ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨とDappsの関係性とは?Dappsの今後の動きを徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.27 最終更新
研修生

仮想通貨とDappsの関係性とは?Dappsの今後の動きを徹底解説

Dapps,仮想通貨

Dappsの今後の動きが期待されると同時に、仮想通貨の知識をよくわからない状態で取引をしている人も多いと思います。この記事ではDappsの今後の動きに着目して皆さんにお届けしたいと思い紹介させていただきました。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨の技術は年々発展してきており、2017年にはその存在が有名になり、日本国内でも馴染みのあるものとなってきました。

そんな仮想通貨の技術を上手く運用することで私たちの生活はより良いものとなり、世の中の物事をより手間がかからずに便利に処理することができます。

いち早く仮想通貨の技術の利便性に気づいた企業がその技術を利用して、新たなプロダクトを作成したり、仮想通貨の技術を利用したサービスを開発したりなど新しい技術の応用に奮闘しています。

そんな中、台湾の家電メーカーである「HTC」が仮想通貨の技術を利用したスマートフォンである「エクソダス」を開発していることを発表しました。

エクソダスの概要

Dapps,仮想通貨
HTCの「エクソダス」はブロックチェーン技術を利用したスマートフォンとなっており、ブロックチェーン技術を利用したスマートフォンは世界の中でも珍しいものとなっており、これからのスマートフォン業界にも影響を与えていくことでしょう。

「エクソダス」はビットコインやイーサリアム、ライトニングネットワークなどのブロックチェーンプロトコルをサポートしているプロダクトとなっています。

ブロックチェーン技術をサポートしているため、非中央集権の形となっており、ユーザーが中央機関を必要とせずにデータを管理できる世界観を目標としています。

スマートフォンは活用の幅が広く、日常的なアプリから暇つぶしのゲームなど人によってスマートフォンの使い方も変われば求めているユーザビリティも変わってきます。

しかし、どんな使い方をしてもデータの管理や安全性には変えられないものがあります。そこに仮想通貨の技術を活用することでスマートフォンを介した閲覧記録や資産、メッセージなども自分自身で保有できるので、スマートフォンの安全性は高まっていくと考えられています。

「エクソダス」は開発時点では「初のネイティブ・ブロックチェーン・スマホ」となる予定でしたが、2018年内販売予定の機種は仮想通貨ウォレットとDappsの「クリプトキティ」のみを搭載しているモデルとなっています。

クリプトキティ

「クリプトキティ」はDappsゲームを世間に広めて第一人者として評価されており、Dappsに関して詳しい人にとっては馴染みのあるゲームです。

クリプトキティはキティと呼ばれる生物を育成していき、キティを交配して新たなキティを誕生させていくゲームです。そうして、誕生させたキティをどんどんと売却していき、儲けていくというゲームシステムになっています。

ゲーム内コインとしてイーサリアムを利用されているため、イーサリアムを所持している必要があります。また、ウォレットとして「MetaMask」も必要となります。基本的にDappsでは「MetaMask」を利用することが多いため、利用方法などを知っておくと楽です。

そんなキティが売れるのかという疑問も出ますが、実はしっかりお金を稼げるのです。今まで取引された最高額のキティは日本円にして約1000万円の金額でした。

自分が育成したキティが高額の値段で取引される可能性も十分にあるため、クリプトキティを始めて、一攫千金を狙う人も多いです。

しかし、こういった機能を搭載しているスマートフォンが開発されているとなると、スマートフォンで手軽に仮想通貨決済ができる時代も遠くはないのかもしれません。

心強いアドバイザー

Dapps,仮想通貨
この「エクソダス」というブロックチェーンを利用したスマートフォン開発のアドバイザーとしてメジャーな仮想通貨であるライトコインの創業者である「チャーリー・リー」氏が就任することが発表されました。

チャーリー氏のアドバイザー就任によって、スマートフォン業界もさらに賑わうとされており、これから先のスマートフォン業界の収益も年々上がってくること間違いなしです。

チャーリー氏は自分自身の使命はライトニングネットワークを単純化することによって、セキュリティを強固なものとしてセキュリティの高いスマートフォンを作ることと述べており、スマートフォン業界に新たなる一石を投じる存在になりそうです。

ライトコインとは

また、チャーリー氏のアドバイザー就任によってエクソダスがライトコインもサポートすることが決定しました。

ライトコインというと仮想通貨の中でも今後が期待されているコインとして有名です。イーサリアムやリップルに比べるとそこまで知名度があるわけではありませんが、時価総額5位の仮想通貨です。

独自の決済サービスを作成しており、2018年にライトコインは様々な転機を迎えることになっています。2018年の2月にライトコインはライトペイという仮想通貨を利用したデビットカードのサービスを開始しました。

本来のクレジットカードやデビットカードには利用手数料として3%かかっていました。これは決済を行うお店側が負担していましたが、ライトペイを利用すると手数料は1%まで抑えることができます。これはお店側にとって嬉しいサービスとなっており、これから様々な販売店に導入してく予定です。

