ホーム仮想通貨初心者向け【初心者でもわかる】仮想通貨の基本的な知識と投資の始め方
研修生

【初心者でもわかる】仮想通貨の基本的な知識と投資の始め方

仮想通貨,初心者

最近話題の仮想通貨とは一体何なのでしょうか?一般的な通貨との違いから「仮想通貨とは何か」「なぜ仮想通貨のメリットとは」初心者の方にも分かりやすく説明します。又、投資を始めたいと考えている初心者の方向けに仮想通貨の仕組みや買い方も紹介します。

そもそも仮想通貨とは何なのでしょう。仮想通貨とは実際に手で触ることができる通貨と異なり、バーチャル世界で取引される通貨のことです。仮想通貨は誰でも発行することができますので、最近よく聞くビットコイン以外にもたくさんの種類があります。

仮想通貨は暗号通貨ともいわれています。暗号通貨とは、「暗号理論を使って取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をしている通貨」という意味で、現在では仮想通貨と暗号通貨は似たような意味で使われている場合がほとんどです。

仮想通貨とは何か

仮想通貨は現実の通貨と何が違う?

正直、仮想通貨がお金として使えるといっても、普段目にする通貨との違いが分からない、と感じる初心者の方もいらっしゃるかと思います。

仮想通貨と現実の通貨の違いは多くありますが、決定的なのは銀行や国といった管理者がいないという点です。私たちがよく知る通貨は日本円やドルといったような、国や国の指定する銀行が発行する量を決め、その価値や発行方法を一括で管理しているものです(法定通貨といいます)。

しかし仮想通貨はそのような管理者を持ちません。これに関しては後で詳しく説明しますが、高度な暗号化技術を用いて仮想通貨にかかわる人全員がお互いに取引の記録を管理することで、データの偽造やねつ造を防止し、正しく通貨取引が行われるシステムを作り上げています。また、公的な管理者がいないため知識や技術があればだれでも新しい仮想通貨を生み出すことが可能です。

仮想通貨と電子マネーの違い

バーチャルな通貨というと、電子マネーとは何が違うの?と感じる初心者の方も多いかもしれません。
電子マネーはSuicaやスタバカードのように特定の企業が発行しているもので、あくまでも現実のお金の代わりとして使われているものです。電車に乗るとき小銭をたくさん持ち歩くより、カード一枚で改札を通過できるほうが利用者としても便利ですし、買い物の際お店の人も面倒な小銭のやり取りをすることなく会計ができるほうが時間短縮につながります。

そのようなメリットがあり最近ではかなりの人に利用されている電子マネーですが、電子マネーのユーザー同士でお金のやり取りをすることはできません。しかし仮想通貨はそれと異なり、ウォレットを持つ人同士で自由にお金のやり取りをすることができます。

仮想通貨とクレジットカードとの違い

ここまで読むと初心者としてはクレジットカードとの違いも気になるところですよね。クレジットカードも電子マネーと同じように現実の通貨に紐づいたものです。

仮想通貨との大きな違いは手数料にあります。クレジットカードで会計をするとお店や会社がクレジットカード管理会社に手数料を払うことになります。売り上げのうち数パーセントの手数料を管理会社に払い続けるのは経費となり、できれば手数料を削減していきたいと考えている企業も多いことでしょう。

一方仮想通貨は特定の管理者がいないため手数料がかなり割安で済みます。また、クレジットカードに入会する際は場合によって年会費がかかったりすることもありますが仮想通貨に年会費などはありません。

仮想通貨の種類

最初の文章で言ったように、仮想通貨にはたくさんの種類があります。仮想通貨は極端に言うとだれでも新しく作ることができますので当然その種類は増え続けています。

初心者の方もご存知のビットコイン(bitcoin)以外に、一説には1000~2000種類以上あるといわれています。しかしこの中で実際によく利用されている通貨は5パーセント以下だともいわれます。

よく使われている代表的なものは一番初めに仮想通貨界に登場したビットコインです。ビットコインは仮想通貨全体の時価総額のうち約80パーセントをしめており、この世界で不動の地位を築いています。他にもイーサリアム(Ethereum)、リップル(ripple)などが代表的です。

