ホーム取引所【ビットフライヤー】ビットコインの買い方まとめ!主な購入方法は3種類!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆかり

【ビットフライヤー】ビットコインの買い方まとめ!主な購入方法は3種類!

ビットコイン、買い方、ビットフライヤー

ビットコインは多くの取引所で購入することができますが、国内で有名なビットフライヤーを利用しようと考えている人は多いのではないでしょうか?今回は、少し特殊なビットフライヤーで、ビットコインの買い方について解説していきたいと思います!

記事上「コメントボタン」
ゆかりゆかり

こんにちはー!
最近ダイエットを始めました!ゆかりです(*’ω’*)

学校が夏休みで、家に引き込もってばかりだとつい食べすぎちゃって・・・
ハンターを読みながら、ついポリポリやっちゃうんですよねー(;´・ω・)

最後に頑張って痩せて、気持ち良く新学期を迎えたいと思います!

 

さて今日は、ビットコインの買い方ということで、初心者向けの記事になりますね(^^

国内にもいろいろな取引所があるかと思いますが、今回は「ビットフライヤー」での買い方を解説していきたいと思います!

ビットフライヤーと言えば、少し前までは国内で「ビットコインを買うなら絶対にココ!」と言われていた超有名な取引所です。

今ではその流れも少し落ち着いたかな?という感じですが、やはり初心者におすすめしやすいというのも事実です。

でもよく公式サイトをよく見てみると、簡易取引所や販売所、Lightning(ライトニング)なんかもあって、実はちょっとややこしいというのが現状です。

そういうわけで今回は、初心者でもわかるように、「ビットフライヤーでビットコインの買い方」をテーマに詳しく解説していきたいと思います!

ビットフライヤー取引所の運営会社の概要

ビットコイン、買い方、ビットフライヤー

まずはじめに、ビットフライヤー取引所を運営している会社について紹介しておきます。

会社の基本情報は以下の通りです。

  • 会社名:株式会社bitFlyer(ビットフライヤー
  • 取引所名:bitFlyer(ビットフライヤー)
  • 設立:2014年1月9日
  • 本社所在地:東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
  • 金融庁登録:済(登録番号 関東財務局長 第00003号)
  • 資本金:41 億 238 万円(資本準備金含む)
  • 代表取締役:加納裕三
  • 取締役CTO:小宮山峰史

会社名が取引所名と同じbitFlyer(ビットフライヤー)なので、わかりやすいのではないでしょうか。国内で有名な取引所Zaifのように、会社名(株式会社テックビューロ)だけ見てもどこの取引所かわかりにくい、なんてこともあります。

ビットフライヤー代表取締役の加納裕三氏は、日本ブロックチェーン協会日本仮想通貨交換業協会では理事を務めており、仮想通貨業界ではちょっとした有名人ですね。

2014年設立ということでつい最近のように感じますが、仮想通貨業界はまだ新しい会社ばかりなので、その中ではかなり歴史のある会社だと言えます(^^)

また、2017年11月にはアメリカ、2018年1月にはヨーロッパで事業を開始し、日本・米国・EU で仮想通貨交換業のライセンス(金融庁登録など)を取得した世界で初めての事業者となりました。

ただ2018年6月に日本の金融庁から業務改善命令があり、今は自主的に新規登録を停止しているみたいです。7月には業務改善計画を提出しているので、新規登録再開は近いと考えられます。

ビットフライヤーは会社としてかなり成長しており、そろそろ上場するのでは?なんて噂もありますが、現在そのような発表はありません。

ビットフライヤーのビットコインの買い方は3種類

ビットコイン、買い方、ビットフライヤー

では今日の本題ですが、ビットフライヤーでビットコインを購入するための、3つの方法を紹介したいと思います。

それぞれの買い方でメリット・デメリットがあるので、自分の取引スタイルに合った買い方を選ぶようにしましょう(^^♪

ビットコインがいつでも買える「販売所」

「販売所」というのは、初心者の方にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。

多くの方は、ビットコインを始めとする仮想通貨は「取引所」で購入しますが、販売所で購入するという買い方もあるので、ぜひこの機会に知っておいてくださいね♪

そもそも取引所とは、仮想通貨の取引をしたい人が集まり、その利用者同士で取引を行う場所やサービスのことを言います。取引を「利用者同士で行う」というところがポイントです。

