ホームウォレット仮想通貨アルトコインウォレットの賢い選び方を誰でも理解が出来るように紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.09.27 最終更新
ちあき

仮想通貨アルトコインウォレットの賢い選び方を誰でも理解が出来るように紹介

仮想通貨,ウォレット,アルトコイン

アルトコインウォレットの選び方は、保管目的ならハードウェアウォレット、取引目的ならソフトウェアウォレットがおすすめです。ただ、アルトコインの多くに対応するウォレットの数が限られています。仮想通貨の中でもアルトコインに対応したウォレットをご紹介致します。

記事上「コメントボタン」

こんにちは、ちあきです!最近肌寒くなってきましたね。
皆さんも風邪引かないように注意が必要ですね!

アルトコインに興味をもって沢山調べたので紹介します!

アルトコインはビットコインと何が違うのか


アルトコインとは、Alternative Coinの略で直訳で「代替えのコイン」という意味になります。

何の代替え品なのかというと、それはビットコインです。ビットコインは仮想通貨の元祖であり、今なお仮想通貨といえばビットコインと答える人が過半数です。

しかし、ビットコインには、上限流通量2,100万枚という制限があったり、コインの生成にかかる時間が膨大だったりなど構造的な欠陥、というより不便さが指摘されています。

それらのビットコインにある構造的欠陥を改善したものがアルトコインと言われています。

ただし、 アルトコインはビットコインのように一つの銘柄を指す訳ではありません。代表的なアルトコインには、イーサリアム・ライトコイン・モナコインなどがあります。

その数はもはや1500種類以上と言われており、今なお、増減を繰り返しています。

要はビットコイン以外の仮想通貨の総称がアルトコインなのです。

ちあきちあき

アルトコインにはアルトコインの魅力があって、色々な種類があるんだね!

アルトコイン対応のウォレットの種類は4つ!


アルトコインを保管しておくのに必要なウォレットには大きく分けて4つの種類があります。

1.ソフトウェアウォレット(PC上、スマホ上にお財布を置く形式)
2.ネットウォレット(第三者のサーバーにお財布を置く形式)
3.ハードウェアウォレット(専用のお財布を購入し保管しておく形式)
4. ペーパーウォレット(紙媒体のお財布を用意し保管してく形式)

どのタイプのアルトコイン対応ウォレットを選ぶべきか

アルトコインに限らず自分にあったウォレットの選び方は自分が使いたい用途によります。

例えば、超短期的、デイトレードのように秒、分単位で回したいという場合には、取引所のようなネットウォレットのほうがレスポンスは高くなります。

しかし、中長期的に置いておきたいという場合には、ハッカーによる攻撃や取引所閉鎖リスクがあるため、あまりお勧めできませんので、ネットに繋がらないタイプのウォレットを選ぶことでリスクを減らせます。

なので、まずは自分がどのような使い方をしたいのかを考えてみましょう。

アルトコイン対応ウォレットは使い方で選ぶ

では、具体的にアルトコインを保管しておくために必要なウォレットはどう選んでいくのかご紹介していきます。

とにかくレスポンス重視ならネットウォレットorソフトウェアウォレット

とにかく取引をスムーズに行いたいならソフトウェアウォレット(PC上、スマホ上にお財布を置く形式)又はネットウォレット(第三者のサーバーにお財布を置く形式)を選びましょう。

ソフトウェアウォレットの場合、仮想通貨のお財布は常にパソコン又はスマホ上のローカルフォルダに入れられている状態になります。

ですので、ハッカーに個人攻撃をされたり、うっかりデバイスを落としたり、フィッシング詐欺などに引っかからない限りはアルトコインを守ることができます。

ただ、レスポンスはローカル作業を経由するため、多少下がりますが、その分オフラインでも利用できるのでセキュリティ・利便性の面でバランスのとれたウォレットになります。

