ホームアルトコイン仮想通貨と仮想通貨取引所は取引において最重要である?仮想通貨取引所の存在とは?
研修生

仮想通貨と仮想通貨取引所は取引において最重要である?仮想通貨取引所の存在とは?

仮想通貨,取引所

仮想通貨は勿論、取引をする上で大切です。

何故なら将来性があるコインに投資する為です。
しかしながら、投資家は将来性があるコインだけでなく仮想通貨取引所で優秀な場所を選択しなければいけません。

この2つの関係性を記事にまとめました。

仮想通貨と同時に、私達が考えるべき問題は、「仮想通貨取引所」についてです。ビットフライヤー(bitFlyer)もとても人気がありますが、人気=安全性が高いことなのでしょうか。

コインチェックの不正送金事件が起こり、仮想通貨取引所は信頼できないと思っている人たちも少なくはありません。

このビットフライヤー(bitFlyer)の場合、セキュリティーシステムに拘りを持っているといいますので、コインチェックとは違うタイプの仮想通貨取引所なのかもしれません。

この、ビットフライヤー(bitFlyer)が誇るセキュリティーシステムとは一体なんなのでしょうか。

更に、ビットフライヤーには、経営の対しての信頼感があり、補償制度が評価されていると言います。

仮想通貨取引所は安全ではない?


仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)は、安全性が高いから、多くの人たちが注目しているものの、仮想通貨取引所に、それほど安全性がある訳ではないという指摘があります。

それでは果たして仮想通貨・ビットコインが安全という意味になるのでしょうか。

実際に、コインチェックの事件が起こり、仮想通貨取引所にそのまま預けておくのはまずいかもという気持ちになった人たちは多くいます。

国税局の調査も入り、審査も厳しくなったということで、今後、仮想通貨取引所の管理状況が改善されたはずですが、改善される以前の仮想通貨取引所は、使うのにちょっと抵抗がある程度だったでしょうか。

仮想通貨取引所では、みなさんから預かった仮想通貨のうち何割かをコールドウォレットという方法で保管しています。

しかし実際に、みなさんが預けた仮想通貨取引所のアカウントが安全かどうかは断言できないと言われています。

コールドウォレットとホットウォレット

ここで、初心者のみなさんのために、コールドウォレットとホットウォレットの違いについてもざっとお話しします。

仮想通貨を保管するウォレットは、おおかたコールドウォレットとホットウォレットとに分類されます。

ウォレットというからには、財布のようなイメージを持ちますが、だいたいはそんな感じで間違いではありません。

円やドルと言った法定通貨に対して、私達は本物の財布で管理しておけばいいのですが、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)は、法定硬貨とは違い、現物の硬貨や紙幣が存在しないから何を入れていいかがわからないですよね。

ですから、仮想通の場合はネットワークの中に、財布を作っておく必要があります。仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)を利用して、取引を行えば、ウォレットを利用して支払いをすることになります。

仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)は、オンラインでのやりとりをします。ウォレットも、当然オンライン上で管理されるべきものという認識があります。

実際には、オンラインで管理するもの以外に、 パソコンだけで管理するものもあり、紙で管理しているものもあります。

インターネットに接続可能な環境で、すぐに仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)やアルトコインに送金することができるものを、ホットストレージという言い方をし、スマートフォンで簡単に使用することができるものを、ホットウォレットと言います。

