ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨ビットコイン(bitcoin)・仮想通貨取引所との関係性とその価値とは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.25 最終更新
研修生

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)・仮想通貨取引所との関係性とその価値とは!?

仮想通貨,ビットコイン

仮想通貨といえばビットコインという印象かメディアによって一般人の人は多く勘違いしています。

そのビットコインの価値や今後の動きについて記事にまとめました。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

そもそも、ビットコイン(bitcoin)に価値があるのか不思議と思っている人たちも少なくないのではないでしょうか。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、数年前と比較して、飛躍的に価値が上昇したから、多くの投資家たちの注目度も俄然アップしたと言っていいでしょう。

逆に言えば、ビットコイン(bitcoin)に価値が存在しなければ、誰もそれに見向きをするこはありません。

ビットコイン(bitcoin)に価値が存在しているのは当たり前という言い方をする人たちもいますが、なぜビットコイン(bitcoin)に価値が存在するのか、理由を追求することには相当な意味があります。

ビットコイン(bitcoin)に価値がつく理由には、通貨としての役割を持っているからです。

法定通貨の違い

仮想通貨,ビットコイン
しかし、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、法定通貨ではありません。仮想通貨ビットコイン(bitcoin)には、発行主体がないというという特徴があります。

円やドルと言ったものを多くの人たちが信頼し、世界がスムーズに運行されているという言い方も出来ますが、 法定通貨は、国・中央銀行が発行したものであり、信用があらかじめ存在し、そこに価値が生まれたと言っていいでしょう。

しかし、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、そのような通貨ではありません。法定通貨は発行上限はないと言えますが、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)には、 発行上限があります。

発行上限がないから、法定通貨では、金融緩和や金融引き締めなどが起こります。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、発行上限が約2100万BTCというあらかじめの決定事項が存在しています。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、主体が存在せず信頼度は薄いのかもしれませんが、 紙幣のように増刷が起こり、突然インフレが起こるリスクもないと考えることができます。

まず、法定通貨と仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の違いについて、この程度あたりのことを抑えておく必要があります。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は海外に強い

おおむねみなさんも理解していることでしょうけど、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、国内に強みを持っているというよりは、海外に対して強さを持つ通貨です。

私達が海外旅行へ行ったりするとき、日本円は現地の通貨に必然的に両替することになります。

当たり前と思えばそれまでですが、そのときいちいち両替の手数料も取られてしまうことになります。

それは、それぞれの国の通貨であり、互換性がないため、穴埋めする作業として手数料が要求されることになりますが、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の場合、そうではなく国家単位で発行される通貨ということではなく、世界単位の通貨という認識をすることができます。

ですから、現地で仮想通貨ビットコイン(bitcoin)を使用しても、いちいち手数料を支払いする必要がありません。

実際に、日本に滞在していて仮想通貨ビットコイン(bitcoin)を利用する機会は、そんなに多い訳ではなく、なんで仮想通貨ビットコイン(bitcoin)が必要なの……?とついつい考えてしまうかもしれませんが、海外に行けば、結構仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の有り難みを感じることって多いのです。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)に多くの人たちが期待をしているから、今後もビットコイン(bitcoin)は、価値を高めて行くでしょう。

ビットコイン(bitcoin)は世界基準で使用出来、決済出来る大きな強みがあります。

投機というメリット

そして、ビットコイン(bitcoin)が注目されている理由は、技術的価値が評価されているだけでなく、投機という側面でも大きなメリットを持っているからです。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、短期的な価格変動によって、利益を得る方法としても活用されています。

法定通貨の円やドルと比較しても、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、価格変動は大きく激しいです。

いま、FXでも、ビットコイン(bitcoin)が採用されていたりし、海外FXに目を向ければ、1000倍(GEMFOREX)ものレバレッジを使用して、変動が激しいビットコイン(bitcoin)に対してかけることができます。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)という存在は、そもそも投機で儲けられるというイメージがどんどん高くなって、注目されるようになったと言っていいでしょう。

しかし、いま、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の、技術的な面にも注目がされるようになり、 価値への投資への意識も高まって来たということができます。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、何で値動きが激しいのか

仮想通貨,ビットコイン
そもそも、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)はなんで、値動きが激しいのでしょうか。みなさんが株式を意識すれば、株式市場も荒れることはありますが、一日の値動きの幅に制限があって、 ストップ高・ストップ安にある程度制御を受けています。

