ホームアルトコインビットコイン(bitcoin)を作ったのは誰?仮想通貨の謎を追求する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.26 最終更新
研修生

ビットコイン(bitcoin)を作ったのは誰?仮想通貨の謎を追求する

仮想通貨,ビットコイン,サトシ・ナカモト

仮想通貨が有名になったと同時に仮想通貨はビットコインという印象がつきました。

そのビットコインの成り立ちや歴史について細かく解説していきたいと思います。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨に対しての注目度が突然アップしたという感じがあります。そもそも、仮想通貨という発想は、どのようにして誕生したものなのでしょうか。

仮想通貨は、ビットコイン(bitcoin)によってスタートしたと言っていいでしょう。だから、ビットコイン(bitcoin)=仮想通貨と思っている人も多く、それほど間違いということではありません。

ビットコイン(bitcoin)を発明した人は日本人?

仮想通貨,ビットコイン,サトシ・ナカモト
今、これほどビットコイン(bitcoin)が話題性を持ち、これほどのものを発明したのは、海外の偉い人ではないかと思うものの、実際にはそうではなく、驚くことにビットコイン(bitcoin)の発明者は、「サトシ・ナカモト」という人物であり、日本人なのです。

しかし、「サトシ・ナカモト」という名前、偽名かもということなので、実際に「サトシ・ナカモト」が誰なのか、はっきりとしたことがわからない現状です。

彼は、日本人なのかもしれませんが、はっきりと日本人ということが判明している訳ではありません。

「サトシ・ナカモト」が発明したものが、ビットコイン(bitcoin)と言われているものの、「サトシ・ナカモト」という存在は明確にされず、それでもビットコイン(bitcoin)の知名度は増すばかりという傾向も、非常に仮想通貨のあり方を象徴している感じがあります。

ビットコイン(bitcoin)には、管理者がいない通貨というイメージがあります。 「サトシ・ナカモト」という存在もわからないまま、管理している人や団体もおらず、ビットコイン(bitcoin)の存続だけが繋がっていたりします。これが仮想通貨が、いままでの通貨ではあり得ない凄いところなのです。

サトシ・ナカモト」が誰なのか、関心を持っている人たちはいますが、それほど大きな話題になっていることもなく、ビットコイン(bitcoin)でのやりとりは続行し続けています。

まさに、ビットコイン(bitcoin)の父は、この「サトシ・ナカモト」と言う人物です。 「サトシ・ナカモト」は、2011年4月、インターネットから姿を消したという情報があります。

Laszlo Hanyeczという人物

Laszlo Hanyeczという人物も、ビットコイン(bitcoin)に関わりを持っていますが、こちらは実在しています。

2010年5月22日、仮想通貨愛好家と呼ばれるLaszlo Hanyecz(ラースロー・アニクツ)氏 が、初めて現実世界でビットコインを使い購入したと言われています。

ビットコイン(bitcoin)で何を購入したのかといえば、「2枚のピザ」だったと言います。 ピザ2枚に約1万ビットコインを使ったと言い伝えられています。

しかし、現在の価値にあてはめると、約8200万ドルのピザを購入したということになります。

もちろん、Laszlo Hanyecz氏の言葉を借りるまでもありませんが、当時、ビットコイン(bitcoin)には、それほどの価値が存在していた訳ではありません。

でも、仮想通貨で、買い物を実際にすることができる、特別の快感は存在していたのではないでしょうか。

そして、ビットコイン(bitcoin)の価値はどんどん上昇することになり、ピザは、0.00649ビットコインで購入出来るようになります。

ビットコイン(bitcoin)の価値は、上昇し、それを祝い、5月22日は「Bitcoin Pizza Day」ということなのです。

ビットコイン(bitcoin)でピザを購入して祝おうという習慣がある一部分で定着しているようです。

ビットコイン(bitcoin)は世界中に拡大する

ビットコイン(bitcoin)が誕生して、ビットコイン(bitcoin)には様々な変化が起こります。とにかく、これほどまでにビットコインが注目されるようになったことに大きな驚きがあります。 Laszlo Hanyecz氏もそう思っているのではないでしょうか。

ビットコインとともに、ブロックチェーンのシステムによって、世界中のシステム自体に革命が起ころうとしています。

ビットコイン(bitcoin)があまりにも大きな存在になってしまったゆえ、「Bitcoin Pizza Day」は、再び初心に戻る気持ちを思い出すための日という意味合いもあると言います。

2010年に何百通ものメールをやりとりしていた

サトシ・ナカモト」という人物は、現在、謎とされていますが、Laszlo Hanyecz氏は実在し、Laszlo Hanyecz氏は、「サトシ・ナカモト」という個人か、チームかわからない人物と2010年に何百通ものメールをやりとりをしていたということです。

そのようなことが、Business Insiderには語られています。Laszlo Hanyecz氏自身、それは奇妙な出来事だったと述べています。 現在、これ以上のことがわかっている訳ではなく、「サトシ・ナカモト」の正体の決定的ヒントは何もないままです。

「サトシ・ナカモト」は、その痕跡の存在を消したということですが、初期のビットコイン開発者と交わしたメールや、フォーラムのコメント、ビットコインのオリジナルのホワイトペーパーなどの手がかりは存在しているはずです。

「サトシ・ナカモト」の存在は、私達にビットコイン(bitcoin)のいい意味で伝説を作りあげるに成功したのかもしれません。

私達は、ある意味、ビットコイン(bitcoin)の発明者は、このままわからないままの状態のほうがいいと考えているのかもしれません。

ビットコイン(bitcoin)には、このように追求して追求されない「袋小路」が存在しているのです。

Laszlo Hanyecz氏のやりとりの最初

仮想通貨,ビットコイン,サトシ・ナカモト
Laszlo Hanyecz氏は、仮想通貨の開発に興味があるとオンラインで発言したことから物語がスタートします。これに、すぐに同意したのが、「サトシ・ナカモト」だったということです。その後、彼とのやりとりは続いたといいます。

「サトシ・ナカモト」から、ビットコイン(bitcoin)の素晴らしさを伝えられることになりますが、Laszlo Hanyecz氏が頭にイメージしていたのは、ビットコイン(bitcoin)マイニングイメージだったと言います。

Laszlo Hanyecz氏が担当していたのは、プログラム開発のほうなのです。

「このバグを直せる?」 「これできる?」と言ったやりとりはメールで頻繁に行われていたということです。「サトシ・ナカモト」は、まるで、Laszlo Hanyecz氏を従業員かのように扱っていたいたということです。

ナカモトの要求は、時にHanyeczの神経を逆撫ですることもあったと言います。

君は私の上司ではないとあしらったこともあると言います。

リアル社会でなら会話のやりとりによって、より人間関係の信頼などが高まることも予測することができるものの、ここではやりとりが密になるほど自分は一体誰と話しをしているのだろうという不可思議な気持ちに襲われることになります。

これは、架空社会であるインターネットの普及した現代社会において理解出来ないことではありません。ナカモトは、君にあまりマイニングをやらせ過ぎないようにしなければ……とも言っていたようです。

サトシ・ナカモト」からビットコイン(bitcoin)は発明されたとしても、彼一人の力では、ビットコイン(bitcoin)のシステムも正しく開発されることはなかったでしょう。

そこに存在していたものは、ビットコイン(bitcoin)のように見える別物だったのかもしれません。こんな中途半端な、相手が誰だかわからないというのに高度で技術的なプロジェクトに深入り、取り組んでしまっていたのです。

Hanyecz氏は、彼が、実際に女性だか、男性だかの確信も持てずにいたのです。

ビットコイン(bitcoin)は管理者がいない通貨

サトシ・ナカモトが誰なのかわからない存在がビットコイン(bitcoin)というのが非常にビットコイン(bitcoin)らしいとも言えるのではないでしょうか。

そもそも仮想通貨というものは管理者がいなくても維持できるものなのでしょうか。そこでみなさんが注目しなければならないのは、ビットコイン(bitcoin)に導入されている、革新的技術です。

それは「ブロックチェーン」「合意アルゴリズム」「P2Pテクノロジー」「プルーフ・オブ・ワークス」と言った技術のノウハウであり、ビットコイン(bitcoin)はこのような技術に支えられているからビットコインであり続けることがいられるのです。

誰にも信用されない仮想通貨なら別に誰で簡単に作ることができるのではないでしょうか。それは子供さんのままごと遊びで使用する通貨と一緒です。

ビットコイン(bitcoin)がここまで評価されたのは、ネットワーク参加者全員で監視・管理・運営していくことの方であり、果たして「サトシ・ナカモト」の成果は大きかったのでしょうか。

「サトシ・ナカモト」のミステリアスな存在だけが浮き彫りになり、ビットコイン(bitcoin)について発明者自体の存在はそれほど大きな意味を持っていないのかもしれません。

問題はどのように開発されるかの方なのです。

ビットコイン(bitcoin)の意味を追求

仮想通貨,ビットコイン,サトシ・ナカモト
ビットコイン(bitcoin)の意味を追求するとき「サトシ・ナカモト」が誰かわからないという闇の部分に到達します。

いま、世界中で、「サトシ・ナカモト」が誰か追求され、私が「サトシ・ナカモト」だと言うことを名乗り出る出る人物もいるようですが、なにもビットコイン(bitcoin)に繋がる根拠は見付からなかったということです。

誰かわからないままでも、彼が残したペーパーの資料をもとにしてビットコイン(bitcoin)が作動していきます。

そして、わずか3カ月後には、ビットコイン(bitcoin)は理論的に実現可能と判断されて、ソフトウェアがオープンソースで公開されることになります。

そして、すぐにビットコイン(bitcoin)の取引が実現することになります。そして、たった一年後には、ビットコイン両替ができる最初の「取引所」が誕生することになります。

同年5月には、リアル社会ではじめて、仮想通貨が「決済」されることになります。

なぜビットコイン(bitcoin)が求められているか

仮想通貨,ビットコイン,サトシ・ナカモト
実際には、リアル社会には通貨というものが存在しています。なぜ、ここに来て、仮想通貨が求められている世界がなければならなかったのでしょうか。

仮想通貨は、個人間で、直接送金のやりとりを行うことができます。 一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要がありますが、ビットコイン(bitcoin)は、個人間同士のやりとりで、直接支払いすることができます。

銀行へ中央集権化してしまう金融市場に批判を持っていた人たちは、このような存在をすぐに大手をあげて待ちかまえていたことでしょう。

しかし、仮想通貨が、メジャーに取引されることによって社会は混乱しデメリットも多くありますので、国家もその状態を黙って見ているということはしないはずです。

社会の秩序から言わせれば、仮想通貨など闇通貨は必要ないとバッサリ切り捨てるでしょう。

手数料が無料

仮想通貨には、仲介する組織が存在しないという意味合いでも、基本手数料の支払いをする必要がないメリットが存在します。

ここあたりも仮想通貨が現代社会の人たちに評価されている大きな原因として考えることができます。

中央集権化してしまい、私達は、高い手数料を支払いする以外選択肢を持たず、しぶしぶ支払いするケースも出てきてしまうので、まさに、仮想通貨は、現代社会の救世主ともいうことができます。

銀行送金でも、クレジットカード支払いでも、一定の手数料があります。ですから少額の商品の売買をしようと思っている人たちほど、手数料の弊害を乗り越えることに苦難を感じていたはずです。

手数料によって、ビジネスの利益率が落ちてしまうことも充分考えることができます。

仮想通貨には、直接送金のしくみがあるから、従来の手数料の概念を覆すことができる決済方法ということができます。

制限が存在しない

ビットコイン(bitcoin)は、銀行を経由して、決済をするという方法を取っていません。ですから、いちいち面倒くさいと感じる手続きや制限が存在していません。

それによって仮想通貨は、自由性をしっかりキープすることができます。 通貨には、国によって通貨の単位が違うという煩わしい問題も抱えていますが、ビットコイン(bitcoin)なら世界共通の概念を持つ通貨を作り出すことができるかもしれません。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は必要?

仮想通貨,ビットコイン,サトシ・ナカモト
仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は、果たして必要なものなのでしょうか。そもそもまだ世界全員の方々が、ビットコイン(bitcoin)の存在を認めている訳ではなく、仮想通貨の意味など判っていない訳ですし、どうメジャーになったという言い方をしても、ごくごく一部の人たちの中で流通しているだけです。

多くの人たちが、別に仮想通貨やビットコイン(bitcoin)などないならないでいいと思っているのではないでしょうか。

バーチャル、お金のようなお金でないもの、偽物くさい、安全ではない……そんなものが、私達の世界で認可されてウロチョロしているほど面倒くさいものはありませんよね。

でも、知らない人たちが見れば、バーチャルな、お金のようなお金でないもの、偽物くさい、安全ではないものであったとしても仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)は、訳の判るものであり、安全性もしっかり確保されているものです。そのあたりから、少しずつ誤解と解いていく必要があります。

仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)という存在が、世界を変えようとしているのかもしれないのですから。

そもそもビットコイン(bitcoin)を知ったのは、マウントゴックスというBitcoinの取引所が経営破綻したニュースからだったという声もよく聞きます。

マスコミ自体が、あまりビットコイン(bitcoin)のことを正しく理解していない時代はあり、ビットコイン(bitcoin)が倒産してしまったとか、仮想通貨が破綻してしまったとか、不安を煽るばかりの記事を堂々と流し、やっぱり仮想通貨は出鱈目なものであり、イカサマに過ぎないというイメージを多くの人たちに、なおさらの如く与えてしまったようです。

