ホームアルトコインAircoinsアプリに浮遊する仮想通貨ダイヤモンド(DMD)で迅速送金GO!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.03 最終更新
はるか

Aircoinsアプリに浮遊する仮想通貨ダイヤモンド(DMD)で迅速送金GO!

仮想通貨,ダイヤモンド,Aircoins

みなさんはAircoinsという、ポケモンGOに似たアプリで仮想通貨が拾えるのをご存知ですか?ここでは、その中のダイヤモンド(DMD)という、希少価値が高くて迅速な送金がウリのコインについて解説しています。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

こんにちは!相変わらず毎日毎日Aircoinsに首ったけのはるかです!

Aircoinsって1日数枚しか拾えない日もあれば、数十枚拾えちゃう日もあるんです。また、いつもの行動範囲と違うところへ行くと、違った種類のコインが拾えるので面白いですよ!

はるかはるか

ぜひ、ちょっと遠出してみてくださいね!!

って、Aircoinsのために遠出なんてできないぞ!って言われちゃいそうですよね。

それはさておき、今日はAircoinsで拾えるコインのうち、ダイヤモンド(DMD)をご紹介しようと思います!

なお、ポケモンGoのように街中で仮想通貨が拾える、Aircoinsの概要については、下記の記事も参考にしてくださいね!

ダイヤモンド(DMD)は、2014年4月に公開された仮想通貨です。仮想通貨としては古株ですよね!

ビットコイン・ダイヤモンド(BCD)や、ダイヤモンドの鑑定書をブロックチェーン化した、CEDEXなど、仮想通貨の世界では、「ダイヤモンド」と名がついたり、それに関連したものが多いですね。

はるかはるか

とにかくロゴもダイヤモンド風のものが多いので、間違わないようにしなきゃ

ここでは、ポケモンGo風ゲーム「Aircoins(エアコインズ)でもゲットできる、ダイヤモンド(DMD)という仮想通貨についてご紹介します!

仮想通貨ダイヤモンド(DMD)の概要は?

ではさっそく仮想通貨ダイヤモンド(DMD)の概要についてご紹介しましょう。キラキラ光る希少価値のイメージがあるダイヤモンドですが、いったいどんな仮想通貨なんでしょうか?

発行枚数が少なく「希少価値」を狙ったダイヤモンド

2014年4月に公開された仮想通貨ダイヤモンド(DMD)。このダイヤモンド(DMD)の発行枚数の上限は438万枚。

ビットコインの約2,100万枚に比べると、随分多いですが、仮想通貨の中には、何億枚発行したり、発行枚数の上限がない仮想通貨もあるくらいです。

それに比べると、ダイヤモンド(DMD)の発行枚数はまだまだ少ないほうと言えます。

発行量を少なくして希少価値を高めることを目的とした通貨だからでしょうか?名前も、希少な宝石「ダイヤモンド」に由来しているみたいですね。

ダイヤモンド(DMD)は、迅速な送金がウリ⁈

仮想通貨ダイヤモンド(DMD)は、迅速な送金に対応するよう設計されており、確認時間を大幅に短縮することで従来の送金・支払いシステムとは比べ物にならないスピードを実現しています。

ホームページを見ると、ホワイトペーパーのロードマップは1から4まであり、2017年から10年という長いスパンで計画されています。

とにかくProof of stakeでダイヤモンド(DMD)をウォレットに保持していると年利25%がつくこと(ただし、利息は経年すると減額されます)が最大の特徴です。
それに「1分」のブロックタイムで、送金スピードが速いのがウリのようです。

時価総額は2017年末には4,000円を超えたこともありましたが、近頃では1DMD260~350円位のところにいます。

数ヶ月に渡って、その値段をキープしていられる、というのは「信用できる通貨」の証明かも知れませんね。

ただ、取引所に上場していても、海外でもダイアモンド(DMD)を扱っていますが、扱いのある取引所は少なく、今のところ「Bitrex」と「Livecoin」のみのようです。

ダイヤモンド(DMD)は、proof-of-stakeを採用

ダイヤモンド(DMD)のマイニングはビットコインのようなproof of workではなく、大量の電力を使わないので、エコロジーにも貢献する、proof of stakeを採用しています。

いわゆる仮想通貨が増えていく「マイニング」の方法は、ダイヤモンド・マルチプールという、ウォレットの中に、ダイヤモンド(DMD)を保有しておくだけ。

年間25%という、マイニングの報酬は自動的にウォレットの中に振り込まれます。

このダイヤモンド・ウォレットはデスクトップでは、win, Mac,Linux用があります。

またスマホ用はcoinomiというAndroid用ウォレットが用意されています。

ダイヤモンドのtwitterサイト(@dmdcoin)では、時々、ラッキードローなどもやっているようです。

またテレグラムでは活発に書き込みが行われているようです。(Diamond DMD coin)

仮想通貨Aircoinsの遊び方おさらい

Aircoinsについては、わたくし、はるかがこれまで度々ご紹介してきました。もういちど下記の記事でAircoinsの遊び方をおさらいしてみて下さいね!