しかし、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)には、そのようなシステムがないから、ストレートに仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の価格は、供給と需要によって決定されていると考えることができます。

ですから、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)に注目をすれば、前日比-20%と言った大きな下落は日常茶飯事に起きています。

ビットコイン(bitcoin)の価格は大きく上昇することも下落することもあります。ですからビットコイン(bitcoin)は怖いと考える人たちもいます。

でも、そこには大きなチャンスも存在しているから、多くの人たちがビットコイン(bitcoin)に関心を持つようになったともいうことができます。

まさに、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)で得ることができるのは、ハイリスク・ハイリターンなのです。

仮想通貨取引所との関係

仮想通貨,ビットコイン
ビットコイン(bitcoin)は非常に安全と言われてますが、ビットコイン(bitcoin)をやりとりする仮想通貨取引所が安全なのかということも関心を持って見ていく必要があります。

そもそも、ビットコイン(bitcoin)は、仮想通貨取引所を通さなければやりとり出来ないものかといえば、そういうものでもありません。

ビットコイン(bitcoin)を知り尽くした人たちの中には、仮想通貨取引所での取引を避ける傾向もあると言われています。

なぜなら、仮想通貨取引所を利用することで、個人情報が取引所に知れ渡ることになり、個人情報が流出してしまうリスクについても考えているからです。

犯罪の意図があって仮想通貨取引所を利用しないというのではなくて、単純に仮想通貨取引所は気持ち悪いからという判断理由で使わないケースがあるようです。

みなさんも、ビットコイン(bitcoin)の熟練者となれば、仮想通貨取引所は気持ち悪いという思いになることがあるかもしれません。

報酬として得ている

仮想通貨取引所を利用しない方法とは、報酬でビットコインを受け取ることです。 クリプト業界で仕事をしている人たちは、定期的にビットコイン(bitcoin)を受けとっているようですが、簡単な翻訳で、プロジェクトチームの一員となり、ビットコイン(bitcoin)を報酬として得ています。

当事者同士で売買

当事者同士で売買ということもあります。当事者同士で売買によって、取引所を利用することはなく、個人情報が紐付けされるリスクを回避することができます。

定期的にビットコインの現金化をしてくれている取引相手は、世界中に見つけることができます。

はじめてビットコイン(bitcoin)でトレードをしようと思えば、仮想通貨取引所での取引は必要不可欠と思われますが、実際にはそうではなくビットコイン(bitcoin)は、様々な方法でやりとりが行われており、様々な工夫をしています。

取引所Cointal(コインタル)とは

取引所Cointal(コインタル)は現在注目度の高い仮想通貨取引所です。取引所Cointal(コインタル)は他の取引所とはちょっと事情が違っているようです。

まだまだ、取引所Cointal(コインタル)は、歴史も浅く、大手取引所と比較すれば、投資家の人数も少なく、売買の金額も少ないです。

取引所Cointal(コインタル)には、他の仮想通貨取引所にはないシステムがあり、注目されています。

仮想通貨取引所コインタル(Cointal)が他の仮想通貨取引所と違う点は、P2Pシステムを使用している仮想通貨取引所であることです。

P2Pは、サーバーを通さないでも、個人間のパソコンにつなげる仕組みを持っています。

ビットコイン(bitcoin)が何か理解しようとするときにも、P2P(ピアツーピア)という言葉に出会い、首を傾げている人たちがいます。

この際なので、P2P(ピアツーピア)が何かしっかりここで理解しておくのもいいでしょう。

Peer to Peer(ピア・ツー・ピア)とは

Peer to Peer(ピア・ツー・ピア)が、P2Pのことです。 P2Pに対峙するものには、
Server Based Network(サーバーベースネットワーク)というものがあり、ファイルなど資源を管理するサーバと、利用するクライアントという関係を接続しあう形態のことを言います。

ビットコイン(bitcoin)は、中央のサーバーが存在しないことは、既に多くの人たちに知られていることですが、相互に直接接続しデータを送信・受信するシステムのことを、P2Pという言い方をしているのです。

銀行やWebサービスでは、サーバー攻撃をなんとか回避しようというモチベーションによって、多くの費用を出費しなければならないですが、ビットコイン(bitcoin)には、サーバーがないからそのような問題について考える必要がありません。

ですから、ビットコイン(bitcoin)は取引中止になるリスクも少なく安全性が高いとも言われています。

仮想通貨取引所Cointalも、ビットコイン(bitcoin)と似たような感じで、P2Pシステムを採用している点を評価することができます。

Cointalのサーバーを経由して取引は行われているので、正確に言えばP2P とは多少違いはありますが、サーバーを利用しているものの、売買の取引を個人のあいだですることができるメリットは相当評価されているようです。

Cointalは信頼できる?

仮想通貨取引所Cointalでは、ビットコイン(bitcoin)、イーサリアム、リップル、ライトコインの仮想通貨を扱っているということです。

今後、もっと仮想通貨の取引数が増えることも予測することができます。

しかし、それでも、ビットコイン(bitcoin)、イーサリアム、リップル、ライトコインが信用される仮想通貨としていつも上位にランキングアップされることでしょう。

それはCointalの問題ではなく、仮想通貨全体の問題で、ビットコイン(bitcoin)、イーサリアム、リップル、ライトコインが大きなシェアを持っているからです。

個人投資家のみなさんはとにかく、安心出来る仮想通貨と向きあい、それは、ビットコイン(bitcoin)、イーサリアム、リップル、ライトコインではないかいう評価をし、かつ安心な仮想通貨取引所を模索して見つけていかなければなりません。

仮想通貨取引所Cointalでは仮想通貨を日本円に交換することができます。Cointalは、個人同士の売買市場という意味合いなので、仮想通貨は、いろいろなものと交換取引することができます。

日本円に交換することが当然出来、AmazonやiTunesのギフト券などとも交換することができる、非常にフレキシブルな取引の形態があります。

ビットコイン(bitcoin)100米ドル分とAmazonギフト券が交換されるような取引が、Cointalでは頻繁に行われていることになります。

Amazonギフト券を持っている人たちは、容易に、Cointalで、ビットコイン(bitcoin)に交換することができます。

更に、自分が持つペイパル口座に対して、買い手のほうから支払いをしてもらうことも出来ます。

インターネットショップのカード決済のような感じでとてもスムーズに対応することができます。

ペイパルの口座だけでなく、自分の銀行口座に振り込みして欲しいと思えばそれも可能です。

Google Play Gift CardやeBay Gift Cardと言ったものも選択方法として利用することができます。ギフトカードで支払いをしたいと思えば、Cointalを選択するのがいいのではないでしょうか。

かつCointalは手数料がかからない

多くの人たちが現在、仮想通貨取引所Cointalに注目しているもうひとつの理由は、Cointalが仮想通貨を直接購入するときには手数料の支払いをしなければならないですが、利用者から直接仮想通貨を売買するという方法を選択した場合、手数料を一切支払いする必要はありません。

手数料を多く取られてしまう仮想通貨取引所を利用すれば、活発に取引をしている人たちは不利な立場に立たされることになりますが、そのようなとき、Cointalのシステムを有効的に活用するといいでしょう。

売買金額が大きい投資家たちが、仮想通貨取引所Cointalに注目し利用していると言っていいでしょう。

仮想通貨取引所の中でも、Cointalという存在は結構ユニークな存在だと多くの人たちに思われているようです。

でも、ユニークは、本当に信頼できる仮想通貨取引所かどうかもう少し検証してみる必要もあるでしょう。

とにかく、私達が見つけていかなければならないのは、安心出来る仮想通貨であり、かつ信頼できる仮想通貨取引所です。

マネーロンダリングができる

仮想通貨,ビットコイン
仮想通貨ビットコイン(bitcoin)には、 マネーロンダリングが可能であり、そこに価値を見出している方々も少なくありません。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、犯罪資金の洗浄に使われるメリットの大きな匿名性・暗号性も指摘されています。

ただし仮想通貨は、オンラインで構成されているので、 情報はもちろんデータ化され、消すことが不可能です。

現金の場合は逆にオフラインで、お金がどのようにやりとりが行われて来たのか知るのはなかなか困難なのです。

マネーロンダリングとは

ビットコイン(bitcoin)で容易にマネーロンダリングすることができれば、私達の社会は不安要素を抱えてしまうことになるかもしれません。

しかし、お金を守ることに、誰もが必死なので、完全マネーロンダリングの方法があれば誰でも注目して見てしまうのではないでしょうか。

マネーロンダリングとは資金洗浄という意味です。 マネーロンダリングとは、お金の出所をわからないようにする手段です。

そのような方法をなんで選択しなければならないかといえば、公表出来ない、したくない汚れたお金があり、それを綺麗なお金に替えたいと思っているからです。

個人が脱税などで得た税金逃れのお金は、やはりマネーロンダリング対象となるお金です。

ビットコイン(bitcoin)で、マネーロンダリングを許してしまえば、社会の根幹も崩れて行ってしまうことになるのではないでしょうか。

つまり、社会の根幹を崩す要因のあるものに加担する要素のあるビットコイン(bitcoin)は、本当の意味で信用できるものであるかということにも考えていく必要があります。

麻薬取引や、粉飾決算、振り込め詐欺といった、犯罪で得たお金が資金洗浄の対象になるのです。

本当にビットコイン(bitcoin)は完全なのか

ビットコイン(bitcoin)は完全な仮想通貨と言われていますが、社会のシステムにしっかり従う条件を持っていないと、本当の意味で完全と言えないのではないでしょうか。

ビットコイン(bitcoin)は、マネーロンダリングが出来るから、犯罪者たちの間で、もてはやされているだけの存在かもしれません。

もし、そのような状況がビットコイン(bitcoin)に作られているとすれば、国はビットコイン(bitcoin)の廃止を訴えかけて、なんらかの法の整備を行ってくるかもしれません。

事実、ビットコイン(bitcoin)が、マネーロンダリングに活用される可能性はあると言っていいでしょう。

しかし、それは、仮想通貨が特別マネーロンダリングに扱われる可能性が高いということではなくて、法定通貨レベルと考えてください。

現金も、ビットコイン(bitcoin)も、それぞれ特有のマネーロンダリングの方法として、充分に活用される可能性を持っています。

現金の場合のほうが、敢えて言えば、マネーロンダリングを防ぐための環境整備が進んでいるといえ、ビットコイン(bitcoin)が現状悪いということではなく、環境がそれほど整備されていない現状を問題視するべきではないでしょうか。

ビットコイン(bitcoin)のマネーロンダリングの問題について考えると、ビットコイン(bitcoin)には追跡性があり、現金が抱えているマネーロンダリングの課題は、結構こちらの方が安易に解決出来たりします。

匿名性が高い

匿名性が高いという意味では、現金のほうが高く、使用履歴が残らないので、手渡しなどの方法が取られることで、資金の移動をなかなか追跡することは困難です。

ですから、現金は、マネーロンダリングに有効的方法です。しかし、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)に対して言えば、取引所などの換金するポイントで、しっかり管理する方法を取ることができます。

徹底すれば、資金決済の流れは監視することができるでしょう。

ただし、そうはいうものの、ビットコイン(bitcoin)は、国境を超えた資金輸送が簡単に出来てしまうために、現金とはまた違う、マネーロンダリングの活用方法を見つけることができます。

ビットコイン(bitcoin)でマネーロンダリングが出来ないということではありませんので、やはり、そのような目的でビットコイン(bitcoin)に注目している人たちがいるのは事実です。

追跡性

ビットコイン(bitcoin)は、追跡性が高いから安心という声も上がっているようです。

ビットコイン(bitcoin)で、追跡性が高いと言われる理由は、ビットコイン(bitcoin)には、ブロックチェーンが存在して、ブロックチェーン上でどのアドレスからどのアドレスに資金が移動したのか取引データの公開がされているため、 第三者が資金の流れを把握しやすい特徴があります。

しかし、ここで安心というのはまだ早く、実際には、誰がどのアドレスを持っているのか、ブロックチェーンには公開されていない問題点を抱えています。

ですから、ビットコイン(bitcoin)も匿名性が高いと言われています。

マネーロンダリングの可能性

英国政府の見解としては、2015年10月、マネーロンダリングとテロ資金が国家に与える危険性に関してのレポートが、「UK national risk assessmentof money laundering and terrorist financing」というカタチで提出されています。

注目したいポイントは、仮想通貨は、マネーロンダリングに使用される可能性が、銀行やカジノよりも低いと主張している点です。

「High(高い)」「Medium(普通)」「Low(低い)」によってリスクの度合いを表していますが、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の場合、「Low(低い)」の評価です。

現状において、仮想通貨という存在は、テロリストが英国から資金を調達する手段ではないとしています。

ただし、そのような方法と化してしてしまう可能性は残されていると考えていいでしょう。

実際に、「UK national risk assessment of money laundering and terrorist financing」レボートは、2015年作成されたものですが、2018年において、仮想通貨業界で初となる自主規制団体「CryptoUK」(クリプトUK)を世に送り出したということです。

CryptoUK(クリプトUK)という規制システムによって、今後、マネーロンダリングやその他の非合法活動を徹底的に防止して行くということです。

CryptoUK(クリプトUK)は、しっかり英国政府との連携によって行われて行きます。英国政府に限らず他のEU諸国の政府も、実際には、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)が、マネーロンダリングや脱税に使われている実態を知り、問題視し、取締強化の方向性へと現状動いていることでしょう。

ビットコイン(bitcoin)の日本の見解

仮想通貨,ビットコイン
マネーロンダリングに活用出来る仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の存在は、日本においても見逃されているということではありません。

平成28年11月に警察庁によって公表されている「犯罪収益移転危険度調査書」では、仮想通貨及び国際テロリストに関する記載が加わることになりました。

その中で、仮想通貨は、利用者の匿名性が高いことを示唆しています。それゆえ、 犯罪による収益の移転に悪用される危険性があるとされています。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)という存在が国際的評価を得ていないのなら、まだ見逃すことができる状況であっても、そろそろ、日本政府もこのままの状況ではいけないという意識を持っていることでしょう。

はっきりと仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、マネーロンダリングに利用される可能性はあるとしています。

実際に、仮想通貨によるマネーロンダリングとしての疑わしき行為は、2017年4月から12月までに669件が報告されています。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、マネーロンダリングに適しているのか

仮想通貨,ビットコイン
果たして、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、マネーロンダリングに適していると思われているのでしょうか。

既にお話ししている仮想通貨ビットコイン(bitcoin)に存在しているブロックチェーンの存在があり、ブロックチェーンの技術によって、仮想通貨は法定通貨よりもマネーロンダリングのリスクを抑えられるという見方があります。

仮想通貨は「報告義務」がないから、マネーロンダリング対策やテロ組織への融資規制の適用がなかなか難しい問題を抱えており、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、ブラックボックスだという見方をされていることがありました。

見解の違いは、ブロックチェーン技術の存在を、どのように評価するかということにありそうです。

ブロックチェーンによって、マネーロンダリングも阻止することができるとすれば、まさに、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は黄金のシステムによって構築された、完全無欠の通貨と言えます。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)とどのような向きあい方をすればいいか

仮想通貨,ビットコイン
まだまだ、新しい存在が、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)なので、日本政府も、どのように扱っていいか定まっていないところもあるのではないでしょうか。

法律が存在せず、自由性が高いから仮想通貨ビットコイン(bitcoin)がいいという思いもあり、もしも仮想通貨ビットコイン(bitcoin)があなたにとって理想的な通貨だとしても、法整備によって魅力の存在しない通貨に成り下がってしまう可能性も今後充分考えることができます。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の未来を占うのも、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)が、どのように「世界」と、「日本」と上手くつきあっていけるかではないでしょうか。

実際に法律というものは、将来起こることに対して先手をうって作られるものではなく、実際にあるものに対して、問題が起これば、それを対処するために作られるものです。

そのような意味では、今後、自由性が高い仮想通貨ビットコイン(bitcoin)に対し、見方によっては足枷を作ってしまうかもしれません。

仮想通貨法

私達は、今後、仮想通貨ビットコイン(bitcoin)としっかり向きあうのなら、「仮想通貨法」についてもしっかり向きあう必要が今後もっと出てくるでしょう。

2016年5月25日にようやく仮想通貨に関連する法律「仮想通貨法」が成立し、 その目的は利用者保護ということです。

マネーロンダリングが行われることによって、仮想通貨の利用者が損をすることがあってはならないですし、すべての人たちが、安心して利用することができるためには、やはり、どうしても法整備は必要ということになりそうです。

いかがでしょうか。仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、安全と言われていますが、社会の中の仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の存在は、決して100%安全・安心とはいうことができません。

自由性は失われるのかもしれませんが、安全を守るために、法律の存在が必要なのです。

最終更新日:2018年08月25日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」