しかし、本当のところはそうではなく、現在、これほどまでにビットコイン(bitcoin)の信頼性は確保できている訳です。

マウントゴックス社

マウントゴックス社という存在は、ビットコイン(bitcoin)を売り買いすることができる取引所のことです。

マウントゴックス社の内部において、セキュリティー上での問題が起きたということです。そして、個人投資家のみなさんから扱っていたビットコイン(bitcoin)がなくなってしまったということです。

そして経営破綻が起こる訳ですが、これを一般的例に当てはめれば、銀行に泥棒が入って、金庫から大量の円やドルが銀行口座からなくなってしまったようなものです。

セキュリティーに問題はないとは言いませんが、それは、銀行側のセキュリティーの問題です。ビットコイン(bitcoin)というお金自体の存在意義が喪失してしまったということではありません。

私達は、ビットコイン(bitcoin)を取引する上で、ビットコイン(bitcoin)と取引所の関係もしっかり捉えていかなければならないですが、取引所が滅亡しても、ビットコイン(bitcoin)の存在は不滅という言い方は正しいでしょう。

支配・コントロール

とはいうものの、お金という存在は、たれ流しにしていいということではなく、日本政府やアメリカのFRBという部門において、印刷する権利はしっかり確保されて、世界をコントロールしていく最高権力と言ったものも必要になって来ます。

本来、支配・コントロールという意味合いでは、仮想通貨など部外者は存在出来ないはずです。それなのに、現在、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)という存在があるということは一体どのようなことなのでしょうか。

いま、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)が、=お金という信頼感を得てしまったのです。仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)という存在は、特定の団体や会社がそこにあり管理され発行されている訳ではありません。

仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)の特徴を知る上で大事なのは、プログラミングさえわかれば誰もが自分のパソコンでBitcoinを作り出すことができてしまう点です。これが、最近よく聞く名前の、採掘・マイニングの意味です。

ビットコイン(bitcoin)はどうでもいい存在?

2009年~2010年頃にビットコイン(bitcoin)が誕生したと言われていますが、その頃、ビットコイン(bitcoin)という存在は、自宅で仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)を創ろうという方々もごくごく少ないから、古い機能のパソコンでも、動けばビットコイン(bitcoin)の採掘は可能だったと言われています。

1Bitcoinが0.1円程度の時代だったので、別に、仮想通貨が知られていたとしても、どうでもいい存在と思われていた時代です。

しかし、次第に仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)は注目されることになり、貨幣としての価値が高まっていくことになります。

1Bitcoinが0.1円だったものが、1Bitcoinが12万円ということなので、誰もがビットコイン(bitcoin)に関心を高めるのは当然のことであり、まだまだ上がるのでは……という期待もそこにあったでしょう。

もちろん、最初から仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)に注目していた人たちは、相当儲けることができた訳です。そのような人たちは、億万長者にもなることができ、私もひょっとしたらまだこれからなることができるかもという欲求が、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)を盛り上げたのです。

そこで、採掘するために非常に高性能のスーパーコンピューターを導入する人も登場して、ここに来て、何百台もならべて採掘する業者も登場するようになります。

採掘・マイニングは、私達が覚えておかなければならない用語です。実際には、仮想通貨は、暗号通貨であり、誰でも作ることができる通貨なのです。

仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)の特徴・テクニックの素晴らしさは、ブロックチェーンにあります。

なんで、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)が必要なの?

仮想通貨,ビットコイン,サトシ・ナカモト
なんで、私達は、ビットコイン(bitcoin)のような仮想通貨の存在を求めているのでしょうか。いま、お金は既に存在し、そのお金をいままで通りの使い方をしていればいい訳ですが。

それは、例えば人にお金を送金するときに、いちいちクレジットカード会社を通したり、銀行経由という場合では、面倒くさい作業をしなければならないから、少しでもそのような問題を解消したい意図があります。

誰かに、お金を送金する時にメールを送るみたいに直接送ることができればどんなに素晴らしいかというみなさんの期待を実現させたものが、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)ということができます。

銀行を通さないでもいいということは、3時までに振り込まないと駄目ということでもありませんし、送金手数料に432円あたりの金額を取られてしまうこともありません。

海外にお金を送るにも何千円も取られることもあり、なんで?という思いは既に多くの方々がしているのではないでしょうか。

仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)を利用すれば、 瞬時に、銀行口座を持っていない人たちに対しても、お金を送ることができます。

実際に、銀行口座が世界を支配しているかに見えますが、銀行口座を持っていない人たちは、25億以上にも及ぶとされています。

銀行口座を持つ普及率よりも、スマホの普及率のほうが高いとも言われているので、充分、仮想通貨の入り込む余地はあったということができます。

免許証とかパスポートがないと銀行には口座が作れないかもしれませんが、スマホ一つで、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)なら、自分の財産をしっかり管理しておくことができます。

後進国の人たちが、 銀行口座によって、経済活動から切断されてきたとしても、そのような人たちがスマホを持てば、スマホから暗号通貨を通じ、経済活動に積極的に参加することができます。

BitcoinのQRコードが書かれたプラカード

ある記事には、難民と思われている親子のことが写真とともに報道されていました。その写真では、お父さんは、BitcoinのQRコードが書かれたプラカードを持っています。

安易にその写真を見れば、ただの難民かということになりますが、BitcoinのQRコードが書かれたプラカードを持ち、彼らには、既に仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)を通して繋がる道が開かれていたのです。

BitcoinのQRコードは、カメラで読み取って、自分のBitcoinウォレットから送信することによって、このお父さんにも、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)の送金が出来てしまうのです。

この人にお金を振り込みすることが意味があるかないかの判断はみなさんに任せることとして、世界は、いつの間にかこんな感じで繋がることができてしまったのです。

この人たちに銀行の存在がなく寄付をすることができ、そのような行為は、銀行のコインや紙幣ではいままですることができませんでした。

銀行は銀行で管理されているから、信頼され、多くの人たちが安心してお金のやりとりをしている訳ですが、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)でも、お金の流れを監視するシステムがあって、不正を働くことができないシステムが確立されているから、銀行程度に信用されています。

インターネットの価値

そもそも、インターネットが登場して、みなさんそれぞれがメリットを既に受けているのではないでしょうか。電話、メール、画像、音楽が直接的出来るメリットを知っているから、インターネットを利用し続けているのではないでしょうか。

インターネットにはまだまだいろいろな可能性があり、間接的にいろいろ手数料・コストがかかってしまうことを避け、直接的手段を取るゆえ、コストが安く調達出来るメリットがあります。

お金だって実際にインターネット上でそれが出来るということですが、お金の問題は、やっぱりインターネットでのやりとりは不安に感じるでしょう。

大事なのは、やっぱり安全なシステムの構築なのです。暗号通貨が確実で、間違いないものだという認識があれば、どんどん仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)の知名度はアップして、その勢いは、現状誰にも止めることができないでしょう。

ギャンブル的な要素がある?

とはいうもののまだ疑いの目を持っている人たちもいるでしょう。仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)は、ギャンブル的な要素があり、危険の眼差しで見ている人たちもいます。

あくまでも仮想通貨は仮想なので、そのような人たちって、絶対にいつの時代でもいると考えていいでしょう。

でも、何事において世の中に完璧なものは存在せず、銀行の通貨でもそのようなことは言えます。仮想通貨は、比較したら、安全性は高いと考えることができます。

資本主義社会ではどうしても富が一部に集中してしまう傾向があります。それに一役になっているのも銀行であり、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)という存在がもっと流布すれば、お金は庶民に分配されるのでは……という理想があります。

仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)は、現状私達の経済システムが、資本主義に全面的に頼るのは危険ではないかという警告をしているのかもしれません。

資本主義の行く末に見える、富裕層と貧困層の差が広がりも、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)の存在によって解消させることができるかもしれません。

格差を埋めてくれる可能性を、仮想通貨が持ち、ブロックチェーンの仕組みが持っているのです。

私達は、いま、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)の登場によって、本当の意味での、お金の意味を知ることになるのではないでしょうか。

政府や権力者が扱うものがお金という呪縛を解くだけでも、仮想通貨の持つ意味は大きいです。 お金とはなにかといえば、あくまで取引するうえでの借りものであり、国民にその権利を与えてるだけ
のことです。

社会の流れを判りやすいものにしている存在に過ぎないと考えてください。

仮想通貨は、世の中の権力者が発行した通貨ではありません。一部の個人がその仕組みを作り出し、その価値を多くの人たちが認め、その価値を高めることになります。

どの人でも通貨を発行できる権利が存在しているものが仮想通貨なのです。

マイニングによって、自分で通貨を発行し、作り出すことができます。

最終更新日:2018年08月26日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事