ネットウォレットはレスポンスが一番良いウォレットになりますが、ハッカーからの攻撃や国やその会社の策略などにより唐突に閉鎖になる可能性があります。

するとどこからも価値を保証されないアルトコインは戻ってくることはありません。

少額を回すならば利便性は抜群です。ただ、ネットが繋がらないと使えないなどのデリットもあります。

アルトコインを中長期的な保存をしたいならハードウェアウォレット

アルトコインを動かさず漬けておく場合には、ハッカーによる攻撃や消失の危険性があるネットウォレットはもちろん、ソフトウェアウォレットも避けるべきです。

では、どんなウォレットがおすすめかと言うと、専用端末で保管するハードウェアウォレットや紙媒体で保管するペーパーウォレットです。

ソフトウェアウォレットでも、ソフトによっては悪くはないのですが、 PCやスマホは基本的にはネットワークに常時接続しているのが普通なため、ハッカーから攻撃を受けるリスクがあります。

ハードウェアウォレットはネットに接続することが少なくペーパーウォレットに至ってはネットに繋がらないため、安全性が非常に高くハッカーからの攻撃の点で安心ができます。

ただ、アルトコインの場合は 、対応しているアルトコインの種類が多いことや紙にはない保存性の高さ、いざ動かしたいときの利便性の高さなどからハードウェアウォレットが一番適しています。

コールドウォレットをうまく活用する

コールドウォレットという言葉をご存知でしょうか?

これは、ペーパーウォレットと同様にインターネットと完全に切り離された状態でウォレットを保存できる仕組みのことを指します。

ペーパーウォレットやハードウェアウォレットもコールドウォレットの一種です。

逆にネットワークにつながっているものは、ホットウォレットという名前で呼ばれており、ソフトウェアウォレットやネットウォレットは「ホットウォレット」と呼ばれます。

仮想通貨という名前を一気に浸透させたNEM流出事件では、取引所に保管してあるウォレットがすべてホットウォレットの状態になっていたことにより起こりました。

取引せずに寝かせておく通貨はコールドウォレット、近日中に売買する最低限の通貨はホットウォレットというように使い分けるのがおすすめです。

アルトコイン対応人気ハードウェアウォレットの比較

アルトコインに対応したコールドウォレットを選ぶとしたら、現実的には問題点の多いペーパーウォレットではなく、ハードウェアウォレットを選ぶ方が大半です。

では、数あるハードウェアウォレットの中でどれを選べばよいかといわれれば、Ledger Nano SとTREZORで悩む方が多いのです。

そんな人気機種Ledger Nano SとTREZORにはどのような違いあるか比較していきましょう。

Leger Nano S

仮想通貨の種類が多く公式サイトだけでなく、Amazonなど大手サイトからも購入することができる人気のハードウェアウォレットです。

日本では一番のシェア率を誇るといわれており、デザインもオシャレです。使い方はUSBと同じプラグアンドプレイなので、常に充電をしておく必要はありません。

また、メジャーだからこそ、使い方について解説サイトも多くありますし、解説動画もあるのでわからないところがあってもなんとかなります。

また、TREZORと比べリップルにも対応しているため、選ぶ人が多いのではないかと言われています。

仮想通貨は、送金間違いが起こりやすい通貨ですが、Leger Nano Sでは、本体での操作と専用アプリを使用して承認を二重で行うため送金間違えの可能性をぐっと減らせることも魅力的です。

仮想通貨をやりとりする際に送金間違いはほとんどの人が経験するため、ありがたい機能だと思います。

TREZOR

Leger Nano Sと比べると仮想通貨の種類は少ないものの、使い勝手の良いハードウェアウォレットになります。

Ledger Nano Sは、一度に操作できる仮想通貨が最大10種類で各暗号通貨アプリをインストールしたりアンインストールを繰り返さなければなりません。

TREZORは通貨の暗号化アプリをインストールする必要がなく、対応通貨をすべて操作することができます。

また、取引履歴をCSVとして吐き出したり、ドロップボックスの連携といった利便性が高いです。

また、アカウントを分けることができたりする機能もあります。

安全性については、どちらも流出事故などはない折り紙付きのデバイスです。

ウォレット非対応のコインの場合は取引所にこだわる

アルトコインは数多くありますが、そのコインに対応しているウォレット自体がない場合も多いです。

ですので、取引所しか預けられないということもあるかと思います。

ですので、そういったアルトコインを扱う場合にはせめて取引所をしっかり選定するしか方法はありません。

取引所を選ぶ際の目安としては以下のようなことを確かめましょう。

1.コールドウォレットに対応しているか
2.ハッカーなどの攻撃に対し保証があるか(日本円だけの場合が多いがないよりは良い)
3.二段階認証などセキュリティ対策を施しているか
4.金融庁の認可を受けている取引所かどうか

最低限ここだけは守っておけば有事の際に資産を守れる確率が上がります。

もちろん、絶対ではないので信頼できるウォレットがあるのならば、そちらを選ぶのが良いです。

これから仮想通貨を始めるという方はまずは取引ありきのため、この条件に当てはまる取引所を探してみましょう。

 

ちあきちあき

アルトコインとウォレットの関係性って意外とあるんだね!現実世界の財布が仮想通貨のウォレットって考えると重要な気がしてならないね!

 

アルトコイン対応のウォレットは少なく7種類


アルトコインに対応しているウォレットは多くても7種類ほどとアルトコインの総数1500種類以上と比べればごくわずかしかありません。

その理由としては、世間に浸透していない、そもそも通貨としての価値をもたせる気がない草コインと呼ばれるコインがあまりにも多いからです。

草コインとは?

英語ではShit Coinと呼ぶこともあります。Shit(シット)というと、あまりきれいな意味合いではないのはお分かりいただけると思います。

日本では草コインと言われるこのコインですが、これもアルトコインの一種です。

ビットコインはいうまでもなく仮想通貨の元祖で、誰がかは微妙ですが、どのようにどんな技術で作られたかというのがはっきりしています。

ですが、アルトコインは誰が作ったのかよくわからず、今後どうなるのか全く分からない通貨なのです。

草コインとは、そんな将来の展望が見えない胡散臭い仮想通貨のことを指します。

アルトコインの99.9%以上は草コイン

数あるアルトコインのうちほとんどが草コインです。

「今後このコインが当たる」「ビットコインのように万倍も夢じゃない」

そんな触れ込みの新しいアルトコインのほとんどは草コインだと思ってしまいましょう。

詐欺コインに注意しましょう

使い道がない、発展しなかった草コインだけならまだましです。

中には詐欺コインと言われる価格の上昇だけをピックアップし人を集め、資金が集まった段階で首謀者が大量の売りを出し資金を抜いてしまうという詐欺に近い手法が使われる仮想通貨が存在します。

ただ、そのコインが相場として取引されている以上、一概に詐欺コイン(と思われるもの)を名指しで批判したりすると、そのコインが好きな人たちや儲けている人たちとの泥沼の論争になりかねません。

論争だけならばまだしも、下手をすれば名誉棄損で訴訟されるリスクもあるため、例えそういった詐欺にあったとしたとしても掲示板などにそういった情報を書き込むのはやめておくほうが無難です。

どうしても詐欺コインを摘発したい、ということであれば金融庁の金融サービス利用者相談室がありますので、こちらに相談してみることをおすすめします。

〇金融サービス利用者相談室
受付時間:平日10時00分~17時00分
電話番号:0570-016811(IP電話:03-5251-6811)

ウォレットに対応しているアルトコインは安全性が高いものが多い

仮想通貨,ウォレット,アルトコイン
ウォレット会社も商売ですので、すぐなくなるようなリスクがある草コインに対応をしたいとは思いませんよね。

特にハードウェアウォレットのようにハードウェアを販売しているウォレット会社では、コインの安全性や将来性などを十分に調査してから対応しているので安全性・将来性の高いコインを優先的に取り扱っているのです。

迷ったらTREZORとLeger Nano S両方買いがおすすめ

アルトコインのウォレットを探しているのならば、利便性の高さから対応しているコインはTREZORに入れ、対応していないものはLeger Nano Sに入れるという使い方がおすすめです。

しかも、この2つにはペアリング機能がついているのでどちらかに何かしらの故障などがあったとしてももう片方でコインの確認ややり取りができるのでリスクを分散することができます。

様々なアルトコインを扱いたいという方は、この二つを買っておいて損はないでしょう。

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」