さらに、ペイパルの仮想通貨バージョンであるライトパルというサービスも開始します。モバイル端末で送金や決済を行うことができて、ネットでショッピングをする際にはとても便利なものになります。

ライトコインは決済の分野でほかの仮想通貨よりも一歩前に出ていると言えるでしょう。その証拠としてクレジットカード処理プロバイダーの「Aliant Payment Systems」はクライアント向けに提供している決済サービスにライトコインを導入する予定です。

ライトコインによって、決済の利便性が高まり、より決済が簡単になっていくことが予想されています。決済もネットを通じて行うことが多くなっていくため、現金での決済がどんどんとなくなっていくことも考えられるでしょう。

ブロックチェーンを利用したスマートフォン事情

Dapps,仮想通貨
ブロックチェーン技術を利用したスマートフォンの作成を考えているのは今回紹介したHTCだけではありません。他にもブロックチェーンの技術をスマートフォンに活用しようと考えてスマートフォンを作成した企業はいくつかあります。

Sirin Labs

世界初のブロックチェーンスマートフォンを開発しているのはSirin Lab社となっています。すでにSirin Labs社は2018年10月にブロックチェーンを利用できるスマートフォンである「FINNEY SMARTPHONE」を日本で発売することを発表しています。

販売価格は約10万8000円となっており、日本やアメリカを含んだ5ヵ国で販売が予定されています。

今回のブロックチェーンスマートフォンは仮想通貨の保管や取引の機能を高セキュリティの状態で可能としており、仮想通貨を所持しており、取引も行っている人にとっては手に入れておきたいプロダクトです。

Sirin Labsはもともと世界一の安全性能を誇るスマートフォンである「SOLARIN」を開発しており、その実績が評価されている企業です。

2017年には独自のトークンであるSRNトークンを発行しており、これを活かしてICOを行いました。このICOで約170億円を調達しており、その資金を今回のブロックチェーンスマートフォンを開発にあてました。

これに加えて、バックアップも強力で、Googleとパートナー提携を行っていたり、運営陣にはイーサリアムの創設者でもある「Steven Nerayoff」氏が参加しているなど、仮想通貨業界ではかなり整った環境下で運営できています。

SRNトークンもICOのみで留まらず現在も人気が出ています。取り扱い取引所を徐々に増やしており、有名な取引所である「Huobi」や「Bittrex」などにも上場を果たしており、徐々に力をつけてきているため、期待が持てます。

Huawei

Huaweiはスマートフォンなどのハードウェアを製作する企業で、業界を引っ張っている中国にある企業です。そんなHuaweiが「Hyperledger」と共同で新しいブロックチェーンサービスを提供することを発表しました

「Hyperledger」は2015年に設立されたオープンソースのブロックチェーン運営コミュニティです。すでに100社以上と提携を行っており、多くの企業が信頼を寄せているコミュニティとなっています。

Huaweiはすでに「Hyperledger」と共同でブロックチェーンの性能をテストするツール「Caliper」を発表しており、仮想通貨分野に足を踏み込んでいます。

HuaweiとHyperledgerはこの開発によって、関係性が良くなり、2017年5月からHuaweiはHyperledgerのスポンサーになっています。

今回開発が予定されているブロックチェーンサービスはパフォーマンスや汎用性、セキュリティも高いものとなっており、企業やデベロッパー向けのブロックチェーン技術プラットフォームとなっています。

それ以外にもHuaweiはブロックチェーン基盤で開発している保険サービスも開発中となっており、仮想通貨のジャンルにおいてかなりの活躍が期待できる企業となっています。

そんなHuaweiはスマートフォンメーカーとしても威厳を保っており、先ほど紹介した「Sirin Lab」と共同で新たなブロックチェーンスマートフォンを開発しているという噂がささやかれています。

新しく開発されるブロックチェーンスマートフォンでは仮想通貨ウォレットを搭載していることはもちろんですが、Dappsを実行できるようなスマートフォンを開発中とのことです。

Dappsが一般の市場と結びつきを持つと同時に、そのDappsがスマートフォンで利用できるとなれば、更なる期待と共に仮想通貨の認知も増えていくことでしょう。

世界第3位のスマートフォンメーカーであるHuaweiが仮想通貨の分野に関わってくるとなると話題性も高いため、期待ができるのではないでしょうか。

ブロックチェーンの表面化

Dapps,仮想通貨
仮想通貨に関してしっかりとした知識を持っている人は日本国内を見てもそこまで多くはないでしょう。ましてやブロックチェーンに関しての知識を持っている人ももっと少ないでしょう。

しかし、ブロックチェーンの技術が多様なジャンルで利用され始めており仮想通貨に関して今まで関わってこなかったり、あまり良いイメージを持っていなかったりする人も避けられないことになります。

自分たちが関わっている日常生活にも関わってくるとなると、その知識を持っていたほうが圧倒的に上手く活用することができます。

先手を打って勉強していると後々、複雑になった日常に戸惑うことはないかもしれません。

最終更新日:2018年08月27日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」