ホーム仮想通貨基礎知識仮想通貨を安全にスタートする為にリスク回避を上手にしよう
ちか

仮想通貨を安全にスタートする為にリスク回避を上手にしよう

仮想通貨,リスク

仮想通貨は投資として側面がとても強い存在です。しかし、投資を行う上で対応しなければいけないリスクがたくさんあります。
対策を怠ってしまうと、自分の資産が危険な目に遭ってしまうリスクもあります。
そのリスクをどうすれば回避すれば良いのでしょうか。

国内でも仮想通貨投資を行う人が多くなってきており、仮想通貨の存在は依然として投資家たちによって支えられています。

仮想通貨投資はハイリスクハイリターンの投資方法として知られており、チャンスをしっかりと確保することが出来れば大きな利益を生み出すことが出来ます。

そのため、その利益を求めて多くの人が手を出していることは間違いありません。

しかし、投資方法を間違ってしまうと一気にその資産が危険にさらされてしまい、資産を失ってしまうこともあります。

仮想通貨投資を行う上ではいかにして儲けるかという点のみならず、いかにして自分の資産を守っていくかという点も重要になります。

そこで今回は自分の仮想通貨の資産が危険な目に遭うようなリスクとその対処方法について紹介します。

仮想通貨が被害に遭うリスク


仮想通貨はインターネット上で管理する通貨であることは承知の上かと思います。そのため、インターネット上で危険に晒されていることが多いです。

通貨であるということは資産であるということと同義です。そのため、資産をインターネット上で管理するということは悪いことを考えている人に取られてしまっても文句は言えません。

簡単に言えば、財布をそこらへんに置いておくのとほぼ同じイメージです。ささっと取られてしまっても、自己責任だと言われてしまってはそれまでです。仮想通貨は自己責任で行うということを念頭に置いておく必要があります。

投資を行っていく上で儲かるように立ち回っていくことはもちろんですが、その資産を大事に守り、リスクから遠ざけることも重要な要素です。

そのため、いかにしてリスクを遠ざけていくのかという点も自分で考えておおなっていく必要があります。

具体的な仮想通貨のリスク


それでは仮想通貨の運用を行っていく上ではどのようなリスクが考えられるのでしょうか。いくつか例をあげて紹介します。

ハッキング被害

ハッキング被害は先ほども言った通り、インターネット上で管理していた状態でハッカーによってハッキング被害に遭ってしまい、自分の資産を違法送金されてしまったり、すべて抜かれてしまったりすることです。

こういったハッキング被害はなにもユーザーのみではなく、仮想通貨取引所に対しても行われるため、決して油断ならないことといえるでしょう。

もしかすると、自分が利用している仮想通貨取引所がハッキング被害に遭ってしまい、自分の通貨が失われるというパターンもあります。

先日、日本国内でも話題になった仮想通貨取引所「コインチェック」のハッキング被害がまさに典型的な例と言えるでしょう。資産を預かっている仮想通貨取引所がハッキング被害に遭うと莫大な金額が盗まれてしまう可能性があります。

コインチェックの事件の際には、約万円というお金が盗まれており、被害額は莫大なものとなりました。こういった影響もあることから、しっかりとその資産を守る必要があります。

こういったハッキング被害から自分の資産を守るためには、自分の資産を“インターネット上から切り離して保管する”ことが大切です。

そんなことが出来るのという話になりますが、資産はインターネット上から切り離して管理することが可能となっています。

元々仮想通貨は「ウォレット」という仮想通貨を保管する場所で保管することになります。ウォレットは仮想通貨取引所もそれぞれ持っており、皆さんが仮想通貨を購入すると自動的に仮想通貨取引所のウォレットに購入した仮想通貨が入ります。

そこで保管されることになりますが、そのまま仮想通貨取引所のウォレットに預けておくとインターネット上で野ざらしにされたままになります。

そのままの状態でいると、ハッキング被害に遭ってしまう可能性があるため、違うウォレットに変更する必要があります。

そこで登場するのが「ハードウェアウォレット」というものです。ハードウェアウォレットは仮想通貨専用保存機器となっており、パソコンに接続して仮想通貨をデバイスにウォレットに入れて管理することが出来ます。

これによって、仮想通貨をインターネット上から切り離して管理することが可能となっています。インターネット上のリスクからも避けて管理ができるため、多額の資産を所持している人はハードウェアウォレットを活用することをオススメします。

しかし、ハードウェアウォレットにも弱点があります。それはハードウェアウォレットを紛失してしまうことです。

ハードウェアウォレットは秘密鍵を利用して仮想通貨の入金や出金を管理するので、秘密鍵さえ知られなければ資産が盗まれることはありません。

ハードウェアウォレット自体が盗まれてしまうという可能性は十分あり得ます。紛失や破損などの可能性も十分あり得るため、取り扱いには少し注意が必要となります。

資産が入っているものなので厳重に管理する必要があり、金庫などで管理している人も多いです。

さらに、ウォレットの種類もたくさんあります。紙媒体で仮想通貨を管理するペーパーウォレットなどもあるため、自分なりの仮想通貨の管理方法を模索してみるとよいでしょう。

 

ちかちか

仮想通貨は楽しいけどしっかりリスクを考えてしなきゃだね!v(*’-^*)ゞ・’゚☆ブイ

 

フィッシング詐欺のリスク

仮想通貨,リスク
インターネットを利用しているとフィッシング詐欺というものに遭遇することが多いです。これは多くの人が頻繁に利用しているサイトに真似た詐欺サイトを作り、真似たサイトの利用者のIDやパスワードを抜いてしまうという詐欺手法です。

実際に仮想通貨取引所のサイトと似たようなサイトを作成して、そこにIDとパスワードを打ち込んでしまい、内容が抜き取られてしまったため、自分の資産が別のウォレットに移されてしまったというケースもあります。

仮想通貨は短期間で利益をあげやすい投資方法でもあるため、こういった詐欺被害に遭いやすいです。

そのため、標的にされることを念頭に置きながら資産運用を行っていく必要があります。

フィッシング詐欺の対処方法としてはまずは2段階認証を行うことです。2段階認証を行うことでより、セキュリティが頑丈になり、資産が危険に晒されるリスクは軽減することが出来ます。パスワードの入力などの工程が少し増えますが、資産を失うよりは良いでしょう。

次に、取引所にアクセスする際は自分のブックマークなどで公式のサイトなどにあらかじめ直接アクセスできるようにしておきましょう。

一回一回検索してアクセスすると手間がかかるのはもちろんのことですが、間違ったサイトにアクセスしてしまう可能性も高くなります。

フィッシングサイトに誘導されるリスクできるだけ削減するためにも、あらかじめ公式のサイトにアクセスできる手段を整えておくのが良いです。

投資のタイミングを間違える

仮想通貨は投資のタイミングが重要です。投資のタイミングを間違ってしまうとあっという間に資産が失われてしまい、大きな損失が出てしまいます。その損失によって、投資が失敗してしまい、仮想通貨投資に対してマイナスのイメージを持ってしまう人も少なくはありません。

しかし、仮想通貨に関してしっかりとした知識を持っていれば、そこまで大きな損失が出ることはありません。仮想通貨投資の基礎さえ把握しておけば損失も防ぐことが出来、資産を大きく増やすことが出来ます。

まずは仮想通貨の知識を身に付けていくことをオススメします。

仮想通貨投資は投資方法の中でもボラティリティが高く、値段の上げ幅と下げ幅の大きさが他の投資方法に比べてかなり大きいです。

値動きの幅は220%を超えたこともあり、値段の乱高下した結果、3時間で12万円~30万円の幅で動いたこともあります。

これが上がった値なら良いですが、下がってしまった値段なので、大きな損失を出した人もいますし、それほど仮想通貨の投資はリスクがあるものとなっています。

しっかりとこのリスクを把握しておく必要があります。ハイリスクハイリターンの投資方法であるということをしっかりと把握しておく必要があります。

このリスクをできるだけ抑えるためにもその対処法などを知っておく必要があります。まず、分散投資を行うことでそのリスクを回避することが出来ます。

分散投資とは1つの銘柄のみではなく、いくつかの銘柄に投資を行っていくことです。1つの銘柄のみ投資をしていると、激しく値動きが来る時期になると、その影響を受けてしまい一気に資産がなくなってしまいます。

そのため、いくつか自分の好みの通貨や自分が将来性を感じる通貨に分散して資産を分けておくとよいでしょう。

分散投資をしておくと大きな損を出す以外にもメリットがあります。それは全体的利益が見込めるということです。仮想通貨はまだまだ伸びしろが高く様々な人が注目しているマーケットです。そのため、マーケット全体として伸びしろが期待できます。

そのため、どんな通貨でも徐々に高騰していく可能性は十分秘めているということです。さらに流通量が増えていき、仮想通貨の汎用性が増えていくと価格上昇はほぼ必須となります。

必然的に儲けられるということになります。もちろん、価格変動の波はありますが、長期的な目で見ると利益を上げられることが多いです。

仮想通貨の市場の利用価値はまだまだ未知な部分が多いので期待しておくと、案外大きな利益を得ることができるかもしれません。

ちかちか

余裕のある範囲で取引をする事が大切♪☆0(^^0)*^^*(0^^)0☆♪

 

期待通りに動かないことが多い

仮想通貨に関しては期待通りの値動きをすることはまずないといっても過言ではないでしょう。そのため、期待が見込めないとしてすぎに仮想通貨投資をやめてしまい、そこまで利益が出ていなかったり、マイナスのままやめてしまったりすることが多いです。

しかし、一回一回の高騰や下落に対してそこまで期待することはないです。割り切るのは少し難しいものかもしれませんが、相場の上下に一喜一憂せずにホールドすることも仮想通貨投資においては重要なことです。

仮想通貨投資は値幅も大きく、始めやすい投資方法でもあるため、まだ「投資
」というものになれておらず、すぐに手放してしまいがちですが、むしろ短期で利益が出るということが少ないです。

そのため、短期で利益を求めるよりは長期的な目で見て、利益が出たら売却するくらいの感覚で投資しておくとよいでしょう。

また、仮想通貨投資のみならず、投資の方法全般に言えることですが、自分の資産全てで投資活動を行うのはリスクが高すぎます。

これはおそらく投資活動を行っていく上で一番リスクが高いことです。すべての資産を利用するともし暴落した際に自分の資産がほぼなくなってしまうことになります。

今現在流通している仮想通貨はどれも完ぺきというわけではありません。それも課題を持っていたり、不完全な面を持っていたりと完璧に実用化している仮想通貨はないのです。

そのため、自分の余剰資金で投資を行うことがないのです。生活をしている中での余剰で行えばそこまでの被害もでることはありません。

オススメはZaifのコイン積み立て機能を利用することです。コイン積み立て機能は毎月決まった額の自分の資産を利用して指定した仮想通貨毎月購入していくという投資方法です。

少額からの積み立ても可能であるため、仮想通貨投資が初めてという方でも気軽に利用することが出来ます。

月に自分の口座から引き抜かれる金額だけ把握しておけば、あまり大きな投資での失敗が起こることはないでしょう。

また投資先の仮想通貨も自分で選ぶことができるため、自分が期待している仮想通貨に投資することが出来ます。

その他詐欺関連に注意

仮想通貨はその他にも詐欺行為が多発しています。仮想通貨は簡単に儲けられることはできません、そもそも、投資がそんなに簡単に儲けられることがないのです。「簡単に儲けることが出来ます」という謳い文句を見かけた際には疑うようにしましょう。

仮想通貨を利用した詐欺の代表として挙げられるのは、「詐欺コイン」と「詐欺ICO」です。

詐欺コインとは、ICOなどを利用してお金を集めますが、自信が発行した仮想通貨やプロジェクトは予定したとおりに進めなかったり、お金をもってサイトなどを閉鎖してそのまま逃げたりなど資金を持ち逃げするという詐欺が多いです。

そのため、ICOに投資するということはこういった詐欺にも対面していることにもなるので、本当に信頼できるプロジェクトなのかということをしっかり見極める必要があります。

ICOは仮想通貨を利用して開発資金を集められる新しい資金集めの方法として、詐欺の可能性も十分秘めているのでそこは注意しなければいけません。

詐欺コインや詐欺ICOを見極める方法がいくつかあります。ICOによって新しいプロジェクトや企業を作成する際に発行されるトークンは基本的に実用的な部分を主張して発行されることが多いです。

