ホームウォレット【初心者向けに解説】仮想通貨のウォレットとは?ウォレットの種類と選び方を徹底解説
研修生

【初心者向けに解説】仮想通貨のウォレットとは?ウォレットの種類と選び方を徹底解説

仮想通貨,ウォレット

仮想通貨を購入したはいいけれど、その後何をしたらいいのかわからない、何もしないでいるのはセキュリティ面で不安…そんな仮想通貨初心者の方向けに仮想通貨の「ウォレット」を徹底解説!基本的な知識と種類、ウォレットの選び方までできる限り詳しくお伝えします。

仮想通貨への投資を始めた初心者の方が最初に考えるべきことは仮想通貨の保管をどうするかということです。

仮想通貨を購入した後、きちんと保管しておかなければサイバー攻撃やウイルス感染などによってデータを盗まれてしまう可能性もあります。仮想通貨は現実のお金と同じようにきちんと管理しておきたいですよね。

ウォレットとは仮想通貨を保管するためのもの

仮想通貨,ウォレット
仮想通貨の管理方法として最も代表的なのがウォレットです。まずはウォレットの基本的な知識やウォレットを入手する前に知っておくべきことを説明していきます。

ウォレットって何?初心者でもわかるウォレットの基本

ウォレットと聞いても初心者の方はウォレットって何?仮想通貨を買うだけではだめなの?と感じるかもしれません。

そもそもウォレットとは一般的な通貨でいうお財布、銀行口座のようなもので、お金を保管しておくところのことです。ウォレットは取引所から自分の仮想通貨を切り離し、隔離しておくことができます。

とりあえずお金を置いておくだけなら、取引所でも仮想通貨を保管しておくことはできます。そのため、仮想通貨を買ったものの、まだ取引所以外のウォレットは用意していない、という方もいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、買った通貨を取引所に置いておくと突然取引所がサービスを停止した場合、資金が凍結され取り戻せなくなることがあります。そのため、上述したように今後仮想通貨投資を行っていくなら自分でウォレットを用意することが必要になってきます。

また、自分の仮想通貨をウォレットに移しておくことで、取引所の安全管理が不十分でサイバー攻撃を受けてしまったという場合も被害を最小限に抑えることができます。

仮想通貨取引におけるウォレットの役割

仮想通貨は、バーチャル上の通貨であり、実態はありません。

つまり通貨の取引履歴が残っているということが仮想通貨所有の証拠になるのです。しかし、仮想通貨の取引記録は誰でも見ることができるので、なにか証明するものがなければ誰がどの取引履歴を持っているか分からなくなってしまいます。

そこで登場するのが秘密鍵(プライベートキー)です。この鍵が世界中すべての仮想通貨取引の中で「この取引は自分のものです!」というようにあなた自身の所有履歴を証明します。

秘密鍵は自分の取引履歴を守っている暗号の一種で、基本的にはあなただけが持っているものです。もしこれが盗まれてしまうとあなたの取引履歴が誰かのものになってしまうかもしれません。

そしてウォレットはその秘密鍵を保管して守る、という役割を持っています。家の鍵を置きっぱなしにせず保管しておくことが大切なように、ウォレットで秘密鍵を管理することはとても大切です。自分の取引を守るためにも、ウォレットは必要不可欠なものなのです。

また、ウォレットの種類によっては仮想通貨の入出金機能だけでなく送金機能などの便利な機能がついているものもあります。例えば、仮想通貨の一種、ビットコインを取り扱うウォレット、「Copay」ではモバイルアプリをダウンロードすることで現実の店舗でもその場で決済ができるようになります。

他にも送金機能やポートフォリオ機能などが付いているウォレットがありますので自分のニーズに合わせて色々と調べてみるのもよいかもしれません。

代表的なウォレットの種類

仮想通貨,ウォレット
とりあえずウォレットが必要なことは分かったけど、どんなウォレットを選べばいいのかわからない、という方も多いのではないかと思います。

ウォレットにはそれぞれ特徴があり、今後の仮想通貨投資のためにも自分に合った、安全なウォレット選びはとても大切です。ここからは代表的なウォレットの種類とそれぞれのメリット、デメリットについて解説していきます。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、ウォレットの中で、web上で提供されているウォレットサービスのことです。ウェブウォレットは管理者が大勢の人の仮想通貨をまとめてサーバーで預かるという仕組みになっており、たくさんの種類があります。

取引所で仮想通貨を購入した場合に自動的に開設されるウォレットもウェブウォレットの仲間です。インターネットに接続できる場所ならどこでも仮想通貨の入出金ができることから、最も便利で使いやすいウォレットだといえるでしょう。

ウェブウォレットのメリット

ウェブウォレットの良いところは、なんといってもその手軽さです。ウォレットの新規登録も簡単にできますし、使うときもウォレットのサイトにログインするだけなので旅先や出張先でもストレスなく取引ができるようになります。

インターネット環境があればどんな端末でも操作できるのでたくさんの端末を使い分けて使っているという方にも便利なウォレットです。

また、サイバー攻撃やウイルス対策などもすべてウェブウォレットの管理者が行ってくれるので自分で改めてセキュリティ対策をする必要がないのもメリットの一つです。

ウェブウォレットのデメリット

ウェブウォレットは仮想通貨をインターネット上で保存することになるので、不正アクセスに合う可能性が高くなってしまいます。

また、ウェブウォレットでは秘密鍵をウェブウォレットの管理会社が管理することになりますので、もしサイバー攻撃などを受けた場合、大切な秘密鍵が流出してしまうことも考えられます。

また、運営をきちんと行っていないウェブウォレットサイトの場合、突然ログインができなくなったり、サービスを停止してしまったりする可能性があります。その場合、預けた仮想通貨は引き出せなくなってしまいます。

また、ウェブウォレットによっては対応する通貨が少ない場合があります。取引所のウォレットは購入した仮想通貨すべてに対応してくれるものがほとんどですが、取引所以外のウェブウォレットはあまり多くの仮想通貨を扱っていないので、様々な仮想通貨を購入して管理したい方にはそれがデメリットになってしまいます。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは仮想通貨をオンラインで保存するのではなく、自分のハードウェアを購入し、そこで管理を行うウォレットです。現在は仮想通貨の保存に特化したハードウェアがたくさん発売されており、中でもLedger Nano S、Trezor、Keepkeyなどが有名です。

ハードウェアウォレットの中には仮想通貨自体が入っているのではなく、前述した秘密鍵が入っています。

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットはインターネットと切り離されているのでハッキングやウイルス感染のリスクがかなり低く、非常に安全な保管方法といえます。

そのため、大きな額の仮想通貨を保存するときはハードウェアウォレットを選択するのがよいでしょう。また、ハードウェアウォレットは仮想通貨と異なり、実際に触ることができます。

種類によって異なりますがハードウェアウォレットは小さいものだとUSBサイズ程度なのでいつも手元にないと不安という方も簡単に持ち運びができます。仮想通貨という目に見えないものを扱いながらも、一般的な通貨と似た安心感があるので、初心者の方にもおすすめのウォレットと言えます。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットは無くしたり、壊れたりしてしまわない限り安全です。しかし実際に触ることができるものなので自分でしっかりと管理をしないと盗まれたりすることもあります。

また、火事や災害などで意図せずハートウェアウォレットが破損してしまった場合、中のデータは無くなってしまいます。

ハードウェアウォレットの種類によっては購入時についてくるアクティベーションキーを入力することでデータの回復が可能ですが、そのアクティベーションキーもなくなってしまった場合は対処できなくなります。

また、小額の投資を考えている方の場合、ハードウェアウォレットは安くても一万円程度はかかってしまうので利益よりウォレットへの投資額のほうが大きくなってしまう場合もあります。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、自分のPCで仮想通貨を管理するタイプのウォレットのことです。ウォレットのソフトウェアをPCにインストールして入手することができます。

デスクトップウォレットは最も利用されているウォレットのうちの一つで、仮想通貨の開発元が公式に配布しているもののほとんどはこの形式です。
このウォレットではソフトウェアをインストールした端末でのみ仮想通貨の入出金、送金が可能になります。

