ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨のハードフォークとは何か?仕組みを徹底解説
研修生

仮想通貨のハードフォークとは何か?仕組みを徹底解説

仮想通貨,ハードフォーク

仮想通貨ニュースで目にするハードフォークとはどのようなものでしょうか。それは骨幹のブロックチェーンのルールを変更する方位の一つで、これを行うことでコイン(仮想通貨)の性質が大きく変わり、2つの異なるコインが生まれることもあります。

仮想通貨のニュースや情報を調べていると、時折「ハードフォーク」という言葉を目にします。これはどういうものなのでしょうか。今回は、できるだけわかりやすい表現で「仮想通貨のハードフォーク」について説明してみます。

仮想通貨におけるハードフォークの概要


「ハードフォーク(Hard fork)」というのは、ある仮想通貨のブロックチェーンの書き込みルールが変更されることです。ちなみに、フォークにはハードとソフトの2種類があります。今回は「ハード」のほうをお話ししていきます。

かいつまんでいうと、「ハードフォークでは、その仮想通貨にあるバグや問題などを改善するなどの「バグ取り」目的でのスペック変更を行うことです。やや語弊は有るものの、「仮想通貨の帳簿のシステムのアップデート」と言い換えられます。「フォーク」とは「分岐」を意味します。仮想通貨というより、そのコア技術であるブロックチェーンが分岐して、2つの別の帳簿ができるということです。

これを行った後は、これまでと内容が大きく変わります。そのため、理論上、変更を行った後の新しいブロックチェーンと、それまでの古いブロックチェーンは別のものになり、理屈では、2つのチェーンがあるので、「別の新しい仮想通貨が誕生」したとも言えます。

ただし、「ハードフォークする前の古いブロックチェーンを廃止する」とした場合、これは新たな仮想通貨は生まれません。

ちなみにソフトフォークの場合も、多少のスペック変更が行われますが使用するブロックチェーンはそのままですので、新しい仮想通貨は誕生しません。

パソコンソフトで言えば、新しいプログラムを開発したが、システムが異なっているので旧バージョンとの互換性がなくなった状態だと言えるでしょう。

ハードフォークでは過去の部分については変更などを施さず、目標のブロック番号以降から分岐して、その新しく生まれたブロックチェーンから変更が反映されることになります。そして古いブロックも残っていますので、この時点で2つのブロックチェーンが存在していることになります。

一度ハードフォークするともう別物

ここまでお読みになればお分かりかと思いますが、ハードフォークが実行された後は、ルールが変更されているため、新旧のブロックチェーンにもはや互換性はなく、袂を分かってしまいます。

旧ブロックのほうを誰かがまだ使うのであれば、そちらのコインは残りますが、そうでなければそのコインは消えます。消えるというより、ハードフォークで生まれた方が本家を名乗り、リニューアルした形で存在し続けます。

「ハードフォーク」実行の目的


2つのブロックチェーンが生まれる「ハードフォーク」。いったい何故、このようなハードフォークが起こるのでしょうか。もちろん「時々発生してしまう病気のようなもの」ではなく、開発チームが計画して行っていることです。

ハードフォークの主な理由として、バージョンアップが挙げられます。ビットコインを例にとると、BTCは最も初期に作られた仮想通貨であるため、仕様の古くさい部分が多く存在すると言われています。それで、その部分を変更したい陣営と、変更を施したくない陣営の意見が合わないと、ハードフォークが行われることになります。

例えば、BTCのスケーラビリティ問題では、既に現在のビットコイン利用者の送金手続き等でも回一定の時間内に集中すると、大渋滞を引き起こすことがよく知られています。筆者もこのような時にBTC送金をして、数日間もお金が届かず、不安を感じたりしました。

これを解決するには、いくつかの方法がありますが、どの方法を行うにしても、一長一短であり、意見は開発チームの中でもまとまることがありませんでした。

そのため、現在のやり方に不満を抱き、自らの考える新たな方法が絶対に正しいと信じている陣営がビットコインのハードフォークを強行しました。

もともとのビットコインのブロックチェーンは何ら変わりませんが、ハードフォークで分岐した部分が新しい仮想通貨となり、そちらで自分の理想とする仮想通貨を運営していこう、となりました。
これで「ビットコイン・キャッシュ」が誕生しています。

ビットコインキャッシュの事例


ビットコインキャッシュは、2017年8月1日のハードフォークでローンチされた比較的新しい仮想通貨です。本家のビットコインから改善され(改善、と考えない陣営もいますが)、ブロック容量が増強されています。

本家であるビットコイン(BTC)から「ハードフォーク」していますので、名前こそ「ビットコイン~」を冠していますが、「分岐」されていますからもう別の仮想通貨であり、本家のビットコインと互換性はありません。

なぜビットコインから分岐したのかという経緯は複雑ですが、かいつまんで説明すると、10年目を目前にしている最長寿のビットコインは、ユーザの増加により、取引量が肥大化する一方です。

このためにトランザクションの速度が遅くなり遅延が目立つ等の問題につき、マイニング団体らの意見が分裂し、主要マイナー陣営が自らの理想を実現するためにBTCをハードフォークさせて、新たなコインを作ったということになります。

ビットコイン(BTC)のブロックが#478,558に達し、日本時間2017年8月1日の時点でビットコインのブロックチェーンが分岐(ハードフォーク)を開始しました。

ネット上では仮想通貨のブロックの進行状況は誰でも見ることができるため、当時は多くの人がこのBTCとBCHのブロックチェーンのハードフォーク、および両者のブロック生成の進行状況を見守っていました。

