ホーム仮想通貨基礎知識ビットコインとは何か?仮想通貨の今後の動きを徹底解説
研修生

ビットコインとは何か?仮想通貨の今後の動きを徹底解説

仮想通貨,Dapps

仮想通貨とは何か?を考え記事にしました。

仮想通貨は徐々に人気になっており、イーサリアムのDappsに関する情報も多くなり使用者が増加しています。

今後の動きや将来性を記載しました。

ビットコインは2008年、一つの論文によって生まれました。現在で回っている仮想通貨の中で、最も流通している仮想通貨がビットコインです。

他にもイーサリアムなど様々な仮想通貨があり、現在も世界中で新しい仮想通貨が考えられています。

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれるシステムで成り立っていて、ブロックチェーンを理解することと仮想通貨を理解することはほぼ同義といっても過言ではありません。

また、一番難解でわかりにくくしている、という言い方もできます。ブロックチェーンにより仮想通貨の存在が証明され、ブロックチェーンにより仮想通貨が分裂したりします。

この記事では、仮想通貨とりわけビットコインシステムについて触れ、ブロックチェーンとDappsについて解説します。

仮想通貨とは何か?

仮想通貨,Dapps
仮想通貨に「何となく怪しい」というイメージを持っていませんか。確かに、仮想通貨についてよく知らなければ、怪しいという印象をもつのも仕方がないことです。

しかし仮想通貨は、しっかりと勉強するとまさに「世界を変える」可能性を秘めている技術です。

仮想通貨というように呼んでいますが、実際は「通貨」としての役割を持つというだけで、通貨以外の用途にも利用されています。

仮想通貨のなかで一番有名で最大のシェアを誇る「ビットコイン」は、確かに通貨としての役割の比重が高く、支払い能力も高いです。

そのため、「仮想通貨=ビットコイン=お金」というイメージを持ってしまいがちです。ですがビットコインに次ぐシェアの「イーサリアム」は主にサービス開発のためのプラットフォームとして利用されています。

実際に「イーサリアム」を利用したアプリケーションも開発されていて、イーサリアム上の通貨「イーサ」は、イーサリアムを運用する際の燃料とも捉えられています。

ですので、イーサリアムにおいては、仮想通貨というよりもアプリケーション開発のためのものであり、「イーサ」という通貨がその中で出回っているという側面が強いのです。

事実、すべての仮想通貨に価格がついているわけではありません。仮想通貨の種類は1000種類以上にも上り、値がついていないような仮想通貨もあれば、開発途中でそのまま放置されているものもあります。

ですので、どんな目的で開発された仮想通貨かということによって、利用用途も異なります。

デジタルマネーとは何か?

仮想通貨は英語でcrypto currencyと呼ばれています。直訳すると暗号通貨です。そのため、日本語でも仮想通貨のことを暗号通貨と呼ぶこともあります。

暗号通貨と呼ぶのは、情報技術における暗号技術を用いて、通信を行っているからです。この暗号技術とブロックチェーンが仮想通貨の根幹となる技術です。

デジタルマネー自体はビットコインが登場する2008年以前にもありました。ゲーム内マネーやICカードのチャージマネーが一例です。

ゲーム内マネーと仮想通貨の違いは、リアルで使用できるかどうかです。ゲーム内マネーが現実で使用できないのに対して、ビットコインは現実で使用して実際にものを購入することができます。

では、ICカードのチャージマネーとの違いはどうでしょうか。例えば、電車に乗るときに利用するICカードのお金は現実でも利用しています。

むしろ現実で利用することを目的にICカードを発行しますよね。仮想通貨とICカードのチャージマネーとの違いは、例えばお金が流れる方向です。

つまり、仮想通貨で現金を買うこともできるし、現金で仮想通貨を買うこともできます。現金と仮想通貨は双方向でやり取りをすることができます。

しかし、現金でICカードのチャージマネーを買うことは出来ても、ICカードのチャージマネーを現金に換えることは基本的にはできませんよね。

仮想通貨とブロックチェーンの関係性とは

仮想通貨はブロックチェーンによって成り立っています。ブロックチェーンは分散型取引台帳と呼ばれます。

分散型取引台帳には、仮想通貨による取引が記録されています。この台帳に記録されることで、仮想通貨の存在が証明されます。

ビットコインを例にすると、ブロックチェーンに「Aさん(のビットコインアドレス)が50BTCを所有している」と記録してあれば、Aさんが50BTCを持っていることになります。

