ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨での分散投資の配分の仕方を徹底解説!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

仮想通貨での分散投資の配分の仕方を徹底解説!?

仮想通貨,分散投資

仮想通貨をしている投資家は比較的年齢が低いと言われています。

株やFXをしてない人が多いので、投資のやり方にばらつきがあります。
この記事では投資のやり方で一番強いと言われている分散投資について記載していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

よく、投資というコラムや放送番組とかの内容を読んだり観たりしていると、分散投資」という言葉を目や耳にされたりする方も、中には少なく無いかもしれません。

この呼び名の言葉自体は、投資を行う際に、それを行う投資家本人が1つの投資商品のみ、あるいはその銘柄の1つのみに行うのでは無く、幾つかの違う商品や銘柄などへ、同時に複数からなる投資をしていくという意味です。

商品本体や銘柄が、個々の値動きを見せるような、株式やFXその他の投資商品の場合は大変有効ですが、これが実は、仮想通貨の取引ではとても難しいです。

後の段落や小節のところでも触れていきますが、仮想通貨の場合、その相場の値動きが全体的に銘柄毎の投機性のあり方に関わらず、比例をしていきます。

こうした性質がある以上、違う銘柄同士の組合せで分散投資をしたりしても、仮想通貨では大半の銘柄が同じ動きをしますので、分散投資に向いていません。

今回の記事では、分散投資に向かない取引での、効率よい配分の仕方について書かれています。

そのため、実際に分散投資を本格的にしていきたいと考えている方、あるいは、分散投資のやり方を学びたい方には、大変オススメな記事です。

仮想通貨取引での、分散投資の必要性

仮想通貨,分散投資

必ずしも分散投資が有効という訳では無い

今の冒頭文の文中でも触れた通り、仮想通貨は大半の銘柄の値動きが比例をしていますので、分散投資をしていくには不向きです。

銘柄によっては相場の値動きや、チャート表上での上下の振り具合の範囲が大きくて複雑ですので、中々予測予測を人間がしなければなりません。。

大半の銘柄の値動の予測していく難しさに加えて、それらの値動きが比例をしていく性質があります。

こうした面を考えても如何に、大半の銘柄の値動きの比例がある故に、仮想通貨の分散投資が難しいかが分かります。

だからといって、仮想通貨では分散投資そのものが出来ない・不可能などといった訳では、決してありません。

通貨銘柄同士での値動きの面で、ある程度あるいは多少の価格のズレなどがあったりした際には、タイミングを見計らいながら、短期トレードでの売買をしていくという、迅速性を要します。

このため、ネット上での仮想通貨取引所でのチャート表の値動きをよく確認をしながら、タイミングを複雑な上下の振り具合の中で探していく作業になりますので、高度な技術が必要になります。

ただ、こうした売買のためのチャート表を観ながらの確認作業は、誰もが出来る訳ではありません。

チャート表上での値動きの進行や上下の振り具合の確認などはもちろんですが、きちんとそこの、仮想通貨取引所でのシステム仕様や操作方法とかをマスターしなければ、こうした高度な判断による作業を行う事が難しいです。

そして、取引所毎においての売買の表示のされ方などをはじめとする、いわゆるシステム上の違いもあって、これなども、売買を実際にしていく上で大きな影響力があります。

良い例として、同じ日本国内の取引所であるBIT POINT(ビットポイント)とZaif(ザイフ)とでは、売買での時価表示が大きく異なります。

ビットポイントでは買の方で青の表示の際に買い、売でそれが赤の表示の際には売り、という形ですが、ザイフの方ではただ、矢印による表示環境だけになっています。

つまり、ザイフの場合、購入の方で相場の矢印が下がる際には買い、売りの方で相場の矢印が上がりの際には売り、という表示なだけになります。

このように、国内の仮想通貨取引所だけでも、個々に仕様環境やシステムが異なりますので、分散投資での収益を得ていく事は、決して、仮想通貨の取引では生半可な事ではありません。

現時点での、自らの経済状態の把握をしていく大切さ

仮想通貨取引自体もやはり、お金を自分から出して行う投資行為の1つです。

そうした事情から、投資行為を自分のお金でやっていく以上、開始してから何が起きたりしても、特に不思議な事ではありません。

だからこそ、そのような事態になっても動じないくらいの、取引ユーザー本人である自分自身に、経済的な余裕が必要性となります。

このため、現時点の自分の経済状態を、しっかりと、把握をしておく事が大切です。

この事は、誰が聞いたりしても基本的な、投資の原則であるようにも聞こえる言葉ですが、意外にもこれを理解している方が少なくないです。

実はこれには理由があり、頭では経済状態が不完全で投資出来るお金も全くの余裕が無いのにも関わらず、投機性が高いため、銘柄を幾つも購入して分散投資を僅かなお金で収益獲得を狙おうとする心が、認識を軽くしているところがあります。

しかし、自分からお金を出して、誰からも強制・催促をされる事無く投資をしている以上、それがどのような事態になっても、周囲のせいには出来ません。

こうした自己責任での取引環境での、仮想通貨取引をやっていく上では周囲の誰もは助けてくれませんので、ある程度の損失が出たりしても、それで困らない経済的余裕がある必要性が出て来ます。

人間、多額の現金を目にした場合には、余裕感を感じてしまってつい、「これくらいなら大丈夫だろう…」などといった慢心を抱きがちなところがあります。

仮想通貨取引などの投資においては、そうした傾向が特に、多い傾向があります。

そしてその慢心が災いをして「もっといけるはずだ」と思い込んで余計なお金を追加してつぎ込んで、手元の現金なども一文無しになってしまったといったケースも少なくはありません。

分散投資などの際には、こうした慢心による損失発生のケースも多いので、低所得者である方は特に、ご自身の経済状態の把握・確認は必須と言えます。

高収入・高所得である方には、分散投資は最適

慢心を抱きがちな低所得者層のユーザーに対して、今度は経済的な余裕のある、高収入・高所得者には、分散投資は最適なのでしょうか?

資力面での余裕がある方が多いため、分散投資などをした場合でも、幾つかの商品や銘柄の相場が落ち込んだりしても、その銘柄以外のものの相場が上がれば損失分を十分にカバーをしていけます。

元々、収入面での余裕がありますので、投資金額自体が高額であり、ほんのちょっとの相場の変動で下がると、その分損失が大きい反面、逆の場合では収益が高額という実態があります。

こうした事情から、損失と収益との相場変動での差の大きさからも、やはり、分散投資が、高所得者層である取引ユーザーの方には最適である事が分かります。

一方で、低所得層である取引ユーザーの方には分散投資が不向きであり、投資金額が低額である以上、1つあるいは単数の商品・銘柄などへのお金を投入していく形の「特定投資」の方が向いている証明でもあります。

つまり、分散投資そのものがここでは、高所得者層には最適で、低所得層には不向きという結論を出せます。

確かに、投機性が全体的に高い傾向があり、そのため未来の予測が困難である仮想通貨ならではの特性といったものがありますが、一番のそうした違いはやはり、投資額の違いにあります。

ただ、ここでやはり、多くの方が気にされる事があります。

やはり、財力面に余裕がある高所得者層の方であればある程、分散投資という形は得をするという点です。

これ自体は決して悪い意味では無くて、分散投資自体が、ただ高所得者層であるユーザーの方向きの投資方法や手段にしか過ぎないという事です。

投資金額が高額な故に、ある銘柄の相場が不調の場合にはその分の損失も高額ですが、一方、別の銘柄の相場が好調である場合には、その損失分も同時に回収出来るというメリットがあります。

このような良い面が、高所得者層である取引ユーザーの方の場合、分散投資ではありますので、この点を仮想通貨のユーザーのみなさんはよく理解をされておく事が望ましいと言えます。

低所得者である方には、分散投資は不向き

仮想通貨,分散投資

低収入・低所得の方が、最初にやるべき事

先の段落で、低所得者層である方には分散投資が向かないという事について触れましたが、そうした方でも、分散投資を仮想通貨取引したいという方向きの、効率よい方法についてここでは触れます。

高収入・高所得である方に比べると、投資金額やその投入額といったものは、明らかに低額ですので、まずは分散投資の形では無く、特定投資の形で行っていくようにします。

ただ、これは特に、初心者であるユーザーの方に多く見られる傾向ですが、特定投資ではあっても、最初から一度に、多額の投資資金を投入されたりする方がいたりしますが、これは決して効率が良い方法とは言えません。

ただでさえ、投機性が高い銘柄が多い仮想通貨の商品ですので、そうした最初から多額の投入額で取引にのぞむ形は、資力面に余裕が無い方としては自殺行為そのものです。

こうした高度な博打に近い投入額方法は、ある程度のレベルでの仮想通貨の取引経験がある方で無ければ中々上手くいきませんので、同商品の特性を確かめていくためにも、3千円から1万円前後程度のお金を投入していく形が無難です。

これにはきちんとした理由があり、仮想通貨の投機性の高さ故に、相場動向の予測が困難ですので、こうした特性を確かめながら取引環境に慣れていくという意味でも、今話した金額を投入していく理由があります。

これくらいの金額なら、多少損失が出たりしても大した額にはなりませんので、こうした面でも低所得者層の方にはとても安全です。

そして仮想通貨取引所での相場の値動きの観察やチャート表の見方、操作方法などにある程度慣れつつ、収益を上げていけるようになってから、投入金額を増やしていくという流れが大変お勧めです。

こうした流れの方法は、真剣に取り組んでいけば、少しずつそこの取引所の操作方法に慣れながら収益を上げていき、高額な取引が実現をしていけるまでになりますので、低所得層である方はぜひ、やってみる価値があります。

この方法を実践していく事によって、自分だけのフォームを確立をしていきながら、効率よい取引の実現と高額な収益を獲得していけるようになります。

そうした点を考えても、高所得者である取引ユーザーを目指していく事も決して、夢ではありません。

無理な短期トレードをやらない

相場の値動きが激しくてチャート表上での上下の振り具合の頻度や複雑な刻み方が、多くの仮想通貨銘柄の特徴です。

こうした投機性の高さがありますので、仮想通貨では短期トレードでの取引の需要が高いとされてはいますが、その分、それを軽く考えたり、タカをくくって、高額な資金投入をしたりすると、とても痛い目に遭います。

この点は高所得者・低所得者を問わず、全ての仮想通貨の取引ユーザーに共通する注意点ですので、よく心得ておく事が大切です。

この短期トレードの場合でも、早目に高額な収益を得て高所得者の取引ユーザーへの仲間入りをしようと試みる低所得者ユーザーの方もいて、無理な高額の資金投入をされたりする方が少なくありません。

こうしたやり方は無謀な考えですので、自分自身に対して慎重になる厳しさも、仮想通貨取引ではとても大切です。

ここまでの感情面でのコントロールを、自分に対してやらなければ中々、低所得者層である取引ユーザーのレベルから脱出をする事は出来ません。

現在のビットコイン(BTC)の銘柄でさえ、チャート表上における上下の波の感覚と動きは複雑かつ激しいので、そうした相場環境である銘柄ほど、取引を頻繁にした場合には失敗をしてしまう事も、やはり少なくはありません。

つまり、投機性が高い故に、相場の動きがほぼ、予測不可能ですので、頻繁に取引をすると失敗して前回よりも大きな損失を被ったりしてしまうケースが多いという事です。

こうした、仮想通貨の予測が困難である相場故の実態をよく認識・理解を深めながら、あまり頻繁に取引しないことが、日頃から大変重要になります。

仮想通貨取引自体が投資行為である事は言うまでもありません。

ただ、仮想通貨は他の商品には無い、投機性の高さの特性や独自のブロック内の暗号キーやブロック間を結ぶチェーン同士の連結構造といった仕組みゆえに相場の値動きが激しいのです。

また、本格的に通貨市場への導入を仮想通貨がなされたのが、ビットコインが世に出た2013年の6月といった日数の浅さもあって、取引ユーザーの数が少ないという事情もあります。

これらの2つからなる状況から、低所得者層のユーザーの方の場合には、無理をしないで頻繁に短期トレードをするクセを治す習慣が必要です。

投機性の低い銘柄がオススメ

仮想通貨の大半の銘柄が投機性が高く、そのため、相場の動きが複雑かつ激しさが顕著ですが、中にはイーサリアム(ETH)のような、投機性が低くて最小価値がとても低額な銘柄もあります。

最小価値が現時点である今年の8月中旬では、0.0001ETHあたり、約3、4円という価格ですので、購入などもしやすく、注目出来る銘柄です。

そして、投機性の低さで安心出来る証拠として、各々の仮想通貨取引所が設置をされているチャート表上の値動きを見て頂いても分かるように、とても緩やかなチャートの動きですので、取引がしやすい銘柄です。

これなどは特に、資力面での課題を抱えている低所得者層の取引ユーザーの方にとっては、とても安全で有用な通貨銘柄ですので、入門用や学習用にも役立つ銘柄でもあります。

イーサリアム以外にも、幾つかの相場の値動きが激しくは無い銘柄とかも存在したりしていますが、更に最小価値の単価が低いイーサリアムクラシック(ETC)などは、あまりにも低額ですので、計算がややこしいかもしれません。