プロジェクトや企業はより世の中に貢献するために作成されていることが多く、「お金稼ぎ」のためにトークンを発行することは少ないです。

そのため、このトークンを購入すれば「儲かる」ということを強調しているコインは詐欺の可能性が大変高いものとなっています。

また、日本円とコインが交換できるコインは基本的に詐欺コインと認めてよいでしょう。現在日本円とコインを交換できるのは金融庁に許可されている登録事業者となっています。

そのため、取引所を運営している企業ではない限り法定通貨での資金調達は認められていません。

上記のことをしっかりと確認することで案外簡単に詐欺コインや詐欺ICOを見抜くことが出来ます。

仮想通貨は税金の存在を忘れてはならない

仮想通貨,リスク
仮想通貨は取引所を開設すると気軽に始めることが出来るため、その容易さから簡単に始めてしまう人が多いですが、後になって様々な知識が必要になることが多いです。

その中でも特に注意しなければいけないのは税金に関する知識です。仮想通貨投資を行っていると忘れがちな知識になりますが、税金の知識をしっかりと持っていないと多額の税金を払うことになってしまいます。

これが意外な落とし穴となっており、知識として持っていない人が多いです。

そもそも、仮想通貨の取引で得た売買損益は雑所得に分類されていきます。総合課税の対象となるため、給与所得他の収入と合算した額に応じて税率が決まります。

最高税率は45%となっています。所得金額によって、ここまで税率が上がってしまうため、決して儲けすぎてしまうことも一概良いとは言えません。

所得金額が4000万円を超えると45%となってしまい、この時の控除額が4,796,000円となっています。

これによって多額の税金を支払うことになったという人も多いです。

さらに注意しなければいけないのは確定申告を行わないということです。仮想通貨で20万円以上の利益を得た場合は確定申告が必須となり、期限以内に確定申告書を提出して納税する必要があります。なお、期限は2月16日から3月15日までとなっています。

この期限に間に合わないと無申告加算税が発生してしまう可能性があるので、注意しなければいけません、仮想通貨投資1年目の人はこの納税についての知識がない人が多く、実際に大きな税金が発生してしまったという人も少なくありません。

いくら税金が発生するのかをしっかりと理解しておくと、効率的な仮想通貨の運用ができます。

また、税金が発生するタイミングは運用している仮想通貨を利確した時になります。つまりは仮想通貨から日本円に変えた瞬間に税金が発生するということになります。

そのため、仮想通貨として保持している間は決して利益が発生しているわけでもないため、税金が発生するわけでもないです。

利確さえしなければ税金が発生するタイミングはありませんが、一旦仮想通貨のチャートの動きなどを見て利確をする人がほとんどなので、しっかりその時にどれくらいの利益が出ているのか、どれくらいの税金がかかるのかを理解しておきましょう。

仮想通貨の落とし穴としても有名な税金の分野をしっかりと理解しておく必要があります。

仮想通貨は先が読めない

仮想通貨,リスク
基本的に仮想通貨の投資は先のことは一切わからない投資方法です。それぞれ通貨ごとにプロダクトがあったり、他にも社会貢献したいことがあったりなどそれぞれバックグラウンドに応じてチャートも変動してきます。

しかし、その通貨のバックグラウンドがプラスに働くのかマイナスに働くのかはそれぞれ異なってきます。

もしかすると大きなマイナスとなってしまい、チャートが大きく暴落することもなくはないでしょう。

これによってどう動いていくのかを先読みする能力があればよいですが、これはある程度仮想通貨に関して、しっかり知識を持っている人でなければ難しいところはあります。

つまりは仮想通貨をうまく運用していく上では知識が必要不可欠となります。そのため、仮想通貨を始める人はまずは運用しながら知識を付けていくことが最優先となっています。

知識を付けることによって、リスクを回避することも十分可能ですし、仮想通貨で利益をあげるためにすべきことなども見えてくるはずです。

先が一切わからない仮想通貨投資だからこそ、今現在の投資状況をどう工夫して自分のが利益を上げやすい環境にしていくのかという点を突き詰めると仮想通貨投資を楽しめることでしょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちか
仮想通貨をきっかけに投資のテクニカルにハマってます。元々は料理が趣味だったけど、今は完全に仮想通貨投資。好きこそもののなんとやらで、投資専業で生活できたらなんて考えてます。
ちかの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
  • -->
Page Top