Aircoinsは、AppStoreやGooglePlayからダウンロード可能

Aircoinsとはスマホのアプリで、AppStoreやGooglePlayからダウンロードできますよ。

ダウンロードしたらさっそくアプリを開いてみましょう。アプリの言語は英語ですが、登録はいたって簡単です。

Aircoinsには、地図または航空写真の画面とAR画面がありますが、地図か航空写真の画面で仮想通貨が落ちている場所を探します。仮想通貨が落ちていると、地図にコインのマークが散りばめられています。

また、AR画面に切り替えて落ちている仮想通貨を探し、それをGETするという、至ってシンプルなゲームアプリです。

Aircoinsはどのようにして遊ぶアプリか?

地図または航空画面の右側には「お財布型」のアイコンがありますが、そこで拾った仮想通貨を見ることができます。

同じ地図または航空画面の左側には、「人形(ひとがた)」のアイコンがあるのですが、これはあなたのプロフィール画面です。ここでパスワードの変更ができます。

また、FAQや、このアプリの遊び方なども見ることができます。

また、AR画面の右側にはカメラのアイコンがありますが、これでスクリーンショットを取ることができます。これを押すと、とくに「カシャッ!」とか音がしませんが、スクリーンショットは撮れています。

また、同じくAR画面の左側にある左向き矢印のようなアイコンはここからSNSにシェアしたり、メールを送ったりということができます。

このようにスマホの片手ひとつで完結できるような設計になっているので、とても使いやすいです。

Aircoinsの使い方で気づいたこと

Aircoinsはとてもシンプルに遊べるアプリですが、使い方にはちょっとしたコツが必要です。私が数ヶ月使ってみたなかでそのコツをお教えしたいと思います!

AircoinsのAR画面にある青い矢印を活用すべし!

まず、AR画面の下に表示されている青い矢印が指す方向に画面を向けると、仮想通貨に出会えるということです。

私も最初のうちは「この矢印はなんでついているんだろうな?」とか、「方角を示しているのかな?」などと思っていました。

しかし、いくらそこら辺に仮想通貨が散らばっていると言っても、やたらめったらに仮想通貨を探してもゲットできるものでもありません。

ある時、矢印の指す方角にスマホを向けるとゲットできることに気づいたのです。

はるかはるか

あとでわかりましたが、Aircoinsのプロフィール画面にある「How to Play」というところに書いてありましたね。説明書きが英語なんだもんねえ!

この青い矢印は「トレジャー・ロケーター(お宝羅針盤)」といい、仮想通貨がある方角を指してくれるそうです。だから青い矢印の方向にスマホを向ければ、仮想通貨が表れます。

時には自分の行動範囲外に行ってみるとGood!

Aircoinsは、いつもの行動範囲だけだと、同じような仮想通貨しか拾えません。たまには自分の行動範囲をちょっと外れた場所に行ってみて下さい。

いつもは見たことがない仮想通貨が拾えてしまう可能性が高いですよ!

はるかはるか

私もちょっと遠征するだけで、スマホでマイニングできるPHMなんて仮想通貨が拾えちゃいましたよ!

Aircoins仮想通貨ゲット状況報告

私、はるかがこのAircoinsを始めたのは2018年9月上旬です。ほんの半月ほどの間にどのくらいの仮想通貨が拾えたかご紹介しましょう。

ざっと1300枚くらいの仮想通貨が拾えています。1日に数枚しか拾えない時もあれば、数百枚拾えてしまうときもあります。

また、一度に平均して5枚から20枚の仮想通貨が拾えます。さらに1枚の時価総額が0.01~0.2円ほどのものが多いです。

でも、中にはダイヤモンド(DMD)のように時価総額が300円ほどのものや、イーサリアム、ビットコインも拾えることがあるといいますから、なんだか夢がありますよね。

今回のダイヤモンド(DMD)のように、ホワイトペーパーもしっかりと計画されていて、テレグラムなどのやりとりも活発な仮想通貨は有望で将来が楽しみだと言えます。ただ、10年という長いスパンの開発計画なので、世の中にダイヤモンド(DMD)のことが知れ渡り、利用されるまでになるには、少々忍耐力が必要ですけどね。

ホワイトペーパーも10年で計画されているように、仮想通貨ダイヤモンド(DMD)の良さが、世間に認知されるまで、気長に待ってみて下さいね!

なお、ダイヤモンド(DMD)のような「草コイン」についての記事は下記もご覧くださいね!

最終更新日:2018年10月03日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はるか
仮想通貨は初心者です!「仮想のお金ってなに!?」と話題に興味が惹かれて仮想通貨始めました。最近友達が結婚し始めてさみしい・・・。結婚っていいなぁ・・
はるかの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事