ホームアルトコイン仮想通貨の投資を行う上で重要な事とは?コイン別のスプレットを紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.09.06 最終更新
ちか

仮想通貨の投資を行う上で重要な事とは?コイン別のスプレットを紹介

仮想通貨,スプレッド

投資家は自分のお金で投資を行なうので投資のタイミングやどのコインを購入するのは考えなければいけません。

この記事ではコイン別のスプレットを比較し解説しました。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨の投資を行う上で重要になってくる要素はいくつもあります。投資を行うタイミングやどんなコインに投資を行うべきなのかなど、あらゆることを知識として記憶して実践していく必要があります。

そんな中仮想通貨投資で利益をあげる為に必要になってくることは投資のタイミングのほかにも、「コスト」という点で気を付けなければいけないことが多いです。

仮想通貨取引所を利用する上では様々なコストがかかってきたり、思ったように利益が出せずに資産が思うように増えないというケースもあります。

そういった初心者投資家に典型的に足りないのは仮想通貨や取引所に関する知識です。

様々な仮想通貨を運用しても良いですが、運用している仮想通貨に関しての知識やそれにかかわってくるコストなどもしっかり把握しておかなければいけません。

そこで今回は仮想通貨ごとのスプレッドの状態と、どの仮想通貨取引所を利用していくべきなのかを紹介します。

 

ちかちか

投資のタイミングって凄い難しく感じる (;´ρ`)

 

仮想通貨のスプレッド・ビットコイン

仮想通貨,スプレッド
一番最初の仮想通貨としても有名であり、「仮想通貨=ビットコイン」といっても過言でないほど有名でもある存在となっています。

現在は比較的安定した動きを見せていますが、以前は高騰を繰り返しており、投資先としては有力な存在になっていました。

ビットコインが率先して仮想通貨という存在を広めていたため、現在のように国内でも仮想通貨が有名になったといえるでしょう。

仮想通貨の中でも最も所持しているユーザーが多い仮想通貨であり、これから先もその地位が揺るぐことはないでしょう。

そんなビットコインのスプレッドは今現在どれくらいになっており、どの仮想通貨取引所で運用するのが良いでしょう。

ビットコインのスプレッド

結果からするとビットコインのスプレッドを意識で利用するべき仮想通貨取引所は「Zaif」です。

「Zaif」のスプレッドはほぼ0%となっており、スプレッドによるコストがかかるどころか、取引手数料が-0.05%となっているため、逆にビットコインを取引すれば取引するほど利益が出るという画期的なシステムとなっています。

ビットコインのみを取引しており、よりコストをかけずに取引を行っていきたいという人にとって、Zaifは天国のような場所となっています。

そんな中でもスプレッドが発生するタイミングはあります。ビットコインは有名な仮想通貨であると同時に、大きな動きが多い仮想通貨でもあります。

規制が入ったり、新たな施策があったりするため、その値動きやユーザーの売買が多い仮想通貨です。

そういった出来事があると同時にスプレッド生じることが多いです。そのため、ビットコインはスプレッドの変動が比較的多い仮想通貨とも言えます。

Zaifはそういった理由でスプレッドが発生しても0~10%の間で行き来するためそこまで大きく跳ね上がることはないです。

比較的大きくコストがかからず安心して利用できる仮想通貨取引所とも言えるでしょう。

仮想通貨のスプレッド・イーサリアム

仮想通貨,スプレッド
ビットコインに次ぐ仮想通貨として有名な存在であるイーサリアムですが、これから先のあらゆる技術がこのイーサリアムに関連して開発されていくといっても過言ではありません。

イーサリアムはもともと、「ビットコインの弱点を改善するための存在」として作られた仮想通貨であり、ビットコインにはないスマートコントラクトというシステムを持っていることが特徴です。

このスマートコントラクトを所持していることによって、ブロックチェーンの技術をさらに高めており、取引などの自由化なども行われるため、より手間がかからずにあらゆることが可能となります。

