ホーム仮想通貨初心者向けゲーム内で仮想通貨を配布決定した!?様々な所で使われる仮想通貨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.27 最終更新
研修生

ゲーム内で仮想通貨を配布決定した!?様々な所で使われる仮想通貨

仮想通貨,ゲーム

仮想通貨は世界中で広まっていると同時に、お店や電子マネーでも使用されています。
仮想通貨のライトコインは世界最大ゲームサイトなどで使われるという情報も出ておりゲームにおいても進出しています。
仮想通貨を配布した情報が出たのでお伝えします。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ゲームの報酬として仮想通貨を配布?!

仮想通貨はネット上の通貨であり、現実の世界でも利用できるとても便利なものです。技術の進歩が生んだ革命的なものであり、私たちの生活にも次々に導入されてきています。近年では、仮想通貨で決済が可能なお店も出てきており、仮想通貨が私たちの生活の手段となる未来もそう遠くはありません。

そんな中で出てきたのが、ゲームアプリの報酬として配布するというシステムです。言ってしまえば、ゲームの賞金が仮想通貨になるということです。

発起人となっているのはGMOインターネットで、27日にゲームアプリ内の報酬をビットコインで支払いというサービスを発表しました。ゲームのランキングの上位1500人までにビットコインを配布するということを明らかにしました。趣味であるゲームを通じで、金融である仮想通貨に触れて、仮想通貨の認知をより広めるきっかけ作りになることを願っています。

どんなゲームで仮想通貨が配布されるか?

仮想通貨の配布システムである「クリプトチップス」をすでに開発しており、仮想通貨を配布するための用意は出来上がっています。最初の取り組みとして、8月6~20日にかけて行われる「ウィムジカルウォー」というゲーム内にて仮想通貨を賞金としたイベントが行われます。

「ウィムジカルウォー」は自分が操作するキャラクターを移動させて自分の陣地を広げて行き、より広い陣地を確保している人が勝ちというルールです。

キャラクターごとに特徴があり、スキルをそれぞれに持っているため、それらのスキルをいかにして活用して陣地を取っていき、自分に有利な状況を作っていくのかが勝負の鍵となっています。

無課金でも課金でも楽しめる「ウィムジカルウォー」

「ウィムジカルウォー」は課金制のゲームとなっており、たくさん課金をしている人もいれば、無課金でゲームを楽しんでいる人もいます。しかし、無課金でも充分ランキングに入ることができるゲームとなっており、現に世界ランキング2位の人は無課金ユーザーです。

「ウィムジカルウォー」のイベントは数万人の参加者がいることが分かっており、この中で上位1500人に入るのはなかなかハードルが高いですが、キャラクターを上手く育てて、しっかりと勝てるデッキを研究すればランキングに入ることは可能なようです。

20日のイベント終了時のランキングに応じて、ビットコインを配布する予定です。1位のユーザーには1500円相当のビットコインが配布されます。イベントに参加して仮想通貨を受け取るには事前にウォレットを登録しておく必要があります。

イベント参加するための条件として、ウォレットのアプリをダウンロードする必要があり、仮想通貨の口座を作成した後に、イベントに参加できるようになっています。ゲームの対象は13歳になっているため、13歳以下は参加できないことになっています。

ビットコインを法定通貨に換金するのも年齢によって制限があるため、そちらの年齢基準もクリアしなければいけません。

仮想通貨を配布するゲームを出している会社はどんな会社?

GMOはGMOコインという仮想通貨の交換事業にも既に参入しており、仮想通貨の新たな可能性に注目しており、続々と新しい技術の取り組みを行っています。仮想通貨業界のこれからを支える大きな力になっていると言っても良いでしょう。

ビットコインなどの仮想通貨とゲームは非常に相性が良いものとなっています。今回の仮想通貨を賞金としてゲーム内のイベントの他にも、ブロックチェーンの技術を利用したゲームは次々に出ています。

東京中央区にあるリアルワールドゲームス株式会社は現実世界でスマホを持って歩くことで進行するGPSゲームである「ビットハンターズ」というゲームを発表しました。ファンタジーテイストとなっており、街を歩いていくとモンスターが出現して、それらを倒すことで経験値やトークンを集めるということになります。

このトークンにゲームの独自性があり、集めたトークンは現実世界でも利用できるビットコインと取引が可能となっています。一般的なRPGのゲームと違い、歩いてゲームを楽しみながら遊ぶという形になります。

一方的に「ビットハンターズ」からトークンを得られるため、「ビットハンターズ」の利益は0となってしまうのではと考える人も多いかと思いますが、実はこの「ビットハンターズ」は地方自治体から補助金を受けています。

健康増進にも役立つ?「ビットハンターズ」

「ビットハンターズ」をプレイするためには外を歩かなければいけないため、健康問題の解決につながります。そこでリアルワールドゲームス社は神戸市と連携をとり、「意識せずに健康行動が習慣化される仕掛け作り」として、実証執権を行っています。

健康増進を行い、医療費の負担を減らすことで、その減らすと予想される医療費の何割かを事業費として支給するという仕組みが、すでに作られています。

ゲームは趣味から「収入源」へ

ネットの技術であるアプリゲームとネットで利用することができる仮想通貨の技術は相性としてはかなりばっちりです。これから先も“趣味”だったゲームが、仮想通貨などを通じて収入源になる可能性はあると思います。

プロゲーマーという職業が権威を持ち始める将来も近くなってきているのかもしれません。

最終更新日:2018年08月27日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」