ホーム市況9/6(木)|ゴールドマンサックスが仮想通貨の取引デスクの開設計画を白紙に戻す
たかしま編集長

9/6(木)|ゴールドマンサックスが仮想通貨の取引デスクの開設計画を白紙に戻す

仮想通貨 市況

9月6日の仮想通貨市況
・ゴールドマンサックスが仮想通貨の取引デスク開設の計画を白紙に戻す
・匿名仮想通貨両替サービスのShapeShiftが本人確認を遵守する方針に転換
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

6日の仮想通貨市場は、昨日の仮想通貨市場全体の大幅な下落トレンドを引き継ぐ形で、急落を続けています。

仮想通貨 市況
https://coinmarketcap.com/charts/より

6日19時29分現在の主要通貨の価格と変動は以下の通り

通貨
価格(円)
24時間の変動比
BTC711,785-83,435(-10.72%)
ETH25,195-4,051(-13.87%)
XRP31.698-2.831(-8.20%)
BCH55,210-9,295(-14.41%)

6日、ゴールドマンサックスが仮想通貨の取引デスクの開設計画を白紙に戻したことが、Business Insiderにより明らかになりました。ゴールドマンサックスはここ一年程、ビットコインなどの仮想通貨の取引に対して前向きな姿勢をとっていました。

その中で、今回は「規制の状況があいまいである」としてこのような結論に至ったものであるようです。ビットコイン市場はこの報道を受けて価格を急落させ、アルトコイン市場にも大きな下落トレンドを生み出すことになりました。

規制状況があいまいであることは、ゴールドマンサックスが主な顧客層とする機関投資家の参入に大きな壁を作っているとのことですが、彼らのビットコインに対する興味は失われているわけではないようです。

巨額の資産を持つ機関投資家が参入するには、ここ数カ月注目を集めていたビットコインETFが米SECに承認される必要がある、との意見もあることから、9月末に承認の判断が下される可能性のあるCBOEのビットコインETFに注目が集まる可能性があります。

ただし、今回の急落はゴールドマンサックスの件ではなく、匿名で仮想通貨同士を両替するサービスのShapeShiftが、KYC(本人確認)を遵守していく方針に転換したことで、仮想通貨の価格を下支えしている闇市場が収縮したことが原因であるとの見方もあります。

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一わかりやすい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
  • -->
Page Top