ホームアルトコイン【天才数学者】チャールズ・ホスキンソンはなぜイーサリアムを離れ、エイダコインをつくったのか?その理由を過去の経歴から分かる彼の本分
えりな

【天才数学者】チャールズ・ホスキンソンはなぜイーサリアムを離れ、エイダコインをつくったのか?その理由を過去の経歴から分かる彼の本分

チャールズ・ホスキンソン

カルダノ・エイダコイン、そしてイーサリアムの設立にも関わったとされるチャールズホスキンソン。チャールズホスキンソンはなぜイーサリアムを離れたのか?なぜエイダコインを作ったのか?天才数学者とも呼ばれるチャールズホスキンソンについて解説します。

こんにちは!
えりなです!

みなさんは、チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)という人物をご存知ですか?仮想通貨業界ではそれなりによく聞く名前なので、ご存知のかたも多いかと思います。

「元イーサリアムの開発者」「天才数学者」「カルダノの創始者」ネット上にはチャールズ・ホスキンソンに関するいろいろな情報があふれています。

ですが、チャールズ・ホスキンソンがなぜイーサリアムを去ったのか、どうしてカルダノ・エイダコインを作ったのか、詳細な情報を知っているという人は少ないのではないでしょうか?

人について知りたいのなら、本人に聞くのが一番です。今回、チャールズ・ホスキンソンさんがインタビューに答えている記事を見つけたので、それを元にチャールズ・ホスキンソンの実像に迫ってみたいと思います。(゜▽゜*)♪

チャールズ・ホスキンソンの年齢・経歴

チャールズ・ホスキンソン

チャールズ・ホスキンソンは、アメリカ・ハワイ生まれの30歳です。医師の多い家系の出だったのですが、当人は医師は目指さず、数学教授を目指してコロラド大学に進学しています。

ちなみにチャールズ・ホスキンソンは、日本の小学校から高校にあたる教育は自宅で受けていたとのこと。医師の多い家系ということで、周りには優秀な教え手が多かったのでしょうね。これもあってか、15歳で高校までの履修を終えてしまったそうです。(;Å;)

チャールズ・ホスキンソンの経歴を、仮想通貨との関りを中心に見ていきましょう。

  • 2010年:
    この時期にビットコインについて知る。しかし、「上手くいかない」と判断
  • 2013年:
    キプロスショックによりビットコインに注目が集まる。チャールズ・ホスキンソンも仮想通貨への見方を改め、Udemy(ユーデミー)で仮想通貨の講義を配信するようになる
  • 2013年7月:
    Udemyの教え子から出資を受け、ダニエル・ラリマー(Daniel Larime)とともに会社を設立
  • 2013年12月?:
    ダニエル・ラリマーとケンカ別れ、退社
  • 2014年:
    イーサリアムの創業に参加
  • 2014年5月:
    イーサリアムから離れる
  • 2015年3月:
    ジェレミー・ウッド(Jeremy Wood)とともにIOHKを設立、カルダノ・エイダコインの開発スタート
  • 2017年9月:
    カルダノをリリース

なかなか波乱万丈の半生ですね!気になるところをピックアップしてみましょう。

チャールズ・ホスキンソンと仮想通貨の出会い

チャールズ・ホスキンソンがビットコインに出会ったのは、2010年ごろのことだそうです。ですが、チャールズ・ホスキンソンはビットコインを「理論的で素晴らしい」と感じつつも、お金としては機能しないと判断したそうです。

その理由は、「多くの人がビットコインに価値を認めないとビットコインに価値が出ない」ということにあったようです。

2010年といえば、ビットコインの価格が10円程度だったころです。この額だと、多くの人が認めないと価値が出ない、通貨にならないと考えるのが自然だったでしょうね。

えりなえりな

さすがのチャールズさんも、10円の価値しかないビットコインがのちに200万の価値をつけるとは、このころは思いもしなかったんでしょうね。

キプロスショックでビットコインへの見方を改める

2013年に、チャールズ・ホスキンソンの仮想通貨に対する価値観を変える出来事が起こります。キプロスショックが起こり、政府の信頼を必要としないお金として、ビットコインに注目が集まったのです。

2013年は、キプロスショックに加えて中国でもビットコインへの投資熱が高まり、一時1BTC・10万円を超える高値をつけました。(^▽^;)

この件でビットコインへの考えを改めたチャールズ・ホスキンソンは、Udemyを使って仮想通貨の講義を配信し始めました。

Udemyとは、オンラインで講義を配信・受講できる学習プラットフォームです。チャールズ・ホスキンソンは、Udemyの講義で累計8万人に仮想通貨について教えたとのことです。

ダニエル・ラリマーと会社を設立するも4カ月でケンカ別れ

ダニエル・ラリマーという名前に聞き覚えはないでしょうか?実はこのダニエル・ラリマー、現EOS(イオス)のCTOダニエル・ラリマーと同一人物なんです。

えりなえりな

カルダノ・エイダコインのチャールズ・ホスキンソンとEOSのダニエル・ラリマー、以外なつながりがあるんですね。

チャールズ・ホスキンソンは、Udemyの生徒から出資を受けてダニエル・ラリマーと起業したのですが、わずか4カ月でケンカ分かれしてしまったそうです。

えりなえりな

そのままチャールズさんとダニエルさんが組んでいたら、今頃どうなっていたんでしょうね?ADAとEOSを合わせたような仮想通貨が生まれていたんでしょうか?想像すると面白いですね。

チャールズ・ホスキンソンはなせイーサリアムを離れたのか

チャールズ・ホスキンソンがイーサリアムの開発に関わっていたのは有名な話です。メディアなどにチャールズ・ホスキンソンが登場するときは、元イーサリアム開発者として紹介されていることも多いですからね。

えりなえりな

エイダコインのファンからするとこの点少し不満ですけど、それだけイーサリアムに関わっていたというインパクトは大きいんですね。

ダニエル・ラリマーと分かれたチャールズ・ホスキンソンは、そのすぐ後にイーサリアムの創業に関わることになります。そのきっかけは、ヴィタリック・ブリテン(Vitalik Buterin)の書いたホワイトペーパーを目にしたことだそうです。

イーサリアムの創業に関わることになったチャールズ・ホスキンソンですが、その役割はビジネス面の比重が大きかったようです。

えりなえりな

この点は少し意外ですね、イーサリアムの開発に関わっていたと思っていた方も多いかと思います。

しかし、チャールズ・ホスキンソンがイーサリアムに関わる時間は長くありませんでした。わずか5カ月ほどで、チャールズ・ホスキンソンはイーサリアムを去ることになります。この原因も創業者同士のケンカ別れだったとか。

えりなえりな

優秀な人間が多く集まれば、その分意見の衝突も増えるのかもしれませんね。

もめごとの原因はイーサリアムを営利団体にするか、非営利団体にするかという点にあったようです。以外にも、チャールズ・ホスキンソンが推したのは営利団体化の方でした。チャールズ・ホスキンソン当人によると、営利団体にする方が合理的と判断したとのこと。

結果的にイーサリアムは非営利団体の道を歩み。チャールズ・ホスキンソンはイーサリアムを去りました。これが2014年四月のことです。かなり早い段階でイーサリアムを去っているんですね。

ちなみにですが、チャールズ・ホスキンソンは今、イーサリアムではなくイーサリクラシックの開発に参加しています。

チャールズ・ホスキンソンの今

チャールズ・ホスキンソン



チャールズ・ホスキンソンがIOHKを立ち上げたのは、2015年のことです。そして、このアイデアができるまで、チャールズ・ホスキンソンは友人のジェレミー・ウッドとともに大阪の街に来ていたそうなんです。

えりなえりな

大阪の街をブラつきながら、IOHKの構想を練っていたそうですよ。

IOHKの目的は、仮想通貨を生み出す工場のようなものをイメージしていたそうです。査読により評価された理論、プロフェッショナルなエンジニアを集めることで、今後生み出されるであろう仮想通貨の需要に答える、これがIOHKの目的だそうです。

チャールズホスキンソンがCEOを務め、ウロボロスやダイダロスを生み出した仮想通貨最先端企業IOHKについて詳しく解説した記事はこちら↓


そして、チャールズ・ホスキンソンがIOHKで今開発に努めているのが、カルダノ・エイダコインです。

えりなえりな

Udemyで8万人に教えた経験、ダニエル・ラリマーやヴィタリック・ブリテンとともに仕事をした経験、仮想通貨業界を5年間渡り歩いてきたチャールズ・ホスキンソンの集大成が、エイダコインなんですね。

そのかいあってか、エイダコインは、第三世代の仮想通貨の中でも特に高い評価を受けるようになっています。仮想通貨の時価総額でも、10位以内に入っています。

チャールズ・ホスキンソン:まとめ

チャールズ・ホスキンソンについて解説してみましたが、いかがだったでしょうか?

詳しく見てみると、天才数学者やカルダノ・イーサリアムの開発者というイメージは少しズレている感じですね。

起業家といったほうがしっくりくる感じがします。PCの前で開発にいそしむのではなく、人々の前で行き先を示すというのが、チャールズ・ホスキンソンの本分のようです。

えりなえりな

チャールズさんのTwitterを見てみると常に世界各地を飛び回っているような印象を受けます。エイダコインの開発してるの?と疑問に思っていたのですが、その答えがこれなんですね。

カルダノ・エイダコインの顔役としても活躍するチャールズ・ホスキンソン、彼の導くカルダノ・エイダコインの今後に注目ですね。

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
  • -->
Page Top