。世界でも人気のウォレットとして名高い理由です。

取扱い通貨に関しても、人気通貨であるメイン通貨がよく利用する通貨である場合には通貨の送受信も行う事ができる他、通貨の所持比率などの確認も可能です。

さらに、媒体から利用できることから外出先でも簡単に利用することができ、いつでも仮想通貨の取引をすることが可能です。
そういった点からも仮想通貨の取引が頻度で簡単に仮想通貨を管理したいという人におすすめです。

Coinbase

世界的にも利用している人の多いウォレットの一つで、ビットコインやビットコインキャッシュの他にも合わせて4種類の仮想通貨の売買や保管そして入出金が可能です。

ですが、日本から利用する場合にはアメリカの銀行口座を持っていないと仮想通貨の売買を行う事はできません。ちなみにアメリカの銀行口座を持っていない場合には、モバイルウォレットの様な機能として利用可能です。

アメリカの銀行口座を持っていても持っていなくても、利用することができるという点も利用している人が多い理由のようです。もちろん、アメリカの銀行口座を持っていれば利用する上でのメリットは多いです。

ローカルウォレット

続いては、自分の持っている媒体にダウンロードして利用するローカルウォレットのおすすめを紹介したいと思います。

Copay

ウェブウォレットとは違い、アカウント方式ではなく、アプリをインストールした端末で仮想通貨を管理することになるのですが、当然秘密鍵がCopayの方に通知されてしまうことはありません。

さらに、プライバシーの観点では気になるところだと思いますがそこにも着目して作られており、受信アドレスを定期的に変更してくれるため復元フレーズのみ記憶しておけば秘密鍵を一括で管理することが可能です。

安全であることを示すためにオープンソースで開発されているため誰でもプログラムの内容を確認することができるんです。それは、プログラムが読める人であれば悪意のあるプログラムが記載されていないかをチェックすることができるというメリットがあります。

Ginco

名前からもなんとなく察することができますが、Gincoは複数の仮想通貨を管理することができる仮想通貨のウォレットです。ただ、ローカルウォレットで気になるのは秘密鍵がわからなくなってしまうことです。

自分の端末で管理しているからという理由から他の端末になった際の乗換がうまくできないという人も多いです。ですが、Gincoでは、バックアップキー(ニーモニック)を記憶しておくだけで秘密鍵を一括管理することが可能です。

そのため、端末の紛失、端末の故障、乗換などの際にもバックアップキーさえ覚えておけばいつでも資産の復元をすることができるため泣き寝入りする必要もありませんし、ネットワーク通信には高度な暗号化を施しているためセキュリティ面も期待することができます。

モバイルウォレット

それでは、続いてモバイルウォレットのおすすめを2つ紹介します。アプリで管理する分普段使い用として機能させやすいですが、セキュリティ面が気になるところですのでそういった面にも考慮されているものを厳選しました。

Coinomi

現在人気の仮想通貨だけでなく、その他にも100種類以上の仮想通貨を取り扱っており、対応仮想通貨の多さから人気のウォレットの1つです。

両替所との連携も行っているため、手数料が安価なだけでなく、海外で開発されたウォレットにもかかわらず日本語対応のウォレットなところもおすすめできるポイントです。

英語がわからなくても誰でも簡単に利用しやすいだけでなく、マイナー通貨などにもしっかりと対応しているため人気が高いようです。ですが、 iOS版には対応していないことが唯一のデメリットかもしれません。

Jaxy

モバイルウォレットは基本的に自分の持っている持ち歩くことのできる媒体からも仮想通貨の取引や管理ができることが特徴ですが、大体は1つの端末で管理するのが基本です。

ですが、出先などでは他の媒体を使っておりその端末を利用することができないという時に役立つのがこのJaxyです。たくさんの媒体から利用することができ、iPhoneのiOSはもちろんのこと、Android、Windows、Macなどの広く知られている媒体での利用が可能です。

さらに、アプリだけではなくブラウザでも仮想通貨の管理をすることができます。そういった利便性の高さから利用者が急増しているウォレットの1つです。

モバイルウォレットとして共通して言えることは、ハッキングなどのリスクが低いとは言えないことですが、頻度で仮想通貨の取引を行う人であれば使いやすいでしょう。

ハードウェアウォレット

上記で紹介してきたものは、何かの媒体に秘密鍵を保有することで利用率を上げていますが、頻度で仮想通貨の取引を行わない人からすれば、ハッキングなどのデメリットにも繋がります。

そこでおすすめしたいのが秘密鍵をオフライン上で管理するハードウェアウォレットです。

Trezor

ハードウェアウォレットの中でも人気の高いウォレットの一つで、電源も必要なく、USBで媒体に接続するだけでウォレットを利用できるのが特徴です。

ウォレット内に保存された秘密鍵が外部に漏れる心配も少なく、秘密鍵の入力もする必要もないのが特徴です。いわば、Trezorを接続するだけで取引が可能ということです。

そして、万が一のことも考慮し、復元もリカバリーカードですることが可能で、日本語のマニュアルがついてくるだけではなく、LINE@ではサポートを受けることも可能です。そのため、安心して利用することができます。

Ledger

こちらも秘密鍵をオフラインで管理するものですが、初期設定のたびに秘密鍵が生成され、パソコンと接続しない限りは端末のみでインターネット接続し秘密鍵が盗まれてしまう可能性はありません。

さらに、本体を盗まれてしまったとしても使用するためにはさらにPINコードの入力を求められるため、もし盗難に遭ってしまったときの対策も万全です。

そして、秘密鍵を守るためにLedger内に保管しているのですが、ただ保管するだけではなく秘密鍵を高度に暗号化して保管することで情報が抜き取られてしまうのを防いでいます。

コールドウォレット

コールドウォレットもハードウェアウォレットと同様にオフライン上で秘密鍵を管理するものです。仮想通貨を取り扱う際には時間がかかってしまうものの、ハッキングにより情報が漏洩してしまうことも少ないです。

Bitaddress.orz

珍しさと堅牢性を兼ね備えているウォレットといえば、Bitaddress.orzです。ランダムに並んだ英数字上でカーソルを動かすと仮想通貨のアドレスと秘密鍵をペーパーに作成することが可能です。

さらに、驚きなのは一度ペーパーウォレット上に保管した仮想通貨をモバイルウォレットに復元することもできる点です。コールドウォレットの中でも利用しやすく比較的管理の行いやすいウォレットです。

取引量が少なく長期的に仮想通貨を管理・運用していきたいという人には最もおすすめのウォレットといっても過言ではありません。

MyEtherWallet

デスクトップウォレットの一つで、秘密鍵に関しては、アカウント作成時に表示されるものを印刷しておくかメモしておくことが必要となるウォレットです。

パソコンがウイルスに侵されたり、ハッキングされてしまった場合でも、秘密鍵は手元にあるため、安全性も高いですが、頻度の仮想通貨取引には向いていません。

人気通貨ごとのおすすめウォレット

仮想通貨,ウォレット
各種類のウォレットごとにおすすめのものを紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。どれも人気が高く利用しているユーザーも多いものですが、通貨によっては対応していない場合もあります。

そこで、人気通貨を取り扱う上でおすすめのウォレットを頻度で仮想通貨取引を行う人向けの普段使い用と、長期にわたり管理するものの取引きの頻度は少ない人向けの長期使い用に分けてご紹介します。

普段使い用・長期使い用におすすめのウォレット

人気の仮想通貨といえばビットコインやイーサリアム、リップルなどが現在(2018年7月30日現在)の時価総額ランキングでも上位を占めています。

さらに、ビットコインキャッシュや、ビットコインと構造の似ているライトコイン、そしてネムなども仮想通貨として利用している人が多いと思います。

ですが、やはり保管するのであればどれもウォレットに預けておくのがおすすめです。
たとえ、仮想通貨の取引をあまり行わないという人でも取引所に置いたままにしてしまうと、突然資産が0になってしまう可能性も否定できません。

なので、置いておくのであっても大量に置いておくのではなく少額置いておき、残りはウォレットに置いておくほうが良いでしょう。

複数の仮想通貨をウォレットで管理する場合は?

仮想通貨,ウォレット
仮想通貨を取引しているといっても、みんながみんな1つの仮想通貨のみを取り扱っているわけではありません。そのため、複数の仮想通貨を管理する場合にはどうしたらよいのか迷っている人も多いはずです。

対応通貨が多いのはGinco

仮想通貨を安全にウォレットで管理したいのであればウォレットで管理するのがおすすめですが、複数の仮想通貨の取引を行っている人である場合だとウォレットによっては対応していないことも…。

そこで、取引きしている仮想通貨の量が多い人は対応通貨の多いウォレットを利用することもおすすめです。今回おすすめのウォレットはGincoです。対応通貨が比較的多く、管理しやすいのが特徴です。以下がGincoの対応通貨です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • Augur
  • DigixDao
  • eosDAC
  • OmiseGo
  • Tron
  • 0x
  • KyberNetwork
  • Zilliqa
  • Status
  • Vechain
  • ZILLA
  • Decentraland
  • Enigma
  • EOS

いかがでしょうか。トークンを含めると上記のものを取り扱うことが可能です。そのため、取引通貨が多いという人にはおすすめですが、ハードウェアウォレットではないため、セキュリティが気になる人にはおすすめできません。

しっかりと仮想通貨を管理したいのであれば、ハードウェアウォレットかコールドウォレットを利用するのがおすすめです。とはいえ、ハードウェアウォレットは人気の高いものであれば売り切れていることもありますので注意も必要です。

【重要】仮想通貨でウォレットを管理する上での注意点

仮想通貨,ウォレット
仮想通貨をウォレットで管理することはとても重要ですが、管理する上での注意点もありますので、まとめてみました。

ホットウォレットの注意点

まずは、インターネットに繋がっていて、常に入出金が可能であるローカルウォレットやモバイルウォレットなどをまとめたホットウォレットの注意点からご紹介したいと思います。

フィッシング

安全性の期待できる取引所などでウォレットを利用したり、アプリなどを利用したりしても注意しなくてはいけないのは、このフィッシングです。

本来のものと良く似たコピーを作り上げているのが特徴です。
ウォレットを利用するためには個人情報などを入力する必要がありますが、そのデータを送信してしまうと悪用されてしまう危険性があります。

ですが、公式サイトまでも精巧に作ってしまうためどこが本物なのかを見分けるのは至難の業ですが、ドメイン名に注意したりSSLサーバー証明書も必要となりますので、ウォレットを作る際には注意して下さい。

ウイルス

パソコンにウイルスを送り込まれた結果、パソコンなどの媒体の中に入っているパスワードを抜かれてしまうこともあります。広く知られているものであればトロイの木馬などがあります。

秘密鍵の情報などを抜かれてしまうと、不正に仮想通貨を利用されたり、送金されてしまう可能性がありますので、不審なサイトからのダウンロードをしないことと、ウイルス対策ソフトは入れておくべきです。

媒体の管理が大切

ウェブウォレットで無い限りは、媒体上で秘密鍵を管理したり仮想通貨の取引を行う事ができるなど利便性が高いのがホットウォレットの特徴ではありますが、逆にそこには注意が必要なこともあります。

例えば、媒体を紛失してしまったり、壊してしまうと仮想通貨での取引を行う事ができないだけでなく、誰かに拾われてしまうと不正に利用されてしまう可能性もあります。

そのため、媒体上でホットウォレットを利用する場合には注意が必要です。

コールドウォレットの注意点

続いて、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットなど、インターネット接続がなく、秘密鍵をオフラインで管理するコールドウォレットの注意点をご紹介します。

記録媒体をなくさないこと

コールドウォレットは秘密鍵をオフラインで管理します。ハードウェアウォレットであれば、専用の機器の中に秘密鍵を保持したり、ペーパーウォレットであれば、印刷などしたものを管理する必要があります。

そのため、専用機器や印刷した紙などを紛失してしまうと、仮想通貨での取引を行う事ができなくなりますので、注意が必要です。さらに、盗難などの被害にあってしまうと勝手に送金などをされかねませんので、厳重管理するようにしてください。

人気商品は品切れしていることもある

ペーパーウォレットであれば、自分で印刷したり紙に直接記載するだけですので品切れになってしまうことはありませんが、ハードウェアウォレットであれば話は別です。

ハードウェアウォレットの人気商品といえば、TrezorやLedgerがありますが、セキュリティ面や信頼性も厚いことから商品が品切れしてしまっている可能性もあります。

そのため、購入したいのであれば早めに注文をしておくことをおすすめします。品切れしてしますとすぐに入手することができませんので、それだけ取引所での管理期間が延びてしまいます。

比較的価格が高い

ハードウェアウォレットは専用の機器を使用する必要があります。そのため、購入する必要があるのですが、セキュリティ面や信頼性などから価格が高くなりがちです。

15,000円程度してしまうものもあり、専用にいくつか購入するとなると出費がかさんでしまう可能性もありますので、購入時には価格もチェックすることが大切です。

どうしても取引所で保管したい場合は…?

ウォレットを使用すれば比較的安全に仮想通貨を管理することができることがわかったと思いますが、仮想通貨の取引や支払いなど頻繁に行う事から取引所などにそのまま置いておきたいという人もいるはずです。

大量の仮想通貨をそのままの状態で取引所に置いておくことはあまりおすすめすることはできませんが、取引所において置くのであれば以下の点をおさえておくことも大切です。

  • セキュリティ面で期待できる取引所を選ぶ
  • 必要最低限のみ取引所に置いておく
  • それ以外の部分をウォレットで管理する

上記の様に対策をとってあげることで、もし取引所が倒産などしてしまった際にも手元には資産は残ります。一度無くなってしまった資産は手元に戻ることはありません。泣き寝入りしないためにも取引所にそのままにせず、手元で管理してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨でウォレットを管理するなら選択は慎重に

仮想通貨,ウォレット
ということで今回は、仮想通貨のおすすめのウォレットや注意点などについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。最後にお伝えしておきたいのは、ウォレットに入れたからといって必ず安全ではないということです。

ウォレットによってはハッキングされてしまうリスクが高いものや、自分でしっかりと管理しないと仮想通貨の取引さえ行えなくなってしまうものもあります。

さらに、ホットウォレットとコールドウォレットでは仮想通貨で取引を行うまでの手間にも違いが出てきますので、自分の取引量に合わせて選ぶことも大切です。そして、仮想通貨をウォレットで管理するのであれば適当に選ぶのではなく慎重に選んで利用するのが良いでしょう。

最終更新日:2018年08月27日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」