ホーム最新ニュースビットコインが高騰した原因と暴落した原因を分析!再び高騰するかどうかを徹底考察!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆい

ビットコインが高騰した原因と暴落した原因を分析!再び高騰するかどうかを徹底考察!

ビットコインが高騰した原因を分析し、さらに暴落した原因を分析すれば、再び高騰する時期が判明してくるかもしれません。今回は、ビットコインの高騰と暴落の原因を分析し、再び高騰するかどうかを予想してみました!

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

2017年にビットコインが高騰したのはなぜだろうか?

まずは2017年のチャートを確認してみましょう。


2017年1月にビットコインの価格が10万円前後となり、2017年8月になると30万円前後に高騰し、2017年12月には240万円を突破しました。

仮想通貨バブル突入かと感じた人達の多くが、仮想通貨で儲けようと考え、次々と仮想通貨取引所に新規登録してきました。

ちなみに、海外取引所では、新規登録者の急増によって、取引所のサーバーに負担がかかった原因で、一時的に新規登録ができないようになったとされています。

それだけでなく、サーバー負荷という理由で取引所が一時的に売買できなくなったとのことです。現在は正常に稼働しています。

ゆいゆい

サーバーに負担がかかって取引所が一時的に使えなかったのは仕方ありませんよね・・・。

しかし、ここで気になるのが、なぜビットコインが高騰したのかというところです。

2017年1月だと、1BTC10万円前後の価格を維持していたのですが、2017年12月になると、1BTC240万円になりました。

そこで、ビットコインが高騰した原因を自分なりに考え、分析してみました。

高騰原因その1:ビットコインの発行上限が関係しているから

まず知っておきたいのが、ビットコインの発行上限についてです。発行上限を設ける理由は、希少性を持たせることにあると言われています。希少性を持たせることで、価値の低下を防ぐというわけです。

現在のビットコインの発行上限は2100万枚で、その2100万枚というのは、ビットコインの供給量です。

ビットコインを使いたいというユーザーの間で、わずか2100万枚あるビットコインの奪い合いが始まり、それに伴って、ビットコインの価格が上昇すると考えています。

今までビットコインが安かったのは、ビットコインを使いたいユーザーが少なかったと言われています。

だけど、ビットコインのユーザーがなぜ増えたのでしょうか?

その答えは、ビットコインの発行者が国の中央銀行ではなく、ビットコインのネットワークに参加する、不特定多数によって発行されていると言われているからです。

どのように発行されるのかというと、マイニングです。

ゆいゆい

ビットコインのマイニングについて知りたい方は、以下の記事が参考になるでしょう。マイニングだけでなく、マイニングプールやクラウドマイニングに関する内容が記載されています。

消失したビットコインについて

まずはこのツイートをご覧ください。

ツイートによれば、400万BTCが消失し、200万BTCが盗まれたとされています。

400万BTCが消失した原因は、送金ミス、ビットコインが入っているハードウェアウォレットの紛失など様々とのことです。

盗まれた200万BTCとは、ハッキングを受けて紛失したビットコインと誰もが認識していると思われますが、ビットコインが入っているハードウェアウォレットの盗難または紛失も考えられます。

なぜ消失したビットコインについて説明するのかというと、600万BTCの消失によって、ビットコインの流通量が事実上1500万BTCとなるからです。

消失した分、ビットコインの希少価値が上がり、それに伴って、ビットコイン1枚の価格が上昇する見込みがあると考えています。

高騰原因その2:ビットコインの需要が供給を上回るほど高くなったから

ビットコインの発行上限でも触れていますが、ビットコインの供給量は合計2100万枚です。日本のみならず、世界中の多くのユーザー達は少ないビットコインを買い求めます。

ゆいゆい

価格が高くなっても欲しいユーザーがいますよね・・・?

つまり、仮想通貨に参加するユーザーが増えたことで、ビットコインの需要が供給量を上回り、上回った分、価格が高くなっていくというわけです。

ちなみに、供給量が多く、需要が高くない仮想通貨は、その価格が安い傾向にあります。草コインが良い例です。

ゆいゆい

草コインでも需要が高まれば一気に高騰しますね!だけど、発行上限がない仮想通貨の場合はどうなるのでしょうか?

発行上限のない仮想通貨といえば、イーサリアムやリスクなどですが、これは発行量を調節して、今の価格を維持しているのではないかと考えています。

リスクについては、発行量を毎年減らしているともいわれています。

高騰原因その3:テザー(USDT)によって相場が操作されたという仮説がある

テザーとは、Tether Limited社が発行する仮想通貨で、アメリカドルの価値と連動するペッグ制を採用しています。簡単に言えば、テザーの価値は常に1USDDT=1ドルです。

2017年12月にビットコインが急激に高騰し始めた大きな原因が、ビットコインの相場がテザーによって価格操作されたことにあるとされています。

具体的な証拠はありませんが、本当にそうなら、どのようにして価格を操作したのかが気になるところです。

ゆいゆい

テザーについては、下記の記事を参考にしてみてください!

高騰し続けたビットコインがなぜ一気に暴落したのだろうか?

1BTC240万枚という高値をつけたビットコインですが、2018年1月下旬になると一気に暴落しました。

なぜビットコインが暴落してしまったのか、その理由を自分なりに考えて、答えを出してみました。

暴落原因その1:コインチェックの約580憶円相当のNEM流出事件

2018年1月下旬に、コインチェックが外部からのハッキングを受けて、約580憶円相当のNEMが外部に流出したとされています。

この事件がきっかけで、NEMだけでなく、ビットコインなど、仮想通貨が全体的に暴落しました。

なぜコインチェックがハッキングを受けて、しかも約580億円相当のNEM流出を許したのかというと、コインチェックはマルチシグャとコールドウォレットを導入していなかったのが原因とされています。

マルチシグとは、マルチシグネチャの略称で、複数の秘密鍵を使用して取引を行うという方式です。

一般的のマルチシグは、秘密鍵を3つに分散し、そのうち2つが揃うことで、仮想通貨ウォレットにアクセスができるようになります。

ちなみに、マルチシグを導入していない秘密鍵をハッキングで奪われたら、仮想通貨ウォレットにアクセスできるだけでなく、ウォレットの機能を操作して送金することができます。

マルチシグを導入した秘密鍵をハッキングで奪っても、もう一方の秘密鍵がないとウォレットにアクセスできません。

コールドウォレットとは、簡単に説明すると、インターネットと隔離されているウォレットです。インターネットとつながっているウォレットをホットウォレットと言います。

ゆいゆい

インターネットにウォレットが晒されて、さらに秘密鍵がひとつ・・・。コインチェックはセキュリティにもっと力を入れてほしかったですね。

コインチェックはマルチシグとコールドウォレットを導入しておらず、セキュリティ対策が不十分なため、ハッキングを許してしまったということでしょう。

ゆいゆい

余談ですが、コインチェックは広告に力を入れるあまり、セキュリティ対策を疎かにしていたようですね。

Zaif(ザイフ)のハッキング事件について

2018年9月20日に、ザイフが外部からのハッキングを受けて、計67億円以上に相当する仮想通貨が盗まれたとのことです。

内容によれば、ビットコインが6000BTCが盗まれ、さらにビットコインキャッシュとモナコインも被害があったとされています。なお、NEMとイーサリアムには被害がなかったようです。

加えて、被害総額が67億円ではなく、70億円に訂正されたとのことです。

外部からのハッキングを受けて、仮想通貨が盗まれた原因については特定されていませんが、ホットウォレットの状態だったところを狙われたと言われています。

なお、株式会社フィスコがザイフに対して、50億円の金融支援を実施し、ザイフはその支援を受け入れたとのことです。

ハッキングを受けて資産を失った顧客に対する補償の発表はありませんが、補償する目途が立ったと考えてもいいでしょう。

ちなみに、ザイフがハッキングを受けて70億円の仮想通貨が流出したにも関わらず、仮想通貨の相場に大きな価格変動が見られません。その事件の影響が全くないということでしょう。

暴落原因その2:各国で仮想通貨に関する規制と法整備などルール作りが進んだから

NEM流出事件がきっかけなのかは不明ですが、2018年3月にアルゼンチンで開催されたG20で、仮想通貨に関する規制などが議論されました。

しかし、仮想通貨市場への影響が少ないと感じています。その証拠に、仮想通貨の相場が全体的に、影響が少なかったからです。

ゆいゆい

この規制論で仮想通貨が暴落するのかと思ったけど、値下がりしたという感じがしませんよね?

逆に考えれば、仮想通貨の健全化と透明性が進むと考えています。

今まで仮想通貨は法律がないに等しく、悪い言葉で言えば「無法地帯」です。

日本を含む各国で仮想通貨に関する規制とルール作りなどの法律ができれば、ユーザー達が安心して利用できるだけでなく、新規ユーザーが増えることに期待が持てるでしょう。

暴落原因その3:仮想通貨離れが進んだ

仮想通貨離れの原因とされるのが、ハッキングによる仮想通貨の盗難です。

ゆいゆい

仮想通貨の盗難については、下記の記事の後半に詳細が語られているので、是非参考にしてみてください♪

マウントゴックス事件やDAO事件など、仮想通貨に関する多くの盗難事件が多発し、上述したコインチェックのNEM流出事件を含めると、仮想通貨は危ないと、世界中の多くの人達が認識してしまいました。

すでに仮想通貨に参加していたユーザーの一部も、その危険性を感じたのか、仮想通貨から離れたと言います。

しかし、仮想通貨の盗難を許したのは仮想通貨取引所であって、仮想通貨そのものに問題がないと言えるでしょう。

ゆいゆい

仮想通貨に何も問題ないのに、危険だと決めつけるなんて変ですよね!?

そこで重要となるのが、ハッキングに対するセキュリティ向上というわけです。

なぜハッキングを許してしまったのかという原因を改善していくことで、顧客がウォレットに保管している仮想通貨を守ることにつながると期待できるでしょう。

ビットコインの今後!2018年以降に再び高騰するか?

ビットコインが高騰した原因と暴落した原因をそれぞれ分析してみましたが、多くの仮想通貨ユーザーが気になるのは、ビットコインの価格が2018年末までにどれくらい値上がりするか、2019年にビットコインがどのような状況になっているのかと思われます。

ゆいゆい

仮想通貨がどうなっていくか誰だって気になりますよね!?

そこで、2018年以降にビットコインが再び高騰するか、高騰する見込みがある要因を次に挙げて、解説していきます。

高騰要因その1:仮想通貨市場に大手企業が次々と参入してきた

コインチェックについて上述しましたが、そのコインチェックがマネックスグループによって買収されました。

ちなみに、楽天はみんなのビットコインという取引所を買収しました。

マネックスグループと楽天という大手企業が取引所を買収したことで、日本のみならず世界中の仮想通貨ユーザーからの注目が集まったと言われています。

なお、コインチェックとみんなのビットコインはもともと、金融庁の認可を受けていない「みなし業者」で、現在は金融庁の認可を受けているための審査中とのことです。

ゆいゆい

あのコインチェックが金融庁認可を受けたらすごいことになりますね!

さらに、LINEは独自にBITBOXという取引所を開設して、現在はサービスを続けています。しかし、日本とアメリカの居住者に向けたサービスを行っておりません。

理由は、日本とアメリカの仮想通貨に対する法律が厳しいと言われているからです。

大手企業が仮想通貨市場に次々と参入するということは、仮想通貨に対する信頼性が高まったということでしょう。

高騰要因その2:仮想通貨のセキュリティが向上して安全性が高くなった

仮想通貨で一番のデメリットは、ハッキングリスクです。

せっかく取引所で購入した仮想通貨をハッキングによって盗まれることになると、その取引所を利用し続けたいと思うユーザーがいなくなるでしょう。

しかし、マルチシグとコールドウォレットを導入することで、セキュリティが飛躍的に向上して、ハッキングリスクが急激に低下したと見込んでいます。

ゆいゆい

ちなみに、安全性に不安を抱いている人は、ハードウェアウォレットを利用すると良いですよ。ハードウェアウォレットについては、下記の記事を参考にしてみてください。

高騰要因その3:インドが仮想通貨に積極的である

インドは13億人の人口を抱える国です。現在、インドでは仮想通貨取引を禁止にしていますが、全面禁止までには至っていないようです。

ブロックチェーンの可能性を見出したインドは仮想通貨を禁止にするのではなく、健全な仮想通貨取引を目指そうとしているようです。

しかし、仮想通貨の規制やルール作りには難航しているとされています。

そこで、インド証券取引委員会は各国の仮想通貨に関する取り扱いや規制を調査するために、イギリス金融行動監督機構と、スイス連邦金融市場監督機構と、日本の金融庁に視察団を派遣したとのことです。

インドで仮想通貨が全面的に容認されれば、インドから仮想通貨ユーザーが爆発的に増加し、仮想通貨市場の活性化が期待されるでしょう。

ビットコインが高騰した原因と仮想通貨市場の今後についてのまとめ

ビットコインが高騰した原因と暴落した原因を分析し、さらに2018年以降の仮想通貨市場を予測してみました。

2018年にはコインチェックのNEM流出事件など色々ありましたが、改善しなければいけないポイントが次々と発見しただけでも成果と言えるでしょう。

しかし、2019年になっても、2020年になっても、暴落する可能性も十分にあります。

ゆいゆい

いつまでも高騰し続けるとは限らないですもんね!

仮にビットコインの価格が高騰し始めたとしても、どこまで高騰するかについてはわかりません。

わからないから、ある程度高騰したところで、少しずつ売却して日本円にしていくほうが安全と言えるでしょうね。

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」