敢えて、 ホットストレージとコールドストレージについて正しい理解の仕方をして、仮想通貨を分けて保管するというのがいいのではないでしょうか。

仮想通貨取引所では、ハッカー被害に遭わないためにも、何割かをコールドストレージで保管していると言います。

ホットストレージは、基本すぐに使用するお金を保管しておく場所であり、コールドストレージでは、すぐに使うことのない大金などをしばらく保管しておきます。

ホットストレージのデメリット

ホットストレージで使用しているホットウォレットは、 スマホのアプリのウォレットやブラウザアプリのウォレット、取引所のアプリのウォレットのことです。

ホットウォレットでは、すぐに送金のやりとりを行うことができ、 QRコードの読み込みでの送受金ができたりします。

パソコンがないときでも、スマートフォンでやりとりでき、便利だからホットウォレットが評価されています。

しかし、みなさんが仮想通貨を多く持ち、ホットウォレットに資産をそのまま保管しておくことは相当リスクが高いとも言われてますので、注意したほうがいいでしょう。

ホットウォレットには、デメリットがあり、ビットコイン(bitcoin)などの仮想通貨は、盗まれてしまうリスクが相当高いと言われています。

オンラインに存在している仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)は、常にハッカーに狙われていると考えてください。そして実際に多くの個人投資家のみなさんが、ハッカーの被害にあっています。

仮想通貨取引所でも、アカウントの不正ログインをされて、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)の不正送金の被害にあってしまったことがあります。

コールドストレージのデメリット

一方でコールドストレージの場合は、インターネットから切り離した存在なので、その場所で秘密キーを保管したりするため、ハッカーの脅威には晒されないと考えることができます。

ペーパーウォレットよりも一般的に使われているのはハードウェアウォレットです。 ハードウェアウォレットの場合は秘密キーさえあれば、自分の保管した仮想通貨にアクセスすることができます。

壊れたり紛失したとしても、 秘密キーさえしっかり管理されてあれば、 代替えが効くという点も評価することができます。

管理するという意味では、ペーパーウォレットよりも楽ですが、ハードウェアウォレットは初期設定時に秘密キーを、自分自身で管理しなければなりません。秘密キーは、安全性が高いとも言えますが、 他のスマートフォンなどに共有されてしまうリスクが全くない訳ではありません。

秘密キーをなくしてしまえば、ハードウェアウォレットも厄介なものになってしまうでしょう。ここには、自己管理しなければならないという問題が露呈します。

ペーパーウォレットのデメリット

ペーパーウォレットという選択肢もあります。ペーパーウォレットは、インターネットで無料で作成することができます。

「bitaddress」では、秘密キーと公開キーのペアを作ることができ、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)は、そこへ送金して保管します。

秘密キーと公開アドレスのQRコードは、プリントして保管しておくといいでしょう。 ペーパーウォレットを写真に撮って画像としてUSBやSDカードに保存しておく方法がありますが、結局このくらい自分でしっかり管理しておくことが重要です。

紛失してしまったりすれば、もうどうしようもなく、 ペーパーウォレットでは、送受金の履歴が残らないというデメリットも抱えています。

仮想通貨取引所・ビットフライヤー(bitFlyer)のセキュリティーの問題


仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)の取引は、仮想通貨取引所を使用することになります。仮想通貨取引所の仕組みは、 取引所の銀行口座に法定通貨を入れて、口座に入金した法定通貨で、仮想通貨を購入するという、いたって簡単な方法です。

個人投資家のみなさんが仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)を購入すれば、 取引所の仮想通貨用口座に保管されることになり、売却の場合、 この口座から取引を行います。

個人投資家のみなさんが、いくら個別のウォレットに仮想通貨を保管していたとしても、基本は、仮想通貨取引所の口座には仮想通貨が入っていなければ売買をすることができません。

仮想通貨マイニングで儲ける


仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)で儲けるために、仮想通貨取引所で、円やドルと交換するという方法を個人投資家のみなさんは選択することになります。しかし、これ以外の方法でも稼いでいる人たちがいます。

別に採掘(マイニング)という方法という方法もあることをあらかじめ理解しておくべきでしょう。どのように、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)マイニングをしているかといえば、 マイニングツール「MINER GATE」など使用しているようですね。

マイニングツール「MINER GATE」を使えば、初心者の人たちも決してマイニングが難しいということではありません。 MINER GATEは、初心者でも使いやすいGUIに対応してくれているマイニングツールです。

グラフィックユーザインタフェースを見ながら楽々操作することができます。 ツールでは、「MINER」を選び、ビットコインを選択して、作業は簡単に終了します。

方法は簡単ですが、実際に仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)マイニングで利益を出すことができるのでしょうか。ある人の場合、一般的なノートパソコンを利用して、 24時間あたり、0.00002BTC(現在のレートで約2.4円)の仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)マイニングすることができたということです。

マイニングでは、無料で仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)を手に入れることができるメリットがあると言われていますが、実際にその言い方は正しくありません。みなさんが、真剣に仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)採掘と向きあえば、ビットコイン採掘のために、パソコンをずっと起動し続けておく必要があり、相当電気代がかかってしまうことになるでしょう。

おおよそ5.5Wの電気使用量が必要になるとも言います。 24時間×30日マイニングをしていたとして、 電気代は約10,000円以上かかってしまうことになります。この数字では、そこそこ仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)をマイニングする程度では、赤字となってしまうことになります。

マイニングする面白さはあるのかもしれませんが、なかなか儲けを出すまでには難しいという問題を抱えているようです。

実際に、マイニングで稼いでいる方々もいますが、おおかた、ビットコインマイニング専用にチューニングしたハイスペックなマシンなど使用して、本気で稼ぐモチベーションを持っていないと実現できません。

最近では、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)マイニングも難易度が高くなって来たと言われています。 最近では、「クラウドマイニング(プールマイニング)」という方法が登場して来て、多くのユーザで協力しあって、複数あるコンピュータをインターネットによって接続し採掘しあうようにもなって来ました。

仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)マイニングは、難易度が段々と高くなって来ましたが、アルトコインに目を向ければまだ可能性も存在しているでしょう。

ただし、信頼できるのは仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)のほうであり、アルトコインに注目してマイニング作業をするものの、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)よりも知名度が低く、流通が少ないから、突然使用出来なくなってしまい、価値がゼロになってしまうものもあるのは否定できません。

このようなリスクも考慮して、採掘作業を行うようにしてください。

仮想通貨取引で、安全主義を考える理由


仮想通貨を手に入れるには、マイニングという方法もありますが、一般的に、多くの個人投資家のみなさんが実践しているのは、仮想通貨取引所でのやりとりです。

私達は、仮想通貨について語ると同時に、仮想通貨取引所について語り、いい悪いを判断していかなければなりません。

ビットフライヤー(bitFlyer)は2018年1月30日にセキュリティ・ファースト主義を掲げたと言います。ビットフライヤー(bitFlyer)では、どのような状況下においても、セキュリティー問題が最優先で対応されるべきであるという意思決定を行ったということですが、当たり前といえば当たり前のことであり、思えばあまり身近ではなく仮想通貨取引所という存在はそれほどまでに安全神話に欠ける場所だったのかもしれません。

とにかく何度のもいいますが、仮想通貨取引所が安全でなければ、仮想通貨も安心して取引出来ないでしょう。

ビットフライヤーのセキュリティー対策

ビットフライヤー(bitFlyer)には、 FW(ファイヤーウォール)という外部からのネットワークを遮断するシステムがあり、FW(ファイヤーウォール)を整備することで、外部からの攻撃があったとしても社内のネットワークにまでハッカーが侵入することができなくなります。 そして、社内のネットワークから外部のファイル共有サービスにアクセスすることができなくなります。

ビットフライヤー(bitFlyer)では、FWだけでは不十分と考え、 WEBアプリケーションの通信を検査できるWAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)も採用されています。

更にビットフライヤーでは、 アカウントのパスワード・アカウントロック・二段階認証と言った安全対策についてもしっかり考慮し、実行しています。

コインチェックは不正送金事件があり、他の仮想通貨取引所も人ごとでなく戦々恐々としているのではないでしょうか。もちろん、そのとき、我々はどうしなければならないか、対策について真剣に考えていかなければなりません。

実際に、コインチェックは業務改善命令を受けることになりましたが、業務改善命令を受けたのは、コインチェックだけではありません。

米 Mt.gox社114億円相当のBTC流出、 米 BitFloor社155億円相当のBTC流出、 米 Poloniex社6,000万円相当のBTC流出、 日本 Coincheck社580億円相当のNEM流出という事件が過去にも起きていますが、リアル社会で、証券会社がこのようなハッキング被害を受けたという話を聞くことはありません。

もしも、証券会社が倒産したとしても、 顧客のお金は「投資者保護基金」という組織・システムにもられているから、資産は安全ということになります。仮想通貨取引所には、そのようなシステムも存在しないから、それぞれの問題を、取引所自体がかわしていかなければなりません。

証券会社のほうが、歴史が古いので、セキュリティーに対しては万全なシステムが構築されたとも言うことができます。

それと比較して、仮想通貨・取引所は、まだまだ新しく、未成熟だともいうことができます。 新しいものに対して、いくら信用されているという言い方をしても、それほど信憑性は持ち得ないのではないでしょうか。

ボラティリティが大きい

仮想通貨は、ボラティリティがとても激しいことも特徴としてあげることができます。2017年9月には、OKcoin、BTCC、Huobiなどの中国での仮想通貨取引所の閉鎖が発表されるとともに、BTC4921ドルから2985ドルへ39%もダウンする事態が起きています。

2017年12月、仮想通貨・ビットコイン(bitcoin)が、急に下落したゆえ、
強制的にロスカットが連鎖して、 1BTC11,586ドルから7,130ドルまで大きくダウンしてしまいました。

このように仮想通貨は、20%以上も資産価値が一気にアップすることがあるかもしれませんが、ダウンすることもあります。

仮想通貨には「サーキットブレーカー制度」のような急な値動きを止める仕組みが存在しません。株式投資のほうには、そのようなヒートアップした相場の状態で売買を強制的停止させる仕組みが働いています。

仮想通貨の場合は、一度値下がりをはじめてしまえば、一体どこまで下がってしまうのか予測がなかなか困難です。仮想通貨市場は、なんとなくぼんやり見ていることができない市場なのです。

それなのに、私達は、仮想通貨は、証券会社よりも安心出来るという見方を、何も根拠のないまましてしまっていることはないでしょうか。

仮想通貨は信用できないものばかり

仮想通貨の種類は、いま現在も、どんどん増えています。仮想通貨はビットコイン(bitcoin)だけしかないと思っている人もいますが、2018年5月13日現在では、1,610種類もあり、混沌とした世界を形成しています。

しかし、どの仮想通貨も安心して利用することができますと言い切ることができるのでしょうか。

実際に、価値の存在している仮想通貨はこの中で1割程度と言っていいでしょう。 Bitcoin.comが5,000万ドル以上を調達したICO(仮想通貨による資金調達)の分類を行ったということですが、なんと81%の仮想通貨でのICOが詐欺であることを指摘されています。

さらに11%も既に失敗だと指摘を受け、あと残りが有能な仮想通貨かといえば、有望または成功と思われるICOはさらにその半分程度ではないかと言われています。それも証券会社に目を向ければ、みなさんが買いたいと思っているものは、上場審査を経たものです。

なぜ、仮想通貨が注目されているのか


証券会社と比較しても、仮想通貨取引所はそれほど信頼できるものではなく、仮想通貨にも不安はあります。一方では、仮想通貨の安全神話など囁かれていますが、それは一部の仮想通貨であり、見かけ倒しの詐欺仮想通貨には注意をしなければならないですし、取引所のセキュリティが弱さ、ボラティリティが大きい点などは、懸念しなければならない問題です。

仮想通貨のリスクを回避する


みなさんが、今後仮想通貨で投資しようというモチベーションを持つのなら、この仮想通貨取引所と上手くつきあっていく姿勢が必要です。 仮想通貨は、まさに現代社会において稼ぐことができる手段かもしれません。ネガティブ要因ばかりお話ししていても仕方がありません。

大事なのは、リスクが存在していることを知り、どのようにリスク管理して行くかということです。仮想通貨取引所は、それぞれセキュリティーの強さを売りにしていたり、仮想通貨の種類の豊富さをアピールしていたりしますので、それぞれ仮想通貨取引所の特徴を知り、使い分けしていくのがいいのではないでしょうか。

そして、面倒と思うのかもしれませんが、一度に大きな金額を購入してしまうのではなく、少しずつ購入する意識を持つようにしましょう。毎日少額の仮想通貨を購入することによって、我が身でリスク管理と向きあうことができるのではないでしょうか。例えば、Zaif取引所では、Zaifコイン積立という方法があり、毎日少しずつ好きな仮想通貨を購入したりすることができます。 例えば、毎月5万円分の仮想通貨を積立投資というのであれば、毎日約1,600円ずつわずかな仮想通貨を購入していくことになります。

詐欺の仮想通貨は購入しない

みなさんが仮想通貨と向きあうとき、当然のことですが、詐欺の仮想通貨は購入しないという姿勢が大事です。Ripple(XRP)は銀行間の送金に特化して作られた仮想通貨なので、そのような意味でも、信用度はかなり高く、ビットコイン(bitcoin)以外わからないというのなら、このような仮想通貨を購入してみてはいかがでしょうか。

Ripple(XRP)は、すでに国内外400行以上のメンバー銀行を抱えています。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行というまさに信用に値する日本のメガバンクが、Ripple(XRP)のメンバー銀行として加盟している事実があります。絶対に見逃すことができない情報ではないでしょうか。

2018年以降にはRippleを使用するスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap」が登場するということなので、ATMを使用するよりも、お得な手数料で今後銀行送金することができます。

いま、多くの日本人がRipple(XRP)に注目しているので、大きな値上がりもいままさに期待していいのではないでしょうか。そして、Ripple(XRP)を購入することができるのは、国内取引所ではBitbankということなので、仮想通貨取引所Bitbankは、信用できるかという点もしっかりチェックしておきましょう。

セキュリティーが強い仮想通貨取引所はどこか


個人投資家のみなさんは、しっかり仮想通貨取引所と向きあい、セキュリティーが強い仮想通貨取引所はどこかを追求していかなければなりません。どの仮想通貨取引所もセキュリティーに当然意識はしているのでしょうけど、出来不出来が存在しているようですね。

セキュリティーの一番高い仮想通貨取引所はどこかといえば、ビットフライヤー(bitFlyer)という人たちは多いです。 みなさんは、投資をするうえで、ビットフライヤー(bitFlyer)という仮想通貨取引所がどういう取引所であり、どのように信頼度が高いのかもう一度しっかりチェックしておきましょう。

ビットフライヤーは、セキュリティーが強く、サーバーがなかなか落ちないメリットもあります。取引量・ユーザー数・資本金も業界NO1というのも、ビットフライヤー(bitFlyer)を選択していい理由の一つです。

仮想通貨で投資をしている人たちなら、ほとんど全員が登録している仮想通貨取引所はやはりなかなか外すことができませんが、それでいいのではないでしょうか。

自分自身で仮想通貨を管理する

自分自身で仮想通貨を管理する姿勢も大事です。それは、自分のウォレットで管理するという方法です。そこで、どのウォレットを使用すればいいかという問題も浮上してしまうことになりますが、おすすめは、 Ledger Nano Sです。

Ledger Nano Sは、
ハードウォレットであり、インターネットとは切り離された関係にあり、 秘密キーで、アクセスキーを管理し、100%ハッキング被害は回避出来ると言っていいでしょう。

仮想通貨取引所コインチェックはどうか


まさに、仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)は、仮想通貨の信頼を失墜させたと言っていいでしょう。他の仮想通貨取引所は、とにかく同じ穴のムジナにならないように信頼を確保するために躍起になっていることでしょう。もちろん、それぞれの仮想通貨取引所が、顧客の資産を守るために安全対策を優先していかなければなりません。

そこへ来て、仮想通貨取引所コインチェックも、日本円の引き出しを再開するというニュースが入り、一歩前進したことは間違いありません。

しかし、多くの人たちの資産は、流出したネムやビットコインなどの仮想通貨です。仮想通貨だからこそ、このような事態になってしまえば、不安や後悔に取り憑かれてしまうことになります。

コインチェック(coincheck)が顧客の資金を管理する口座は、住信SBIネット、あおぞら、オリックスの4つの銀行ということで、日本円の支払いは、これらの口座から行われることになります。

しかし、日本円の出金をしたあと、コインチェックの経営がどうなるのか不安視される声も多く上がっています。それまで仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)といえば、信頼されている取引所だったので、今後仮想通貨取引所がどうなるかという問題も気になります。

窮地に立たされたコインチェック(coincheck)は

580億円にのぼるハッキング被害を受けて、コインチェック(coincheck)は間違いなく窮地に立たされています。コインチェック(coincheck)は、 金融庁に申請をしていのに認可が下りず、審査も長期に及んでいました。

一般投資家の資産が流失する大事件はあってはならない事故・事件です。そして、コインチェック(coincheck)の今後について考えることが仮想通貨取引所の未来を占うことになるのではないでしょうか。

今後、コインチェック(coincheck)のとる道は、新しく、自社で発行する「トークン」を配布する、またはなにかしらのICOを決行し、資金調達をして、被害者への補償を行うことです。

実際に、仮想通貨取引所の事故は、はじめてのことではなく、Bitfinexから学べば、結局このような道を辿ることは予測することができます。

さらに、コインチェックの代表らが保有している株を売り、資金調達をし、被害者に補償を行うという選択肢もあります。 大手企業が仮想通貨業界への参入に意欲的だという背景があれば、充分このような対応も視野に入れることができます。

更に、コインチェックの選択肢として、「破産」と言う道もあるでしょう。破産という道も選択肢としてあり、一番近道とも言えるかもしれませんが、やはり、それでは、仮想通貨取引所の信頼を再び取りもどすことは不可能です。

今後も繋がる手段としては、被害者への補償をしっかり行うことです。

仮想通貨取引所はそれほど信用できるものではない?


実際に、仮想通貨取引所の信頼が確保されているのかといえば、 それ以前にも、Bitfinex取引所ハッキング事件などが起きていたりします。

2016年8月に、そのような事件が起きているのに、仮想通貨は実際にこれほどまで信頼されている伝説を作り出すことができていることに不思議すら感じるのではないでしょうか。

ハッキングを受け、被害総額約12万BTC(約6347万ドル)が流失してしまったというのに、事件は、すぐに忘れ去られるという意味では、コインチェックにもまだまだ可能性が残されていると言っていいかもしれません。

過去には、 マウントゴックス事件も起きています。取引所で、一般顧客から預かっていたビットコインの99%が、内部による不正操作で消失してしまったということです。

仮想通貨取引所・コインチェックがしなければならないこと


いま、コインチェックはどのような向きあい方をしなければならないのでしょうか。

事業を継続するという選択をとったとしても、金融庁の認可について無視することは出来ません。金融庁による認可が、一番の問題として考えていいでしょう。

しかし、一般投資家に被害を与えた取引所を安易に認可してしまうことになれば、取引所の認可制度自体の存在自体が信用できないものになってしまうでしょう。

いかがでしょうか。仮想通貨にとって、仮想通貨取引所の信用はとても大事な意味を持っています。

仮想通貨取引所は、バーチャルという意味合いを持っているものの、私達が安心して利用することができるためには、しっかり金融庁とも向きあい、正しく運営されることが証明される必要があります。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
  • -->
Page Top