それに対し販売所は、事業者が仮想通貨を販売、または買取しているサービスのことです。販売所で利用者同士の取引は行われません。

ゆかりゆかり

一番の違いは、取引所は価格の希望を出せますが、販売所は提示された価格に従うしかないということですね!

今日紹介するビットフライヤーの場合、ビットフライヤー自身ががビットコインなどの販売・買取を行っています。

価格はもちろん事業者(ビットフライヤー)が決めますが、その価格が相場とかけ離れていると誰も取引しないので、相場に少しだけ料金を上乗せして価格提示しているのが一般的です。

ゆかりゆかり

このときの相場+αの料金のことを「スプレッド」と言ったりします(*’ω’*)

スプレッドは非公開となっていることがほとんどですが、3~10%程度であることが多いです。取引所の取引手数料が0.1~0.2%程度なので、ちょっと割高です。

ビットフライヤー販売所の取扱通貨は以下の7種類です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク

ビットコインだけではなく、時価総額2位(2018年8月現在)のイーサリアムや、ビットコインから分裂して誕生したビットコインキャッシュなども、販売所で購入することができます。

販売所についてもっと詳しく知りたいという人は、以下の記事が参考になるかと思います♪

ビットコインがお得に買える「簡易取引所」

ビットコイン、買い方、ビットフライヤー

ビットフライヤーの簡易取引所とは、ビットコインの購入だけができる初心者向けの取引所です。

3つの買い方の中ではもっとも簡単にビットコインを購入できるので、とにかくビットコインが欲しいという人はこちらを利用するのがおすすめです。

取引所なので、先ほどの販売所と違い、注文板を利用して取引を行います。そして、取引の相手は事業者ではなく、同じビットフライヤーの利用者となっています。

注文板とは、利用者の注文を一覧表示する掲示板のことで、一般に「板」と呼ばれるものです。

自分が注文を出すと、2つのパターンが発生します。

ひとつは、合致する取引があった場合。取引が即完了するため、注文板に載らずに約定(取引成立)します。

もうひとつは、合致する取引がなかった場合。こちらはほかの利用者の注文を待つことになるので、注文板に自分の注文が載ります。

ゆかりゆかり

注文板に取引が載る取引をmaker(メイカー)、載らない取引をtaker(テイカー)というので、よければ覚えておいてくださいね♪

ビットフライヤーの簡易取引所での買い方は、以下の流れになります。

  • ビットフライヤーへの登録&本人確認
  • ビットフライヤーの指定口座へ日本円の入金
  • メニューの「ビットコイン取引所」をクリック
  • 数量と金額を入力
  • 「コインを買う」「コインを売る」をクリック

とてもシンプルなので、初心者でも簡単にビットコインを購入できるかと思います(*^^*)

ちなみに、取引手数料は以下のようになっています。

直近30日の取引量 手数料
10 万円未満 0.15%
10 万円~ 20 万円未満 0.14%
20 万円~ 50 万円未満 0.13%
50 万円~ 100 万円未満 0.12%
100 万円~ 200 万円未満 0.11%
200 万円~ 500 万円未満 0.10%
500 万円~ 1,000 万円未満 0.09%
1,000 万円~ 2,000 万円未満 0.07%
2,000 万円~ 5,000 万円未満 0.05%
5,000 万円~ 1 億円未満 0.03%
1 億円~ 5 億円未満 0.02%
5 億円以上 0.01%