それぞれの仮想通貨には各々メリットやデメリットがあります。
初心者の方は特徴を理解し、これからの社会の変化によりどの仮想通貨需要が高まるのか考えてみることも大切です。

仮想通貨の仕組みと安全性

仮想通貨は目に見えないものです。また、取引相手の素性や見た目もわからないため安全性に不安を感じるのは初心者共通のことかと思います。

仮想通貨は特定の誰かが管理するのではなく、仮想通貨を利用する全員がお互いに取引を管理しあっています。この仕組みはブロックチェーンと呼ばれ、ビットコインを中心に導入されています。これは正体不明の人物、サトシナカモトが開発をしたとされ、仮想通貨の世界で基盤となる技術です。

ブロックチェーンとはビットコインなど仮想通貨の取引台帳のようなものです。AさんがBさんに5ビットコインを送金した、CさんがDさんから1ビットコインで商品を購入した、というような取引がブロックチェーンに記録されています。

ブロックチェーンには最初にビットコインが発行されて以降すべての記録を持っており、あらゆる取引を透明化しています。

また、どこか一つのコンピューターがすべての取引を管理するのではなく、あらゆるコンピューターがデータの承認、検証作業(マイニングといいます)を日々行っています。そのため、仮想通貨の安全性は様々な人、様々なコンピューターによって担保されているとも言えます。

仮想通貨のメリット、デメリットと投資の可能性


ここまで読んでいただくと、仮想通貨に関するおおまかなイメージがつかめたかと思います。

何も分からず、怪しいイメージを持っていた初心者の方も仮想通貨を使ってみようかなと思っていただけていることを願います。

ここからは仮想通貨投資や仮想通貨ビジネスに参加していきたい初心者向けに、仮想通貨のメリットとデメリット、投資と今後の可能性についてお話していきます。

仮想通貨のメリット

持ち運びが簡単で便利

仮想通貨はバーチャルなお金なのでスマートフォンなどの端末で管理することができます。そのため実際に利用する場合は電子マネーなどと同じようにピッと決済端末にかざすだけで会計を済ませることができます。

また、仮想通貨の価値は世界中で同じなので両替をすることなく海外で利用可能です。まだ仮想通貨で決済を行うことができるところは少ないですが、今後海外を中心に市場拡大が見込まれています。

手数料が安い

仮想通貨は取引にかかる手数料が非常に安いという特徴を持っています。この特徴は仮想通貨最大の魅力ともいわれ、グローバル化がさらに加速する世界とくに注目されています。

仮想通貨は国や銀行などの管理機関を介さず、両替を必要としないため国内に限らず海外に対する送金も非常に安い手数料で済ませることができます。海外の企業や海外在住の方とやり取りするとき、手数料が安くなることはとても大きなメリットですよね。

仮想通貨のデメリット

不正アクセスの危険がある

仮想通貨はブロックチェーンなどの技術により取引が透明化され、安全性を高めていると述べましたが、ハッキングによる不正アクセスのリスクを完全に取り除くことは現段階ではできません。

仮想通貨のデータがハッキングされ、勝手に知らないところに送金されてしまう、という可能性もあります。
これをなるべく防ぐためにはパスワードなどを自身でしっかりと管理しておくことが必要です。

損をしても国が助けてくれない

ビットコインなどの仮想通貨は国から通貨として正式な認定を受けていません。そのため、何が起きようと原則自己責任となります。

上記で述べたようにハッキングされても自己責任、間違った取引をしても自己責任です。
このリスクを重いと感じる初心者の方は仮想通貨投資をごく少額にする、分散投資をするなど自分自身でリスクと向き合い、対処することが必要です。

初心者でも仮想通貨に投資すべき?


ニュースなどでお聞きしたことがあるかと思いますが、ビットコインなどの仮想通貨は価値の変動が激しく(ボラティリティが高い、といいます)、価値が暴落するということも起こりえます。

もちろんリスクを考えたうえで仮想通貨の可能性を感じた方は投資もやぶさかではないでしょう。仮想通貨投資にはほかの投資と比べてメリットもありますので、これから投資を始めたいと考えている初心者の方は参考にしてみてください。

投資を始めるのが簡単

仮想通貨を新たに購入する方法は仮想通貨を扱う取引所に口座を開設する、というものが代表的です。この口座は無料で開設することができ、インターネット上で開設手続きが終わるものがほとんどです。

例を挙げるとビットフライヤー(bitFlyer)という取引所ではメールアドレスだけで簡単に登録をすることができます。

その後は本人確認書類のアップロードなどがありますが、一般的な銀行の口座開設のように店舗に行く必要がないので手軽に投資を始めることができます。投資信託や株式投資などの投資方法より、口座を開いて仮想通貨を購入するだけという投資方法のほうが投資初心者にも取り組みやすいでしょう。

年中無休で好きな時に取引できる

もし新たに株式を購入するとなると、有望な株式を探す手間もかかりますし取引所は平日の日中しか開いていません。しかし仮想通貨市場は24時間365日いつでも購入・売却をすることが可能です。平日は会社で働き、土日に資金運用の一環として仮想通貨投資を始めたい、というような方にはとても都合のよいシステムです。

小額から始められる

現在、1ビットコイン(BTH)は80万円程度です(2018年7月現在)。と聞くと、とてもそんな大きなお金を投資には回せない、と感じる方も多いかと思います。

しかし実際は0,01BTC、取引所によっては0,0001BTCから購入することができます。その時のレートにもよりますが、数百円単位から投資できる場合もありますので運用できるお金が少ない方や高額投資に不安を感じる方も気軽に始めることができます。

また、ビットコインは仮想通貨の中でも価値が特に高いものですので高額ですが、ビットコイン以外の仮想通貨に投資する場合も取引所によっては小額からの投資が可能です。

【初心者向け】仮想通貨投資を始めるには?


以上の説明を聞き、仮想通貨に投資したい!と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし初心者としてはまず何から手を付けていいのかわからないと感じるかもしれません。

仮想通貨投資を始めるには、仮想通貨を購入し、購入したものを自分でしっかりと管理する、大まかにはこの二つの手順で始めることができます。

仮想通貨を購入する

仮想通貨は前述したようにインターネット上にある仮想通貨取引所で購入するのが基本となります。取引所は国内、海外含め多数ありますが、主に国内で取引がしたい、投資初心者なのでひとまず身近なところで投資したい、と考えているのであれば国内の取引所で口座開設を行うことをお勧めします。

国内の代表的な取引所としてはbitflyer、DMM Bitcoin、Zaifなどがあります。(他にも多数あります)。それぞれの取引所はそれぞれ特徴や強みがあるので慣れてきたら投資する仮想通貨ごとに取引所を分けるのも有効です。まずは取引所に登録し、日本円を入金してから購入に移りましょう。

仮想通貨の管理

仮想通貨の保管といっても、電子データ上の通貨なのだから管理も何もすることはないのでは?と考える初心者の方もいらっしゃるでしょう。しかし何もセキュリティ対策をせず、管理をしないことは財布を路上に放置するのと同じようなものです。

仮想通貨は電子データで取引されるため、ハッキングなどをされるリスクがあります。取引所は個人の管理不足で生じたトラブルには対応してくれない場合がほとんどですから、自らしっかりとセキュリティ対策をしておくことが大切です。

購入した仮想通貨を保管するところはウォレットと呼ばれています。このウォレットによって仮想通貨を管理し、簡単にハッキングされないようにするのが基本です。このウォレットには主なもので取引所、ウェブウォレット、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレット、の4種類があります。

それぞれのウォレットにメリット、デメリットがありますので自分に合った保管方法を選択するのがよいでしょう。
また、パスワードを推測できないものにする、二重にしてロックをかけるなど個人でできる限りの万全の対策を取りましょう。

今後の仮想通貨市場は拡大していく事になる


仮想通貨市場の拡大はバブルといわれるほど大きなものとなっています。まだ先の話になるかもしれませんが、世界中で当たり前に仮想通貨が使われる日が来るかもしれません。そのため、仮想通貨とは何か、仮想通貨投資のメリット・デメリットなど基本的な知識は今後投資にかかわる方以外にも必要になることでしょう。これから仮想通貨投資を始めたいと考えている初心者の方はリスクをふまえ、無理のない範囲で投資にチャレンジしてみてください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら