ホーム市況8/29(水)|英保険組合のロイズが米カストディーサービスに保険を提供/日本の交換業の自主規制が年内にも施行か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たかしま編集長

8/29(水)|英保険組合のロイズが米カストディーサービスに保険を提供/日本の交換業の自主規制が年内にも施行か

仮想通貨 市況

8月29日の仮想通貨市況
・英を代表する保険組合のロイズが米国のカストディーサービスに保険を提供
・日本の自主規制団体JVCEAが金融庁に提出した自主規制案が年内に施行予定か
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

29日の仮想通貨市場は、好材料に下支えされた値動きを見せており、ビットコイン含めたほとんどの銘柄で価格を上昇させています。

仮想通貨 市況
https://coinmarketcap.com/charts/より

29日19時30分現在の主要通貨の価格と変動は以下の通り

通貨
価格(円)
24時間の変動比
BTC 787,500 +20,500(+2.67%)
ETH 32,658 +1,106(+3.51%)
XRP 38.598 +0.370(+0.97%)
BCH 63,000 +2,251(+3.73%)

28日、英国を代表する保険組合であるLloud’s(ロイズ)が、アメリカのKingdom Trustが提供する仮想通貨のカストディーサービスに対して、仮想通貨盗難の保険を提供することが明らかになりました。

機関投資家が参入するかどうかが注目される仮想通貨において、法令順守とサービスの安全性がキーとなっている中、サウスダコタ州の銀行部に認可されたKingdom Trustのカストディーサービスに保険が提供され、安全性が格段に高まったことは大きな意味を持ちます。

また28日、自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会の会長である奥山泰全氏は、東京で開催されたイベントのパネルディスカッションにて、金融庁に自主規制案を提出し、年内には施行されていく見通しである、という旨の発言をしました。

コインチェックの巨額NEM流出事件以降、金融庁によるみなし業者含めた仮想通貨交換業者に対する行政処分が続き、さらに日本での仮想通貨交換市場の環境が厳しくなったのを機に海外取引所の日本からの撤退が続きました。

今回語られた自主規制案が施行されて業界の枠組みが形作られれば、日本における仮想通貨取引が再び活性化することが期待されます。また日本からの撤退後、日本市場への参入を模索している海外取引所の動きも活発になるかもしれません。

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事