ホーム仮想通貨基礎知識TheDAO事件から続くイーサリアムの分裂騒動を解説!今なお爪痕を残すTheDAO事件はなぜ起きたのか
はる

TheDAO事件から続くイーサリアムの分裂騒動を解説!今なお爪痕を残すTheDAO事件はなぜ起きたのか

thedao

過去に仮想通貨業界で発生した不正流出やハッキング事件の中でも代表的なものと言えば「TheDAO事件」ですよね。今回はそのTheDAO事件の真相とその後の対応、そしてイーサリアムの度重なる分裂騒動について考察します。

目次

仮想通貨業界で代表的な「TheDAO」事件の内容とその対応を考察

thedao

2017年、ビットコインの大暴騰にはじまり盛り上がりを見せた仮想通貨業界。
しかし、2018年1月26日に日本の仮想通貨取引所であるコインチェックがハッキング被害を受けて「580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が不正に流出」して大騒動となりました。

その為、近年こうした仮想通貨取引所では不正アクセスやハッキング等のサイバー攻撃への対策としてセキュリティ機能の向上が非常に重要になってきています。

ただ、過去にもこうした同じような事件はたくさんありました。

はるはる

それが今回ご紹介する仮想通貨業界で代表的な「TheDAO事件」です!!

今日はその「TheDAO事件」についての詳細や発生した原因、事件発生後の対応やその後に至るまで、関連するイーサリアムの分裂騒動などと交えてご紹介していきます。

TheDAOの基本情報・概要とその仕組み

thedao

既に仮想通貨取引を行っている投資家であれば過去に聞いた人が多いとは思います。
しかし実際には、「TahDAO事件という名前は聞いた事があるけど内容はよく知らない」と言った人もいるかもしれません。

ここでは、TheDAO事件の詳細やその対応を理解する上で、TheDAO」の基本となる情報やその仕組み、仮想通貨としてのメリットやデメリットをぜひ知っておきましょう。

The DAOの基本情報と概要

以下に、「TheDao」の基本となる情報と概要を簡単にまとめてみました。

プロジェクト名The DAO
仮想通貨名称DAO
プラットフォームEthereum(イーサリアム)
設立組織Slock.it
設立年2016年
公式サイト現在閉鎖中

※一般的に、TheDAOはプロジェクト名称、DAOは仮想通貨名称とされています。

TheDAOとは?プロジェクトの持つ意味合い

The DAOは、2016年にドイツの「Slock.it」という組織により設立されたプロジェクト名です。

DAOは「Decentralized Autonomous Organization」の略称で、日本語訳で「自律分散型組織」とも呼ばれ、非中央集権的な分散型投資ファンドのICOプロジェクトと言われています。

「そんな難しい言葉なんてわからない!」という人も居ると思いますので、簡単に説明すると「一般的な会社のような形態ではなく、社長もいない上司もいない自立的に動く会社をブロックチェーン上に作ろう」という考えです。

はるはる

当時は、「最終的な意思決定権を持つ人がいなくても成り立つ組織」という点で非常に革新的だったのがポイントですね!!

このDAOの概念は今もなお生きていて、詐欺が頻発するICOにDAOの機能を組み合わせたDAICOという案をヴィタリック・ブテリン氏が出していました。

TheDAOの仕組み

一般的な投資ファンドにおいては、あらかじめ決められた資産運用しかできない「中央集権型」ですが、前述したようにTheDAOは「非中央集権型」となります。

「中央集権型」とは、日本の紙幣や貨幣の通貨を発行する日本銀行のような中央管理者が全ての取引を管理する仕組みです。

しかし、TheDAOの「非中央集権型」では中央管理者が存在せず、投資している各ユーザーが運営に携わり資金を管理する方法は当時新しい考え方だったと言えます。

また、TheDAOは、イーサリアムのプラットフォームを利用しており、当然イーサリアムの特徴であるスマートコントラクト機能を採用していました。

わかりやすく例えてみると、飲み物を買いたいユーザーが自動販売機を利用する時、

  • 自動販売機に飲み物の代金を投入する
  • 自分の希望する飲み物のボタンを押す
  • 押した飲み物を取り出し口に出す
  • 投入した金額と飲み物の差額をお釣りとして渡す
はるはる

というようなある一定の決められた契約情報を自動で行ってくれる便利な点が、スマートコントラクト機能のメリットと言えるんですね!!