BTCはビットコインの単位です。そして、仮想通貨の最も特徴的な部分は、「管理者が存在しない」ことです。それは「分散型」取引台帳という言葉にも反映されています。

ネットワーク形式には「クライアント・サーバー形式」と「P2Pネットワーク」があります。

オンラインゲームやソーシャルゲーム、ウェブサーバーなどは「クライアント・サーバー形式」のネットワークです。ウェブページを閲覧するときには、クライアント(ウェブサイトを見ようとしているコンピューター)が、ウェブサイトの情報を持っているサーバーにアクセスします。

このとき1台のサーバーに対してクライアントは複数存在します。そのため、複数のコンピューターで同じウェブサイトを閲覧することになります。

それに対して、ブロックチェーンで使用しているのは「P2Pネットワーク」です。「P2Pネットワーク」には管理者が存在しません。クライアント同士がデータをやり取りして成り立っています。

重要なのは、仮想通貨が現実で使用できるお金を扱っているということです。

銀行に預けているお金もデジタルマネーですが、銀行という管理者がいて、どれだけの金額があるかを証明してくれています。

銀行の信用によってお金が担保されているのです。しかし、仮想通貨には、現実で利用できるお金を扱っているにもかかわらず、その存在を証明してくれる管理者が存在しないのです。

もちろん、ただ証明されないだけでは仮想通貨が成り立つはずがありません。どのように仮想通貨の価値を担保しているのかというと、「みんなで見張ること」でお金の価値を守っているのです。そして、そのための「P2Pネットワーク」です。

仮想通貨で使用されているブロックチェーン、分散型取引台帳はその仮想通貨に参加しているすべてのコンピューターに同じものがコピーされています。

ビットコインでは分散型取引台帳に書き込むことを「マイニング」といい、マイニングの行う人たちを「マイナー」と呼びます。

ビットコインについて

仮想通貨,Dapps
仮想通貨の代表例、ビットコインについてまとめます。
ビットコインは一つの論文によって生まれました。

2008年「サトシナカモト」という人物がネット上に発表した論文です。この論文をもとに、世界中のエンジニアが協力して作り上げたのがビットコインです。

ビットコインシステムは2009年から正式に稼働し、一度も停止していません。このサトシナカモトという人物については、年齢、性別、国籍の他一切の情報が明らかになっていません。

原文タイトルは「bitcoin:a peer-to-peer electronic chash system」で、銀行などの仲介役無しに決済するシステムです。このタイトルで検索すると、英語の原論文を読むこともできます。

  • ユーザーの取引記録をすべて公開する
  • 善良な参加者には報酬を与える

以上の2つのルールによってビットコインシステムが成り立っています。
ユーザーの取引記録をすべて公開することで、誰がどのような取引を行ったかを、誰でも閲覧することができます。

そのため、誰かが不正な操作をしたとしても、どんな不正をしたかや正しくはどこにビットコインがいくべきだったかがわかります。

この取引台帳をピットコインではブロックチェーンと呼び、ビットコインシステムにおいて個人を識別するために「ビットコインアドレス」があります。ブロックチェーンにはビットコインアドレスが書き込まれます。

「善良な参加者には報酬を与える」というのは、新規に発行されるビットコインとユーザーからの手数料です。

ですので、ピットコインシステムでは、不正を働く者を監視をしていますが、防止は行っていません。

不正な処理をするよりも正常にシステムを稼働させる方が得、となるようにシステムを運用しています。

ビットコインの参加者は「ユーザー」と「マイナー」に分類されます。ユーザーはビットコインを用いて取引をする人、マイナーはユーザーが取引した記録をブロックチェーンに書き込む人です。ビットコインの取引の流れは以下のようになります。

  • ユーザーがビットコインの送受信を行う
  • マイナーが送受信の処理を行う
  • マイナーがマイニングを行う
  • マイナーがブロックチェーンに取引記録を書き込む
  • 最も貢献したマイナーに報酬(新規ビットコイン)が与えられる

ブロックチェーンは全世界の方が閲覧できます。マイナーは誠実に処理を行うことで新規のビットコインを得ることができますので、それを目当てに正しい処理をします。

また、一度新規ビットコインを入手したマイナーは、わざわざ不正な取引をして持っているビットコインの信用を下げるようなことをしたくない、という心理が働きます。

マイナーに与えられる報酬

仮想通貨,Dapps
ブロックチェーンはマイナーによって成り立っています。ユーザーはビットコインを使って取引する際に送信手数料がかかります。

手数料はユーザーが選択できますが、手数料を高く設定した方が、スピーディーに安全な取引が保証されます。マイナーが高額な手数料を目当てに、優先的にマイニングを行うからです。

ユーザーが取引を行うときには、ビットコインシステムに参加しているマイナー全員に、取引情報が一斉送信されます。

取引情報を受け取ったマイナーは、ブロックチェーンの末尾に取引情報を追記しようとします。ブロックチェーンはブロックと呼ばれる取引情報が連なったものです。

ブロックが鎖のようにつながっているのでブロックチェーンと呼ばれます。「最も早くブロックを追加したマイナー」のみが、マイニングの報酬を受け取ることができます。

取引情報のブロックを作成するためには、10分程度で解ける難易度の問題を最初に解く必要があります。

ビットコインのマイニングは現在、単独で報酬を得ることが非常に難しい状況です。ビットコインが普及して、多くのマイナーがマイニングを行っているからです。複数のマイナーが協力して報酬を分配するようになっています。

最初に問題を解いてブロックを作成すると、「ピットコインが新規発行され、作成したマイナーが所有している」という情報がブロックに記述されます。

これを他のマイナーが承認することで、正式に報酬を受け取ったことになります。

ちなみに「マイニング」というのは採掘という意味です。ビットコインの発行上限は約2100万BTCと決まっていて、いつか枯渇することがわかっています。

さらに4年ごとにビットコインの発行速度が半減するようにプログラムされていて、採掘を行うのが徐々に難しくなります。

このような状況が金の採掘と似ていることから、「マイニング」と呼ばれています。ビットコインがすべて堀つくされて、発行が終了してもユーザーからの取引手数料が報酬となるため、マイニング作業を行う価値は残ります。

ブロックチェーンの分裂

仮想通貨,Dapps
ブロックチェーンは10分に1つのペースでブロックが作成されます。前のブロックの暗号を新しいブロックに組み込むことで、前の続きのブロックであることがわかります。

ブロックを新規作成する際、同時に複数のブロックが作成されることがあります。このとき、新しく作成されたブロックは2つとも正しいブロックとして認識されます。

これを「分岐」と言います。意図して分岐を行うことを「分裂」と呼んでいます。ビットコインでは「最も長く続いているチェーンを正当なものとする」というプロトコルになっていますので、正当なチェーンのみが残っていきます。

チェーンには取引情報のほかにもシステムのルール変更なども書き込まれます。変更されたルールに賛同するマイナーが、最新のブロックを無視して過去のブロックにチェーンをつなげていくことがあります。

この状態が続くことで、ブロックチェーンが分裂します。ブロックチェーンの分裂とは、ビットコインのルール変更を是とするマイナーと、否とするマイナーで起こるものです。

ある意味で、民主主義にのっとってルールを決めているとも言えます。

2017年8月にはビットコインが分裂し、「ビットコイン」と新しいルールのビットコイン「ビットコインキャッシュ」が誕生しました。

ビットコインの保有者は元から持っていたビットコインと同数のビットコインキャッシュを新たに獲得します。これが仮想通貨の分裂です。

イーサリアムとは?

イーサリアムはビットコインに次ぐシェアの仮想通貨です。ビットコインが決済用の仮想通貨という性格が強いのに対して、イーサリアムは開発のためのプラットフォームの側面が強いです。実際にイーサリアムを用いて様々なアプリケーションが開発されています。

もちろんイーサリアムにも決済機能があり、通貨単位は「イーサ(ether)」です。

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏が考案して、現在も開発に携わっています。イーサリアムは2013年から開発され、2014年にイーサの販売が開始されました。実際に運用が開始されたのは2015年7月です。

ビットコインはBTCで表されるのに対して、イーサリアムはEHTであらわされます。執筆時点で1ビットコインは743637.31円の価値があります。

1イーサリアムは30828円です。それぞれの通貨は分割することができます。0.00000001BTCを1satoshiという単位として、0.0000000000000000001ETHを1weiとして支払うことができます。1000gを1kgと表記するようなものです。

イーサリアムのブロックチェーンでは、様々なデータを埋め込むことができます。これがイーサリアムの特徴ですが、脆弱性の要因でもあります。

ビットコインやイーサリアムをはじめとする仮想通貨は、まだ生まれてから10年ほどしか経っていません(2018年8月)。

そのためほとんどのシステムは実験段階で、脆弱性を残しています。イーサリアムのシステムはビットコインよりも多くの修正を繰り返してきました。

イーサリアムの機能の中でも「スマートコントラクト」が非常に便利な技術です。スマートコントラクトは「ある条件を満たしたときに自動的に契約を履行するシステム」です。

もちろん、契約は双方があらかじめ合意します。ビットコインにもスマートコントラクト機能はありますが、簡単な条件しか実装されていません。

イーサリアムはスマートコントラクトに特化した仮想通貨と言っても差し支えありません。

複雑な条件の設定が可能で、さらにブロックチェーンにも記載されます。通貨としての役割で言えば、通貨の貸し借りの契約は従来、当人同士の契約を第三者が証明することで成立していました。

それをブロックチェーンに記載することで、第三者の介入なしに取引を完結できるという点で、非常に有用なのです。

イーサリアムのアップデート

イーサリアムは現在もアップデートを続けています。イーサリアムは運営当初から4段階のアップロードを行うという計画で開発されていました。

  • フロンティア
  • ホームステッド
  • メトロポリス
  • セレニティ

「フロンティア」は2015年7月から実施され、イーサリアムの基本的な機能を導入するものでした。「ホームステッド」は2016年3月に実施され、より多くの人が利用できるプラットフォームへアップデートされました。

「メトロポリス」は2段階のアップデート「ビザンティウム」と「コンスタンティノープル」が予定されています。

「ビザンティウム」は2017年10月に行われ、「プルーフオブワーク」から「プルーフオブステーク」への移行準備や、匿名性の高い技術への転換など、匿名性を強化しました。

「コンスタンティノープル」はまだ実施されていません。2018年中には実施される予定で、セキュリティ強化などが予定されています。

詳細は未定です。最終段階の「セレニティ」において「プルーフオブワーク」から「プルーフオブステーク」への移行が実施される予定です。

以上のように、イーサリアムはいまだに「開発途中」であり、今後も大きなアップデートが予定されています。

プルーフオブワークとプルーフオブステーク

仮想通貨,Dapps
プルーフオブワーク(Proof of Work=PoW)は「最も仕事をした人がブロックを作成できる」というもので、ビットコインにも採用されています。

プルーフオブステーク(Proof of Stake=PoS)は「その仮想通貨をたくさん所有する人が、有利にブロックを作成できる」というものです。どちらにもメリットとデメリットがあります。

プルーフオブワークを採用しているビットコインでは、マイナーが新規発行されるビットコインを獲得するためにマイニングを行います。

しかし、世界中のマイナーがマイニングを競ってマイニング作業を行っているため、個人のマイナーが報酬を獲得するのは非常に困難です。

そこで、マイナーは集団でこぞってマイニングを行います。このマイニング作業にかかる不毛な消費電力が問題視されています。

2018年8月時点での、マイニング作業にかかっている推定消費電力は、年間73TWhです日本の2015年の年間消費電力は933.73TWhですので、非常に大量の電力を消費していることがわかります。

プルーフオブステークであれば、仮想通貨の保有量によりブロック作成の優位性が獲得できますので、計算量が少なくなり電力の消費を抑えることができます。

プルーフオブステークにも問題点はあります。例えば、仮想通貨を多く保有している人が、自分に有利なブロックを作成して、より仮想通貨を手に入れやすい環境を整えることになります。

仮想通貨の価格が上昇するほど、新規参入が難しくなり、多く持つものにより集中することになります。プルーフオブワークに比べて、不正なブロックを作成し続け易いというデメリットがあります。

それでもイーサリアムがプルーフオブステークへの移行を進めているのは、分散型アプリケーションのプラットフォームを提供しているからです。

アプリケーション開発にとって、不必要なマイニング作業への設備投資を抑制することには意味があります。

イーサリアムのブロックチェーンを利用することで、「トークン」を作成できます。トークンとは「発行者が存在するインターネット上の通貨」のことです。

イーサリアムでは、ビットコインなどのほかの仮想通貨に比べて、比較的簡単にセキュリティが担保されたトークンを作成できます。

多くの人がトークンのやり取りをすると、そのトークンに値が付くこともあります。

イーサリアムとDappsの関係性

仮想通貨,Dapps
イーサリアムはDappsを開発するためのプラットフォームになっています。Dappsとは「分散型アプリケーション」のことで、この記事でも何回か名前は登場しました。

DappsはDecentralized Applicationsの略です。P2Pネットワークによる分散型アプリケーション全般をDappsと言いますので、ビットコインシステムもDappsに含まれますし、イーサリアムもDappsです。そして先も述べたように、イーサリアムを利用してDappsが開発されています。

DAO(decentralized autonomous organization)というプロジェクトがあります。直訳すると「分権的で自主的な組織」となりますが、中央管理者がおらず、非中央集権的な組織の作成を目指すものです。DAOを実際に運用して、投資ファンドを運用したのが「The DAO」です。

一般的な投資ファンドは、投資家からお金を集めて運営者が投資を行います。そして、利益を投資家に還元することで成り立っています。

それにたいしてThe DAOでは、独自のトークン(トークンは既に説明しましたが、作成した通貨のことです)を発行して、トークンを購入した投資家たちの賛成を得ることで、投資先を決定します。従来の投資ファンドに限らず営利組織全般に言えることですが、権限を持った人が意思決定をして組織の下部に位置する人がそれを実行するのが常識でした。

しかし、The DAOが目指すモデルは民主主義的な手続きによって、全体の方針を決定します。このビジネスモデルが成功すれば、経営者が必要なくなります。

世界中の組織体系が根本から裏返る可能性がありました。The DAOは民主主義的な投票によって投資先を決定します。

一般的な投資ファンドの投資先の決定方法では運営者の技量が重要ですが、利益に直接つながるような資金運用が民主主義の手法で賄えるのかどうかということで、当時非常に注目されました。出資者が運営に参加できるという点も、従来とは異なる性質です。

残念ながらThe DAOの脆弱性をつかれて、The DAOは失敗します。The DAOのスマートコントラクトの脆弱性から、集めた資金の30%以上が流出してしまいました。

イーサリアムはブロックチェーンを分裂させて、流出した事実をブロックチェーン上で「なかったこと」にしました。

The DAOの失敗はThe DAOのスマートコントラクトに欠陥があったことですので、イーサリアム自体の脆弱性ではありません。

The DAOのプロジェクトは失敗に終わりましたが、トップダウン型の組織運営の在り方に対して疑問を投げかけたことには非常に意味がありました。

今後DAOによる組織運営を行う会社が現れても不思議ではありませんし、DAOによる組織運営が失敗したわけではありません。

Dappsとは

仮想通貨,Dapps
Dappsは新しい概念です。そのため、辞書的なはっきりした定義が定着しているわけではありません。言葉そのものの意味であれば、先に述べたように「分散型アプリケーション」ということになるでしょうが、単に中央集権型でないアプリケーションであるということと、現在使われているDappsという言葉の意味は若干の乖離がみられます。

Dappsの定義としてよく引用されるのは、David Johnston氏が言ったものです。David Johnston氏はDappsに投資する投資家です。

彼は4つの基準を満たすものがDappsだと定義しました。簡単に訳すと以下の通りです。

  • アプリケーションはオープンソースでなければならず、自律的に動作し、中央集権型でない。アプリケーションは改善要求や市場からのフィードバックに応じて改善されるが、すべての変更はユーザーの合意によって決定される。
  • アプリケーションのデータや操作記録は、暗号化し公開された分散型ブロックチェーンによって記録される。
  • アプリケーションの利用は暗号トークンを使用し、報酬はトークンによって支払われる
  • アプリケーションへの貢献を証明するものとして、暗号アルゴリズムによってトークンを生成する

1つ目、後半の「アプリケーションは改善要求や市場の…」については、理解しやすいものかと思います。例えばビットコインなら「長くつながっているブロックチェーンが正当である」というプロトコルです。

意図的にブロックチェーンを分裂させたりして、ユーザーの民主的な手続きによってビットコインのルールが決められていくというものです。

前半、「オープンソース」というのは、単にソースコードが公開されているということではありません。オープンソースとは、公開されたソースコードを目的を問わず利用して修正、頒布できるということです。

オープンソースのソフトウェアはLinux系OSのUbuntuやFedoraなどがあります。

2つ目の「アプリケーションのデータや操作記録……」はすべてのユーザーに公開されているブロックチェーンによって運用されていること、と言い換えられます。

3つ目のトークンというのは既に申し上げました通りです。

トークンとは「発行者が存在するインターネット上の通貨」のことです。トークンによって報酬が支払われるのはビットコインのルールでもそうでした。

ビットコインシステムでは、マイナーへの報酬はビットコインというトークンによって支払われることになっています。またそれは、「最も早くブロックチェーンを作成したマイナーに与えられる」のでした。

これは4つ目の条件である「アプリケーションへの貢献を証明するものとして」という項目に表されている通りです。

以上の条件を見ると、ビットコインがDappsの条件をきちんと満たしていることがわかると思います。

分散型アプリケーションと呼ばれるものは、ビットコインと同様にこれらの条件を満たしているもののことです。

イメージしにくければ、「独自のブロックチェーンと通貨単位をもつ、中央集権型でないアプリケーション」という認識で大きく間違ってはいないでしょう。

今後の動きとは

仮想通貨,Dapps
最後までご覧くださってありがとうございました。この記事では、仮想通貨についてまとめました。仮想通貨とは、データ上のお金のことを言うのではなく、分散型取引台帳(ブロックチェーン)を用いた民主主義によるデジタルマネーなのです。

分散型アプリケーション(Dapps)の代表例として、ビットコインやイーサリアムなどが挙げられますが、これらのアプリケーションはまだ実験段階です。

The DAOのような失敗もありましたが、これまでの組織体系や金融、法を大きく変える可能性があります。

仮想通貨は「何となく怪しい」ものではなく、情報技術によって裏付けられた、新しい時代の通貨です。その元となる分散型アプリケーションによって、社会が大きく変わってくる可能性は高いと思われます。今後も、Dappsや仮想通貨の動向が気になりますね。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
  • -->
Page Top