ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨への規制と新たな課税の検討・試みを徹底解説!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.25 最終更新
研修生

仮想通貨への規制と新たな課税の検討・試みを徹底解説!?

仮想通貨,規制,課税

世界各国による仮想通貨規制の動きを記事にしました。

仮想通貨は急激に成長したこともあり法整備が追いついていない事も事実です。
今後の動きなどを国ごとにまとめ分析しました。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

今回の記事では、急速に今年3月上旬辺りからなされるようになった、一部の幾らかの世界各国による仮想通貨規制の後に、我が国日本を含む仮想通貨に対しての新たにやろうと検討や試みをしている規制や課税に関しての問題について、記述がしてあります。

世界中にある、新たな課税の試みをしようといった動きがみられる、幾らかの各国の様子に関しての内容でもありますので、どうしても、テーマのソース面に関しては不足が見られるところも確かにあります。

そうした点はどうか、読まれていく上ではご了承を願います。

ただ、我が国日本をはじめとする各国が試みている、現在の課税の形とは異なる、新しい特別な課税のやり方自体に関してはやはり、それまでの既存の課税条件に基付きながら行われてきた仮想通貨への従来型である課税制度を壊しながら、更なる時のその政権によっては、新たな課税が恣意的なやり方で行われながら、それにより起き得る様々な問題点があるところは、確かにあります。

現在、実際に仮想通貨銘柄の取引をしていて、その上でもう既に、高額な収益を得たりする事が実現を出来ている取引ユーザーである方や、そうなりつつある兆候がある方には、今回の記事は大いに、ご一読の価値があるお勧めなものと言えます。

まだ実際に、実現をされていない各国による課税の検討や試みですが、世界中におられる取引ユーザーの方にとっても、これは決して他人事ではありません。

こうした視点でも、仮想通貨への新たな課税で出る問題による様々な不安は、なかなか無視できるものではありません。今回の記事ではその点を重視して執筆してみました。

各国による、従来の制度とは異なる、新たな形での課税の試みの実態

仮想通貨,規制,課税

日本国内での各仮想通貨取引所では、取引手数料などへの課税もなされている

現在の我が国の国会での与党や野党の一部の議員、官僚関係者の人々の中でも、最近は仮想通貨への従来型の課税とは異なる、独特の仮想通貨専用の新しい課税の制度を設けるべきだ、などといった意見や見解などを主張・公言をされたりしている方を、新聞やテレビ・ラジオ・ネット上でのニュースとかで目にしたりする事もあります。

ただ、それでも基本的な、現在のここの日本国内において、もう既に実施をされている事を忘れてはなりません。

それは、仮想通貨への課税が、国内外にある指定の各仮想通貨取引所を通じて、それらにおいての各種取引・移送・換金の際での手数料に対してなされたりしている現状です。

つまり、各取引所を媒体にしながら、手数料分の消費税としての課税といった形で、取引ユーザーの方個々人から、実際に取引をしている投入資金への徴税がなされているという事になります。

こうした現在の状態が、従来型の我が国日本においての、仮想通貨に対しての課税のあり方になりますが、このような仕組みを廃止して、全く新しいシステムや構造からなる、全く独自の特別な仮想通貨への課税制度を行うべきだといった事を主張している方が、先程も挙げた階層である人々のように一部国内におられたりするような様子です。

しかしながら、実際に仮想通貨の取引をされたりしているユーザーの方全てが、必ずしも高所得者であるといった確実性はありません。

実際にも調査会社の報告などでも、昨年度の確定申告を実際にされている、仮想通貨取引ユーザーである方のうち、約100万人台であり、それらのうちで1億円以上の資産を取得・形成された方が、約300人台といった結果が公開をされています。

こうした調査会社による結果公開の情報からしても、100万人台規模である仮想通貨取引ユーザーの大半が必ずしも高額所得者では無くて、そうした方がほんの一部である実態が分かります。

そしてその、100万人台の取引ユーザーである方の大半が、年収が約300万円以下の低所得者層であるという報告も、また別な幾つかの調査会社による調査結果として公開をされたりしています。

そのような様子を目にしてもやはり、高額所得者が仮想通貨取引ユーザーの中でも如何に稀な存在であるのかが、理解可能です。

このような実態が考えられる以上は、新しい課税の形を考えていく上でも、そうした低所得層である取引ユーザーの人々に対しての、経済的な不利益を与えたりしていかないような税制としても、そのあり方を考えていく事はとても重要です。

仮想通貨は決して、脱税の温床では無い

これはネット上でも幾人かの日本国内の税制に詳しく、国税庁などとの繋がりがあったりしている方々が言われている事でもありますが、中々その分、信憑性が窺える情報です。

国内外にある、きちんと事業者登録をされている仮想通貨取引所であれば、現在の関係法令の規定にもあるように、我が国内の場合、国税庁その他の関係当局から情報公開を求められたりすれば、取引所運営事業者は全ての情報を公開しなければならない義務があります。

こうした法制度上・税制面の両方において、我が国日本では如何なる仮想通貨取引所を通じて、そこの利用者である取引ユーザーの方本人の個人情報を把握済みですので、ほとんど関係当局には個人情報が丸裸のような状態同然です。

このような、我が国でのほぼ、がんじがらめの法制や税制による厳格な情報把握管理が国税庁・税務署などの各税務当局によってなされたりしているような状態ですので、タックスヘイブンなどの通貨の取引やその上での取引所の利用をしたりしなければ、余程の事が無い限り脱税行為・工作とかはとても無理な環境になっています。

ここの小節で今話した、各税務当局による厳格かつ厳重な情報管理体制が整備をされていますので、ただでさえ脱税が不可能な環境である事は断言が出来るところがあります。

こんな実態があるのにも関わらず、そうした従来からの非常に厳し目な情報管理体制が税務当局によってなされたりしているのに、それを根底から改めてそれとは大きく異なる、独自の仮想通貨への厳しい課税方法を行うべきとする説や見解を主張は、効率がどうも悪いようなところが否めません。

取引ユーザーである誰もが、脱税がしようにも出来ない環境であるにも関わらず、独自の仮想通貨への厳格かつ特別な課税といったやり方自体、時の政権によっては基本法制の確立とかの形で、恣意的な課税がなされたりしてしまう事はもちろん、そのための法制確立などを名目にして、その当時の政権によって国家予算を不当に引き出されたりして濫用・悪用等をされる可能性も十分にあり得ます。

今話したような深刻な事態をも招いたりしてしまう状況などを踏まえて、脱税とかが出来ない環境である以上、取引ユーザーの権利保護の面をよく考慮をしながら、課税のあり方を考えていく必要性は不可欠と言えます。

日本以外の各国での、新たな課税の試みや検討

韓国の場合

日本以外の各国での仮想通貨への新たな課税の試みや検討の面ではやはり、気になるのが、海を隔てたお隣の韓国での動向です。

韓国本土では、去年の5月辺りからのビットコインの高騰化に連動して、アルトコインでの高騰化という形にもなり、同年の12月下旬には両者の各種銘柄での高騰化が最高潮に達してついに、いわゆる「キムチプレミアム」となり、それが翌年の2月下旬まで続く事になります。

そして今年の2月下旬を過ぎて、3月上旬辺りからの下落となりそれでキムチプレミアムの終了となりましたが、その直後である4月上旬に韓国政府の税務当局としては、それまでの従来からの課税制度とは弱干内容が異なる、暫定的な税制という緊急的なものを行うようにしているとの事です。

現在の今年8月中旬には、仮想通貨課税に関しての税制改正が本格的になされるとの事で、そのための事前準備としての性格性が、この暫定税制にはあります。

具体的にはどのような内容のものになるのかは分かりませんが、これまでの同国本土での課税体制とは異なる仕様であるものである事には間違いがありませんので、その動向が国内外におられるユーザーであるみなさんにはやはり、気になるところです。

アメリカの場合

次は我が国日本との関係性が深い、アメリカの場合に関しての内容になります。

同国本土の場合、もう既に2014年の時点で、仮想通貨が株式などと同じく、所得課税上の扱いがなされるようになっていて、収入面ではキャピタルゲイン方式が課税仕様として採用をされている形になっています。

やはり、アメリカの場合には課税体制がかなり、以前から具体的な税制内容の仕様になっていますので、仮想通貨そのものの売買や交換、実社会でのサービス・商品の購入で通貨を決済手段として利用した場合には、課税されるという条件も具体的に法令条文での規定がされています。

そのせいもあって、1年未満の保有日月数の場合は約10%から40%台、1年以上の保有の場合には0%・15%・20%の3つのうちの何れかが条件次第で適用をされていくという、税率設定がなされていますので、この点も大いに注目出来ます。

また、課税は通貨銘柄毎でのマイニング作業を実際に行い、その上で完了した時点でも、アメリカ本土ではなされるようになっています。

完了時にその時点で実際に報酬を得て、その状態で時価での課税がなされていくという点で、通常の取引や購入などの場合とは異なるところがあります。

やはり、元々ビットコイン発祥の地であるだけに、アメリカ本土の場合には、課税要件の内容に明確さがある点がありがたいと言えます。

中国の場合

中国本土の場合も、やはり韓国に続いて今年4月上旬あたりから規制の強化をしているような形です。

ただし、大手の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)やBitMEX(ビットメックス)などの場合には、日本本土での移送や通貨交換などをしたりしても、手数料や税金が掛らないようになっていますので、そうした点ではとてもありがたいところがあります。

その代わり、売買やマイニングなどの場合で、それらの各作業が完了をした上で実際の収益が出たりした場合には、アメリカの場合と同じように、取引所が所属する国が設定をした指定の税率が適用をされていくといった形になっています(税率の具体的な設定内容に関しては、やはり税制改正前といった事情もあって、明確にはされていない現状です)。

確かに2017年の12月下旬頃あたりから、中国本土国内では個人間同士での仮想通貨銘柄の売買の禁止(交換は可能)、海外への移送などを全面あるいは一部禁止にするというような厳しい税制方針を敷いています。

ただ、それなどはあくまで未登録の取引所運営事業者やそれらを利用している取引ユーザーに対してのものであり、バイナンスやBitMEXその他の正式に登録をされている取引所の場合、日本国内にある取引所と同じ感覚で日本側での利用も可能になっていますので、特に問題とかはありません。

このように、中国本土の場合には、未登録である中国内外の取引所やそれらを利用している取引ユーザーである方に対しての、厳しい規制があります。

その他の各国の場合

今まで話してきた韓国・アメリカ・中国以外の世界各国による、仮想通貨へ新たな課税の試みや検討について、ここでは触れていきます。

まずは西欧諸国の1つであるフランスの場合ですが、ここでもやはり、4月上旬からの規制をしてはいるものの、それまでの仮想通貨取引においての45%の所得税率を19%までに引き下げる決定を、同国評議会(日本でいう「国会」にあたります)でしています。

このようにして、フランス本土国内で仮想通貨取引を行う取引を行うユーザーの方への優遇税制を敷いて、規制の傍ら投資による見返りを獲得していくための狙いが同国の場合は窺えます。

一方、これに対して直ぐお隣のドイツの場合、通貨銘柄の移送や交換以外の、売買決済の場合に限り、同国本土での課税を全額非課税にすると同国財務省を通じて発表を公にしているような形です。

また、1年間以上ビットコインをドイツ国内で保有をしていた場合にも、25%からなる所得税支払いの免除がなされるというような、とても大胆な税制方針を採っていますので、ドイツ国内市場もこれから注目をされていく可能性があります。

そして最後に南アジア地方のインドですが、いち早く2017年の4月中旬から仮想通貨の規制に乗り出すと共に、同国政府は同年5月下旬にオンライン上にて、仮想通貨のあり方に関してのフォーラムを開くなど、積極的な課税に関しての模索をするような動きを見せていました。

それらから今年の4月上旬頃に各国と同じく、仮想通貨の規制に取り掛かるようになりましたが、現時点では韓国の場合と同じく暫定的な課税方針を臨時的に採りながら、新たな税制法制を成立させていくための準備をしているような状態です。

そのため、まだ具体的な仮想通貨課税税制の決定とかは無いような様子と言えます。

その他、世界各国毎による仮想通貨に対しての、新たな課税のための法制度の確立が様々な方面や側面などから策定をされて、その上で検討や形成・成立とかが試みられたりしているような状況です。

このような国際的な様子もやはり、その国毎の国土環境や広さ、国内情勢、政治事情、国民性その他、様々な固有的な理由から仮想通貨への規制をしつつ、新たなる課税をしていこうといった動きである事には、間違いありません。

世界各国による規制と、それと同時になされる新しい課税の検討・試みと、既存の一部の各国富裕層との関係性

仮想通貨,規制,課税

仮想通貨の存在を恐れる、世界中にいる既存の一部の富裕層の人々

これは実際に、我が国日本国内でもネット上で報告をされているケースでもありますが、仮想通貨や気に入らない取引ユーザーの方に対して誹謗中傷や罵倒をSNSやブログのコメント欄とかで繰り返したりするユーザーや、LINEなどを媒体にして仮想通貨の情報を教えるなどと言って、高額な受講料の支払いや、実質的な価値よりも以上に高い値段で得体の知れない仮想通貨の銘柄を購入をする事を言葉巧みに催促・強要してきたりしてトラブルを誘う悪質なユーザーなどが、実に絶えない現状があります。

確かにこうした事を行う心無いユーザーさん達の中には、様々な階層の方がおられたりはしますが、このような一部の人々による嫌がらせや詐欺・横領などを目的にした行為は、決して日本だけに限った事ではありません。

このような卑劣な行為をまっとうな仮想通貨取引ユーザーの方に対して行うユーザーである人物は、実際に被害を受けたりしている取引ユーザーの方が被害届などを出して、それで名誉棄損罪や詐欺罪、横領罪での刑事事件による逮捕や検挙、民事事件での賠償や返還請求などが認められたりはしても、次々と新たな同じ手口のケースが絶えず、中々解決に至っていないといった報告が多い実態があります。

こうした実態のあり方から、幾らその卑劣な行為を行う悪質ユーザーである人物本人が判明をしても、ほぼ同じような手口で別のユーザーである人物が、仮想通貨取引ユーザーの方を狙ってくるといったパターンである事から、もしかすると、そうした悪質なユーザーである人物は個人であるとは限りません。

組織的な編成が見えないところでなされていて、その中心的人物が計画的に、卑劣な行為を行うユーザーへお金を裏で渡して行わせているのではないか、といった説や見方なども、被害者やまっとうな取引ユーザーである方の多くから囁かれています。

そして、実際に日本国外での件も含めて、実際に仮想通貨取引で迷いがある善良なユーザーの方の中で、財産的な被害を受けたりしているケースなどもある事から、どうも、仮想通貨の取引を通じて、世の中へ『億りびと』が多く出る事を恐れている一部の社会階層の人々がいるのでは、というウワサも少なくはありません。

これらの経緯から考えてみると、やはり、新しい富裕層である億りびとが増えていく事によって、それにより社会構造に大きな変化が起きたりしてそのため、既存の富裕層の人々の中でも一部の人達にとって、居心地が悪い世の中になってしまう事を考え恐れています。

そのため、新しい成功者である億りびとを出させないために、裏でこうした誹謗中傷や罵倒、LINEを利用したお金や財産の詐取・騙取行為などを、その一部の富裕層である人達が自分達のお金で雇った人物である悪質なユーザーの方へ依頼をし、嫌がらせや詐取・騙取行為をさせているような裏事情・構造なども、十分に考えられます。

それでも仮想通貨を行う取引ユーザーが中々減らないために、先にも触れたキムチプレミアムの後の暴落時期などを良い事に、各国にいる一部の既存の富裕層の人達が自らの発言力を団結して現時点の自国の政権へ取り入り、今年の4月上旬に仮想通貨の規制やこれまでに無い課税税制とかを働き掛けた可能性は、決して否定が出来ません。

それでも揺るぎない、仮想通貨市場

今の小節のところでも触れたように、何とか仮想通貨取引ユーザーの人間を減らして、自分達が扱ってきた投資商品の既得権益と、自分達の既存の富裕層としての身分の確保をしようとしている、自己保身が強い偏狭で理解力に欠ける愚かな一部の人達の存在なども否定は出来ませんが、それにも関わらず、昨年の5月あたりからチャート表の様子を見ても、仮想通貨全体の相場が著しく高騰をしている事自体は事実です。

つまりそれだけに、世界中の多くのネットユーザーの方からの支持を得ているというこれは証明でもありますので、それだけに仮想通貨は世の人々へ希望を与える投資商品である事は間違いが無いと言えます。

現在、やはり庶民階層の中で、その日の暮らしや将来的なこれからの先行きへの不安がある方が、世の中には人口の多さの実態を考えても多くおられる事は推測出来ますので、そうした方が「将来的にも安心出来る程の財力を確保をしておきたい、経済的な余裕ある日常を過ごしたい」などといった心理状態は、ごく自然なあり方です。

そうした面を考えても、世界中にいるあらゆる階層の人々が、仮想通貨に対して将来的な希望や期待を有している事は確かと言えますので、そうした多くの方々による心がまさに、2018年8月中旬までの仮想通貨全体の相場の高さに現れている事は確かです。

そんな状況の中でも、昨年からも数々の新しい通貨銘柄が開発をされてきているような様子でもありますが、それらの相場の値動きやチャート表上での動向とかも決して悪くは無いような状態ですので、間違いなく仮想通貨全体に対しての知名度を含めた印象といったものは、悪いものではありません。

そして、あのプロトタイプの仮想通貨銘柄であるビットコインなども、現時点においても70万台前後という高値の状態を維持し続けているような様子です。

それだけにこうした様子も、世界中にいる多くの取引ユーザーをはじめとする方々からの、支持や人望があるという商品性が仮想通貨にあるといった証拠ですので、このような状況はこれからも長く続いていく可能性は大いに考えられます。

現在、地球全体の人口は約57億人台前後とされていますが、そのうちの最上層にいる富裕層が世界中でたったの1%である約3億2千400万人台であって、それらが今まで触れてきた『既存の富裕層』と呼ばれている人々にあたります。

これら既存の富裕層の人々の中でも一部の人々の中で、現在住んでいる国の現政権との繋がりが密である人達も少なくは無く、こうした人達が仮想通貨での「億りびと」が出る事によって世の中が変わる事を恐れて、先にも触れたように、仮想通貨のサービスや関連事業者、仮想通貨取引ユーザーを攻撃をしているという説の提唱や報告もされています。

しかし、それだけにも携わった取引ユーザーである方が、誰でも豊かになれるというチャンスが常にあるという、とてもありがたい仮想通貨という投資商品ですので、これからも多くの世界中にいる人々へ希望を与えていくという点で、市場のあり方そのものには揺るぎが無いところは間違いありません。

自分の人生や世の中を変えていくという意味でも、仮想通貨を購入していく価値がある事

今話したように、誰もが豊かになれる、世界中の57億人規模の人口からなる人々がもしかすると全員、億りびとになれる可能性があるのが、まさに仮想通貨の商品性と言えます。

その分、やはり、自分の人生や世の中を変えていける可能性を大きく含んでいる、投機性が高い投資商品でもありますので、そうした意味でも仮想通貨を購入していく価値は、十分にあります。

そのままの従来からの社会体制などや習慣に依存をしながら、既存の富裕層の人々の中にいる一部の人達は、これまで人生を生きてきた経緯があります。

そして、現在の地球上の大半にある国や地域、社会などの世の中がまさに、そうした実態があります。

そうした世の中は、既存の一部の富裕層の人達にとっては大変居心地が良い社会環境であり、その人達のためだけの世の中や社会といっても、決して過言ではありません。

しかしながら、そのような世の中自体は、そうしたほんの一部の少数者である人達のための世の中あるいは社会であり、それら以外の違う人々を排除したりするような、排他的な側面が否めません。

そうした実態もやはり、世界中で現在も深刻になり続けている貧困による格差の主要因の一部にもなっているところがあります。

このような、ごく一部の偏った考えを持つ、ほんの少数者からなる富裕層の人々による世の中を糺したりしていく事によって、真の民主主義を確立していく、世直しをしていくという意味でも、仮想通貨の購入や取引をしていく意義が、大いにある事が理解出来ます。

革命・社会改革などといった言葉の表現は大袈裟かもしれませんが、今話したように、現時点をも含めて、世の中を真に良い方向へ持っていける大きな可能性を仮想通貨は秘めています。

自分が人間らしく生きていきたい、といった願いを叶えてくれる可能性のある仮想通貨ですので、苦しんでいる現在の状況の改善や将来的な不安などへの払拭を、真剣にされたりしていきたい方などは、大いに購入をしていく意義があります。

今回の記事で言える結論

仮想通貨,規制,課税
これも、もう今回の記事内で触れていますが、今年の4月上旬から急に各国が行い始めた仮想通貨への規制や新たな従来の課税方法とは異なる内容の、仮想通貨専用の新たなる課税税制の検討やその試みは、確かに政治的影響力のある、一部の既存の富裕層の人達による各国政府への働きかけがあるような感じが窺えるところがあります。

そうした人達各自が仮想通貨そのものに関しての実態や知識を知らないというよりかは、やはり、既存の自分達が事業で発行をしてきた株式・投資信託・FX・先物取引・債券その他、様々な従来型の投資商品による収益が落ちて、そのためそれらの各部門での収益を得ていけなくなる事により、現在の富裕層からの転落を恐れているようなところがある感じがします。

お金さえ払えば何でも行うような卑劣な悪徳ユーザーなどを雇って、仮想通貨業界や取引所運営事業者、仮想通貨取引ユーザーなどへの嫌がらせや悪評流布、金銭騙取・詐取行為などをさせたりしても、それでも中々仮想通貨の人気が衰えないため、自分達が居る国や親しい国の政府などへ働きかけを行い、規制や課税の要請をしたような可能性も十分に考えられます。

そうした陰湿で汚いやり方で、仮想通貨業界や取引所運営事業者、取引ユーザーへの攻撃をする程、現在の地位や富裕層という境遇に固執をする程の保身性が強いところは確かですので、こうしたほんの一握りのおかしな人達による世の中のあり方といったものや、その理想は、決してまともなものではありません。

こうしたおかしな人達による恣意がまかり通る、理不尽な世の中のあり方を変えていくためにもやはり、仮想通貨の存在といったものは、社会的にも大きなものであり、大いに意味があるものと言えます。

確かにまだまだ、通貨銘柄本体毎の、ブロック内にある暗号キーの形態やブロック間同士のチェーンの繋がり方による、情報保護の面での問題、マイニング時における必要機材類の購入や必要電力量とそのための高額な電力料金相場の高さという、経済的コスト面での問題、過剰な銘柄毎による投機性の問題、等々、その他、様々な課題があります。

それでも先程も話したように、ビットコインの70万台をはじめとする昨年5月の時点を上回る、アルトコインを含めた各種通貨銘柄での高値の相場状態、変わらない投機性の高さのあり方などを見ても、やはり仮想通貨の取引ユーザーの方の存在といった需要がありますので、これからも商品としての可能性には、まだまだ未知数なところがあると考えられます。

最終更新日:2018年08月25日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」