取引をすればするほど手数料が安くなるので、いろんな取引所を利用するより、ビットフライヤーにしぼって取引していくほうがお得かもしれませんね。

ただ、1~2回の取引であれば、取引手数料はそこまで気にしなくても問題ありません。

特殊な買い方ができる「ビットフライヤー ライトニング」

ビットコイン、買い方、ビットフライヤー

「ちょっと他の通貨も買ってみたい」という人は、上級者向けの買い方の「ビットフライヤーライトニング」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ライトニングという名前がついていますが、ライトニングネットワークとは関係ありません。ビットフライヤーのサーバー内で、高度な買い方ができる取引方法です。

ビットコインの現物取引だけではなく、ビットコインFXや先物取引などにも対応しています。

現物取引とは、その名の通りビットコインの現物を取引できる取引所です。購入したビットコインは実際に引き出して使うことができますし、自分の持っているビットコインを売却することも可能です。

ゆかりゆかり

販売所や簡易取引所も、現物取引ということになりますね(・ω・)ノ

それに対しビットコインFXや先物取引では、現物ではなく「取引する権利」などを取引するので、実際に現物が手に入るわけではありません。

ビットコインが欲しいなら、現物取引を行いましょう。

ビットフライヤーライトニングの現物取引では、以下の通貨ペアの取扱があります。

  • BTC/JPY(日本円建てでビットコインの取引)
  • BCH/BTC(ビットコイン建てでビットコインキャッシュの取引)
  • ETH/BTC(ビットコイン建てでイーサリアムの取引)

「建て」というのは、その通貨を使って購入するということです。日本円を入金していればビットコインが買えます(円建て)し、ビットコインを持っていればビットコインキャッシュやイーサリアムを購入できる(BTC建て)ということです。

反対に、BCH/BTCやETH/BTCの取引では、ビットコインキャッシュやイーサリアムを売却すれば、ビットコインが入金されます。日本円・ビットコインキャッシュ・イーサリアムのどれかを持っていれば、ビットコインが購入できるということになります(^^♪

ビットフライヤーライトニングの取引手数料は、通貨ペアによって異なります。

・BTC/JPY:ビットコイン簡易取引所での手数料と同じ(0.01~0.15%)
・BCH/BTC:取引金額の0.2%
・ETH/BTC:取引金額の0.2%

日本円でビットコインを購入するだけなら、簡易取引所でも同じ割合です(*^^*)

ビットコインのおすすめの買い方は「簡易取引所」

ビットコイン、買い方、ビットフライヤー

ちょっといろいろとお話してしまったので、内容を整理しておきましょう♪

ビットフライヤーでのビットコインの買い方は、以下の3種類です。

  • ビットコイン&アルトコインの販売所
  • ビットコイン簡易取引所
  • ビットフライヤーライトニングの現物取引

先ほども触れましたが、ビットコインFXや先物取引では現物を購入することはできないので、ライトニングでは「現物取引」を行うようにしましょう。

そして、販売所ではスプレッドが大きいということは忘れてはいけません。先ほども軽く触れましたが、スプレッドは利用者にとって大きな損失になる可能性があります。

ゆかりゆかり

事業者(ビットフライヤー)は、スプレッドによって大きな収益を上げています(; ・`д・´)

つまり、ビットコインをお得に購入したいなら、ビットコイン簡易取引所かライトニング現物取引を利用するべきです。

ただし、どちらも手数料は同じなので、ビットコインの購入だけが目的であればビットコイン簡易取引所の利用でなんら問題はありません(*^^*)

ビットフライヤーで販売所を利用するメリット

ビットコイン、買い方、ビットフライヤー

ビットコインの買い方のうち、販売所は利用者にとってお得ではないと紹介しましたが、もちろんメリットもあります。

メリットがなければ誰も利用せず、事業者は稼ぐことができませんからね(‘ω’)

ここでは、ビットフライヤーの販売所でビットコインを購入するメリットを、3つ紹介したいと思います。

ビットコインの買い方がわかりやすい

第一に、ビットフライヤーのビットコイン販売所は、取引の方法が初心者でもわかりやすいのが魅力です。

取引ページに行くと購入価格と売却価格が大きく表示されており、数量を指定して「コインを買う」「コインを売る」ボタンをポチっとすれば簡単に取引が完了します。

ゆかりゆかり

私も一度だけここでビットコインを買ったことがありますが、めっちゃわかりやすかったです(*´Д`)