要は仲介者がいらなくなる、ということです。

TheDAOの場合には、このスマートコントラクト機能を活用する事で、自動サービス運営が可能になるので、本来サービスにかかる人件費、維持費などのコストを削減する事ができます。

また、近年の仮想通貨に多く採用されているイーサリアムのブロックチェーン技術を利用する事で、世界規模でプログラム処理を行うのでハッキング被害に遭いにくいメリットを持っています。

しかしその反面、万が一システムトラブルがあった場合に自動実行されるプログラムを第三者が止められないというデメリットも併せ持っているのです。

投資ファンドとの違い

まずは、一般的な投資ファンドとの仕組みを以下にまとめてみました。

【TheDAO(自立分散型)と投資ファンドの違い】

  • 資金調達や投資先の決定をする中央管理者が存在しない
  • 独自発行されたDAOトークンを購入すると「TheDAO」プロジェクトに参加可能
  • DAOトークンを購入したお金はTheDAOの資金へプールされる
  • TheDAOプロジェクトの売上をDAOトークン保有者に還元

以上の4つが一般的な投資ファンドとTheDAOとの違いになります。

TheDAOプロジェクト|資金移動の流れ

では次に、TheDAOプロジェクトに参加する事により、どんな流れで売上が還元されるのかをみていきましょう。

①投資対象を提案する

前述したように、TheDAOには、一般投資ファンドのような管理者が存在しないので、その代わりに「キュレーター」と呼ばれる者が存在します。

キュレーターはDAOトークン保有者の投票により決定され、DAOトークン保有者がTheDAOに提案したものを管理しています。

②投資対象を決定する

上記のDAOトークン保有者による提案を、約2週間ほど内容について議論し投票にうつります。

この時の投票権はDAOトークン保有者全員で、投票しない場合は棄権したとみなされて投票数の多い提案を支持する事になり、実際に可決されたプロジェクトの投票額は提案時に決定されます。

③実際に投資する

賛成多数となり可決された提案内容に沿って、TheDAOの資金プールから投資されます。

また、現時点で「TheDAOの資金プールに対する何%を投資するか」はあらかじめ決定されている為、それに基づいた資金が投資される事になります。

④配当が配布される

提案により可決されたプロジェクトをTheDAOの資金プールから投資後、得た配当をそれぞれのDAOトークン保有者にリワードトークンと呼ばれるものに基づいて配分します。

⑤スプリットする

スプリットとは、配当で得たDAOトークンをイーサリアムに変換する事です。
ただし、スプリットはDAOトークン保有者自らが提案しなければならず、一旦別のアドレスに資金がプールされてから28日間は資金移動ができません。

そして、28日後に再度プールされたアドレスから任意のアドレスへイーサリアムを送金する事で配当を得る作業は完了となります。

The DAOのメリットとデメリットを考察

では次に、DAOトークン保有者がTheDAO」に参加するメリットとデメリットにどういったのもがあるのかを具体的にご紹介していきます

メリット①TheDAOはオープンソースである

TheDAOは、現在で言うOSの「UbuntuやLinux」と同じオープンソースで開発されている為、たくさんの技術者が開発に参加できるのがメリットです。

ただ、外部からのエンジニアによる問題点があり、そうしたプログラム上のバグをついてハッキング事件が起きたのは事実と言われています。

メリット②外部からのハッキング等を受けづらい

TheDAOは、イーサリアムのブロックチェーン技術を採用している為に、取引時の処理などが分散的に実行されるので外部からのハッキングや不正アクセスを受けづらいと言われています。

デメリット①TheDAOが有価証券にあたる可能性がある



上記のTwitterでも議論されている通り、当時のTheDAOが有価証券にあたるかどうかの議論が行われており、

「2017年7月にアメリカのSEC(米国証券取引委員会)が、The DAOは米国有価証券取引上法の規制対象になる可能性があるとの声明を出しました。」



近年、仮想通貨業界では、一部の通貨、およびICO(仮想通貨を利用した資金調達方法)等が有価証券に該当するのではないかといった声も非常に多いのが現状です。

はるはる

仮に有価証券とみなされた場合には、SECの厳しい監視の元で「グレーゾーンにあたる価格操作や買いあおり等」のマーケティングが一切できなくなるんですね。

逆に、証券化される事によりSECがしっかりと監査する為、健全な投資ができるメリットがあるとも言われているので、この件に関しては一概にデメリットだけであるとは言えないかも知れませんね。

この仮想通貨と有価証券の議論は今も続いていて、時価総額3位のあのリップルも有価証券であるか否かに注目が集まっています。

はるはる

有価証券と認められると米SECに認可された取引所でしか取り扱えなくなるので大きな問題です。

この点に関しては他のメンバーが詳しく解説してくれているので見ておきましょう!


デメリット②プログラムの自動実行により第三者が止める事ができない

非中央集権的なTheDAOでは、ブロックチェーン上でのプログラムが自動実行できる上に制限を受ける事がないのが特徴です。

しかし、この特徴が実はメリットでもある反面、デメリットでもあります。

新たなプログラムがリリースされた時、ブロックチェーン上のスマートコントラクト機能によって自動処理し続けられてしまう点は、第三者が止める事ができないというデメリットにもなり得るんですね。

実際に後述する「TheDAO事件」では、ハッキングによるバグが発生しているのにプログラムが自動実行され制限される事がなかった為に、大規模な損害を出してしましました。

The DAO事件とは|約360万ETHもの盗難被害とその詳細

thedao

仮想通貨業界で過去に起きた事件はたくさんありますが、その中でも特に知っておくべき事件が「TheDAO事件」です。

ここではそのTheDAO事件の流れや被害等の詳細をご紹介していきます。

The DAO事件の流れと詳細

TheDAO事件とは、2016年6月17日、TheDAOプロジェクトで扱う資金がプールされていた内から80億円相当のイーサリアム(360万ETH)がハッキングを受け盗まれたイーサリアム史上最大の事件の事です。

はるはる

ここで重要な点は、TheDAO事件によるハッキングがイーサリアムではなくDAO内部の脆弱性を突かれたものだという事なんです!!

また、この事件が発生した当初、TheDAOは新たなプロジェクト計画を進めており、ICOによる資金調達をしていた時期だったと言われています。

結果的にこのTheDAO事件によって、当時のイーサリアムの価格が3分の1に大暴落した為、イーサリアム史上最大のハッキング事件と言われるようになったんですね。

新たな試みとしてDAOを作り出すスプリット機能が、悪用されてしまったものとも言えますね。

ハッキングされた原因は?

ハッキングを受けた一番の原因は、前述したようにオープンソースであるがゆえの「TheDAOのプログラムソースに脆弱性があった為」と言われています。

また、ハッキングされる前からこの脆弱性については認識されていたにも関わらず、対処を行っていなかった事が後に明らかになっています。

TheDAO事件における犯人のハッキング手口は、前述したスプリット機能のバグ(同じ送金先に何度でも送金可能な問題)を利用して、犯人が作成したDAOにお金を流入させるというものだったようです。

つまり、このTheDAO事件のハッキングの原因は、ウィルス感染などは全く関係なく「TheDAO」自体に存在していた致命的なシステムの欠陥を悪用して発生した事になります。

TheDAO自体のシステムの脆弱性が原因であるにもかかわらず、DAOがイーサリアム上で動いていた為に、

はるはる

「イーサリアム自体の脆弱性」も疑問視されて価格が大暴落してしまう悲しい結末になってしまったのです…。

The DAO事件発生後の対応

では、TheDAO事件が発生した時、実際に「イーサリアムコミュニティはどのような対応を行ったのか」をみていきましょう。

提示された3つの対処法

TheDAO事件発生後、対応可能だったと考えられる対応方針を以下にまとめてみました。

【TheDAO事件発生後の対応方針】

  • TheDAOへのハッキングを放置してイーサリアムにも対策を何も実施しない
  • ソフトフォークを実行して仮想通貨規定を変更しハッカーの利用しているアドレスを無効にする
  • ブロックチェーンに影響を及ぼすハードフォークを実行する事により、こうした不正送金、取引が無かった事にする

※ソフトフォークとは、仮想通貨そのものの仕様を変更する事。
※ハードフォークとは、ブロックチェーン自体の仕様を変更する事。
※上記のフォークを実行するには、「イーサリアムコミュニティの過半数による賛成が必要」となっています。

以上の3つの対応が事件発生後に可能であったと言われていますが、イーサリアムコミュニティが最終的に取った対応は「③」で、「ハードフォークを実行」しました。

ハードフォークを対策として実行

当然ですが、こうした3つの対策に関して、イーサリアムコミュニティでは長々と議論がされました。

そして、TheDAO事件発生から3週間後にようやくハードフォークが実行される事になりました。

つまり、イーサリアム上の取引記録をハッカーによる不正送金がされる前まで戻す事で、

はるはる

「イーサリアム上のブロックッチェーン上にこのハッカーによる不正送金がなかった」事にしようとしたんですね!!

「360万ETHが盗まれる前に戻してしまったので良かった良かった!これで終わり!」

…となるはずもなく、結果的にこの事件対応で実施したハードフォークが問題となり、イーサリアムは分裂の危機をむかえてしまう事になるのです。

The DAO事件の問題点

現在、仮想通貨取引を行っている投資家の間で「TheDAO事件の経緯や問題点」を実際に聞いてみると、勘違いしている人が意外にも多いというのが現状のようです。

はるはる

確かに、TheDAO事件の流れやその後の対応だけを見ると「まるでイーサリアム自体に問題があった」と勘違いしてしまう流れになっていますよね!!

しかし、本当に脆弱性があったのは「TheDAO内にあるソースコード」であり、イーサリアムのブロックチェーン上で動くスマートコントラクト機能には何も問題はなかったのです。

また、DAO上のソースコードが自動実行され続けた為、最終的にはハッカーに資金を流入されたとはいえ、27日間の足止めができています。

その為、TheDAO事件で明確となった問題点はイーサリアムではなく「TheDAO」の中に潜んだ脆弱性だったと言われています。

The DAO事件後のハードフォーク実行によりイーサリアムが分裂!

thedao

ここまで、TheDAO事件の詳細とその後の対応などをご紹介してきましたが、ここでは実際の対応としてハードフォークを実行した事による「イーサリアム分裂騒動」についてご紹介したいと思います。

イーサリアムの分裂とは?

イーサリアムの分裂は、TheDAO事件のハードフォーク実行が原因と言われていますが、「ハードフォークにより仕様変更されて派生通貨が新しく生まれる事」も意味しています。

実はイーサリアムは過去何度か分裂騒動が発生していますが、ここではその分裂の歴史をみていきましょう。

イーサリアム分裂騒動の歴史表

以下に、過去何度かあったイーサリアムの分裂騒動を表に簡単にまとめてみました。

【イーサリアム:過去の分裂騒動の歴史】
2016年6月TheDAO事件が発生する
2016年7月TheDAO事件後のハードフォーク実施により、イーサリアムクラシック(ethereum classic)が派生通貨として誕生する
2017年7月Parity社が提供していたイーサリアムウォレットに脆弱性が発見され、15万ETH(約3,000万ドル)が盗まれる
2017年11月再びParity社が提供するイーサリアムウォレットに脆弱性が発見される
2018年1月仮想通貨イーサゼロ(ETZ)が試験的にリリースされる
2018年2月試験段階を経てイーサゼロ(ETZ)が本格的にリリースされる
2018年4月Parity社が「ハードフォークをしない」と発表する
2018年4月中国のBitmain社がマイニングマシンである『Antminer E3(イーサリアム・イーサリアムクラシック対応)』を発表する事により、ハードフォーク案が急浮上する



以上、簡単にイーアリアムの分裂騒動に関連する出来事を時系列でまとめましたが、まずは非常に重要と言われる「イーサリアムの分裂騒動」からご紹介していきます。

イーサリアム分裂騒動①TheDAO事件の対応によりハードフォーク実行

まずは、イーサリアムの最初の分裂騒動となるのが、前述した「TheDAO事件」によるものです。

原因は何度もご紹介していますが、TheDAOのプログラム内の脆弱性によるものです。

ただ、事件発生当時はまだ仮想通貨やブロックチェーンの知名度が低く世間一般の理解が浅かったので、イーサリアムの脆弱性が原因と見られ価格が大暴落しました。

はるはる

その後、ハッキング事件対策として、イーサリアム分裂騒動の発端となるハードフォークが実行されたんですね。

ハードフォーク実行後、イーサリアムクラシックが誕生する

イーサリアムコミュニティによる過半数の賛成を得てハードフォークが実施されますが、ここで「今回実施されたハードフォークが中央集権的な介入という事になり、非中央集権的な仮想通貨理念に反する」とコミュニティの一部が反発します。

そして最終的には、ハードフォーク賛成派と反対派の対立が激しくなって、元は一つだったイーサリアムが「ハードフォークを賛成としたイーサリアム」と「ハードフォークに反対し何もしない事を主張していたイーサリアムクラシック」に分裂しました。

具体的には、ハードフォーク反対派が、イーサリアムをベースとした通貨を新しく開発しようと技術者を募って誕生したのが「イーサリアムクラシック」と言われています。

イーサリアム分裂騒動②Parity社の提供ウォレットに防弱性が発見される

2017年7月と11月の2度にわたって「Party社」の公式サイトに、提供サービスであるイーサリアムウォレット「Parity Wallet」に対する脆弱性の警告が公開されました。

1度目の2017年7月19日には、マルチシグウォレットに存在したバグにより約15万ETHが盗まれましたが、発見されたバグを修正した新バージョンのウォレットを同日中に導入する対応をしています。

また、2度目となる2017年11月8日には、再びバージョンアップしたParity Walletに脆弱性が発見され、対策としてイーサリアムの資産が凍結される事態に陥りました。

この時はハッキングによる被害は出ていないですが、約3億2,000万ドルものETHが凍結された為、送金機能が停止する等利用ユーザーにとって機能的な被害が出たようです。

資産を凍結されてしまった利用ユーザーの救済措置として、TheDAO事件と同様にハードフォークを実施する案が出ましたが、Parity社はこれを否定し「EIP-156(イーサリアムやECR-20トークンの資産凍結を解決する為のもの)」により利用ユーザーの資産凍結に対する救済を実施しました。

マルチシグウォレットとは?

マルチシグウォレットのマルチシグとは「マルチシグネチャーの略称」で、イーサリアムを利用する時に複数の秘密鍵が必要な非常にセキュリティ機能の高いウォレットの事です。

イーサリアム分裂騒動③イーサゼロ(ETZ)が分裂する

2018年1月19日には、イーサリアムからイーサゼロが分裂し誕生しました。
イーサゼロは、前述したTheDAO事件のハードフォークから分裂したイーサリアムクラシックとは違い、コミュニティも分裂して誕生したわけではありません。

イーサリアムとは別のコミュニティが、ハードフォークを実施する事により若干仕様変更し、イーサリアムをベースに開発された仮想通貨と言われています。



そして2018年2月に、試験段階を経て正式にイーサリアムから分裂した「イーサゼロ(Ether Zero)」がリリースされる事になりました。

イーサゼロは、往来のイーサリアムよりもトランザクション(取引履歴)の処理能力に優れているのが特徴で、送金・決済手数料を無料にする事によって利用するユーザーの利便性を向上させるために開発された仮想通貨のようです。

イーサリアム分裂騒動④Bitman社が「Antminer E3」を発表する

そして最近では、2018年4月に中国の北京にあるマイニング関連の企業として有名な「Bitman社」が、イーサリアムやイーサリアムクラシックに対応したマイニングマシン「Antminer E3」を発表しました。

このAntminer E3は、今までよりもマイニングが効率的になる為の「ASIC」と呼ばれる集積回路を組み込んでおり、イーサリアム用のマイニングマシンにこのASICが使用されるのは世界初と言われ話題になりました。

はるはる

しかし、ここでもまた「ASIC」に対する反対派の意見が出てくる事になるんですね。

「マイニングのアルゴリズムが変更するとASICを利用したイーサリアムマイニングはできなくなるのになぜリリースしたのか?」という反対派による疑問の声が挙がりました。

また、2018年3月30日に、イーサリアム開発者の一人がとったアンケートによれば、

「回答者の9割以上が、ASIC無効化のためにイーサリアムの大規模なハードフォークを行うべきだ。」



と答えたそうです。

イーサリアム創始者が出した結論

しかし、そんなアンケート回答者の9割の意思をよそに、イーサリアム創始者「Vitalik Buterin (ヴィタリック ブテリン)」氏は、以下のように、ハードフォークを実施する事に対して反対である意見を示しました。

「アップグレードは混乱をもたらし、より重要なことを損なう可能性が高い。したがって現時点では、私は、行動を起こさない(ハードフォークを実行しない)ほうに強く傾いている」



最終的には、今回の分裂騒動においてもイーサリアムのハードフォークは実施されない結果に終わりました。

「TheDAO」事件とその対応&イーサリアム分裂騒動の徹底考察まとめ

thedao

今回は、仮想通貨業界でも代表的で大量のイーサリアムが不正流出したTheDAO事件」の詳細とその後の対応、イーサリアム分裂騒動などを中心に徹底考察しました。

こうした仮想通貨の分裂騒動はなにもイーサリアムだけではなく、各仮想通貨が「今後もハードフォークを行うかどうか」という議論は当然出てくるでしょう。

特に過去を振り返ると、ハードフォークの引き金となるのは、

はるはる

「外部からのハッキングや不正アクセス等のサイバー攻撃を受けた時やシステム上のバグ、脆弱性が発見された時」というのがわかりますよね。

こうしたイーサリアムの分裂騒動については、今後も再び発生してくるのかどうかその動向に注目しておきましょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
  • -->
Page Top