ホーム市況9/19(水)|リップルが20%増に迫る急騰を見せる/運用資産269兆円の投資運用会社が年内に仮想通貨関連商品をリリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たかしま編集長

9/19(水)|リップルが20%増に迫る急騰を見せる/運用資産269兆円の投資運用会社が年内に仮想通貨関連商品をリリース

仮想通貨 市況

9月19日の仮想通貨市況
・1ヶ月以内にXRPを利用したソリューションxRapidの商用利用が進展する見込み
・リップル社が主催の「SWELL 2018」の開催が迫る
・運用資産269兆円のFidelity Investmentsが年内に仮想通貨関連商品をリリース
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

19日の仮想通貨市場は昨日の晩より大きく反発、特に好材料が重なったリップル(XRP)が大幅な価格の高騰を見せています。

仮想通貨 市況
https://coinmarketcap.com/charts/より

19日19時32分現在の主要通貨の価格と変動は以下の通り

通貨
価格(円)
24時間の変動比
BTC 711,000 +9,781(+1.40%)
ETH 23,445 +1,271(+5.74%)
XRP 36.453 +5.873(+19.21%)
BCH 48,469 +1,735(+3.74%)

反発を見せる仮想通貨市場の中で、仮想通貨リップル(XRP)は突出した伸びを見せています。

17日、リップル社の幹部であるSagar Sarbhai氏が、今後1ヶ月の間でxRapidが複数の金融機関の間で商用利用されていく見込みという旨の発言を行い、市場のXRPの価格に大きな影響を与えているようです。

これまで商用利用が進められてきたリップル社のソリューションは、XRPトークンと直接関与がないxCurrentが中心でしたが、今回話題となっているxRapidはXRPの送金速度・低コストのメリットを活用したものになっています。

XRPが直接関与するxRapidの商用利用に大きな進展が見込めるということで、XRPの需要拡大に期待を寄せる投資家による大きな買いが入っているとみられています。

さらにリップル社が来月1〜2日に主催する、元米国大統領のビル・クリントン氏や、各国中央銀行の責任者が登壇する「SWELL 2018」の開催が近づいており、XRPの今後に影響する重大な発表が期待されていることも影響しているかもしれません。

一方で仮想通貨市場全体に目を向けてみると、昨日に引き続き大手金融機関の動きに注目が集まっています。

総額269兆円もの資産を運用するFidelity InvestmentsのCEOが先週末に、仮想通貨に関連する商品を年内にリリースする見込みだ、という発言をしました。

当サイトでも紹介していたように、Fidelity Investmentsは仮想通貨に関わる人材を社内で募集をしていたことの他、以前より続けていた仮想通貨業に関連する動きが、商品のリリースという形で収束する格好となりそうです。

このように、このところは大手金融機関の仮想通貨に対する積極的な動きがみられており、市場の勢いは未だ厳しいながらも、その外堀は埋まっていっているとみてもいいかもしれません。

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」