デスクトップウォレットの種類によってはインターネット接続無しで操作することができるので端末さえ持っていればどこでも使うことができます。

デスクトップウォレットのメリット

デスクトップウォレットは利便性、安全性からみて最もバランスの取れたウォレットです。PCにソフトウェアをインストールすればウォレットをローカル環境でも使うことができますし、今までの取引履歴をすべてダウンロードして切り離してくれるのでセキュリティ面でも強力です。

また、デスクトップウォレットは利用者が多く、種類もたくさんあるので自分のニーズに合ったウォレットが見つかる可能性が比較的高いです。

そして、仮想通貨の運営元から配布されているものなど、デスクトップウォレットは無料のものが多いのもメリットです。大きなお金を出してまでウォレットを購入したくない、という人には特におすすめです。

初心者の方の中では少ないかもしれませんが、もし今後仮想通貨の「マイニング」を行いたいと考えている人には、デスクトップウォレットがおすすめです。

それは、デスクトップウォレットの中には今までのブロックチェーン全てを参照可能なものがあるからです。このようなウォレットは「フルノード」と言われていて、このタイプのウォレットではマイニングを行うことができます。

そのため、これからマイニングに取り組みたいという方は「フルノード」のウォレットを選んだほうが良いでしょう。

デスクトップウォレットのデメリット

デスクトップウォレットは基本的に一つのウォレットに一種類の仮想通貨しか対応していませんので複数の仮想通貨を所有する場合、追加でウォレットをインストールする必要があります。

そのためたくさんの種類の仮想通貨運用を考えている場合、ウォレットがPCの容量をかなり圧迫してしまいます。

また、デスクトップウォレットはウォレットをインストールした端末でしか利用できないため、PCにインストールするとそのPCを持ち歩かなければならず、あまり外出先での使用には向きません。

デスクトップウォレットの管理はウェブウォレットと異なり基本的に自分自身で行うことになります。取引履歴が切り離されて保管されているといっても、PCが壊れてしまったり、ウイルスに感染したりした場合は秘密鍵流出の危険があります。

そのため自分自身で管理できるか不安、という方はウェブウォレットなどオンラインのウォレットを検討してもよいかもしれません。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは仮想通貨のアドレスと秘密鍵」などを紙に印刷し保管しておくタイプのウォレットのことです。イメージとしてはハードウェアウォレットに近く、インターネット環境から完全に切り離されているのが特徴です。

また、ペーパーウォレットの生成サイトを通じて自分で一から作ることができるため紙代とインク代以外に特別な費用は掛かりません。

ペーパーウォレットのメリット

ペーパーウォレットはインターネットを介したデータ流出の危険が非常に低く、セキュリティ面で非常に強固です。

また、例えばビットコインをペーパーウォレットで保管する際、公開鍵と秘密鍵を記載している紙さえ持っていればいつでも仮想通貨の入出金が可能になりますので持ち運びも手軽です。また、ウォレット作成の際他のウォレットと異なりPINコードの設定などが必要なく、短時間で作成することができます。

また、ペーパーウォレットは目に見えるものなので他人にウォレットを譲渡するときも紙を渡しさえすればよいので簡単です。

ペーパーウォレットのデメリット

まずはセキュリティ面でのデメリットです。もちろんペーパーウォレットはオンライン管理ではないのでハッキングリスクはないのですが、アドレスやコードの書いてある紙を誰かに撮影されてしまうと簡単に仮想通貨が盗まれることになります。紙自体の盗難を防ぐのはもちろん、人目につかないところで保管することが大切です。

また、材質の都合上財布の中に入れて頻繁に出し入れするのには向いていません。加えて雨などの湿気に弱く、破損しやすいというデメリットもあります。もし火事などで燃えてしまったら跡形もありませんし、もし紙が破損し、アドレスやコードが分からなくなってしまった場合、復元することができません。

ハードウェアウォレットであれば種類によって復元が可能な場合がありますが、ペーパーウォレットにはそのような機能がないので手元からなくなってしまえば持っていた仮想通貨は消えてしまいます。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとは、スマートフォンなど持ち運びできるモバイル端末のアプリを利用して仮想通貨の管理を行うウォレットのことです。

モバイルウォレットでは利用者が秘密鍵を入力することで入出金が可能になります。また、店頭での支払いもできるモバイルウォレットもありますので外出先で仮想通貨を使う際も手軽です。

モバイルウォレットのメリット

モバイルウォレットは何といっても持ち運びが便利です。自分のスマートフォンにアプリを入れるだけで管理ができるようになるので外出先でも使うことができます。

またモバイルウォレットはモバイル端末自体にデータを保存する形式なのでウェブウォレットなどと異なり自分だけが秘密鍵を知っている状態です。そのため秘密鍵の流出リスクが低く、自分で管理をしっかり行えばセキュリティ面でかなり強固なウォレットだといえます。

モバイルウォレットのデメリット

モバイルウォレットはモバイル端末に仮想通貨のデータを保存する形式なのでアプリをインストールしたモバイル端末でしか利用することができません。

異なる端末からアクセスすることができないので、もしアプリを入れた端末を無くしてしまうと仮想通貨をすべて失うかもしれません。

しかし、ペーパーウォレットなどと異なりモバイルウォレットはバックアップの作成が可能なので自身でバックアップ設定を行い、きちんと管理しておくことが必要です。

また、現時点では日本語にしっかり対応しているモバイルウォレットアプリが少ないこともデメリットの一つです。

もちろん日本語対応をしているものもありますが種類が多くないため自分のニーズに合ったウォレットを見つけるのは難しくなってしまいます。

しかしこの点は今後日本で仮想通貨が広まっていけば状況が改善してくると考えられますので、そこまで不安視する必要はないかもしれません。

ウォレットの選び方と安全管理

仮想通貨,ウォレット
ここまで、ウォレットの基本的な種類についてご紹介しました。ここからは自分に合ったウォレットの選び方とウォレット入手後に自分で出来るセキュリティ対策について見ていきます。

ウォレットはどうやって選ぶ?

ウォレットの種類について紹介してきましたが、結局どれが一番いいの?と思われた方も多いのではないかと思います。

おすすめのウォレット選びは自分の投資スタイルによります。フルタイムの仕事の片手間に低額の投資をしたいという人は手軽に入手出来て扱いやすいウェブウォレットやモバイルウォレットがおすすめです。

一方仮想通貨投資を本格的に行う予定で、投資金額も大きい、という人は安全性の高いハードウェアウォレットやペーパーウォレットがおすすめです。また、たくさんの種類の中からウォレットを選びたい、マイニングを今後行いたい、という人はデスクトップウォレットがおすすめです。

それぞれの特徴を理解して、扱う仮想通貨ごとにウォレットを分けてもよいかもしれませんね。

また、自分の投資額を検討してウォレットの入手にかかる値段で比べてみるのもよいでしょう。

ウォレット入手後、やっておくべき安全対策

どのウォレットを選んでも、データの流出や盗難の被害を100%抑えられるわけではありません。そのため自分で出来るセキュリティ対策は自己責任で行い、きちんと管理しておくことが非常に大切です。

どのウォレットでもほぼ共通して言えることはパスワードやコードなど、重要な情報を絶対に守っておくことです。人目に触れるのはもちろん、安易に入力することもできる限り避けましょう。

また、パスワードやメールアドレスをほかのものと共通にするのは避け、長い、意味不明なものにするのがおすすめです。

PCを使うウォレット(ウェブウォレット、デスクトップウォレット)の場合、必ずバックアップを行い、PC自体にパスワードをかけておきましょう。セキュリティソフトもデータを守る上でほとんど必須といえるでしょう。

ウォレットを理解しよう

仮想通貨,ウォレット
今回は仮想通貨の保管に必須のウォレットについて基本となる知識と種類についてご紹介しました。今後仮想通貨の市場が大きくなるとともに新しい形式のウォレットが登場したり、機能が追加されたりすることも十分考えられます。あなたの大切な仮想通貨を守るため、通貨の管理に関して常に感度を高めておきましょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら