ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨の「半減期」とは何か?初心者でもわかるように解説
研修生

仮想通貨の「半減期」とは何か?初心者でもわかるように解説

仮想通貨,半減期

仮想通貨には「半減期」という事象が存在します。この名称、聞いたことがある人も多いと思いますが、きちんと理解している人は少ないです。仮想通貨の運用において非常に重要となる「半減期」について、一緒にここで学んでいきませんか。

仮想通貨のニュースや情報を調べていると、時折「半減期」という言葉を目にします。一体、半減期とは何なのか、危険性やリスクはないのか、情報がないとなかなか心配になりますね。今回は、平易な表現でこの仮想通貨の「半減期」について説明していきます。

仮想通貨における「半減期」の概要


仮想通貨に投資などをしていると、入ってくる情報のなかに「半減期」という単語が混じってきます。この話題を耳にしたことがありますか?

仮想通貨は、そのローンチ(発行開始)からずっと、プログラムによる全自動の発行量調整がなされています。ある程度発行が進んだあと、プログラムにより、発行量が半分になり、サプライを調整していきます。

半減期とは、この発行量の自動調整があり、あるブロック生成の後からその仮想通貨のサプライが半減するようになっているのです。マイニングによる認証を行うシステムの仮想通貨に限っての話ですが、そのコインの採掘(マイニング)報酬が半減するタイミング、それが「半減期」だと考えてください。

仮想通貨の半減期のしくみ


さまざまな仮想通貨では、そのコインが市場に出回る(サプライ)方法をいわゆる「マイニング(mining)」で行っています。

そのマイニングによる報酬量が、一定期間をすぎると減少し、半分に減ります。これが「半減期(halving)」というものです。

ビットコインにおける初の半減期はいまから6年前、2012年11月29日に起こりました。それまでのマイニング報酬は50BTCでしたが、ここから報酬は半分になり、25BTCに減少しました。正に、半分になったわけです。

その後ビットコインでは2回めの半減期が2016年7月中旬にやって来ました。これによってマイニング報酬はさらに半減し、12.5BTCとなりました。

半減期がこのように約4年の周期で発生しており、今後もこれを繰り返しながら、将来的にはビットコインのマイニング報酬はなくなります。

1ブロックごとに 50 BTCもの報酬は、今から考えると美味しすぎますが、当時はまだこの仮想通貨が若いために、それほどの高額というわけでもなかったのですが、徐々に価格が上がっていくと、1枚の価値が相当に高まり、マイナーの参入も多くなります。

ビットコインの半減期のペースは21万ブロックごとであり、これまでのペースもほぼ大きな変化はなくほぼ4年になっています。

仮想通貨に半減期があるのはなぜ?


時間が来ると、半分ずつ段階的に減らされていく報酬。どうしてこのような不思議なルールをしているのでしょうか?それは、仮想通貨を同じペースで延々と市場に出していけば、コインの需要より供給が多くなりがちで、希少性が失われ、いわゆるインフレを起こしてしまうからです。

ビットコインに代表される仮想通貨の多くは発行担当組織がないため、サプライは人為的ではなくプログラムにより、段階を追って次第に発行量を絞っていくように作られています。

このように半減期を設けることでサプライ量が減っていけば、いわゆるインフレが起こりにくくなり(それでも買う人が減ってしまうとインフレしやすくなります)、品薄感の中で多くのバイヤーが高い相場でもその仮想通貨を買おうとするので、デフレ気味になり、希少性が保たれていくのです。

もちろん需要が一定でなく、これからどんどん仮想通貨を買う人が増え、より沢山の需要が出てくれば供給量が減らずとも需要がサプライ(供給)を上回っていき、その仮想通貨の希少性がより高くなり相場も上がっていくでしょう。

というわけで、仮想通貨の半減期とは、「発行量を段階的に低減させていくことにより、価値を保全すること」であると言うことができます。

ちなみに、「発行量の限度」が決まっていないコインもあります。代表例はドージコイン(DOGE)です。

このコインも歴史が長く、トラブルのない優良な仮想通貨ですが、価格面では、非常に安い相場のまま推移しています。(とは言え他のコインと同じように日々数%から10%もの動きがありますので、保有と売却を繰り返すことでトレード収益が見込まれ、市場では大人気のコインだと言えます)

このコインは発行上限が決まっていないので、極論すればいくらでも買えてしまうので、ビットコインのような1枚80万円というような相場になることは不可能です。そもそもそうならないようにしているとも言えます。

簡単に言えば、発行枚数がすでに決まっている仮想通貨では、それ以上出ることがないので品薄感はとても強く、そのために価格は上昇していく。しかし発行枚数が定められていない仮想通貨は、今後さらに増えていくのでインフレを起こすから価格も上がりにくいか、かなり低いままになっている、というわけです。

とはいえ、品薄感が強すぎては暴騰してしまいますから、その相場は安定して、かつ下がらずにゆっくりと上昇していくことが望ましく、それを中央銀行が手作業でサプライ調整するのではなく、自動的になされるようにしているのが半減期であると言えます。

仮想通貨の半減期が導入されていることで、マイナーのマイニング報酬が段階的に減り、これによって、暴落もしにくく、暴騰もしにくい、絶妙なバランスが保たれるわけです。

仮想通貨の半減期のマイナーへの影響


仮想通貨の半減期は、もちろんマイナス面もあります。多くの仮想通貨は「マイニング」によってネットワークが止まらないようになっているのですが、それを担っているマイナーへの報酬が減るため、場合によってはマイナーが離れていき、ハッシュレートが減退するような悪影響も考えられます。

送金トランザクションを認証するためのマイニングは仮想通貨ネットワークで非常に重要なもので、それを行った者への報酬がインセンティブとなり、絶えることなくマイニングが続いていきます。マイニング報酬を手に入れたマイナーがこれを時々市場でフィアット(一般の法定通貨、日本円などのお金)に替えるために売ると、市場に流通され、サプライが増えるのです。

しかしマイナーが「半減期で収入が減ったから、もう割に合わないのでやめる!」と大挙して他のコインをマイニングするために出ていってしまったら、どうなるでしょうか。きっとその仮想通貨はハッシュレートが下がり、送金にすごく時間がかかってしまうでしょう。また、不人気となれば買う人も減るので、相場も暴落してしまうでしょう。

もちろん、実際には「やめるマイナーもいれば、やめないマイナーもいる」わけで、競争相手である他のマイナーが減れば、続けている自分は、取り分の報酬も増えていきます。さらに、半減期により品薄で価格も上がってくれば、実は報酬が半分になっても、トータルでは儲かることが多いのです。

仮想通貨ビットコインにおける半減期


基軸通貨である「ビットコイン」においては、約10分間に1回ブロックの生成があります。このとき、マイナーのうち一番早くナンスを発見した「成功者」が、その報酬を受け取っています。

このようなインセンティブによりマイニングをする人は一定数常に存在するため、マイニングが途切れずに続いていきます。

繰り返していくうち、次の約21万ブロック(ビットコインでは)に達すると、半減期が来て、マイニング報酬が1/2になります。今の所、ほぼ4年間の周期で半減期が訪れています。

その後はどうなっていくのか、という点についてですが、一般的な見方では、おそらくは(ビットコインが中止にならず、ずっと続いていくならば、という前提ですが)6929999番の「ブロック生成」が西暦で2140年あたりになされ、これをもってビットコインの最後の1枚が市場に発行されます。ビットコインが2009年にローンチした際にBTCの発行上限のおよそ2100万枚と定めた、そのリミットがやってくるのです。

仮想通貨の半減期と相場の関係


よく「半減期になると仮想通貨は暴騰するぞ!」なんて言われています。実際にそうなのでしょうか?

多くの場合、仮想通貨は半減期を過ぎると、それからしばらくした後に、じわじわ価格が上昇してくるのが常です。

品薄感が強まることで、取引板での売り注文が減り、需要と供給の関係でその仮想通貨の相場が上がっていくのだと考えられます。

2009年にビットコインが始まった当時、ビットコインのマイニング報酬はなんと50BTCもありました。

当時ビットコインは価格がきわめて低く、2009年初冬の相場は、なんと1BTC当たりわずか9銭。つまり当時のマイナーは、マイニングの報酬を50BTC取っていましたが、フィアット換算すれば4.5円にしかならなかったのです。

その後の価格高騰は読者の皆さんも十分ご存知かと思います。最近で言うと、2016年の2度目のビットコイン半減期では、すでに価格の変動が市場で意識されていたため、前回の半減期よりも前倒しで価格上昇を起こしています。実際に半減期が訪れるよりも1ヶ月以上早くからビットコイン相場が変化し、価格は上向いていました。

これを俗に「織り込み済み」という表現で表します。半減期が来れば値段も上がるという考えで皆が買い込んでいくため、実際のビットコイン半減期よりも早く上がっていきます。

このように、相場的には半減期を意識された取引が先行して起こっており、半減期の直後に急激に変化するわけではないようです。

むしろ、半減期の直後は弱含みで、若干の下落さえあり、半減期の瞬間に暴騰することを期待して待っていると失望に終わる可能性も高いと見られます。

半減期の影響は初期は、例えばビットコインであれば50が25、というように大きなサがありましたし、市場への発行数もまだ少なかったのでそれなりに大きかったのだと分析できますが、これを繰り返していくごとに、かなりの発行済みが市場にサプライされているため、さらなる半減期が来ても、相場的には大幅な変化は「半減期そのもの」の影響としては少ないのではないでしょうか。

ビットコインでは半減期により枚数は更に1/2になり、前述のように2140年まで続くのは既定路線ですが、実際には総数の8割近い数がサプライ済みですから、これ以上「半減」していっても、その実数は相当に小さく、ほとんど影響は少なくなっていくと見られます。

次の2020年はまだ影響が強いでしょうが、さらにその後、その後と見ていくと、ビットコインの新規発行数と比べ、減っていく部分はさらに薄くなるため、マイナーが受け取る分、それを売ることによる価格の下げは影響が少ないでしょう。おそらくは、半減期の影響によるものより、2020年以降の世界経済の影響や大手企業の仮想通貨ビジネスへの投資状況により、暴騰(または暴落)していくと思われます。

ビットコインの次の半減期は?

原則的に21万ブロックごとに1回の半減期が設定されているのがビットコインです。ビットコインでのブロック生成は、だいたい10分間に1回となっていますから、ビットコインにおける21万ブロックは、210万分の時間だと言えます。

ビットコインの半減期を予想するサイトはネット上にいくつかありますが、どれもおおよそ3.9年~4.02年の間に発生するという点でほぼ意見が一致しているようです。

そうすると、ビットコインでの次の半減期はおそらく、2020年5月-6月にやってくるのは確実でしょう。

ビットコインをマイニングしているマイナーにとってはすでに少なくなった12.5BTCから、次の半減期を経て半分の6.25BTCになるのはかなりきついでしょう。

とはいえそのためにビットコイン相場は「品薄感」が強く意識されます。このほか、マイナーの中にも赤字になるのを懸念してマイニングを放棄する人が出るため、それなりの手取り増加もマイナー間ではあり、価格上昇によって全体的には赤字にならず、むしろフィアット計算では儲かることになりそうです。

ほかの仮想通貨半減期の例


ビットコイン以外の仮想通貨にも、もちろん「半減期」があります。主要なコインにおける半減期の例をご紹介し、比較してみることにしましょう。

ライトコインの半減期

ライトコイン(Litecoin, LTC)の半減期とその相場変化もわかりやすいでしょう。

ライトコインは、2011年秋にローンチされた、最も古くからある仮想通貨の1つです。ビットコインより価格はずっと低いですが、むしろそのために大変安定した需要があり、送金で多くのユーザに重宝がられています。

このライトコイン(LTC)もビットコイン(BTC)と同じく、マイニングによる認証を採用している仮想通貨であり、その発行総数は約8400万枚、ビットコインとほぼ同じく4年程度の周期で半減期を迎えるように(約84万ブロックごとに)プログラムされています。

最初のライトコインの半減期はプログラム通り、ライトコインのローンチから約4年後、2015年8月に起きており、これによるマイニング報酬の半減化がなされました。当初はライトコインのマイニング報酬は50LTCあり、1回に「掘れる」マイニング報酬はかなりの量でしたがその後25LTCになっています。

ライトコインの次の半減期は2019年7月ごろだと見られており、その半減期による価格の影響は、おそらくその少し前から先行する形で発生するのではないかと見られています。

モナーコインの半減期

日本で初めてローンチされた仮想通貨のモナーコインにも半減期があります。モナーコインは2014年に始まり、約100万ブロックごとに1回の半減期が起こるようにプログラムされており、モナーコインの最初の半減期は2017年夏に訪れました。当初、モナーコインのマイニングの報酬が50モナーだったところ、半減期を迎えてから25になり、これもビットコインと同様の動きをしています。

このペースで行くと、次にモナーコインで半減期が起こる(2回目)のは、おそらく2020年7月ごろ、つまりビットコインの次の半減期と同じころになるのではないかと考えられます。

仮想通貨マイニングでは報酬は無くなっていく?


ビットコインに話を戻します。ビットコインのマイニングにかかるエネルギーは相当なもので、高性能のコンピューティング能力と電気を消費して、成り立っているものです。このような投資を行ってまで現在のマイナーらはマイニングして、ビットコインのネットワークを維持しています。

極論すれば、彼らのような奉仕者がいなければビットコインは停止してしまい、送金することなできなくなります。もしも半減期を迎えて、価格が上昇しないのなら、明らかにビットコインのマイニングは赤字になってしまうでしょう。半減期を迎えれば価格が上がる、というより、市場は「半減期になったから、今後1/2報酬でもマイナーさんが赤字にならないように価格を挙げなければ、俺たちが保有しているビットコインは役に立たなくなって暴落するぞ!」という警戒心が強くなっているのでしょう。

もちろんこれ以外にも、コストという点ではマイニングリグ(マイニングを行うための特別なコンピュータ)の性能の変化も考慮に入れるべきです。

今年に入り、日本のGMOやKAMIKAZEから7ナノ製造プロセスのマイニングリグが発表されました。これらの超高性能ハードウェアを使用すれば、今までのリグでマイニングするよりもずっと効率よくビットコインを「掘る」ことができ、マイナーは早期に資金を回収できるでしょう。

またこのようにマイニングのハッシュレートが上昇していけば、ビットコインの半減期のペースも早まっていき、どんどん短縮されていくかもしれません。

今後のハードウェアの発展はまだどうなるかわかりませんが、飛躍的な技術革新があれば、ある勢力がハッシュレートの51%を占めてしまい、ビットコインのブロックチェーンにある過去のデータを一方的に改竄できる日が来るもかもしれません。それは誰にもわかりませんが、いずれにしても仮想通貨の「未来」はすべてが未知であり、良い意味で予断を許さない状況が続いていくのであろうと想像されます。

まとめ:仮想通貨の半減期は巧妙にプログラムされている

いかがでしたか。仮想通貨のプログラムに埋め込まれた「半減期」のしくみは、つねにそのコインが品薄で、買うことは出来るにしても、大安売りされることは少ない、貴重な印象を絶妙にを保って、安定した高値感を出すのに効果を発揮しています。

今後もその効果が一定のレベルで発揮されていくことで、ビットコインを始めとする主要なアルトコインはこれからも良い投資先として存在し続けるのではないでしょうか。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら