ホームICOIEO(Initial Exchange Offering)とは?これからの資金調達はICOからIEOへ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Editor-in-Chief Takashima

IEO(Initial Exchange Offering)とは?これからの資金調達はICOからIEOへ!

IEO

次世代の資金調達法といわれていたICO(Initial Coin Offering)ですが、最近はICOに代わってIEO(Initial Exchange Offering)による資金調達が増えてきています。そこで今回は話題のIEOについて、「IEOとは何か?ICOとの違いは何か?」について調べてみました。

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

IEOを知る前に、ICOについて知ろう

IEO

ICOとは、「Initial Coin Offering:新規仮想通貨発行」のことで、新しく仮想通貨(トークン)を発行して資金調達を行うことです。

資金調達に仮想通貨を利用するので、国にとらわれることなく世界中からの資金調達が可能となります。

イーサリアムのプラットフォームで使えるERC20トークンを利用すると簡単にトークンが発行できてしまうので、詐欺が多いことがICOの大きな問題となっています。

さらにICOについて詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ!

IEO(Initial Exchange Offering)とは?

IEO

IEOとは、「Initial Exchange Offering:新規取引所発行」のことです。

ICOではプロジェクトを行う企業などが、トークンの発行・販売を行います。

一方、IEOではトークンの販売をプロジェクト実施企業に代わって仮想通貨取引所が行います。

具体的には、プロジェクトが発行したトークンを取引所が預かり、取引所のシステムを通じてトークンの販売を行うというものです。

ICOでは、プロジェクト実施企業と投資家が直接取引を行っていましたが、IEOでは投資家とプロジェクトの間に取引所が入ることになります。

株式・債券の売買のように間に仲介するものが入ることでより健全な取引ができるとIEOには期待がかかっています。

IEOを行うメリット

ICO詐欺のリスクが格段にへる

国際的な会計サービス事業を営むアーンスト・アンド・ヤング社(E&Y)の調査によると、ICOで資金調達された内の約10%に当たる4億ドル(約440億円)がフィッシング詐欺やサイバー攻撃による盗難にあっているそうです。

いかにICOによる詐欺が多いことが分かります。

IEOによって取引所がトークン販売の仲介に入れば、取引所は扱う案件の審査を行うので詐欺事件のような案件に投資する確率は大きくへることになるでしょう。

プロジェクトが取引所のユーザーリストを利用できる

取引所で口座開設するためにはメールアドレスなどの登録が必要となってきます。

IEOを行うことで取引所の利用者や他のルートを通じて、新規で発行するトークンの販売を広範囲で行うことも可能となります。

マーケティングの面でもIEOによって取引所と協力するメリットは大きいでしょう。

取引所の価値・ブランディング向上

話題のプロジェクトを取引所が扱うことになればユーザー数は向上するはずです。

・そこの取引所でないと扱っていない
・先行販売で安く購入できる取引所はここだけ

このようなメリットがあれば、当然ユーザーはその取引所で登録を行うことでしょう。

バイナンスなど、独自の仮想通貨を発行している取引所もあるので話題のプロジェクトを扱うことでコインの価格も上がることに繋がります。

IEOに参加する方法

IEO

では、投資家がIEOに参加するにはどうすればいいのでしょうか?

IEOによって発行されるトークンを購入するには、そのトークンを扱っている取引所でユーザー登録をする必要があります。

IEOによって発行されるトークンを購入するには、一定額以上の仮想通貨を保有しているなどの条件も必要なことがあるので購入前には条件等も確認するようしましょう。

IEO(Initial Exchange Offering)についてのまとめ!

ICOの詐欺被害が増加することによって、これからはますますIEOによる資金調達のニーズが高まっていきそうです。

日本でICOを行う場合には、取引所を通じて行う必要があるので必然的にIEOになることになります。

ICO詐欺が増えることを見据えて日本の金融庁がIEOを取り入れていたとしたらかなりの先見の明があるといえるでしょう。

これからのIEOに注目です!

✓最後まで読んでくれたあなたに♪
コインチェック

いつもコインガールズの記事を読んでくださり、ありがとうございます♪

私達は、皆様にもっと仮想通貨のことを知ってもらいたい!楽しんでもらいたい!稼いでもらいたい!と思っているので、これからもどうぞ、応援のほどよろしくお願いします!!

ところで皆様、もう取引所は登録していますか?取引所の登録は3分ほどで完了しますが、利用可能まで3日ほど待たないとダメなんです。

仮想通貨の最大の魅力は「突然やってくる高騰」です。「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか?

まずはアプリのダウンロード数国内No.1を誇る「コインチェック」に登録しちゃいましょう♪

コインチェックなら…

  • 登録料や年会費は無料
  • 通貨取り扱い数は国内最多
  • 取引手数料はもちろん無料
  • 手厚いユーザーサポート
  • コインガールズの豊富な記事でお悩み解決!

ということで、今激アツの取引所なんですよね!まずは公式サイトをチェックしてみてね♪

✓仮想通貨は1,000円から買えて、10倍~100倍になる可能性を秘めています!完全無料で始めて高騰するまで放置もOKなので、登録だけでもしておいて損はないですよ♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

Editor-in-Chief Takashima
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
Editor-in-Chief Takashimaの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事