ホーム仮想通貨初心者向けDappsを利用した取引所・DEXで仮想通貨取引をしよう!初心者でも理解できるように徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.27 最終更新
研修生

Dappsを利用した取引所・DEXで仮想通貨取引をしよう!初心者でも理解できるように徹底解説

dapps,DEX

最近、dappsアプリケーションを使って運営されている、非中央集権型取引所(DEX)が登場してきたのはご存知ですか?

今回はDEXに興味をお持ちの皆さんや初心者だけどDEXに向けてDEXの仕組みやおすすめの取引所について詳しく解説します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

DEXって何?dappsから見る一般的な仮想通貨取引所との違い

dapps,DEX
仮想通貨投資に関わる方の中にもdappsってよく聞くけどなんだっけ…非中央集権型って何?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は仮想通貨投資にちょっと慣れてきたけれど、ものすごく詳しいわけではない、という方向けにDEXやdappsについて解説いたします。

DEXは一般的な取引所と比較するとより分かりやすくなりますので、皆さんが現在お使いの取引所と比べながら記事を読んでみてくださいね。

中央集権型取引所とは

普段使っている取引所がどういうシステムで運営されているかをいつも意識している方は少ないかもしれません。

現在多くの仮想通貨取引所は。中央集権型と呼ばれるシステムで管理・運営が行われています。

中央集権型国内取引所の代表的なところとしてはBittflyerやZaifがありますが、これらの取引所は取引所を中心となって管理する運営主体がいるシステムとも言えます。

中央集権型取引所は仮想通貨のやり取りや管理に必要な秘密鍵(シークレットキー)を利用者が運営主体に預けるという形をとっています。そのため秘密鍵を自分で安全に管理する手間もなく、取引所が代わりに管理してくれるので非常にお手軽です。

しかし秘密鍵という非常に重要な情報を一カ所に預けてしまう形になりますので。もしその運営主体がハッキング被害を受けてしまうと手持ちの仮想通貨が盗られてしまう可能性があります。

また、仮想通貨取引をしようにも運営主体がサイバー攻撃を受けて機能停止してしまった場合、自分の資産が引き出せなくなってしまいます。

さらにこの事例はまだ少ないのですが、取引所内部の人間が顧客の秘密鍵を盗む、という可能性も考えられます。

もちろん運営主体もセキュリティ強化を行い、多くの取引所は顧客の情報について常に細心の注意を払っているのですが、情報を一カ所に集める形ではハッキングリスクはゼロになりません。

このリスクを避けるため本格的に仮想通貨投資を行う方はウォレットに秘密鍵を移しているかと思います。

しかし扱う仮想通貨の種類が多い場合や、しょっちゅう仮想通貨を利用する人の場合はウォレットへの登録や処理が面倒くさく感じるかもしれません。

また、オンラインウォレットの場合は秘密鍵を映してもハッキングリスクは残ります。そこでもっと手軽に、安全に仮想通貨を管理したい方にお勧めなのが分散型取引所(DEX)なのです。

分散型取引所(DEX)とは

分散型取引所(DEX)は非中央集権型取引所とも言われています。中央集権型の反対で、管理主体がいない取引所のことを指しています。

中央管理者がいない状態でも運営が可能なdappsを利用し、一カ所で重要な情報を管理することがないよう分散して利用者が管理を行っています。

DEXはブロックチェーン技術を利用しており、これによって個人間の取引(P2P取引)を実現しています。
DEXにおいて仮想通貨取引は個人間で行われるため、秘密鍵は一人一人が管理することとなります。

DEXでは個人情報を他社に渡すことなく取引が可能で、管理者もないためハッキングリスクも大きく減らすことができます。

現段階で分散型の取引所はまだ少ないのですが安全性を重視する投資家が増えてきている昨今、さらに発展が見込まれる分野です。

dappsの特徴と今後

先ほどから何度か登場しているdapps。ご存知の方も多いと思いますが最近ますます注目が集まっているトピックなので改めてご説明いたします。

DappsはDecentralized Applicationの略で分散型アプリケーションのことを指しています。Dapps自体は取引所に限らずブロックチェーンを用いた分散型アプリケーション全般のことを指す言葉ですが、最近は特にゲーム分野で発展してきています。

Dappsの特徴は。中央管理者がいない、トークンを利用している、ユーザーの合意がなければ改善されないという三点が主なものです。

ビットコインはこの三つの特徴を満たす最も有名なdappsです。
Dapps共通のメリットとして国の規制を受けにくく、ハッキングリスクが少ない、ということがあります。

国や地域に関係なくビジネスが行われる現在、dappsは今後ゲームや取引所に限らずどんどん利用範囲が拡大していくことと予想されています。これからさらに注目が集まっていくdapps、投資家の皆さんはぜひ注目しておいてくださいね。

DEXのメリット・デメリット

dapps,DEX
ここからはDEXのメリットとデメリットについて解説します。中央集権型取引所のデメリットをすべて解決した夢の存在に見えるDEXですが、現段階ではまだ課題も残っています。

これからDEXを利用していきたいという方はメリット、デメリットを両方踏まえたうえで検討してみてくださいね。

DEXのメリット

資産流出のリスクが少ない

DEXのメリットは何といってもこれです。DEXなら中央管理者がサイバー攻撃を受けるリスクがゼロになり、秘密鍵を盗まれることによる資産流出の可能性が大幅に減ります。

一般的な取引所は日々ハッカーからの攻撃を受けており、今後永久に取引所を守り続けることは難しい状態です。しかし分散型の取引所なら利用者一人一人が秘密鍵を管理する形になるので大規模なハッキングを避けることができます。

個人情報を第三者に開示しなくてよい

先ほど述べたメリットとも関連しますが、個人情報を入力する必要がないので必然的に個人情報を守ることができます。

スマートコントラクトと呼ばれるシステムにより基準を満たした取引は自動的に行われるため利用者が開示するのはウォレットのアドレスのみです。

国などの規制を受けにくい

国によっては仮想通貨取引の規制を進める動きがあるため、最近は取引所が閉鎖されてしまったというニュースも出てきています。

一方で分散型の取引所は個人が集まって取引所を形作っているにすぎないため、国の規制で閉鎖される危険はかなり少なくなります。また、取引も国や地域の垣根を超えて行うことができるので、ビジネスや投資の自由度は大幅に上がります。

取引履歴をだれでもチェックできる

DEXはdappsのブロックチェーン技術を基盤に作られた取引所なので誰でもすべての取引にアクセス可能です。そのため不正な取引が隠蔽される可能性が低く、ユーザーはDEXのシステム自体もチェックすることができるので透明性の高い仮想通貨取引が実現できます。

DEXのデメリット

手数料が高い

DEXに中央管理者がいないのは先ほど述べた通りで、管理者に高額な利用料を請求される心配はありません。

しかし、DEXで取引するときはブロックチェーン上の処理になりますので注文手数料が売り注文、買い注文ごとにかかってしまいます。

さらに送金の速度を速めたり、取引をキャンセルする場合もそのたびに手数料がかかってしまう場合もあるので取引を頻繁に行う方にはデメリットが目立ってしまうかもしれません。

これは現時点でDEXユーザーが少ないことと関係しているのでDEXの知名度が上がれば解決していく課題かもしれません。

取引が成立しにくい

Dappsでは取引がブロックチェーン上で処理されるためブロック承認に時間がかかってしまう傾向があります。特にブロックの使用率が上がると処理が遅くなってしまうので待ち時間が多くなってしまいます。

また、ユーザーが少ないことから金額や条件の希望にマッチする人を見つけるのが難しく、やりたい取引に着手するまで時間がかかってしまいます。

使い勝手が悪い

DEXは新しくできた取引所であるため、今後改善の余地はありますがまだ使い勝手の悪い状態のところも多いようです。また、取引所のほとんどは英語で運営されていて、日本語対応はまだ進んでいないので日本語ユーザーとしては使いづらさを感じるかもしれません。

法定通貨が基本となっていない

一般的な取引所では法定通貨と仮想通貨の取引を行うことができますが、DEXではプラットフォーム上の通貨が基軸通貨となる仕組みになっているので法定通貨との関わりは少なくなります。

また、扱うことができる仮想通貨も少ないため、法定通貨や多数の仮想通貨を相互にやり取りする、という使い方は現在難しい状況になっています。

すべてが自己責任

DEXでは秘密鍵を個人で管理するため、自分で行った取引はすべて自分の責任となります。

たとえ入力ミスがあったとしてもdappsのシステム上取引として成立してしまえば取り返しがつかないので、片手間に取引を行う、という投資スタイルは難しいでしょう。

また、サポート体制もほとんどないので自分のパソコンがハッキングされた場合も補償は一切ありません。

仮想通貨投資におすすめのDEX3選

dapps,DEX
DEXのメリット、デメリットはいかがでしたでしょうか。ユーザーがDEXの仕組みを理解し、自己責任で取引を行うのであれば非常に頼もしいDEX。

ここからはこれからDEXで取引を行いたいという方向けにおすすめの分散型取引所をご紹介します。

EtherDelta(イーサデルタ)

DEXの中で有名な取引所の一つです。その名の通りイーサリアムのプラとフォームを利用している取引所で、イーサリアムのブロックチェーンに登録されているトークンはすべて取引することができます。こちらの取引所の基軸通貨はイーサリアム(ETH)になります。

イーサリアムやイーサリアムのトークンはdappsゲームの多くで使われているので、全てのトークンが取引可能なイーサデルタは非常に便利です。

イーサデルタを利用するには拡張機能のMetamask(メタマスク)というウォレットを利用するのが特に便利なので登録を考えている方はMetamaskで資金管理を行ってみてくださいね。

0x(ゼロエックス・オーエックス)

ゼロエックスは2016年にスタートした新興の取引所で、イーサリアムのブロックチェーンが使われています。ゼロエックスの一番の特徴は注文をオフチェーンで行うことができる点です。

オフチェーンで取引を行う場合、手数料が安くなります。ゼロエックスでは決済のみがオンチェーンで行われるため手数料を節約したいという方にはおすすめの取引所です。

Waves Lite Cilent(ウェーブス・ライト・クライアント)

Waves platformの取引所になります。独自トークンを発行する機能が実装してあり、だれでも簡単に独自トークンを作成できることを目標にしています。

こちらの取引所は日本円やUSドルなどの法定通貨も取引対象に入っています。特にユーザーにとっての使いやすさが重視されている取引所なのでDEX初心者の方にもおすすめです。

しかし、だれでも独自トークンが自由に発行できてしまうと、名称が同じ通貨も大量に発行されてしまうので取引の際は注意が必要です。

その他のおすすめ取引所

Dappsに注目が集まるにつれどんどん増加してきた分散型取引所。先ほど紹介した上三つの取引所以外にもたくさんの取引所がスタートしています。

  • ・Kyber Network(カイバーネットワーク)イーサリアムのブロックチェーンを利用した取引所です。スマートコントラクト機能を使い、売り注文を好きなタイミングで出せるようなシステムを整えています。
  • ・Bancor(バンコール)バンコールはバンコールプロトコルという仕組みを持ち、通貨の需要と供給を鑑みて取引価格を自動で決める取引所です。そのため自分で価格を提示し、その価格で取引してくれる人を待つ必要がありません。
  • ・Airswap(エアスワップ)エアスワップにはエアスワッププロトコルというシステムがあり、取引所を経由することなく取引を完全に個人間で行うことができます。また、取引の際過去の取引価格が表示されているので取引相場が分からない、という方も利用しやすい取引所です。

DEXの今後

dapps,DEX
DEXはまだ登場したばかりで、ユーザーにとって最適な取引所になるのはまだもう少し先のことかもしれません。

しかしDEXは登場以降非常に速いスピードで改善、新規機能の導入が行われており、この2018年の間にもさらに大きく発展するといわれています。

また、現在DEXの多くはイーサリアムをベースにしたブロックチェーンが利用されていますが今後より様々な通貨を基軸としたDEXが登場してくると期待されています。

これからハッキングリスクが著しく減っていくということは考えづらいのでDEXの需要はますます伸びていくでしょう。

DEXの仕組みと今後の発展

dapps,DEX
いかがでしたでしょうか。今回はDEXの仕組みやおすすめの取引所についてご紹介いたしました。発展途上のDEXですが、デメリットや注意点をきちんと理解すれば、自身の資産をより安全に管理することができます。お時間のある方はぜひ登録を検討してみてくださいね。

最終更新日:2018年08月27日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」