ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨の“トークン”とは?現在の有力候補などを徹底解剖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.09.27 最終更新
ちあき

仮想通貨の“トークン”とは?現在の有力候補などを徹底解剖

仮想通貨,トークン

仮想通貨のトークンは色々な種類が存在していて全部一緒なのでは?と勘違いする人が多いですが、実際は1つ1つ大きく違います。この記事では、トークンの種類や性質について紹介します!

記事上「コメントボタン」

ちあきです!トークンは色々な種類があるんですね!
トークンの種類だけじゃなくてその性質も大きく異なっているなんて生き物みたい!

仮想通貨は現在もその数を増やしており、より利益を狙えるような仮想通貨を求めている投資家たちが多く存在しています。

ちあきちあき

様々な仮想通貨がそれぞれの魅力を持ち続けており、プロダクトとしても魅力を持っているものも多いです。

仮想通貨はこれから先の将来もより反映されていくでしょうし、その価値は高まっていくでしょう。そんな中でより魅力が増してきているのがトークンの存在です。

しかし、トークンのことをまだよく知らない人も多いです。そこで今回はトークンの将来性や、これからのトークンについて紹介していきます。

そもそも“トークン”とは


トークンとは個人や企業によってブロックチェーン上で発行されたオリジナルコインのことを指します。

トークンはこれから先も力を伸ばし続けていく存在としても有名となっており、まだまだこれからも注目を浴び続ける存在になっています。

しかし、そもそもトークンがどういう存在であるのかを理解している人はいないでしょう。

ちあきちあき

トークンのもともとの意味は“何か価値のあるものと交換できる引換券”となっています。

私たちが身近に利用しているものやサービスの中にもトークンがあります。それはポイントサービスです。

よくきくポイントサービスですが、こちらは通販サイトなどで得ることが出来るため、利用している人も多いのではないでしょうか。

コンビニで貯まることがあるnanacoポイントやTSUTAYAポイントなどもこの一種です。

一部の店舗などで行われているスタンプカードなどもこの一種です。これらは全て、お金の代わりに利用することが出来て商品やサービスなどを購入することが可能となっていますので、トークンの一種といえるでしょう。

仮想通貨のトークンはこれとは少し意味合いが異なってきます。

仮想通貨とトークンは広い意味では同じ意味となっていますが、仮想通貨の世界では用語を使い分けていることがほとんどです。

ビットコインやイーサリアム、ネムはそれぞれのブロックチェーンで取引を行っていることがほとんどですが、ビットコインやイーサリアムなどの既存のブロックチェーンを利用して発行するのがトークンという存在です。

しかし、こうなってくると仮想通貨の中でもコインとトークンの違いが分からなくなる瞬間があるかと思います。

まず、仮想通貨はブロックチェーン上で発行・流通しているデジタル通貨となっており、ビットコインやイーサリアムが代表的といえるでしょう。

これらはオリジナルのブロックチェーンを所有していることになります。

それに対して、トークンはどのようなものかというと、トークンとはブロックチェーンを借りて作成しているコインということです。

仮想通貨はオリジナルのブロックチェーン技術で発行・流通しているものとなっています。

トークンはオリジナル技術ではなく、イーサリアムやビットコインのブロックチェーンを借りて作成しているものとなっています。

ちあきちあき

簡単に言ってしまえば、土地を借りてお店を出しているイメージです。

なぜ、トークンが生まれたのかというと、簡単に言ってしまえばお金を集めるために作成されました。

企業などがプロジェクトをしたいというときに資金調達をする必要があります。

もちろん、大体の企業がプロジェクトを行うには多額の金額が必要となります。

そのため、資金調達をするためには今までは株発行などで資金調達をしている企業が多かったです。

しかし、トークンは株よりも簡単にかつ、安価で発行することが可能となっているため、トークンによって資金調達を行う人も増えて来ています。

このトークンを発行してお金を集めて事業やプロジェクトを開始することをICOと言います。

このICOという方法ですが、トークンを投資家に購入してもらって、資金調達することで事業やプロジェクトを開始して成功した場合は、そのトークンが高騰することになります。

そのため、そのトークンを所持していた投資家たちも大きな利益を得ることができるため、多くの投資家たちもICO案件に注目していることが多いです。

ちあきちあき

起業家たちにとっても投資家たちにとっても嬉しいのがこのICOということになります。

しかし、これを逆手にとって詐欺行為を働こうとする人も多いので、しっかりとした見極めが必要となります。

また、トークンを購入する際にはそれに関連した仮想通貨での購入が一般的となります。

円と引き換えることは一切できないので、事前に仮想通貨を用意しておくことが重要といえるでしょう。

イーサリアムのブロックチェーンを利用しているものはイーサリアムを利用して購入することが多いです。

ちあきちあき

トークンは色々な種類があってみていて楽しい!他のもないか調べてみようかな

なお、中国発の赤丸上昇中のトークンYoyow(ヨヨー)の記事も参考にしてみて下さいね!

トークンを購入するなら


トークンを購入するのであれば、まずは大手の仮想通貨取引所である「Zaif」に登録しておくとよいでしょう。

Zaifは仮想通貨取引所の中でもトークンの取り扱いが多くなっており、9種類のトークンを取り扱っています。

Zaifにあるトークンは日本円やビットコインなどでの購入が可能となっており、比較的初心者でも購入しやすいのが特徴となっています。

Zaifの取り扱っているトークンでトークンへの投資の感覚に慣れてからICOなどに手を出すとよいかもしれません。

トークンに関しては常に新しいものが作成されているため、次々に新しいものが出てきます。その情報に追いつかないこともあるので、仮想通貨初心者の方はまずはZaifを利用しましょう。

トークンを取り扱っていく上での注意


トークンは資金調達のしやすさから多くの人が手を出す案件でもあります。しかし、これによって軽率にトークンに手を出す人も多いです。

しかし、トークンを購入する際にいくつか注意点があります。

まずはトークンが上場しているのかを確認しましょう。上場していないトークンは詐欺トークンである可能性も十分高いため、投資先としてはリスクがあるかもしれません。

ちあきちあき

しっかりと上場してからトークンには投資するようにしましょう。

また、発行元が信頼できる企業であるのかもしっかりと理解しておきましょう。

だいたい大きなニュースになるのは発行元が大きな企業や信頼できる企業であることも多いですが、あまり名前も聞いたことがない中小企業がトークンを作成していることもあります。

そういった企業が作成したトークンに関してはしっかりとトークンの詳細や企業の詳細を調べてから投資活動を行うようにしましょう。

ちあきちあき

最後に、トークン自体に将来性があるのかという点に関して、しっかりとチェックも必要です。

トークンがどのような将来性があるのかなどもしっかりと確認して投資を行うようにしましょう。

社会貢献として作られたトークンであれば、投資をする価値は十分ありますが、たまにあるのはお金儲けをするために作成されたICOなどもありますが、そういったICOは信用しないほうが良いでしょう。

もともと、ICOはお金儲けのためではなく、社会的により便利なものを作成しようとして活動を起こすものが多いので、お金儲けの目的で作られるものではないことをしっかりと理解しておきましょう。

トークンはいろいろな業界で導入が始まっています。こちらは航空業界の例です。

2018年のオススメトークン


2018年もすでに多くのICOが活動しています。多くの人がICOに注目しているため、それなりに動きも多いです。そこで2018年のオススメのトークンを紹介していきます。

ANGELIUM

エンジェリウムは世界初のセクシープラットフォームを作ろうとしているICOプロジェクトです。

セクシープラットフォームとはどんなものかというと、仮想世界のキャラクターの育成や性的なコミュニケーションを取ることが出来たり、仮想世界からリンクされた現実世界のリアルな女の子の生放送やプライベートチャットなどのサービスとなっています。

ユーザーはトークンを購入して現実の女の子とリンクさせた「ANGELアバター」と呼ばれる3D仮想世界 のキャラクターとコミュニケーションを取ることが出来ます。

あくまで健全な性的コンテンツであるため、セクシービデオへの強制出演や架空請求などの被害に遭うという人も減らすことが出来ます。

エンジェリウムの作成者は世界でも活躍しているエンターテインメントプロデューサーである「Rio Takeshi Kubo」氏となっており、映画やアニメなどの楽興政策にも取り組んでおり国際文化賞を受賞しています。

ちあきちあき

また、エンジェリウムの開発スタッフにはマトリックスのスタッフや日本のアダルト業界の人々なども加わっており、かなり豪華なメンバーがそろっています。

これによって、比較的将来性が高くなっており、信頼度も高いICOプロジェクトになっていることでしょう。

NAM

ナムは医療とAIを組み合わせた次世代型医療の実現を目指しているプロジェクトとなっています。

ちあきちあき

ちなみにナムは日本初のICOプロジェクトです。ナムはあの堀江貴文氏も注目しているということもあって、トークンの中でも注目株といえるでしょう。

ナムはすでに香港の仮想通貨取引所であるANXへの上場が決まっており、価格の方も上がっていくことが予想されています。

すでに注目を浴びていることから中国最大のSNSでもある「Weibo」との業務提携も発表しており、バックアップに大きな存在がどんどんついてくることは間違いありません。

ナムが目指す構想としては、「人工知能による問診および予防医療」「人工知能による統合カルテシステム」「NAM AIクリニックの開業」など、SF感漂うプロジェクトとなっていますが、実現すればこれ以上ないプロジェクトとなっています。

AI診断などが行えるようになれば、医者がいなくてもよい全自動の診療所などもできるため、より社会が便利になっていくのではないでしょうか。

下半期のチャートなどにも注目が集まるトークンの一つです。

SKYFchain

仮想通貨,トークン
SKYFchainはこれもまだ少し近代的なSF的なプロジェクトを実現しようとしているトークンとなっています。

この仮想通貨では、ドローンや自動運転の技術をより発展させて、ブロックチェーンにつなぎ合わせることによって。スマートな無人物流を可能にしようとするICOプロジェクトです。

すでにロシアやヨーロッパなどで認可取得や世界中の大手企業との提携などが話題になっており、多くの人の注目を浴びています。そのおかげかICO格付け会社での高評価を多数獲得しています。

高評価が得られるのにもしっかりとした理由があり、このプロジェクトはとても活用の幅が広いのです。

ちあきちあき

運送業界での活躍以外にも人命救助などにも活用が出来るため、進化していけば多くのジャンルで役に立つことが多いでしょう。

また、市場規模がどんどんと広がってきている業界でもあるので、これからもその必要性は高まっていくことでしょう。

加えて技術特許の取得もしているため、信頼性は高いです。

注目株ということからあっという間にICOセールが終わってしまう可能性があるため、セールのうちに購入しておきたい人は早めの参加をオススメします。

Ternion

ターニオンは仮想通貨取引所・トークン保有者・店舗などを連携させ、従来の決済の不便さの根本的な改善を目指すICOプロジェクトとなっています。

ハイエンドの取引プラットフォームを設けた独自の取引所によって、誰でも快適に仮想通貨を活用できるような環境つくりを目指しています。

ちあきちあき

独自の取引所や決済システムである「Ternion Payment」を利用して仮想通貨の普及を目指しています。

また、ターニオンが繰り出す取引に関しては3つの取引に対応しており、「法定通貨から仮想通貨」「仮想通貨から仮想通貨」「仮想通貨から法定通貨」に対応しています。

しかもこれを24時間365日の監視状態においているため、セキュリティなどに関しても比較的安心して利用することが出来ます。

ターニオンが発行しているトークンには価格上昇を促している「TRNリザーブ」という仕組みを取り入れています。

そのため、投資家からの人気も高いプロジェクトとなっており、これから先の仮想通貨のあり方を決定づけるようなシステムになっています。

エストニア発祥としてターニオンの仮想通貨取引所は作成されているため、しっかりと規制されており高い信頼性を誇っています。

Tebura

こちらは日本の一般社団法人「手ぶら観光協会」が実施している「Tebura」というブロックチェーン技術を活用して作成している旅行者が誰でも手ぶらで観光できるシェアリングエコノミーを実現しようとしているICOプロジェクトとなっています。

Teburaでは「手荷物預かりサービス」「手荷物ピックアップサービス・当日配送サービス」「多言語翻訳サービス」「トラベルガイド・トラベルプランナー」などのサービスを提供することを目的としています。

このサービスも信頼性が高いものとなっており、市場規模も大きくニーズも高いことが有名となっています。

すでに国内外の企業と行政との連携も進んでおり、このICOは日本国内で行うとされています。

なぜ、このプロジェクトがなぜここまで注目されているのかというと、日本がオリンピックを控えているからです。

観光環境がこのプロジェクトによって推進していくとなると、さらにオリンピック時の利便性はたかってきます。

このビジネスモデルはすでにコンテストなどで高い評価を得ており、法令なども厳守していることから信頼性もとても高くなっています。

ちあきちあき

かなりの注目株であることから、これから先の上場の可能性も十分あり得るといっても過言ではありません。

今後に注目しておくと、これから先も面白い情報が出てくるかもしれません。

CROSS

クロスは仮想通貨時代をより反映させるために作成されたプラットフォームICOとなっています。

ちあきちあき

コミュニティを中心として様々なプロダクトを提供していき、トークンの流通によって、新しい経済圏を作り出そうとするプロジェクトとなっています。

トークンによって価値交換できる経済圏の作成やハッキング被害などに対応したセキュリティの高い取引所やウォレットの作成などが目的とされています。

すでに分断型のコミュニティなども作成されており、活動も活発になってきています。

国際特許の取得やプロジェクトも動き出しており、勢い始めているトークンの一つといえるでしょう。

すでに、「CROSS value tools」という核となるような機能やサービスなどは作成されており、ウォレットや取引所なども利用できるようになっています。

他にもトークン発行機や仮想通貨ペイメントシステムなども利用できるので、かなり多機能といえるでしょう。

このプロジェクトには知名度の高いビジネスパーソンなども参観しており、かなり期待度が高いといっても過言ではないでしょう。

現時点でプロジェクトの進捗なども表明していることからすでに信頼性はかなり高いと言われており、沖縄の伊良部島に約5000平米のリゾート施設するプロジェクトが動き始めています。

すでに進み始めているため、このままの勢いでプロジェクトが進んでいけばチャートなども右肩上がりになっていくことは間違いありません。

ちあきちあき

トークンとICOの関係って全くないと思ってたけどあるんだ!まだ仮想通貨知らない事ばかりだからどんどん知っていきたい!

 

トークンの将来性


仮想通貨の世界ではあまりトークンに目を向けられることがありません。それはトークンの情報がそこまで表面に出てこないからです。

新しいトークンが生まれたという情報があっても、大きなリーク情報になることもなく、あまり有名になることもありません。

しかし、いざその情報を知っていれば儲かることもあるということが多いですが、その情報を知らずにICOが終わってからトークンの存在を知る人がほとんどです。

ちあきちあき

そういった意味でも、「仮想通貨の世界は情報戦」という言葉がふさわしいのでしょう。

もし、これから先を担っていくトークンの情報を知りたいのであれば、こまめにSNSや仮想通貨の情報サイトを調べてみるとよいでしょう。きっとあなたが投資したいと思うようなトークンが出てくるはずです。

街中で仮想通貨が拾えるPokemonGo風ARゲームアプリ、Aircoinsにもまだ価値は低いけど、将来有望なトークンがたくさんあります。

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」