現在ではそんなイーサリアムのスマートコントラクトを利用したアプリケーションであるDappsの開発も進められており、これがかなりの人気を誇っています。

Dappsの分野ではゲームの開発も進められており、仮想通貨という存在がより近くに感じられるような開発が行われています。

そんなこれからの将来も左右するような存在であるイーサリアムのスプレッドはどのようなことになっているのでしょうか。

イーサリアムのスプレッド

イーサリアムのスプレッド自体はビットコインに比べて広がっているのが現状です。

そのため、仮想通貨の中でも比較的コストがかかってしまうという欠点があります。

しかし、これからの期待度も含めると所持しておきたい仮想通貨ではあります。

そんなイーサリアムはどの仮想通貨取引所で運用するとスプレッドが狭く利用できるのでしょうか。

イーサリアムのスプレッドの情報を含めて判断すると圧倒的に「ビットポイント」が有力候補となります。

基本的にはビットポイントが一番スプレッドが狭くなっており、コストをかけずに取引することが可能です。

ビットポイントは比較的新しい仮想通貨取引所となっており、徐々に板情報なども改善されてきています。

そのため、比較的見やすい板情報や取引画面なども簡易なものとなっています。

また、仮想通貨の送金手数料も現在は無料となっているため、他の人や機関に仮想通貨を送金したいという人はビットポイントを利用すると余計なコストがかからずに済みます。

イーサリアムを活用する上ではビットポイントは利用するのが最もお買い得であり、便利な存在ともいえるでしょう。

しかし、ビットポイントは取り扱っている仮想通貨が少ないため、今はまだユーザーがそこまで多いわけではありません。

これからに期待が集まっている仮想通貨取引所なので、これからのことを考えるのであれば登録しておくのも良いでしょう。

イーサリアムを取り扱う仮想通貨取引所として、もう一つピックアップするのであれば「QUOINX」です。

国内の仮想通貨取引所としてはまだまだ無名である仮想通貨取引所ではありますが、2018年じわじわと実力をつけてきている仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引所の中でも大きなプロジェクトを立ち上げている仮想通貨取引所であり、2018年は「LIQUID」と「QASH」というプロジェクトを進展させています。

「LIQUID」は取引所間に流動性WOをもたらすプロジェクトで、「QASH」はトークンとして発行されており、徐々にその価値を高めているため注目されています。

こういった独自性のあるプロジェクトによって、「QUIONX」は注目され始めている仮想通貨取引所となっています。

そんな「QUIONX」はイーサリアムを取引できる仮想通貨取引所となっており、そのスプレッドも比較的狭いです。

イーサリアムの購入価格も先ほど紹介したビットポイントと同様に比較的安価で購入することができます。

そのため、他の仮想通貨取引所で運用している人もイーサリアムの購入はQUIONXでやったほうが良いかもしれません。

手数料も無料となっており、イーサリアムを多めに購入するという人にとっても、比較的安価で購入できる穴場スポットとなっています。

もし、イーサリアムを本気で投資で運用したいという人にとってはオススメできる仮想通貨取引所となっています。

ただし、少しデメリットもあり、送金のスピードが若干遅いです。外部に送金するように操作をしてから送金が完了するまでに数日かかってしまうようです。そのため、送金のスピードを不自由に感じる人もいるかもしれませんが、事前に数日かかるということを理解していればある程度対策はとれることでしょう。

上記で紹介した2つの仮想通貨取引所がイーサリアムを売買する上で比較的スプレッドも狭く、コストもあまりかけずにイーサリアムを運用できる仮想通貨取引所となっています。

