ホーム最新ニュース【Zaif×ハッキング】国内大手取引所Zaifで約67億円相当が消失?!またもや起こったハッキング騒動で日本の仮想通貨はどうなるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆかり

【Zaif×ハッキング】国内大手取引所Zaifで約67億円相当が消失?!またもや起こったハッキング騒動で日本の仮想通貨はどうなるのか

Zaif、ハッキング

2018年9月20日、国内大手取引所のZaifがハッキング被害に遭い、約67億円相当の仮想通貨3種が消失したと発表しました。今回のZaifハッキング事件について、これまでの経緯と今後の展望について解説します。

記事上「コメントボタン」
ゆかりゆかり

こんにちは!ゆかりです(*’ω’*)

今日のニュースを見てびっくりしました!!

なんとあの有名な取引所Zaifがハッキング被害に遭ったそうなんです。

被害はビットコイン含む3通貨で、日本円にすると約67億円・・・。

コインチェックのハッキング事件が約580億円だったのでちょっと感覚が狂っていますが、67億円でも相当すごい金額ですよね。

今回はそのZaifハッキング事件について、現在わかっている情報をまとめてみました!

Zaifのハッキング事件概要

Zaif、ハッキング

まだハッキング事件が起きて間もないのであまり情報は出回っていませんが、今わかっていることをすべてまとめてみました!

Twitterで独自調査している人による情報も紹介しておきますね!

Zaifのハッキング事件の経緯

テックビューロ株式会社が運営する国内仮想通貨取引所のZaifは、2018年9月20日木曜日午前2時ごろ、ビットコインを含む3通貨がハッキング被害(不正アクセス)によって消失したと発表しました。

実はこの発表がある前の17日、サーバ障害によりビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)の入出金を停止していると発表していました。

当初Zaifの公式は「このサーバ障害は1~2日で復旧する」と報告していました。過去に同じようなサーバ障害を経験していることもあって、利用者もそれほど重大な事件になるとは思っていませんでした。

Zaifでは過去にビットコインが0円で販売されていたり、総発行枚数2100万枚を上回る20億枚のビットコインが売りに出されていたりということもあって、「あーまたか」って感じだったんだと思います(。-∀-)

そして翌18日、Zaifはハッキングの被害を確認し、すぐさま財務局(金融庁)へ報告。原因分析と被害調査のために警察にも届出を提出しています。

この時点では、利用者に対する公表はしていませんでした。あくまでのサーバ障害が続いているということにしていたんです。

ゆかりゆかり

パニックになって問い合わせが殺到しても対応できないと考えたうえで、まだ公表しなかったのかもしれませんね。

そして本日20日、ホットウォレットで保管していた3通貨(BTC,BCH,MONA)がハッキング被害により消失したと発表しました。

公式の発表では、被害に遭ったのはビットコインが5966BTC、ビットコインキャッシュとモナコインについては現在調査中とのことです。

まだ原因が解明されていないので、2次被害を防ぐためにサーバを停止しており、そのため正確な被害総額がわかっていないそうです。

現在は原因の分析、セキュリティーの強化、サーバーの再構築などを行っており、入出金再開のめどは立っていないということです。

また、不正アクセスの詳細については、警察の捜査に影響があることと、今後の同種犯行の予防のために公表を差し控えると発表しています。

なのでどのような方法でハッキングに遭ったのか、という点については今後も発表しない方針だということですね。

ハッキングに遭った顧客の資産について

今回の事件で一番気になるのは、私たち顧客が預けていた資産がどうなるかですよね。

Zaif公式の発表では、被害総額は約67億円相当としており、そのうち顧客の預かり資産は45億円、残りの22億円はテックビューロの固有資産ということらしいです。

顧客の預かり資産が全体でいくらなのかは非公開ですが、45億円というのは相当な金額ですよね。

ただ今回ハッキングに遭ったのは、ホットウォレットで保管していた一部ということがわかっています。ホットウォレットとは、インターネット上に接続された状態で保管している仮想通貨ウォレットのことです。

それに対し、インターネットから隔離した状態で保管している仮想通貨ウォレットのことを「コールドウォレット」と言います。

ゆかりゆかり

コールドウォレットで管理していれば、ハッキング被害に遭うリスクは非常に少ないのです(。-`ω-)

今回の事件では、コールドウォレットでの保管分がいくらだったのかわかっていません。

そのため顧客資産として盗まれた45億円が、膨大な顧客資産のうちの一部なのか、もしくはその45億円が顧客の預かり資産のほぼ全てだったのか、それによって大きく話は変わってきますよね。

まだ完全補填するとの発表はありませんが、
「お客様の資産に被害が及ばないことは最優先の課題」
「お客様の資産を毀損させないための財源確保に努めており」

と発表しているため、なんとかしてくれそうな気はします。

また、Twitterではハッキングされた通貨のトランザクション(取引データ)を探し当てる猛者が現れました。

この情報によると、

  • ビットコイン:1FmwHh6pgkf4meCMoqo8fHH3GNRF571f9w (5966.1 BTC = 約42億9500万円)
  • ビットコインキャッシュ:qrn0jwaq3at5hhxsne8gmg5uemudl57r05pdzu2nyd (1N4Gz8QqVs3yXfKos46G8JJwW8Mpcb41YJ)(約42327.1 BCH = 20億5200万円)
  • モナコイン:MBEYH8JuAHynTA7unLjon7p7im2U9JbitV (6236810.1 MONA = 約6億3800万円)

ということで、予想被害額は約69億8500万円となるそうです。

上記アドレスをたどれば、どこから送金されてどこに送金されたのか追跡することが可能なので、興味のある人はエクスプローラー(ブロック情報が確認できるサイト)で確認してみてくださいね♪

この情報は公式発表ではありませんが、金額などを照らし合わせるとかなり信ぴょう性は高そうです。

フィスコ・カイカと支援契約を締結

Zaif、ハッキング

テックビューロは今回のハッキング事件を受けて、顧客資産の確保のために株式会社フィスコ・株式会社カイカと支援契約を締結しています。

株式会社フィスコとの主な契約は以下の3点。

  • 50億円を提供する金融支援
  • テックビューロの株式の過半数を取得する資本提携
  • 過半数以上の取締役と監査役の派遣
ゆかりゆかり

わかりやすくいうと、50億円の支援をする代わりにこれからは協力してね、ということです。

この50億円という金額は、奪われた顧客資産である45億円という金額を考えて出されたものだと考えられます。つまりこの50億円で、顧客への資産補填がなされるのではないでしょうか。

また株式会社カイカとは、現在発生している不正アクセスの原因究明と、今後の技術的な対策(主にセキュリティ向上)のための支援契約です。

株式会社カイカは、もともとテックビューロと業務提携を組んでおり、共同でCOMSAプロジェクトを進めていました。

※COMSAとは、企業とブロックチェーン技術を結び付けるプラットフォームの開発プロジェクトです。

今回の支援契約については、各企業からプレリリースが公開されています。興味のある人、また自分の資産をZaifに預けている人はぜひ参照してみてください。

ビットコイン価格への影響

Zaifがハッキングを受けたと聞いて、すぐにビットコインの価格を確認してみました。

2018年9月20日のビットコインのチャート(15分足)は、以下の通りです。

画像引用:みんなの仮想通貨(ビットコイン/円(BTC/JPY)リアルタイムチャート)

 

これまでビットコインの価格は70万円前後を推移していましたが、Zaifのハッキング事件を受けて一時急落68万円台の安値を記録しています。

しかし事件の発表があった約2時間後の4時にビットコインは高騰し、約73万円の高値を記録しています。

この期間だけ見ると暴落からの高騰で大変なことになっているようにも見えますが、5万円ほどの価格差であれば、元が価格変動の大きいビットコインにとってはいつも通りの動きのようにも見えますね(´ω`*)

なぜ高騰したのかはわかりませんが、とても興味深い動きであることに違いありません。

今回のハッキング事件は日本では大事件でしたが、世界的に見れば金額的にもそれほど重要な事件ではなく、ビットコインの価値に影響はなかったということでしょうか。

そしてそう判断した投資家たちが、ビットコインの価格が下げたところで強い買い戻しをしたのかもしれません。

これまでのハッキング事例

Zaif、ハッキング

今回のZaifハッキング事件と比較をするために、今まであった大手取引所のハッキング事件を紹介します。

ひとつめは世界で最初のビットコイン大量消失事件になる「マウントゴックス事件」。

そして今年の1月に発生し、まだ記憶にも新しい「コインチェックのNEM流出事件」です。

取引所名 Zaif(ザイフ) Mt.Gox(マウントゴックス) Coincheck(コインチェック)
事件発生日時 2018年9月18日 2011~2014年 2018年1月26日
総損失額 約67億円 約500億円(発表では114億円ほど) 約580億円
損害を受けた通貨 ビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン ビットコイン ネム
通貨の補填 不明 なし あり
訴訟 係争中 なし
事件詳細 不正アクセスによる通貨流出(詳細は不明) 不正アクセスによるビットコインの価格操作、通貨流出、代表による口座残高の水増し(無罪を主張) 不正アクセスによる通貨流出
会社のその後 フィスコの傘下(予定) 債務超過により破産、民事再生法の適用 マネックスによる買収

こうしてみると、今回の事件の経緯としては、前回発生したコインチェック事件と似ていますね。

ひとつ大きく異なるのは、被害総額です。コインチェックでは、顧客資産のほとんどをホットウォレットで管理しており、そのために約580億円という莫大なお金が盗まれてしまったのです。

その後金融庁からの立ち入り調査も入り、顧客資産の管理にはZaifも非常に力を入れていたことかと思います。

まだはっきりとしたことはわかっていませんが、おそらく顧客資産のほとんどをコールドウォレットで保管していたのではないでしょうか。そのおかげで、被害総額が約67億円に抑えられたのではないかと考えられます。

私の勝手な予想ですが、コインチェックの事件よりも損失額が少ないこともあって、おそらく顧客へはきちんと補填がなされると思います(*^^*)

それぞれの事件が仮想通貨界に及ぼした影響

2009年に公開されたビットコインは、少しずつその利用者を増やしていました。

しかし2011年~2014年に発生したマウントゴックス事件では、世界最大の仮想通貨ハッキング事件として世界に衝撃を与えました。

当時はまだ(今もですが)仮想通貨はインターネット上のデータに過ぎず、「仮想通貨は価値のある通貨」というイメージは浸透していませんでした。

マウントゴックス社は当時、流通している全ビットコインの約70%を所有していました。

本社は日本の東京にありましたが、世界的に見ても非常に規模の大きい取引所で、利用者のほとんどは外国人だったということです。

その事件が衝撃的過ぎて、仮想通貨の取引所がハッキングされることや、仮想通貨が紛失することを表す「GOX(ゴックス)」という言葉が流行したほどです。

ゆかりゆかり

Twitterやブログでは、取引所に資産を預けているとGOXするから気をつけたほうがいい、というような注意書きをよく見かけるようになりましたね(。-∀-)

その後、海外でも取引所のハッキング騒動が続き、仮想通貨は危険だという世間の認識がどんどん強まってしまいました。

そして2018年、国内大手取引所のコインチェックが約580億円のハッキング被害に遭い、テレビのニュースでも連日放送されることになりました。

ただしコインチェック事件では顧客に対して補填も行われ、決して悪い対応とは言えず、そこまで仮想通貨の評価が下がることはありませんでした。(賛否両論です。)

それを受けた日本政府は、2017年ごろから始めていた仮想通貨の規制をより一層強化しています。

法改正(改正資金決済法の施行)による仮想通貨や仮想通貨取引所の定義などは、仮想通貨界に大きな影響を及ぼしました。

また取引所に対して登録制を課し、仮想通貨交換業者としての登録がなければ営業が認められないという制度ができたのも、このときの法改正によるものです。

ゆかりゆかり

ちなみに、この制度が誕生する前から取引所として営業していたコインチェックは「みなし仮想通貨交換業者」として仮営業が認められていました。

これからの展望

Zaif、ハッキング

今回のZaifハッキング事件に関しては、本日発表されたばかりなので、今後の展望はまだはっきりとしていません。

しかしコインチェック事件という前例もあることから、顧客資産はある程度守られるのではないかと考えられています。

その補填は先ほども言った通り、フィスコからの金融支援である50億円から仮想通貨を調達し、補填することになるでしょう。

ただ急激にビットコインなどを買ってしまうと、価格相場に大きな影響を与えてしまうことから、少しずつ買い戻されたあとに補填があると考えられます。

コインチェックではそれを嫌い、現金での補填が行われました。この対応がよかったのかどうかも賛否両論で、今でも結論は出ていません。

またテックビューロの朝山貴生社長ら現経営陣は、顧客の資産が消失したことを非常に重く受け止めています。

本件に関しては速やかに、かつ全力で対応を行い、顧客の資産を保全することに努め、フィスコへの業務引き継ぎを行ったのち、責任を取って役員を退任する方針だと発表しています。

詳しい情報は、テックビューロのお知らせをご覧ください。

仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について

世界の投資家は動じない

今回の事件で一時はどうなることかと思いましたが、ビットコインの価格を見ると、世界の投資家たちは全く動じていないことがわかります。

日足チャートでは何もなかったかのような動き(動いてない?)ですし、先ほど紹介した15分足ではむしろビットコインが高騰していますよね。

これまで多くの仮想通貨ハッキング事件を受けて、世界の仮想通貨投資家たちは「これぐらいなら大丈夫」と判断したということでしょう。

今回の事件に関しては、まだ今日公式から第一弾の発表があったにすぎないので、今後の動きがどうなるのか続報を待ちたいと思います!

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」