そうした事情を踏まえ、日本円やドルなどの通常貨幣への換算が難し過ぎない、計算間違えをしないような最小価値の単位からなる、通貨銘柄の方がのぞましい感じもします。

また、開設している取引所とは独立をした、MyEterWallet(マイ・イーサ・ウォレット)のような、複雑な暗号キーとパスワードの両方を紙面で別に保管をするウォレットなどとも、イーサリアム系の各銘柄は連動をしています。

この今話した、簡易型仕様のウォレットの場合でも、セキュリティ面では暗号キーやパスワードの各種設定のやり方次第では、かなりなレベルでの安全性を維持しながら、所持している仮想通貨銘柄の保管が時価で可能です。

イーサリアム系の銘柄の場合、やはり創作者や発行者である方々が、何よりも大衆性を意識した仮想通貨の普及やその促進を目指している理念があります。

その理念がこの銘柄の形として現れていますので、これはまさに大衆向けなものであり、利用次第ではかなりな恩恵をもたらしてくれる可能性を秘めています。

何時でも好きな時に解約をして、通常貨幣に交換をして利用が可能な上、投機性が低くて安全性にも優れたイーサリアムの銘柄ですので、大いにあります。

分散投資の配分をしても、損失は不可避

仮想通貨,分散投資

ビットコイン(BTC)が、仮想通貨の全銘柄での相場の基軸になっている現状

これは実際にも既に、ご自身が利用を普段からしている仮想通貨取引所でのチャート表上の様子からも、多くの方が確認をされているかもしれません。

事実として仮想通貨全体の相場の値動きは、ビットコインの動きに比例をしています。

一番最初に開発をされて世に送り出されたのが、ビットコインなのです。

ブロック制やその中にある暗号キーからなる基本構造、ブロック間のチェーン同士の連結システムなども最初で、これを基にして、他のアルトコインの銘柄も、開発・製作発行をされています。

仮想通貨の銘柄のほとんどが、ビットコインの値動きに比例をしながらこれを基軸にして、相場の値動きがなされているような様子になります。

つまり、ビットコインを基軸にした仮想通貨全般の値動きである以上、分散投資をしても投機性の度合いの程度によっては、銘柄により損失が出る事は必ず幾らかやむを得ないという事実です。

こうした基本的な相場の値動きのあり方に加えて、取引所毎による、仮想通貨銘柄の相場の値動きや料金設定の違いなどもあります。

やはり、そこの取引所毎による、取引手数料の相場設定やシステム上の維持コスト面での何からの形での必要費用が加算をされたりして、収益が幾らか出ても実際には手数料で相殺されてしまうケースも少なくありません。

ビットコインを基軸にした各種通貨銘柄の値動き、更に取引所毎による相場の値動き・料金設定の違いといったものにより、分散投資での損失の発生が不可避となる事態は、必ず発生します。

全ての仮想通貨関連の存在のほとんどが、やはりビットコインの銘柄を基軸にし手作られているような形ですので、こうした状況は仕方が無いところがあります。

このような仮想通貨の全銘柄の傾向に見られる様子を確認しながら、どうしてもある程度の高度な分散投資においての、俊敏・迅速な判断力や画面操作の環境上での技術が必要になってきます。

これをやらなければ、決して効率よく収益が得られるとは限りませんので、それだけに、日々の技術面での工夫や試行錯誤は欠かせないところがあります。

相場の値動きが少ない銘柄がおすすめ

これももう既に、実際に仮想通貨取引をされていて分散投資を各種銘柄毎にされている方であれば、ある程度はご存知かもしれません。

ビットコインを相場の値動きの基軸としている仮想通貨の各種銘柄ですので、先にも触れたように、値動きそのものの銘柄毎による違いやズレといったものは、やはり少ない傾向があります。

そのため、仕方無しに特に、短期トレードなどをメインにしながら、トレード方法の面においてのタイミングや、取引所システムでの切り替え操作面においての迅速な行動が出来る工夫をしていく事は、やはり必須です。

最初は、中々慣れなくて当たり前ですので、慣れるまでは少額の投入資金で、投機性が低いイーサリアムその他の銘柄で、少しずつ取引をしていく形が安全と言えます。

今まで話してきたように、ビットコインを基軸にしながら、分散投資での各種銘柄の相場変動がおきますので、ほんのわずかな時間にしか購入のチャンスしか無い時もあります。

この点がまさに、仮想通貨固有の特性であり、投機性の高さ故に、相場の上下の激しさと値動きの複雑さが取引の難しさと言えます。

とは言うものの、何度も頻繁に売買を繰り返していく事は、投入金額によっては損失の多さの如何という危険性などもありますので、値動きを読む事が困難である以上、先にも話したように、取引のチャンスはごく限られています。

相場が下落をし続けている場合には、その銘柄の買いをしばらくの間、行い続けていくという形になりますが、急に一気に相場が跳ね上がる場合もありますので、中途半端に取引作業が終わってしまう事も珍しくはありません。

ここがやはり、取引を頻繁に中々出来ない具体的な理由にあたります。

このため、多少の激しさや複雑さの動きなどがあっても、それをその都度、常時確認をしていくには、時間的・精神的な労力面でのコストが、当然の事ながら掛かります。

このような余計なコストなどを掛けたりしないようにしていくためにも、頻繁な失敗の危険性が高い短期トレードでの取引を回避しながら、程よいタイミングで少ない労力による高収入を得ていく事も可能な、長期トレードがのぞましい感じがします。

投機性の低い銘柄への配分の比重を置く原則

前にも触れたように、イーサリアム系の銘柄を除く、ほとんどの仮想通貨の銘柄は、ビットコインの相場を基軸にしている上に、投機性の高いものです。

分散投資を行う際には、イーサリアムなどをはじめとする投機性の低い銘柄への比重を置き、投機性の高い銘柄を極力少ない比重にして、購入をしていく形がベストです。

購入銘柄の各種配分にしながら、相場変動で発生する損失の軽減化を効率よくしていく事が出来ますので、分散投資での基本のあり方として心得ておけば、大変役に立ちます。

つまり、仮想通貨取引での分散投資においては、如何に投機性の低い通貨銘柄の比重を置きながら、効率よい収益を上げていけるかが、まさに課題といえます。

初心者の方の場合、最初はどのようなやり方で投機性の如何を考えながら、分散投資での配分を考えていくかが、中々分かり辛いところがあります。

どうしても、自らの投資資金というお金での金額の数字を扱うので、計算作業が苦手な方の場合、ある程度の面倒さといったところは否めません。

しかし、それでも自分の収益で得た財産のうちから支出をした分の、捨て金なども含む、仮想通貨取引のためのお金ですので、どうしても配分計算の作業は、分散投資でもやはり、欠かせないところと言えます。

正直、投機性が高い銘柄ほど、最小価値あたりの単価の金額相場が、日本円などの通常貨幣では高値であるものが多い傾向があります。

もちろんこれには、ビットコインキャッシュ(BCH:最小価値0.0001BCHでは、日本円で2018年8月中旬時点では約7円前後)のような、投機性が高い例外である銘柄も、中にはあったりします。

最小価値の単価が低い、イーサリアム系の銘柄を多く購入をしていくといった形が、基本的な比重の採り方のケースになりますが、日本円でシミュレーションでの換算をした方が計算間違いが少ないので、その方がオススメです。

そして、多少の面倒臭さはあっても、少しのミスで桁などを間違えると、投資金額によっては大変な事態になる場合も考えられます。

そのため、正確な計算作業をしつつ、少しでのミスを回避するためにも、必ず計算機類を手元に置いておく事が必要です。

こうした配慮だけでも、少しのミスで大きなトラブルによる損失などのような状態になる事を十分に回避出来ますので、抜かりなくやっておく価値は十分にあります。

今後の動きとは?

仮想通貨,分散投資
元々、一番最初に開発・発行をされたビットコインに始まる仮想通貨の各種銘柄であり、その基本的な構造自体がビットコインをベースに作られています。

こうした構造上の事情から、やはりどうしても、同銘柄の相場の値動きに近い動作・タイミング・銘柄のクセとかがあって、ビットコインに比例をした動きをしていくといった連動性がある点は否めません。

このような様子から、仮想通貨は正直、分散投資をしていくには不向きなところがあります。

ただ、各種のアルトコイン銘柄自体はそれぞれ、個々の種類毎に全く別のものですので、弱干の値動きに関してのタイミングや時間のズレとかがあり、その機会を見計らいながら、売買取引をしていくという形になります。

今回の記事のテーマである、仮想通貨取引での分散投資というものは、通常の投資商品などのように、最初から違う値動きの商品や銘柄を扱うというものではありません。

基軸にしたビットコインの値動きに比例をした、相場の動きを見せるアルトコイン類の通貨銘柄による、ビットコインをはじめとする各種銘柄間での値動きのズレのタイミングを計りながら、売買の機会を窺うという形のものになります。

これも先に触れていますが、やはり、財産面での資力に余裕がないユーザーは、投資額が少ない以上、分散投資は難しいと言えるでしょう

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」