仮想通貨のスプレッド・リップル

仮想通貨,スプレッド
リップルも仮想通貨の中では比較的有名な仮想通貨であり、一時期高騰を繰り返していた時はリップルに投資すれば儲かるという噂もあったほどです。

リップルは決済や送金に関して特化した通貨となっており、ビットコインやイーサリアムの比ではないスピードでの送金や決済が可能となっています。

そういった金融関係の能力が非常に高い仮想通貨となっているため、国内の金融機関とも手を組んでいます。

すでにリップルの技術を利用して作られている国内銀行間送金アプリが開発されており、24日365時間いつでも他の銀行への送金が可能となっています。

リップルの技術を利用して金融系の利便性を高めていくという将来は予想されており、これから先も技術の進歩が進んでいくことはほぼ間違いないでしょう。

リップルのスプレッド

リップルは様々な仮想通貨取引所で取り扱いが行われているため、比較的多くの仮想通貨取引所でみかけることが多いでしょう。

そんな中、リップルを取引に活用していくうえでオススメできる仮想通貨取引所はビットバンクです。

他の仮想通貨を取り扱いしていく上でもビットバンクはよく聞く名前になっているかと思います。

取引手数料が0円で済むことや国内の仮想通貨取引所の中でも比較的セキュリティが安全であることなどがユーザーに気に入られる要素として魅力的であることは言うまではありません。

特にセキュリティに関しては、仮想通貨業界全体が気にしているポイントでもあります。

コインチェックの事件以降、仮想通貨の運用よりも仮想通貨の保管方法に関して、特に中止する動きが強いです。

そのため、仮想通貨の保管方法やセキュリティなどに関しては特に注意が必要となります。

ビットバンクはこういったユーザーの悩みなども解決してくれており、安心して仮想通貨を預けられる仮想通貨取引所となっています。

そんなビットバンクですが、肝心なスプレッドはどうなっているのかというと、他の仮想通貨取引所に比べると比較的狭いスプレッドとなっています。

ビットバンクはリップルを運用していく上ではかなりオススメの仮想通貨取引所と言えます。

これはスプレッドのことだけではなく、実はビットバンクはリップルの出来高は世界一になった経験があるからです。

そのため、リップルを所持したユーザーが集まっており、取引量がとても多い仮想通貨取引所となっています。

リップルを購入するにしろ、売却するにしろ、取引相手が見つけることが容易であるため、リップルを取引する場所としてはかなりオススメできる場所となっています。

続いてオススメするのは、世界で取引高がナンバー1となっている仮想通貨取引所であるバイナンスです。

バイナンスでは取り扱っている仮想通貨の数が圧倒的な数となっており、リップル以外にも120種類以上のコインが購入可能となっています。

世界的にもその権威は揺るがないものとなっており、多くの人が利用している仮想通貨取引所となっています。

バイナンスでしか取り扱っていない仮想通貨のコインもあるため、常に注目しておきたい仮想通貨取引所でもあります。

バイナンスでリップルを取引すべき理由についてはまず、取引手数料が少ないことです。

0円とまではいきませんが、他の仮想通貨取引所よりは安く済ませることが出来ます。

バイナンスは板取引も可能となっており、スプレッド手数料も比較的安いため、コストがかからないため、安心して利用できます。

コストを減らしていけるため、利益を出すにはピッタリです。

また、リップルと日本円のペアのみならず、リップルとビットコインのペアやリップルとイーサリアムのペアなど、様々なリップルの取引相手がいるため、リップルの使用価値が高いです。

ただし、リップルを購入する際には、ビットコインが必要になります。そのため、国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入してから、バイナンスに送金してからリップルを購入する必要があります。

この手間がかかってしまうのが若干面倒くさいポイントではありますが、それでもコストの面を考えるとバイナンスを利用する価値は大いにあります。

バイナンスは世界の仮想通貨取引所の中でも、トップを走っている存在です。新たな施策などもどんどん行われていくことでしょう。

そのため、直接的に利用しなくてもとにかく登録しておこうというユーザーは多いです。

登録して今後の仮想通貨の動きを見極めながら利用していくとよいでしょう。

 

ちかちか

個人的にりっぷるに期待してる!銀行と提携ってとも魅力的(;≧皿≦)。゜°。

 

仮想通貨のスプレッド・ビットコインキャッシュ

仮想通貨,スプレッド
ビットコインキャッシュはビットコインから分裂してできた仮想通貨となっており、ビットコインがハードフォークして出来上がったものとなっています。

性能の面ではそこまで変わりがないものの、ビットコインよりは優れている仮想通貨となっています。

もともとは分裂するという話は一切なかったのですが、ビットコインのスケーラビリティ問題が原因となって分裂が起こりました。

ビットコインのスケーラビリティ問題は仕組みを変更していくという方針で進んでいましたが、政治的な問題から大手のマイニング企業であるビットメイン社がこれにストップをかけました。