取引所のように注文が通ったかどうか、また約定したかどうかを確認する必要はありません。

また、取引時に注文板を確認する必要も、メイカー・テイカーで悩む必要もありません。

いくらで何枚購入するか、というシンプルな画面で初心者でもわかりやすいのが良いですね(*^^*)

販売所なら取引で失敗しにくい

今日の記事でも詳しく解説しましたが、取引所での取引は利用者が相手です。1秒単位でビットコインの価格は変動していきますし、出した注文が成立しないことも多々あります。

取引所は、資産管理のプロが儲けようとして取引をしている場なので、裏をかかれて損をしてしまうリスクもあります。

取引所では基本的に、チャート(価格形成を表すグラフ)を見て購入することになります。

「1回購入するだけだから価格はそんなに気にしない」と考えていても、購入したあとは価格が気になってチャートを見てしまうものです。

そこで、ぐんぐん価格が下がっていくチャートを見ると「あ、やばい」となって売ってしまうかもしれません。

プロはそれを読んで下がったところで買うということができますが、初心者には難しいこともあるでしょう。

反対に価格がどんどん上がっていくのを見たときに、まだまだ上がるとふんで買い増ししたところで急激に価格を下げる可能性もあります。

しかし販売所では、そんな駆け引きとは無縁(ちょっとは関係あります)の場所です。なんせ相手は事業者であって、利用者ではないからです。

購入、もしくは売却したいときに価格を確認し、その価格で納得できたらポチっとボタンを押すだけで、それ以上でも以下でもありません(`・ω・´)

欲しいときにすぐ購入できる

ビットコイン、買い方、ビットフライヤー

取引所と違い、販売所では注文を出してから成立するまで待たされることがありません。

取引所では、注文を出してから成立するまで非常に時間がかかることがあります。ビットコインの価格が、自分の希望した価格にならなければ、3日経っても1週間経っても約定しない可能性があります。

もちろんすぐに取引が成立することもありますが、その価格で購入できることは誰も保証できません。

また、取引所では利用者の集中によってサーバーが重くなり、注文が通らないことがあります。今の価格で欲しいのに!と思ってがちゃがちゃやっている間に価格が高騰して買えなかった、ということはよくある話です。

反対に、たとえばビットコインの価格が暴落しているとき、今すぐ売りたい!と考えますよね?でもやっぱりみんな同じことを考えるので、取引所のサーバーがパンクしちゃって注文が通らない、売れない、ということが起こる可能性があるのです。

しかしビットフライヤーのビットコイン販売所なら、いつでも好きなときにビットコインを購入することができます

ビットフライヤーが提示する価格で問題なければ、ポチッとボタンを押すだけで確実にその価格で購入できます。

購入ボタンを押してから、急に価格が変動するなんてことは一切ありません。

その価格にはスプレッドが含まれているのでお得な価格ではありませんが、ちょっと損をしても良いから今すぐに欲しい!今すぐ売りたい!という人は、販売所を利用する価値はあるでしょう。

ビットフライヤーは初心者向けの取引所

ビットフライヤーでのビットコインの買い方を3つ紹介しましたが、自分に合った方法は見つかりましたか?

ビットコインを買うだけならおすすめは簡易取引所ですが、ちょっと上級者の取引に興味があるなーという人は、迷うことなくビットフライヤーライトニングを利用してみると良いかと思います。

プロ用とか上級者向けなどという説明がなされることの多いライトニング取引ですが、仕組みは同じのなのでやってみると意外と簡単に取引ができちゃいますよ。

ビットコインキャッシュやイーサリアムが欲しくなったときもすぐに購入できるので、やっておいて損はありませんよね(*^^*)

それでは今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございましたー!

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」