ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨のレート変動はどのようにして起こる?詳しい仕組みを解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.27 最終更新
研修生

仮想通貨のレート変動はどのようにして起こる?詳しい仕組みを解説

仮想通貨,レート

仮想通貨を始めてみたい方に向けて仮想通貨のレート変動が起こる仕組みを分かりやすく解説していきます。仮想通貨への投資と株取引やFXとは何が違うのかを比較しながら、投資経験がない人でも理解できるよう仮想通貨の特徴についてご紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨を始めてみたいと考えている方であれば、仮想通貨のレート変動についてある程度の知識が必要になるでしょう。ここで初歩的な仮想通貨の知識と仮想通貨のレート変動が起こる仕組みを分かりやすく説明していきます。

仮想通貨は価値が変動する通貨

仮想通貨,レート
仮想通貨の価値は一定ではありません。これは、仮想通貨が売買できる通貨であるためです。価値が変動する通貨と言うと難しい問題のように感じますが、実は価値が変動する通貨というのは株取引やFXと仕組みは同じです。需要と供給のバランスによって、その価値が変動するのです。

需要と供給のバランスによりレート変動が起きる仕組み自体は非常に単純で、需要が高まり欲しい人がたくさんいれば価値は高まりますし、供給が高まり売りたい人がたくさんいれば価値は下がります。

仮想通貨の1つであるビットコインでは1万BTC(ビットコインの通貨単位)でピザを購入したという話があります。現在では1BTCの価格が約70万円ですので、70億円でピザを購入したようなものですから驚きですね。

これは何も株取引やFX、仮想通貨だけの世界の話ではありません。日常生活の中では例えば野菜なども気候によって需要と供給によって価値が変動しやすく、つまりレート変動が大きくなりますね。

スーパーで100円前後で購入することが出来ていた野菜が次の日には倍の値段になっていたと言うようなことが数年間の間で何度かありました。

仮想通貨は電子マネーと同じようで同じではない

この価値の変動を理解するためには仮想通貨が電子マネーとは別物であるという認識が大切です。仮想通貨を電子マネーと同様に捉えている方もいますが、それは利用方法の1部が似ているだけで、実際には仮想通貨と電子マネーは別物なのです。仮想通貨は電子マネーよりも株取引やFXの方に似ていますし、システムなどの名前も金投資の金に例えられることが多いです。

電子マネーは現金を電子情報に置き換え、それを企業の管理の元に電子マネーを利用できる設備のある場所にて利用することが可能になっています。企業に現金を預けて電子情報に変えてもらっているということになります。

仮想通貨は国がその価値を求めているところはあるものの、一般的な紙幣のように政府が関係していません。また、仮想通貨は換金が可能ですが電子マネーは換金が出来ません。

これは電子マネーは企業という管理者の元、管理者の範囲内でのみ利用することが出来るものになっているため、電子マネーを換金することは出来ないのです。仮想通貨も電子マネーもどちらも電子情報である紙幣であることに違いはありませんが、このように大きな違いがあります。

ビットコインとアルコトコインのレート変動に違いはある?

ビットコインと言えば仮想通貨の代名詞のようなものですが、仮想通貨はビットコインだけではありません。現在では千種類近くの仮想通貨が存在しています。ビットコインとそのほかの仮想通貨では知名度も市場規模も違うため、ビットコインではない仮想通貨のことを総称してアルトコインと呼んでいます。ちょうどスマートフォンで言うiPhoneとandroidの関係でしょう。

ビットコインとアルトコインはその仮想通貨の価値こそ違いますが、レート変動に大きな差異はありません。どれも同じように上がったり下がったりを繰り返しています。

しかし、ビットコインとアルトコインではその市場規模が異なるため、アルトコインでは取引の影響をより受けやすいと考えられています。1つの取引で需要と供給のバランスに影響を受けやすいということは、レート変動が起きやすくなると考えられています。

アルトコインの市場規模も大きくなってきていますが、ビットコインの市場でもまだまだ安定性があるとは言えない状況ですので、アルトコインの場合はよりレート変動の予測が難しいと感じている方が多いのが現状です。

ただしビットコインに比べてアルトコインは購入しやすい金額であることも多く、リスクを分散させるためにも複数のアルトコインを持つ手法を行う方も増えてきています。海外の投資家はビットコインとアルトコインの両方に投資することで、レートの変動を予測している方も多いようです。

リスクを分散させることは投資を行う上で大切です。仮想通貨のレートは他の仮想通貨のレートと変動しやすいですが、それでも1つの仮想通貨だけに投資するよりはリスクを減らすことが出来るので安心です。

有名なアルトコインとその特徴

  • リップル
    Googleが出資したことで知られる仮想通貨です。リップルの最大の特徴は、その送金スピードでしょう。送金が速いと言われている仮想通貨の中でも送金スピードは非常に早く、5秒かからないと言われています。
  • イーサリアム
    ビットコインについで大きな仮想通貨になっています。アルトコインの中では一番知名度があります。市場規模も大きく仮想通貨ブームが起こった際にもレートが安定していたこともあり人気です。
  • NEO
    NEOは中国で誕生したアルトコインで、中国版イーサリアムと呼ばれることもあります。中国のアルトコイン利用者は多いことから注目されているアルトコインです。
  • NEM
    NEMはそのセキュリティの高さが注目されています。開発者の中に日本人が含まれているということもあり、日本での人気が高まっているアルトコインです。

一口に仮想通貨と言っても、その数は千種類ちかくになります。それぞれ特徴がありますが、その特徴がどのように投資や投機に影響を及ぼすのかと言いますと、まずはシステムの違いです。

仮想通貨は実態を持たない通貨ですので、それを管理するシステムは非常に大きな違いになります。仮想通貨により取引に掛かる時間も異なりますし、各人が考える安全面も異なります。

また仮想通貨を投資や投機だけではなくそのまま利用したいと考えている人にとっては、仮想通貨ごとに利用できる内容もある程度異なってきますので、どの仮想通貨を購入するかの指標になるでしょう。

仮想通貨の取引所は多数ありますが、取引所では取り扱っていない仮想通貨もあります。すでに取引所を利用するための手続きがある方や、リスク分散のために他の仮想通貨も購入したいと考えている方は、事前にこの仮想通貨はどの取引所で取り扱っているのかを調べておく必要があります。取引所は海外のものでも利用することが出来ますが、サポートも分かりやすいため日本国内での利用が認められた日本語対応している取引所がおすすめです。

仮想通貨元年と呼ばれる2017年に変化したこと

仮想通貨は2009年に誕生しましたが、そのころにはまだ仮想通貨に価値が生まれていません。2011年になりある程度の取引が行われるようになりましたが、本格的に始動したのは2013年です。このように仮想通貨はまだ指導し始めたばかりの市場です。そのためまだまだ市場は未熟な時期でなのです。

2017年は仮想通貨元年と呼ばれています。これは2017年4月に改正資金決済法第2条第5項の改正により、物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの又は、不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるものと定義されたためです。

これにより日本において仮想通貨は、その価値を認められています。そのため仮想通貨市場はこのあと数年かけて本格化すると見られています。

日本だけではなく諸外国でも仮想通貨に関する法整備は徐々に進められています。各国が仮想通貨に関する法整備を行うことにより仮想通貨の自由が奪われ価格が低下するのではないかと考えられていますが、法整備により仮想通貨の1日単位での大きなレート変動が落ち着き、安定した市場が形成されていくのではないかとも考えられています。

仮想通貨の変動が大きい理由とは

仮想通貨,レート
仮想通貨の変動が大きい理由は1つではありません。いくつかの要因が合わさることにより、仮想通貨の価格変動が大きくなるのです。ここでは、仮想通貨の変動が大きい理由について説明していきます。

ストップ高ストップ安がないため価格変動が起こる

仮想通貨のレート変動は2011年から2013年の間に大きく変わりました。この間に数百円が数千万円になったという方の話も多く目にします。なぜ、数百円が数千万円になるようなレート変動が起こるのでしょうか。

株取引の場合には1日の変動が大きくなる場合、その変動による混乱が大きくなりすぎないようにストップ高ストップ安と言って、1日のレート変動の上限や下限を設けています。

1日のうちに行えるレート変動範囲があらかじめ設定されているのです。しかし仮想通貨ではこのストップ高やストップ安がありません。そのため1日のうちに上限下限なくレートが変動する仕組みになっています。これこそが仮想通貨の変動が大きい理由です。

株取引のストップ高ストップ安と言われる値幅制限はすべてが同じではなく、持っている株の銘柄の前日の値段によって変動します。もちろん状況によってストップ高だけが拡大することもストップ安だけが拡大することも考えられますが、変動率はおよそ15%から25%になり、この範囲内で利益を上げたり損失が出たりします。

仮想通貨にストップ高やストップ安がないということは、この15%から25%の変動制限がなくなるというわけですから、非常に大きな利益を生み出せる可能性や損失を生み出してしまう可能性があることだということが分かりますね。投資経験者にとっては不安要素の一つでもあると言われていますが、反対に投資初心者にとって大変簡単な取引の仕組みだと支持されています。

仮想通貨には中央管理者がいない

仮想通貨には中央管理者がいません。中央管理者がいないと言うことがレート変動にどのような影響を与えるのかと言うと、完全に需要と供給のバランスによって価値が決まるということです。

中央管理者のいる日本紙幣の場合を例に挙げると、混乱を招くような円高が進んだ場合には日本銀行が介入し、その円高を食い止めるように為替を行うことがあります。

しかし仮想通貨の場合には中央管理者がいませんから急激な価格変動があった場合に介入する機関がありません。そのため完全に需要と供給のバランスによってレートが変動します。

中央管理者がいないメリットは仮想通貨を通貨として利用する際の手数料が必要ないことなど多くあります。

もちろんレートに関しても介入者がいないためより多く仮想通貨の価値を高めることが出来るメリットがありますが、同時に大きなレート変動を止めることの出来る人がいないということでもありますので、仮想通貨への投資や投機を考えている方は留意しておくべきです。

仮想通貨なら24時間365日取引可能

株取引もFXも土日は取引を行うことができませんし、取引が行える時間は午前9時から午後3時までとなっています。しかし仮想通貨は24時間365日取引を行うことが可能です。

今までは1日6時間程度しか取引きを行うことが出来なかったのに対し、24時間取引きが行えるのですから、単純にそれだけ取引きを行う人が増えます。取引きを行う人が多ければ多いほど市場は賑わいますからそれに伴いレートの変動も大きくなります。365日24時間ずっと価値が変わり続けていて、それを取引出来てしまうのですからすごいですね。

仮想通貨はプロの参入者が少ない

また仮想通貨では株取引やFXのようにプロが多く参入している段階ではありません。今後は仮想通貨の投資にもプロが参入してくることになるかもしれませんが、今現在では仮想通貨はその手軽さや利用方法からも投資や投機だけを目的としていない方も含め、世界中の一般市民が利用しています。

プロが少ない市場では噂など未確認の情報の段階からレートが上昇したり下落したりレートの変動が大きくなりがちです。細かく仮想通貨を動かす人が多く多少の値下がりや値上がりで売却を考える方が多いためです。

価値がなくなる仮想通貨がある?

現在の価値からは信じられないことかもしれませんが、仮想通貨にははじめ価値がありませんでした。仮想通貨は言わば、ゲーム上のコインと同じものだったのです。

ゲーム上のコインが価値があるのはゲームの中だけで、実生活の中では利用することが出来ませんし、ゲーム上のコインに価値があるのは、そのゲームが人気がある時だけです。

また、人気のないゲーム上のコインには誰も見向きもしません。コインの価値はただの画面上の数字でしかありません。仮想通貨の原点であるビットコインでもはじめは誰も真剣に仮想通貨について考えていませんでしたが、ビットコインを実際の通貨と同じように利用する遊びの中で、価値が生まれてきました。

仮想通貨はしばしば株投資やFXに例えられることが多いです。それは仮想通貨の価値が変動するものであるためですが、仮想通貨の価値がゼロになることはあるのでしょうか。結論から言いますと、価値がゼロになる仮想通貨が誕生する可能性があるということです。

2018年現在では数百種類の仮想通貨があります。仮想通貨の中には価値が極端に低いものも存在していますが、仮想通貨そのものの価値がゼロになったことはありません。しかし、仮想通貨の仕組みを考えれば人気のない仮想通貨の価値がゼロになってしまう可能性が十分に考えられます。

ただし、仮想という言葉により抱いてしまいがちな、突然データすべてが消えてしまうようなことはシステム上考えられません。データが消えて価値がゼロになるのではなく誰も仮想通貨を購入せず誰も仮想通貨を売らないということになれば、実質的にそれは価値がゼロになるということなのです。

仮想通貨のレート変動の要因と予測

仮想通貨,レート
株取引やFXではレート変動の予測が立てられます。これは株取引やFXのレート変動にはある規則性があるためです。投資経験のない方でも仮想通貨のレート変動の要因と予測をについて知るためにも比較対象として株取引の際のレート変動の予測について考えてみましょう。

仮想通貨にはストップ高ストップ安という制限がないため1日で大幅な利益を得ることも出来る一方で、1日で大きな損失を生み出してしまう可能性もあります。仮想通貨のレート変動は、株取引やFXのレート変動よりも大きくなるということは、必ず頭に入れておかなければならない事実です。

株取引であれば企業の業績や安定性、また今後の企業戦略などから価値の変動を予測することになります。実際にレートが大きく変動するのは、企業の業績が上がることや新商品の開発などによるものが大きくなっています。またFXの場合は国の政治的また経済的要因によりレートの変動が起きるためいち早く海外の政治的また経済的ニュースをチェックする必要があります。

仮想通貨のレート変動の場合も情報収集は欠かせません。ただし仮想通貨には中央管理者がいないため1番に収集すべき情報はすべて仮想通貨に関する事象です。

中央管理者のいない仮想通貨は情報によって大きく価格が流されてしまいやすいです。これは世界中で見られる傾向ですが、仮想通貨に関するポジティブな内容のニュースが取り上げられるだけでレートは上昇する傾向にあり、反対に市場が不安定であると言ったネガティブな報道がされると下落してしまいます。

その他にもシステムが変更されるという噂でさえレートは変動します。日本でも仮想通貨に関する特集が組まれている時にはレートの変動が起こる可能性があるので意識してみてください。

そして仮想通貨が始まったばかりの頃には切り離されて考えられていた政治的要因や経済的要因も、仮想通貨のレート変動に影響を与えています。

記憶に新しいところで言えば、北朝鮮による弾道ミサイルが北海道上空を通過し、その後もアラートにて危険を知らせるなど日本に緊張が走った時には、仮想通貨の価格が上昇しました。

これは日本が戦争に巻き込まれることで日本紙幣の価値が下がると考えた人たちが、仮想通貨へと投資したためであると考えられます。また、大きな災害が起こった時も同様に仮想通貨の価値が上昇しました。

中央管理者が不在の場合、管理が行われている国による変動はありませんが、自国からの影響は大きく受けるようです。考えてみれば、仮想通貨が世界で利用されるようになった背景の1つには経済破綻し紙幣の価値にインフレが起こってしまった国が、仮想通貨によって財産を守ろうとした動きもあったわけですから、自国からの影響は極自然な動きでしょう。

この極自然な影響についても、実際に仮想通貨のレート変動が起こる前までは、大きく指摘されることもありませんでした。それだけ仮想通貨のレート変動に対する要因や予測はまだまだ未知な部分があると言うことでしょう。

仮想通貨のレート変動の要因になりえること

  • 仮想通貨の各種報道
  • 仮想通貨のシステム変更
  • 仮想通貨取引所トラブル
  • 仮想通貨の規制
  • 仮想通貨の法整備

仮想通貨レート変動の予測は可能か?

仮想通貨,レート
これはレート変動のある取引全般に言えることではありますが、レート変動の完全な予測は不可能です。仮に完全な予測が出来るシステムが出来てしまうと仮想通貨のシステムが機能しなくなってしまいます。

需要と供給により決定される価値が破綻してしまうためです。仮想通貨の市場はまだまだ生まれたばかりであるため、不安定な状態が続いています。

そのためレートの変動も大きくなっており、それをチャンスと考えている方も多くいますが、レート変動の解析データなどはまだまだ乏しいのが現状です。

しかし、いくつかのポイントから予測を行うことは出来ると言えます。また実際に仮想通貨の取引を行ってみることで自分自身でデータ収集を行いながら、変動を予測していくのも面白いでしょう。レート変動の解析データが少ない今なら、独自の解析データによって一儲け出来てしまうかもしれません。

仮想通貨レート変動予測を行う際にチェックするべきこと

仮想通貨のレート変動予測はまだまだ研究の余地のある段階ではありますが、現在までにもある一定の傾向が見られています。ここでは過去の傾向から仮想通貨レートの変動予測について考えてきましょう。

仮想通貨に課される規制についての調査

仮想通貨に課される規制について調べることは重要です。仮想通貨はまだまだ未熟な市場ですので、今後もあらゆる規制が生まれる可能性があります。

国が仮想通貨に対する声明を出すこともあり、EUでは仮想通貨規制に対する声明を出していますし、日本では2017年に改正資金決済法第2条第5項で仮想通貨が、物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することが出来ます。

又、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの又は、不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるものとして定義されました。

さらに中国や韓国でも規制が進み、市場が大きく下落したこともあります。国がこのように仮想通貨の存在について規制または定義するようなことは、仮想通貨の需要と供給のバランスにも影響を及ぼし、仮想通貨のレート変動が大きくなる可能性があります。

ハッシュレートの調査

ハッシュレートの調査を行うためにはマイニングがどういうものであるのか理解しなくてはなりません。マイニングとは採掘を意味する英語です。仮想通貨が金に例えられることから、金の採掘という意味でマイニングという言葉が使われるようになしました。

マイニングを簡単に説明すると、仮想通貨の取引を記録するためには問題を解く必要があり、非常に複雑な計算を行わなければなりません。この問題を解く作業のことをマイニングと言います。

この問題を1番に解いた人へ報酬が支払われる仕組みになっています。このマイニングは1人で行っている場合もあれば複数人で行っていることもあり、非常に奥深いシステムなのですが、仮想通貨のレート変動予測に大切なのは、その後のハッシュレートと言う問題です。

実はマイニングで行う計算というのはハッシュ関数と呼ばれるものです。マイニングを行う人が多ければハッシュレートは高まり、マイニングを行う人が少なければハッシュレートは下がります。

そのためハッシュレートが安定しているかどうかは、仮想通貨のシステムが安定しているかどうかを知ることの出来るレートなのです。

ハッシュレートが高すぎる場合には、仮想通貨の特徴である中央管理者の不在の概念が揺らぎ信用が落ちてしまいますし、ハッシュレートが低すぎる場合には仮想通貨のシステムが正常に作動しない危険性があると判断されます。実際に仮想通貨ではハッシュレートが大幅な下向をしたのちレートも大幅に下向したという事例も存在しています。

またマイニングには上限があることも覚えておくべきでしょう。マイニングには上限があります。仮想通貨には発行部数の上限が決められており、これに達すると計算がなくなるわけですからマイニングも行われなくなります。このような場合にどのような変動が起こるかは未知の領域ですが、必ずなんらかの大きなレート変動の動きがみられるはずです。

フォークによるレート変動

フォークと言うのを簡単に説明するとシステムのバージョンアップ、アップデートと言ったところでしょう。仮想通貨における様々なシステムをより良い状態へと改善するというもので、実際にビットコインやいくつかのアルトコインではフォークが行われています。

厳密に言えばこのフォークにも様々な種類があるのですが、共通して言えることはフォークによってレートが大きく変動したことです。フォークを行うと言う情報が出回った時期から実際にフォークされた直後まではレートが大きく上昇してきましたので、今後もフォークが行われるかどうかという情報はいち早く入手しておいて損はないでしょう。

仮想通貨関連の情報収集

仮想通貨のレートは、仮想通貨関連の報道により大きく変動します。完全に需要と供給のバランスにより価値が変わる仮想通貨では仮想通貨関連の報道に大きな影響力があります。

そのため単なるニュースだと報道を侮れません。仮想通貨にとってプラスとなる報道の後にはすぐに価格が高騰しますし、ハッキング被害などマイナスな報道の後には驚くほど価格が急落することもあります。情報をいち早く入手するためにはテレビや新聞だけではなく、アプリケーションから最新の情報を入手するなど情報を自分自身で収集する意識が大切です。

今後の仮想通貨市場の予測

今後の仮想通貨市場の予測としては、2018年以降も現在のような状態が数年は継続して続くと考えられます。各国が仮想通貨に関する規制や法整備を整えるまでには数年かかる見通しです。

仮想通貨のブロックチェーン等の技術面を考えても、このまま株取引やFX同様に投資先として定着していくのではないでしょうか。また投資、投機先としての仮想通貨だけではなく新しく出てきている利用を重視した仮想通貨も充実してくるはずです。

それだけ仮想通貨の技術は革新的なものでした。数年先ではないかもしれませんが、仮想通貨の中で生まれたブロックチェーンとう技術は、実生活の中の多くの場面で目にすることになるかもしれません。

実際にこの技術の研究を進めている方は多く、いくつかの専門的な大学の講義でも取り上げられているほどです。

その一方で、現在千種類ちかくある仮想通貨の数は落ち着き、減少するのではないかとの見方をしている方も多いです。実際に千種類ちかくある仮想通貨の中には、詐欺まがいの仮想通貨も存在すると言われていますので、より技術力のある安全性の高い仮想通貨が市場を占めていくことになるでしょう。

現在リスク分散のために様々な種類の仮想通貨を持っている方は、その仮想通貨の技術的側面や安全性を確認しておくことをおすすめします。ポジティブネガティブ問わず、今後の予測は数多くなされていますので、様々な角度から仮想通貨を考える良い機会になるでしょう。

ここまで仮想通貨のレート変動の仕組みについて説明してきました。仮想通貨は実体がないため、そのレート変動の仕組みが分かりにくいものだと考えられているのですが、このように大まかな仕組みに関しては、従来の投資と大きく変わるところはありません。ただし、ストップ高ストップ安がないことや24時間365日取引を行うことが出来るなど仮想通貨独自の仕組みもあります。

仮想通貨を始める場合には、仮想通貨のレート変動の仕組みや特徴を理解して行うべきでしょう。レート変動の大きい仮想通貨ですから、一度に大きく購入するよりも同じ資金で複数回に分けて購入する方がリスクが減ると考えられます。仮想通貨は今後しばらく市場が安定するまではレート変動が大きくなると予想されていますので、それをチャンスと取るかそうでないかは投資を行う方の判断です。

最終更新日:2018年08月27日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」