理由としては仕組みを変更することによって、これまで利用してきたマイニングの機材が使用できなくなってしまうからです。

このストップと仕組みを変更したいという意見がぶつかり合った結果、分裂する方針に変更することになりました。

ビットコインとビットコインキャッシュの正常的な違いは主に2つとなっており、ブロックサイズと難易度調整のためのアルゴリズムの違いです。

ブロックサイズはビットコインキャッシュの方が大きいブロックサイズとなっているためビットコインの処理速度を大幅に拡大しています。

ビットコインのブロックサイズが1MBだったのに対して、ビットコインキャッシュは8MBになります。

難易度調整のためのアルゴリズムに関してはブロックを生成するマイニングを行うための計算式がだいたい10分で1つの計算が終わることになっていますが、この計算が難しすぎると10分では終わらなくなってしまいます。

そこでアルゴリズムを活用することによって、計算式の難易度を調整していくという流れになります。

この調整の期間がビットコインとビットコインキャッシュでは異なってきます。

ビットコインは2週間に1回の流れとなっていますが、ビットコインキャッシュは10分に1回の頻度となっており、かなり頻繁に行われるようになりました。

これによって、急激な難易度変化にもすぐに対応できるようになっており、ブロック生成にずれが生じにくくなります。

そういった細かい技術の精度の問題ではビットコインキャッシュでは優れています。

ビットコインキャッシュのスプレッド

そんなビットコインキャッシュですが、どこの仮想通貨取引所で購入するのが良いのでしょうか。

まず、ビットコインキャッシュは比較的若い仮想通貨であるため、取引量がそこまで多いわけではありません。

そこでビットコインキャッシュの取引量が多い仮想通貨取引所を意識しなければいけません。

日本で一番ビットコインキャッシュを取引しているのはビットバンクです。

ビットバンクはビットコインキャッシュの取引量が多く、取引がしやすい仮想通貨取引所となっています。

スプレッド手数料なども安いため、コストをかけないで取引もできます。ビットコインキャッシュを日本円で購入できるため、ビットコインキャッシュを購入するのも簡単です。

次にビットコインキャッシュを運用する上で便利な仮想通貨取引所はQUOINEXです。

こちらの仮想通貨取引所はビットコインキャッシュの取引量が国内第2位となっており、ビットコインキャッシュの取引がしやすい仮想通貨取引所となっています。

また、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュはレバレッジ取引も可能となっており、大きく儲けたい人にとってはオススメの仮想通貨取引所といえるでしょう。

スマホアプリなどもあり、活用しやすいことからユーザーもどんどんと増えているのが現状です。

また、肝心なスプレッドの方ですが、国内の仮想通貨取引所のスプレッドの中では狭いほうではあります。

コストもそこまでかけずに取引ができるので、ユーザーに優しい仮想通貨となっています。

ビットコインキャッシュはこれから先も進歩を続けるとされており、購入しておけばこれから先高騰する可能性も十分あり得ます。

仮想通貨ごとのスプレッド

仮想通貨,スプレッド
通貨ごとのスプレッドに関しては大きく差が開いてくることも多いです。それはその仮想通貨が有名であるか、将来性が高いのかなども関連してきます。

仮想通貨の未来はまだまだその動きが予想できない状況ですが、技術として利用されていることは間違いありません。

イーサリアムのスマートコントラクトなどはまさにその象徴ともいえる技術となっており、その価値に魅力を感じている人も多いです。

その結果、Dappsなどの技術が開発されており、人々の生活をよりよくするために開発が進んでいます。こういった技術面でも仮想通貨からは目が離せません。

仮想通貨から目を離さないためにも今は投資というフィールドでうまく仮想通貨を扱っていくのが大切なのかもしれません。

最終更新日:2018年09月06日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちか
仮想通貨をきっかけに投資のテクニカルにハマってます。元々は料理が趣味だったけど、今は完全に仮想通貨投資。好きこそもののなんとやらで、投資専業で生活できたらなんて考えてます。
ちかの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事