このようにして生まれたビットコインキャッシュ(BCH)の相違点は、ブロックサイズがビットコインでは1メガバイトに過ぎなかったが、BCHは最大で8メガバイトに拡張されたことです。

スペックが変更されているため、ビットコインキャッシュはもうすでにBTCとは別のコインとなりました。

ちなみにビットコインはその後も、ハードフォークが何度も実施され、「ビットコイン~」という名前の多くの派生仮想通貨が誕生しています。

イーサリアムでのハードフォーク事例


また、もうひとつの基軸通貨とも言われる仮想通貨イーサリアム(ETH)でも、かつてハードフォークが行われたことがありました。

2016年6月17日「The DAO事件」と呼ばれる事件が起きました。The DAOとは、イーサリアム(ETH)プラットフォーム上のプロジェクトとして設計されました。2016年5月から独自のトークンを販売して150億円もの資金を集めていました。

ところが、6月17日にDAOプログラムのバグを悪用したハッカーが、不正アクセスによりDAOから集められた資金の30%以上を盗んだのです。

これを受け、イーサリアム開発チームは、このハッキングによる盗難をなかったことにするため、イーサリアムでハードフォークを行いました。

その結果、イーサリアムはハードフォーク後の新ブロックチェーンを使用するものがイーサリアムと名乗りましたが、このやりかたに反発する陣営が、「ただハッキングで盗まれた分を無効にするためだけにハードフォークをするのは、民主的ではない」として、ハードフォークの前のイーサリアムのブロックチェーンを使って、これを「イーサリアム・クラシック(ETC)」と名乗って運営を続けています。

ハードフォークがもたらすユーザへのメリット


さて、仮想通貨がハードフォークした場合、仮想通貨を保有する人にはどのような影響があるでしょうか。

(1)仮想通貨の性能がよくなる

基本的にフォークはどれも改良、デバッグのために行われますので、保有する仮想通貨の性能が改善されるのは喜ばしいことです。ただし利用するウォレットもその時にアップデートしなくてはならないこともあり、最新情報に留意して必要なアップデートをユーザも行う必要があります(場合による)。

(2)新たなコインを受け取れる可能性

前述のように、ハードフォークが実行されると新旧で2つの仮想通貨ができることがあり(必ずとは言えません)、その場合、旧コインを保有している人は同じ枚数の新しい仮想通貨を貰えることになります

例えば、ハードフォークの情報を聞きつけた投資家が急いでそのコインを買い込み、仮想通貨取引所でハードフォーク終了まで現物をステーク(保有)しておきます。

その後、取引所より「この時点でステーク(保有)していた人に、新コインを付与する」というアナウンスがあります(行わない取引所もあります)。

どのくらい時間がかかるかはその取引所次第ですが、最終的には新しい仮想通貨が付与され、結果的に「濡れ手に粟」で労せずして資産が増えることになります。

前述のビットコインのハードフォーク、そしてイーサリアムのハードフォークの場合も、ハードフォーク時点で現物のBTC、ETHを保有していた枚数と同じ量の「ビットコインキャッシュ(BCH)」と「イーサリアムクラシック(ETH)」がユーザに付与されました。

新しくできた仮想通貨は、いきなりもらえる場合ともらえない場合があります。取引所によって対応が異なりますが、それは各社のポリシーの違いによるものです。

ハードフォークのデメリットとは


さて、ハードフォークによっては良くない状況になることもあります。

(1)分岐前の買い付け騒ぎと混乱

ハードフォークは必ずしも「金が増える!」わけではないのですが、ビットコインキャッシュの事例のようにハードフォークした後に資産が増えたという体験が、「ハードフォークするコインを買い込んでおけ」という考えが蔓延しています。

そのため、ハードフォーク前には「急いで買い付けたい」人が急増し、取引相場が通常よりも高騰したり、急いでウォレットから取引所に送金をする人が増えて、トランザクションが急増して遅延を起こすことがすでに経験的に知られています。

2017年7月末は、ビットコインをハードフォーク前に買い付けようという動きが見られたため、BTC価格が上昇しました。一部の予想では、ビットコイン分裂の危機で不安売りが殺到するだというものもありましたが、そうではなく、ハードフォークの時点でビットコインを保有しておき、新コイン(ビットコインキャッシュ)をゲットしようと目論んだ人々が、大量にBTCを買い付けるという状況が価格を押し上げました。

このように、ハードフォークが起こるときには、相場が大きく揺れて値動きが乱高下しますので、自分自身はハードフォークで資産を増やそうという気がなくとも、関連情報には常に敏感になって概要を把握しておくべきでしょう。

(2)取引所の行う一時的な取扱中止

ハードフォーク直前と直後は、予期せぬエラーが発生する恐れがあるため、トラブル回避の目的で多くの仮想通貨取引所が一時的に売買および送金等を中断します。

このタイミングでこの取引所から出金したり、取引所へ送金しようとすると、うまく届かないことが起こりえますので、この情報は取引所の公式サイトから取得して、しっかりと把握しておきましょう。

ハードフォークの今後の考え

いかがでしたか。こうした「ハードフォーク(Hard fork)」の動きは、今後も発生しますので、十分な知識をもって冷静に対応していきたいものです。また前述のように取引所によってハードフォークによる派生コインの配布を行う、行わないの違いも見られるため、各取引所のこれまでのハードフォーク対応を十分にチェックしておくことも重要です。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

大人気スマホアプリ!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら